• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

TLCスポットが近い時

化学科の学部の4回生です。 ある物質をエチル化し、n-ヘキサンでカラムするのですが、TLCスポットが団子のように3つ並んで出てきてしまいます。ほしいのは一番上のスポットなんですが、おそらく、中途半端にエチル化した物質が他に2種類出ているということなんだと推測しています。 しかし、この3つのスポットをもうちょっと離してカラムで分けやすくするには、どのように展開溶媒を変えればいいと思いますか? 試行錯誤の仕方が分からないです。酢酸エチルなどの極性がやや高いものに変えるとか、極性が高いものと低いものを混ぜればいいのか・・・。いろいろやってみたのですが、団子が一緒にそのまま上に上がったり下がったりで、見当違いな様な気がしてきました。 何かコツがあったら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1400
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • csi-tof
  • ベストアンサー率65% (15/23)

ヘキサン展開時のRfを書いておくと答えやすいです。 ヘキサンが最も低極性の溶媒なので。 ヘキサンでRf=0.3以上だったらANo.1の方のとおり長めにして取るのが良いです。 3スポット見えるなら分取できます。 適切な径のカラムを使ってください。 スポットが混じったものは集めて再度カラムを繰り返す。 Rfが小さいときは溶媒を混ぜていきますが、 その時は「極性パラメータ」を見ながら混合溶媒を考えてください。 経験的には、ヘキサンに酢エチをまぜるよりも、 ジクロロメタンOnlyなどのほうが良いこともあります。 ヘキサンRfが高いときは逆相カラムなどを勧めることができますが、値段が格段に高いし、適用できるものかどうかもあります。 分取量と保有装置次第では分取用HPLCやGPC分取がお勧めできます。 シリカの径、形状などを変えると良くなることもあります。ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

逆相カラムというのがあるんですね。知らなかったです。 ご回答ありがとうございました。大変参考になりました。

関連するQ&A

  • TLCについて

    今回、ヘキサンと酢酸エチル、また両混合物を展開液としてアセトアミノフェン、pアセトキシアセトアニリドで順層TLCを行う予定です。 予習の段階で解説等を読み合せ疑問に思ったので質問させていただきます。 極性の観点からするとヘキサンのほうが酢酸エチルより極性は低いはずなので、順層なら極性の大きい酢酸エチルがより吸着するはずで、アセトアミノフェン、pアセトキシアセトアニリドのRf値はヘキサンのほうが大きくなるような気がするのですがそうではないのですか? またアセトアミノフェン、pアセトキシアセトアニリドはどちらが極性が大きいのでしょうか? 調べてもわからなかったのでご教授ください。宜しくお願いいたします。

  • TLC分析の展開結果について

    化学実験でTLC分析を行ったのですが、その展開結果について疑問点があったので質問します。 (1)再結晶前のアセチルサリチル酸 (2)再結晶後のアセチルサリチル酸 (3)標品のアセチルサリチル酸 (4)3つを重ね合わせたもの の4つをスポットしてヘキサン:酢酸エチル=1:1の混合溶媒を用いて展開し、(1)(2)(4)ではスポットが2か所得られたのですが、どうしてスポットが2か所出てきたのでしょうか?

  • TLCによるカフェインの分離について

    質問点 ・カフェインをうまく分離するため、酢酸エチル, ヘキサン, アセトン, クロロホルム, メタノールのうち2つ選んで混ぜるのですが、どれを混ぜれば実験はうまくいきますか? ・混ぜる溶媒の種類,混合率とRf値との関係は、どのような関係が成り立っているのでしょうか?  いま、実験でカフェインをTLCにより分離する,確認するということをする予定なのですが、予習をしていてわからないことがあったので、今回質問させていただきました。  この実習では、展開に使う展開溶媒を作る際、酢酸エチル, ヘキサン, アセトン, クロロホルム, メタノールの中から2つ選び、2つを混合する割合を自分たちで決めるという操作があります。ちなみに自分なりに調べてみた所、「混ぜる有機溶媒の量について、極性の強い有機溶媒<極性の弱い有機溶媒 になるように混ぜるとよい」ということが分かりました。また、上で挙げた有機溶媒の極性の強弱は、 (シクロ)ヘキサン<クロロホルム<酢酸エチル<アセトン<メタノールだそうです。  ということは、例えば「メタノール:クロロホルム = 1:10」や「酢酸エチル:アセトン = 7:3」のような割合で混ぜたものを展開溶媒として用いれば、実験はうまくいくということでしょうか。  わかる方は、回答の程よろしくお願いします。 ※ 実習後、担当の先生にも質問する予定なので、「先生に質問すればよい」という回答は御遠慮ください。  

