• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

肝臓癌末期 余命1ヶ月といわれ…

私の父は、昨年6月に胃癌がみつかり、肝臓にも小さな転移があり今日まで入院と通院で抗がん剤治療をすすめてきました。 一時は肝臓も胃の方も癌が小さくなり、順調に進んでいたのですが(2月の検査時)今回、肝臓の検査をしたところ大きな癌がたくさんあり今日、突然肝臓癌の末期と宣告されました… このまま、抗がん剤も何もしなかったらもって1ヶ月。 副作用の強い抗がん剤をしたら数ヶ月は抑えられると。 先生いわく、肝臓の癌が急に大きくなったのは、抗がん剤によって抑えられてたのが一気に爆発して大きくなったのだと… こんな事ってあるのでしょうか。 今になって体力の落ちるばかりの抗がん剤の恐ろしさに疑問を感じました。 今は、腹水も黄疸もなく特に痛みはないようですが、何も治療しなければもって1ヶ月と言われ、どうしたらよいのかわからない状態です。 本人はとても落ち込みやすい性格なので余命の事は話してありません。 免疫療法など試したほうがよいのか、延命目的で抗がん剤投与したほうがよいのかとても悩んでます。 インターネットでいろいろ調べていますが、情報が多すぎて何を最後の望みで信じたらよいのかわからず困惑してしまってます… 同じように末期の状態で回復された方など、治療法などいろいろと教えていただけたらと思います。お力貸してください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数18126
  • ありがとう数265

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • mf-tmn
  • ベストアンサー率37% (11/29)

お気持ちよくわかります。 私は父をガンで亡くし、姉は末期ガンの治療中です。 私も父には余命を告げませんでした。 私達がしたことは、父にとって何をしてあげるのが1番良いことなのかを考えたのです。意識もなく機械で無理やり生かされていたり、抗がん剤を使って体力も落ち、もがき苦しみながら最後を迎えるのは、見ている家族も辛いですが本人が一番辛いはずだし、本人が望んでいることではないと思ったのです。苦しませずに最後を迎えさせたいという事をお医者さんにも告げ、治療方法はお任せしました。最後の最後は痛みをとる為、少量のモルヒネを使用していました。 だからといって、pu-tyさんのお父様にも・・・ということでは決してありません。 こういった考えもあると言う事だけです。 事前にお医者さんに相談をしてからって事になりますが、カバノアナタケ・サルノコシカケ・レイシ・鮫の軟骨などの漢方も試してみるのも 良いのかもしれません。森林浴も良いそうです。木があり、川や滝がある場所は免疫効果もあると効きました。 決して安いものではないし、効くかどうかはわかりませんが、試してみるのも1つの方法だと思います。 そのお陰かどうかはわかりませんが、父も余命宣告から半年近く長く生きてくれましたし、末期ガンの姉も通常の生活を送っています。 セカンドオピニオンって言う方法もありますので、お父様とって 最善の方法を見つけてあげて下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なアドバイスありがとうございます。 情けない事に…昨日からずっと泣いてばかりいます。 一番不安で、つらいのは本人なのに自分がやるべき事ができずにいます。 私も苦しませずに最後を迎えさせてあげたい気持ちに同感です。 限られた命の中で本人が少しでも楽しく、幸せを感じてくれたらと思ってます。mf-tmnさんのご家族がされたようにたくさんの愛情をあげたいです。 ダメもとでも漢方など試してみたいと思います。 お姉さまもさらによい方向に向かわれるとよいですね。 同じ辛さを体験してるmf-tmnさんのアドバイスをよんでとても勇気づけられました!! 本当にありがとうございます!!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • 52blz
  • ベストアンサー率60% (71/118)

