解決済み

初めての統計

  • 困ってます
  • 質問No.297624
  • 閲覧数88
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 95% (38/40)

 この春から大学で心理学を学んでいるものなんですが、秋から推測統計の授業があって、この前さわりをチラッとやったのですが、ちっとも理解できませんでした。ほんとーに基礎の基礎からわかる、統計の参考書みたいなのを、教えてください!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

過去にも同じような質問がありましたので、どうぞ。

No.17226 基本的な質問ですが
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=17226
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=17226
(この中のNo.3の文献リストが圧巻です)

No.32544 統計ってむずかしい・・
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=32544
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=32544
(私の意見を記してあります。後2者は出身大学の法学部の教科書)

No.100434 統計の勉強法について
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=100434
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=100434

No.122210 統計と解析学の入門書
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=122210
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=122210

高校の教科書と大学の教科書で、標準偏差の定義が違うのね。統計学的には、高校の定義は誤りと知って、びっくりしました。
(一応、旧課程の端境期の世代です。今の高校生は、高校で標準偏差の公式をを習いませんね。今の高校では統計をほとんどやらないと学習指導要領を見て気がつき、愕然としました)

普通の教科書は、記述統計と推測統計が両方載っていますから、安心してお買い求め下さい。
培風館の統計学の本(心理・教育のためのものもありますね)は、信頼できると思います。
できれば、心理学者の書いた本があるとなおよいんですけどね。『心理図書総目録』でご確認あれ(分からない場合は、生協の店員に聞いて下さい)。
makochiさんご推薦の本は経済学者の本(しかも「基礎コース経済学」シリーズ、とある)なので、心理の方にはどうかな、という気もします。もちろん、良著ではありますが。
(一応、田中勝人教授は数理統計学も扱える学者ですが、経済学者の統計学は、計量経済学とそのモデルを念頭にして書かれているケースが多いのではないでしょうか)。

講談社ブルーバックスは穴かもしれません。
ダレル・ハフ(高木秀玄訳)『統計でウソをつく法』は名著です。
心理学者の書いた本として、例えば豊田秀樹『違いを見抜く統計学』を挙げておきます。

向き不向きがありますので、一概には言えませんけど、よく分かる本に出会えるといいですね。
もっとも、基本は、指定の教科書を読んで予習し、講義に出席し、教授やTAに積極的に質問することです。
教授やTAを使わないのは、論外です。
お礼コメント
yukiyake

お礼率 95% (38/40)

お返事遅れてすいません。一応理系クラスにいたので、
数学は全範囲やっていますが、私の高校では統計の授業はありませんでした。
とりあえず授業が始まってから、それからみなさんの意見を参考に、
本を選びたいって思っています。
ありがとうございました★
投稿日時 - 2002-06-27 10:33:14
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 0% (0/1)

 こんにちは。私も現役の心理学専攻のものです。

 今まで私が使ってきたものを紹介します。

1.「あなたにもできる データの処理と解析 岩淵千明編著 福村出版 \2600」
2.「問題の発想・データの処理・論文の作成 実践心理データ解析 田中 敏 新曜社 \3300」

あとその他にもありましたが、使い勝手が悪かったので上記2点を紹介します。
1.は初心者向けに基本的に見開き2ページで各項目ごとにまとめられていて簡単な事例も出ているので、どうしてもわからない、というときはお勧めです。また、巻末に参考文献が豊富なのでそれを見て決めるのもいいかもしれません。
2.は研究事例に基づいて説明されていますので、自分が実際に研究を始めたときは統計的なことだけでなく、研究論文の作成方法もありますので、3,4年生になったときにお世話になると思います。
お礼コメント
yukiyake

お礼率 95% (38/40)

研究論文の作成方法が載ってるのはすごく魅力的ですね。
来年はレポート地獄らしいので、ぜひぜひ参考にさせていただきます。
ありがとうございました☆
投稿日時 - 2002-06-27 10:36:26
  • 回答No.2

高校の数学の副読本ではどうですか。
お礼コメント
yukiyake

お礼率 95% (38/40)

それって数Cの範囲ですよね?高校の友人に持っている人が
いると思うので、一度聞いてみます。
ありがとうございました!
投稿日時 - 2002-06-23 13:37:33
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (496/1279)

推測統計と密接に結びついてるのが記述統計です。記述統計をじっくりやることで、おのずと解ってくるものと思います。
それと、統計学は数学的なセンスがあると理解しやすいものですが、たとえば以下のような(URL)本も出ています。
参考にしてみてください。
統計分析の基礎参考書は、それこそ山ほど出版されていますので、書店の社会学関連の書棚を探してみてください。
お礼コメント
yukiyake

お礼率 95% (38/40)

ありがとうございました。早速探してみます。
統計の本って本当にたくさんあってどれがいいのか
わからなかったので、助かりました!
投稿日時 - 2002-06-23 13:35:50
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
このQ&Aのテーマ

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