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#30845

>n-ヘキサンでカラムするのですが、TLCスポットが団子のように3つ並んで出てきてしまいます。 n-ヘキサンのみのRf値が0.3ぐらいであれば少し多めのシリカを使用して長いカラムで分離すればよいでしょう。 Rf値が0.1とか0.2ぐらいでしたら、酢酸エチルを1%から5%加えてRf値を0.3ぐらいになる溶媒を見つける 研究室に大学院の先輩がおられるようでしたら、「フラッシュカラム」による分離を教えてもらうと良いです。なかなか有効な分離法です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Rf値についても考えないといけないのですね。 うちの研究室にはフラッシュカラムというのはどうやらないみたいですが、大変参考になりました。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
noname#62864

カラムを長くするのが基本です。 溶媒に関しては、極性を低めにして、ゆっくりと展開されるようにするのがセオリーでしょう。 ただし、あまりにも極性が低いと分離に手間どり、その間に拡散することもありますのでほどほどにしておいた方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

やはり、展開溶媒を変えるとかいう問題ではなく、カラムを長くするんですね。よくわかりました。すばやい回答ありがとうございました。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • TLCの展開について

    色素化合物(azobenzene,methyl yellow,indophenol,sudanI,sudanII)について 溶媒a)n-ヘキサン:酢酸エチル=1:1 溶媒b)n-ヘキサン:酢酸エチル=5:1 溶媒c)n-ヘキサン:アセトン=10:1 のそれぞれで薄層クロマトグラフィーを行いました。 展開の結果として、溶媒aのときはsudanIIが、溶媒bではsudanIとsudanIIが、溶媒cではindophenolが点のまま展開するのではなく、尾を引くように展開していきました。 展開速度については、それぞれの物質の間の極性の差による相互作用で説明ができると思うのですが、点の上がり方に差がでる理由がよくわかりません。 本には、(1)ロ紙の吸着性があらわれる場合(2)展開過程に単一物質が部分的にほかの物質に変わる場合 というのが書いてあったのですが、ロ紙については今回使用していないのでないと思うんです。 なのでおそらく(2)の場合だとおもうのですが、それぞれの物質がどのように反応して変化したのかがよくわかりません。また、尾を引くように展開した理由が本当に物質の変化によるものだけなのかも定かではありません。 なので、わかる方いたら教えてください。よろしくお願いします。

  • TLC

    安息香酸の同定にTLCを用いて、展開層にn-ヘキサンと酢酸エチル1:1の比率にし、オプションとして酢酸一滴加えたのですが、何故酢酸のようにカルボン酸をもっている物を入れると、 TLCスポットのテーリングを防ぐことが出来るのですか?原理を教えてください

  • TLC分析の発色法について

    薄層クロマトグラフィー(TLC)で展開溶媒はヘキサン:酢酸エチル=3:2、試料はアニリン、サリチル酸、ナフタレンを使いました。この際の発色法はヨウ素以外になにかありますか?

  • TLCのスポットの数について。

    ある物質(純度99%)を水に溶かし、TLC法(シリカゲル薄層板)を行ったところ、スポットが2つ得られました。スポット位置を、(1)、(2)とします。 また、その物質のアミノ基を他の物質で置換した物質(純度99%)も同様に、スポットが2つ得られました。スポット位置を、(3)、(4)とします。 そして、その2つの物質を水に溶かしたものは、スポットが3つ得られました。(1)、(2)、(3)の位置です。 質問1:なぜ、ひとつの物質からふたつスポットが得られるのでしょうか? 質問2:そして、なぜ2つの物質を混ぜた液からは、スポット(4)が得られなかったのでしょうか?(3)と(4)は、けっこう近くて、色も薄いですが、それよりも2つの物質が似ていることが関係しますか? 展開溶媒は 酢酸ブチル、酢酸、水、2-プロです。 またRf値は(1)0.4、(2)0.3、(3)0.15、(4)0.1です。 ※以前質問したのですが、補足できなくなってしまって、こちらに質問しなおしました。以前解答してくださった方、申し訳ありません。当方、化学知識があまりありません。。。

  • TLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違

    TLCに原料と生成物をスポットして、展開するには原料と生成物の極性が違うので、それぞれ違う溶媒で展開しなければいけないのですか? 自分がやった時には、スポットがだいたいTLCの真ん中にくる溶媒を選んで、原料と生成物を別々の溶媒で展開しました。 この方法で合っているでしょうか?