アドバイスらしいアドバイスはできませんが、 世の中には質問者様のように困っている人、藁にもすがる思いの人、 そういう人の心に漬け込んで商売をしている輩が多いのが事実です。 人の命ましてや肉親の命は、お金に換えられるものではありませんからね。 だからといって根拠も実績もない治療法に多額の投資をされるのは良い判断とはいえません。否定もできませんが。 「私の周りの人が~を試したら治りました!」「医師に余命2ヶ月と言われたのに~療法が効いて5年生きました。」というのは根拠や実績とは到底呼べません。 予後の告知についてや抗がん剤も含めた今後の方針ですが、これが正解というものはありません。 ・強い抗がん剤治療をする。何より一日も長く生きて頂く。 ・余命よりQOLを優先する。なるべく苦しまないで欲しい。 ・最初は落ち込むだろうが、大まかな余命を伝えることによって残りの人生の過ごし方を考え、有意義に生きて欲しい。 ・絶望させたくないので余命については最期まで触れない。 上のは、あくまでも考え方の一例です。 統計で○年生存率という確固たるデータがありますが、癌の振る舞いは人それぞれ(予想された余命より長くなることも短くなることも当然あり得ます)、患者さんの性格や死生観も人それぞれです。まずやドクターとの信頼関係をより良いものにし意見を交わし、その上で質問者さんが最良と判断した選択をするのがいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり… 人それぞれの形があって、これが正解というものは難しいですよね。 本人には余命の事は伝えずにいこうかと思ってますが。 本人もまだ希望をもっているので、その明るい気持ちまでもなくならないように。 たくさんの愛情と協力をしてあげたいと思います。 先生ともよく話しあってすすめていきたいと思います。 ご丁寧なご回答ありがとうございました!!

  • 回答No.1

がん診療であれば、残念ながらよくあることです。 肝臓がんとかかれていますが、おそらくは転移性肝がん(胃癌の肝転移)だと思います。昨年6月からと考えると約10ヶ月。転移のある胃癌であれば、50%の方は診断された時点で余命1年というのが、残念ながら現状です。 抗がん剤の治療は一定の効果がありますが、抗がん剤に効きやすい癌細胞を殺しているうちは腫瘍は小さくなるのですが、効かない癌細胞が残されていき、それが主になって増殖し始めると、同じ抗がん剤が突然効かなくなります。現在の医学の限界であり、起こるべくして起こったものともいえます。 抗がん剤を変えれば、あるいはもう少し効果が期待できるかもしれません。ですが、感じておられるように体力を奪うことになりかねません。免疫療法やなんとかワクチン、健康食品の類は、あたればよく効くのでしょうが、年末ジャンボ以下の確率と思われたほうがいいでしょう。 私見ですが、緩和医療を考える時期なのかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

転移性肝がんが余命1年だなんて知りませんでした… 主治医からも特にそういった話もなく、肝臓が小さいので消えてから胃の切除手術とだけ聞いていました。なので必ず治るものだと信じてましたが。 突然こんな事になって… もっといろいろ情報を得るべきだったと悔やんでなりません。 逆に考えると、もし本人が余命を聞いていたら今日までがんばれなかったかもしれませんが。 本人にはできるだけ長く、苦しまないで生きて欲しい。 可能性は低くても免疫療法など、だめもとでやってみたいと思います。 ご回答ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 末期癌の母に抗がん剤で逆に余命が短くならないのでしょうか?

    今日私の母が肝臓癌の末期と告知されました。 主治医の先生は母以外の私の家族には「肝臓にたくさんの癌細胞があるのでもう治療法方がありません。」と言われました。しかし先生は母に告知するにあたり「いくつが方法があります。抗がん剤と動注化学療法と何もしない方法。があります。治療法方はご自信で判断してください。」といわれました。 私たち家族は母も含めて相談して母は何とか治してほしい。と抗がん剤治療を選択しました。 しかし、私は本当はどうしようもない末期の肝臓癌に抗がん剤で治療することでさらに辛く余命を短くしてしまうのではないかと本当に心配しています。 治らないとわかっている末期の肝臓癌に抗がん剤は有効なのでしょうか?心配です。ご相談お願いします。

  • 肝臓癌の末期について

    はじめまして。祖母が肝臓癌の末期です。食欲もなく、黄疸も出ており、腹水、胸水も溜まってます。現在は入院してますが、もうすぐ退院し自宅に帰ります。本人の希望です。そこで知りたいのは、手術はもう完全に無理でしょうか?あと少しでも改善する方法はないのでしょうか?どなたか教えて下さい。

  • 末期の肝臓癌でインターフェロンって言う治療は どんな物なのですか?

    家族が末期の肝臓癌なのですが、今地元の病院に入院しています。それで、もしかしたら大学病院の方が医療のレベルは上かも知れない・・・そう思い、資料を持って大学病院に飛んだんでです。 そしたら、先生は一番に私にこう言ました。「で、何を希望されて来ました?」 私は一瞬なぜ、そんな事を聞くのだろう…っと思いました。癌の治療に決まっているのに何故…?って。 大学病院なら希望的な治療がもしかしたら出来るかも知れない そう思って行ったんです。でも、右の門脈に癌が噛んでいるから もう手術は出来ない。出来る治療の可能性はインターフェロンだと言われました。 しかし、患者の体力が余りにも無い為 (もう歩く事が出来ず、寝たきりって訳ではないのですが、ベットから起き上がるのがやっとなんです)ここまで体力が無いと治療の対象外だと言われました。 その時、私はハッとしたんです。もしかしたらインターフェロンって言うのは延命治療になるのでしょうか? どっちにしても、もう体力が殆ど無く日々弱って行く状態なんです。結局、治療の対象外って言われた時点で終わってしまったのですが、私ももう詳しい事が聞けず そのまま帰って来たのですが、 やはり先生が「何を希望されて来ました?」って言ったって事は 癌その物の治療は もはや出来ないって事なのでしょうか? 

