• ベストアンサー
  • 困ってます

電磁場と調和振動子

電磁場を量子化する途中に、まず電磁場のハミルトニアンを求めたら調和振動子の形になっておどろきました。電磁場と調和振動子が同じ形の式で記述されるということは、両者の間になにか類似点があるからだと思います。両者に共通の性質とはなんでしょうか。解説をよろしくお願いします。

noname#70507
noname#70507

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数565
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

例えば,摩擦のある振動と,抵抗の入った共振回路とは同じ2階の微分方程式で表せるように,類似性があるからでしょう. 調和振動子の場合は,ポテンシャルと運動エネルギーの間でエネルギーが移動します. 電磁場の場合も電場のポテンシャルと磁場のポテンシャルの間でエネルギーが移動します.そしてどちらも,2次形式でかけていると言うことではないでしょうか.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。ある物理量とその時間微分の2次形式でエネルギーがかけるのは電気回路でもそうですし、そうすれば調和振動子とみなせるのですね。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

>電磁場と調和振動子が同じ形の式で記述されるということは、両者の間になにか類似点があるからだと思います。両者に共通の性質とはなんでしょうか。 電磁場も電場と磁場が振動していますね。類似点は”振動”ということではないでしょうか。。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます、たしかに電磁場が定常波を成しているとも考えられますね。

  • 回答No.3

>では波がそのポテンシャルが受ける力は調和振動子と同じで-Kxとして記述される。 そういう場合もあるし、そうではない場合もあります。 たとえば光領域の電磁波ですと屈折率分布がある場合にはそれによるポテンシャルという形になりますので、この屈折率分布の関数により複雑になったりします。 これは光ファイバーなどでの計算で出てきます。 一様媒質中のガウシャンビームですとエルミート多項式にてあらわされたりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます、残念ながら専門的な計算はよくわかりません…

  • 回答No.1

ポテンシャルがありそこに波が束縛されるという点が同じなんです。 物質波にしても電磁波にしても波です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。「ポテンシャルがありそこに波が束縛される」 とのことですが、では波がそのポテンシャルが受ける力は調和振動子と同じで-Kxとして記述されると思ってよいのでしょうか。返答よろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 電磁場と調和振動子

    電磁場と調和振動子 基本的な質問ですが,電磁場が調和振動子の集まりであることを示すときに,ある直方体領域をとって境界条件を課すと思いますが,この操作はどのような物理的意味があるのでしょうか?空間中を伝搬する電磁波に対して,勝手な領域をとって境界条件をとってもいいのでしょうか?

  • 真空場

    電磁場を量子化したときの、真空場(光子数0)のゆらぎは、調和振動子のハミルトニアンの零点振動と解釈してよいのでしょうか?解説お願いします。

  • 調和振動子の問題

    電場(E)の中に置かれた調和振動子のハミルトニアンが H=(p^2)/2m + (mw^2x^2)/2 + qxE で与えられているとき、これが単調和振動子(simple harmonic oscillator) の問題として表すことができることを証明したいのですが、やり方がわかりません。 x coordinate を変えればいいのかな、と思うのですが、どうすればいいのかわかりません。 アドバイスお願いします。

  • 調和振動子」

     一次元の調和振動子の振動エネルギーを、古典力学的に見たときと、量子力学的に見たときでは、何が違いますか?

  • 片調和振動子の問題

    ポテンシャルがV(x)=∞(x<0), v(x)=(1/2)Cx^2(x>0)で与えられるとき、 (a)この系の定常状態のときに許される波動関数と、同じ質量m,定数Cを持った普通の調和振動子と比較するとどうなるか。 (b)片調和振動子の許される量子化されたエネルギーはいくらか。 (c)この量子化された系のマクロな古典的モデルは何か。 どなたか考え方を教えてください。お願いします。

  • 調和振動子のハミルトニアンの対角化

    調和振動子のハミルトニアンの対角化 (1)式は(2)式のようなハミルトニアンを完全に対角化していることがわかる、 と教科書に書いてあったのですが、どうしてでしょうか? ここで言われている対角化という操作が何を意味しているのかわかりません。

  • 量子力学の不確定性について(調和振動子)

    量子力学の調和振動子についての質問です。 多くの教科書に書かれていると思いますが、1次元調和振動の不確定性関係は、 <(Δx)^2><(Δp)^2>=(n+1/2)^2 h^2 (※ hと書いていますがエイチバーのことです) で与えられます。(JJサクライ 現代の量子力学 上 p127) これは、エネルギーを増すにつれて不確定性が大きくなっていくということですよね? このことは物理的に考えたとき、一体なにを意味しているのですか? 現実の世界では n が非常に大きいので、不確定性も大きいということでしょうか? また、調和振動子に限らずどんな場合でもエネルギーが増せば不確定性が増加するということは言えますか?

  • 一次元調和振動子について

    一次元調和振動子の問題を演習して分からない問題がでてきたので質問させていただきます。 ハミルトニアンH=(-h^2/2m)d^2/dx^2+mw^2x^2/2・・・(1) Hψ=Eψのシュレディンガー方程式において (1)のハミルトニアンにポテンシャルV=αx,V=βx^2が加わったときの固有エネルギーをそれぞれ求め、このポテンシャルが加わったことで運動がどのように変化するか簡単に説明しなさい。ただしα、β>0とする。 演算子を使っていろいろ試行錯誤してみましたが、なかなか解答にたどり着けません、よろしくお願いいたします。

  • 電磁場の量子化

    電磁場を量子化すると、光子数演算子が出てきます。たとえば調和振動子の場合なら、生成演算子は波動関数がひとつエネルギーが上の軌道に移った、と考えられるのですが、量子化された電磁場の場合はエネルギーがhwの光子がひとつ増えたた考えます。ここで疑問なのですが、その増えた光子はそこからくるのでしょうか。また光子が増えた分どこかの光子がなくなるのですか?

  • 調和振動子の素朴な疑問

    あたりまえ過ぎてか、本で調べても載ってないのですが、 1次元調和振動子シュレディンガー方程式の 波動関数はなぜガウス関数みたいな形なのですか? これは推測と実験による仮定なのですか? あとこの振動子の生成消滅演算子の関数は どうやって求めたものなのでしょうか? どなたか答えて頂ければありがたいです。 どうかよろしくおねがいします。