  • 薄層クロマトグラフィーについて

    TLC板に3種のエステルがまざった溶液をスポットして、展開溶媒を1回目にヘキサン:酢酸エチル=10:1、2回目にヘキサン:酢酸エチル=0:1でつくって展開を行ったら、1回目は板の下のほうに点がでて、2回目は上のほうに3つの点がかたまってでました。こうなる理由がわからないので誰か回答お願いします。

  • 薄層クロマトグラフィーの原理

    展開溶媒に『ヘキサン:酢酸エチル=10:1』『ヘキサン:酢酸エチル=4:1』『ヘキサン:酢酸エチル=0:1』のものを使い実験をしました。 展開溶媒に関しては極性が大きいほうが進みやすくRf値が大きくなることは実験からわかったのですが、なぜ極性が大きいほうが進みやすくなるのかがわかりません。 固定相(シリカゲル)と酢酸エチルカルボニル基の水素結合がキーワードになるのかなぁとは思うのですが、詳しく説明できるほどは理解できていません。 なので、なぜ展開溶媒の極性が大きいほうがRf値が大きく、進みやすいのかを教えてください。 よろしくお願いします。

  • Rf値と極性の関係

    TLCの実験についての質問です。 A:(トランス)スチルベン、B:ベンゾフェノン、C:4-ジメチルアミノピリジンおよびこれらの混合物を、ヘキサン、ジクロロメタン、酢酸エチル、メタノールにより展開し、UVランプで見て、Rf値を出しました。 どの溶媒でもだいたいA、B、Cの順に下に現れました。 また、混合物は3つに分離されると思うのですが、ジクロロメタン以外は二つしか見えませんでした。 この実験ではRf値から溶媒の極性がわかるみたいなのですが、一体どれとどれを比べれば、極性がわかるのでしょうか? A,B,Cの極性ならなんとなくわかるのですが、溶媒の極性と言われると、どれも同じような結果にしか見えないのでわからないのです。 考え方が違うのでしょうか? 説明不足でしたら申し訳ありません。 よろしくお願いします。

  • TLCスポットの数について。

    ある物質(純度99%)を水に溶かし、TLC法を行ったところ、スポットが2つ得られました。スポット位置を、(1)、(2)とします。 また、その物質のアミノ基にカルボニル基をくっつけた物質(純度99%)も同様に、スポットが2つ得られました。スポット位置を、(3)、(4)とします。 そして、その2つの物質を水に溶かしたものは、スポットが3つ得られました。(1)、(2)、(3)の位置です。 質問1:なぜ、ひとつの物質からふたつスポットが得られるのでしょうか? 質問2:そして、なぜ2つの物質を混ぜた液からは、スポット(4)が得られなかったのでしょうか?(3)と(4)は、けっこう近くて、色も薄いですが、それよりも2つの物質が似ていることが関係しますか?

  • 物質の極性とTLC

    先日はおかしな質問をしてしまってすみませんでした。 TLCを用いて分離同定をする実験を行ったのですが、疑問に思った事があるので質問させてください。 質問(1) 実験内容 TLCを用いて色素混合物(Indophenol Blue、Sudan RedG、4-Dimethylaminoazobenzene)の分離。固定相:トルエン 結果;原点から近い順に青、赤、黄とスポットを確認。 この事から物質の極性はIndophenol Blue>Sudan RedG>4-Dimethylaminoazobenzeneとなりますよね? 4-Dimethylaminoazobenzeneの構造式を見ると対称面があるので極性を持たない。だから原点から一番離れた場所にスポットが見えたということは分かりました。 でも残り2つの物質の極性について、一般的な物質の極性がアセトン<アルコールなので 同様に=Oを持つIndophenol Blueの方が-OHを持つSudan RedGより極性が低いのではないかと考えたのですが、結果が逆になってしまいました。 なぜIndophenol Blue>Sudan RedGになるのですか? 考え違いなど指摘していただけると嬉しいです。 質問(2) TLCの原理 固定相がシリカゲルの時、シラノール基のーOHと物質に含まれる酸素が水素結合をすることで吸着するんですよね。それならば水素を持たない物質はどのようにして移動するのでしょうか?? 質問(3) C6H5-COO-R(R=アルキル基 exプロピル基のような単鎖)の極性についてなのですが TLC(固定相;シリカゲル)の結果を見るとRが長いほど原点より遠いスポットになり、Rf値が大きくなりました。ということはRが長いほど(溶媒と比べて)極性が弱いと言うことですよね?? なぜRの鎖が長いほど極性が低くなるのでしょうか?? 長くなりましたがお願いします。