  • 肝臓癌と肺癌

    主人(48歳)で肝臓癌ですが、最近、検査をうけたら肺に転移していました。 なんとか助けたいです。移植の方法はないでしょうか? 肝臓癌では外科手術もしましたし、抗ガン剤の治療もしましたが、主人には、あまり 効き目がなかったようです。 最新治療法はどんなものがありますか?移植ではなんとかなるのでしょうか 脳死移植とはどんなものでしょうか どんなことでも知りたいです。病院名、治療法、教えて下さい。

  • 肝臓癌末期

    父親80歳。 水癌から肝臓に転移、80%侵されて余命2ヶ月。 2010年2月に大腸癌手術。 除去してその後は問題無し。 その時のCTスキャンでは綺麗な肝臓と言われている。 2011年5月に調子が悪くなり検査、肺、大腸を検査したが問題無し。 2011年9月、体調不良が続き再検査で水癌から転移した肝臓癌で余命二ヶ月と宣告。 80歳という高齢なので検査は度々行っていたようですが、血液検査等で癌の発見は出来なかったものか少々疑問です。 高齢での水癌なので余命宣告は仕方がないのかなと思いますが、もっと早く発見出来たのではと考えてしまいます。 詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

  • 肝臓癌の治療

    先月、70台の父が肝臓癌らしいということで入院になりました。 かなり進行しているらしく長くはないだろうというのはわかるのですが医師の説明や対応に疑問を感じることがしばしばだったのですがこれは普通なんでしょうか? 例えば、 医師「肝臓のこのあたりの影が癌っぽいです。見えにくい癌なので正確にはわかりません」→え?もっと調べないの? 医師「効果はほとんど期待できないが抗がん剤をやりましょう。小さくなれば手術もできるかも」→で、その治療はいつからはじめるんですか? 医師「肝臓の検査数値がよくないのでやっぱり抗がん剤は使えません。いつやるかは未定です」→で、その状態を改善するために何をやっていく予定かの説明がないんですが・・・・・・・・・ 私「遠隔転移はないのですか?」→医師「多分ないです。調べてないけど」 私「食事も殆どできていないようですが高カロリーの点滴(首の静脈にやるやつ)などはやらないんですか?」→医師「予定はないです」 と大体こんな感じです。 素人に説明しても仕方ないという点は理解できますが何故と聞かれたら患者側にわかるように根拠を示し治療方針を説明していくべきではないでしょうか?せっかく入院しているのに毎日、捕液の点滴と検査しかしてないようで正直納得できません。

  • 転移性肝臓癌について

    ・63歳になる母が、7月初旬から体がだるいなどの症状を訴えはじめ、内科病院へ通っておりました。血液検査で赤血球の量が多いとの言われ、血圧を下げる薬を飲んでおりましたが、さらに悪化し、7月23日総合病院へ入院し検査を受けました。昨日7月27日検査結果を聞いたところ、腺癌で肝臓に広く癌が広がっており、手の施しようが無く、余命1ヶ月と宣告を受けました。黄疸が出ており、数値は8と言われました。また腹水も溜まっており、4日間の入院ですでに2回抜いています。担当されている先生は少しでも病気の進行を遅らせるために、弱い抗癌剤を服用させるだけしか、治療はできないといわれました。少しでも望みがあるのなら、何でもしたいと思います。どなたかお力になっていただけませんでしょうか。

  • 肝臓癌、肝硬変について

    叔父が6年前に肝臓癌になりました。何度も手術をしましたが、手術をする事ができない状態になったため、肝臓にカテーテルを入れて直接抗がん剤を入れる治療を3ヶ月おきにしていました。 C型肝炎ウィルスもあり、肝硬変でもあります。 1年前に食道静脈瘤破裂して、吐血、下血し緊急入院しましたが、なんとか一命を取り止め、 その後は体調も悪くない感じだったのですが、先日体がだるいと言い始め、食事もいらないと言うようになり、炭酸水ばかり飲むようになり、黒っぽい便が出るようになり、腹水も溜まり、お腹がビーチボールを入れたようになってしまっていました。 早朝、吐血したため緊急入院し治療してもらいました。 その時治療した先生が、あっちこっち悪いところがあるから、親族の方を今のうちに会わせてあげて下さいと言われました。 十二指腸潰瘍、胃潰瘍、食道静脈瘤、肝臓の状態も最悪という事です。 5月に肝臓に血液を送らないように血管を縛るという治療をしました。癌を壊死させるためらしいのですが・・・ 今月24日にもう半分の血管を縛るという事になっていたのですが、その前にこのような状態になったので、その治療はもうできないと言われました。 医師に親族を呼んでと言われたのは始めてで、それってもう余命が短いって事なのか・・・と思うのですが・・・ 担当医は外科の医師なのですが、今後は内科の医師と相談して治療方法を決めますと言われました。 腹水は抜いてもまたすぐ溜まるから、抜くより違う方法を考えてみますと言われました。 1週間ぐらい前からほとんど食事も取っていなかったのですが、今日からおもゆを少し食べれるようになったそうです。 以上の状態で、余命はどれぐらいと考えた方がいいのでしょうか? ひとそれぞれ生命力も違うので、一概には言えないのだと思うのですが・・・ 叔父の伴侶は高齢で、思うように看病できない状況なので、私がある程度いろんな事を調べたり、 準備もしておかないといけないと思いまして。 もちろん長生きして欲しいと思うのですが・・・肝臓は一度悪くなると良くなる事はほとんど無いという事なので、叔母のためにもしっかり心の準備をしておきたいと思いまして・・・ 何かしてあげた方が良い事、民間療法で楽になる方法などもあれば教えて欲しいです。

  • 末期癌と腹水排出について

    末期癌の腹水を自然に出す治療は漢方以外にはないでしょうか?肝臓癌末期で50歳の兄が苦しんでいます。 腹水でお腹がまるでカエルのようになっています。 呼吸が辛いようで、見ているのも辛い状況が続いています。 カート治療をやりましたが、再び腹水が溜まってしまいました。 漢方が良いと知人に勧められているので服用する予定です。 ただ状況的にあまり時間がないので、何か他の自然治療と併用することで早急にQOLを上げたいのです。 今は、腹水を何とかして自然排出できるようにしてあげたいのです。 どなたかご存じの方がいましたら、どうかご教示頂きたく思っています。 よろしくお願いいたします。

  • 肝臓癌について。

    肝臓癌について。 74歳の義父です。同居しています。 8年前に肝臓癌になり、肝臓の3/2を取っています。術後も黄疸があり、数値も悪く余命を宣告されていました。しかし、次の検査のときには数値が正常値になり、どんどん癌が消えていき、奇跡の人と呼ばれていました。 それからも食事にはかなり気を使い、1か月に1回検査をしていました。 が、今年6月くらいから数値が上がり、今月はじめのCTの結果、癌再発の診断を受けました。うずらの卵代の大きさの腫瘍が2つあるそうです。 先々週にはかなり体調も悪くなり、ボケたような感じになってしまい10日程入院。肝不全です。 点滴(モリへパミン)をうち、顔色もよくなり、言葉もはっきりしていました。しかし、お腹がすごく出ていて、おそらく腹水だと思われます。 退院してから3日後(10/25日)、また入院前の状態になってしまいました。 夜9時には寝ていて、朝は起きてこず、心配になり職場から何度も電話をしましたが出ず・・結局1時に起きたそうです。様子を見に帰りましたが、昼だか夜だかわかっていないようでした。 昨夜も寝ていましたが、夜中2時ごろに起きて外に出たそうです。本人は部屋の電気のスイッチを探しに行ったと・・・。玄関には風呂場用のサンダルが置いてありました。 義父はかなり悪い状態なのでしょうか?すぐにでも病院に連れて行ったほうがいいのでしょうか? 担当の先生は、当時手術を行った先生です。入院時主人には、アイコンタクトと言うか、遠まわしに『もう長くないよ、わかるでしょ?』と言ったように感じたそうです。 でも、こうなったらこうするべき、とか、わかりません。本当に悩んでいます。 病院に連れて行けばおそらく入院。そして点滴。よくなれば退院というのが目に見えている気がします。 このまま、家でゆっくり寝かせておいていいですか? なんでもいいので、アドバイスいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。