• 締切済み
  • すぐに回答を!

新築の基礎にコンクリートクラックができました

 新築の一戸建て住宅を某ハウスメーカーで建てています。 14日に基礎のベタコンのコンクリートを打設したのですが、今朝見に行ってみると、約0.5~1mm幅のコンクリートクラックと思われるヒビが入っていました。 15日の昼に当地方で震度5強の地震があり、その影響かと思い、すぐ某ハウスメーカーに連絡を入れました。すぐに担当の現場監督・関係者が来て、現状の確認を行いました。  仕事の関係で待つことも出来ず、あとはメーカー側からの説明・報告を待つことにしました。  夕方、担当の現場監督と上役の方が見えての説明はこうです。 ・方向が鉄筋に沿っている(5,6本全て)ので、地震の影響ではない ・コンクリートはその時の天候や諸条件によってクラックになる場合がある ・部分的に剥がして確認したが、鉄筋のずれはない とのことでした。今後の対応としては ・クラックを埋める部分補修では、施主側に不安もあるだろうから、今打ってあるベタ基礎の上に、細い鉄筋を敷き、追加で50mmのコンクリートを打つ  というものでした。 <質問要旨>  (1)コンクリートクラックは、そんなに簡単にできるものなのか?(ちなみに1週間先行の隣家は全くない)  (2)提案を受けた「上からかぶせる」というのは妥当か?  (3)長期的な面での強度や家にかかる負担はどうか?  かなり不安になってきています。基礎等に詳しい方、是非アドバイスをお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数6152
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2

設計者です。 まずクラックについてですが、0.5mm以上あるということなので、おそらく地震の影響によるものでしょう。 コンクリート打設後すぐには、目標とする強度が出ていません(1週間程度でほぼ目的の強度になります)ので、地震の影響を受けた可能性が高だろうと予想します。 縦方向のクラックとうことなので、鉄筋の組み方が悪くかぶり厚さが不足していた場所に負荷がかかったのかもしれません。 強度の高いコンクリートは、低強度のコンクリートよりもひび割れが発生しやすいという側面もありますので、まったくクラックが入らないということは、難しいとは思います。 ただし、クラックといってもヘアークラックと呼ばれる極めて細いクラックならさほど問題ではありませんが、0.5mmを超えるクラックは十分に瑕疵と呼べるレベルのものだと考えます。 次に補修方法についてですが、基礎の上に50mmのコンクリートを打って強度が上がるとは、とうてい考えられません。 まったく無意味でしょう。 補修としてコンクリートを打つなら、現状で基礎に埋まっている鉄筋(上端筋)が見えるまでコンクリートを砕り取る必要があると思います。(今回のケースで必用という意味ではありません) 最後に実際の強度についてすが、どの程度クラックがどういう箇所に入っているのかが、質問の文章だけでは判断できません。 ひとついえることは、現状基礎の上に意味のないコンクリートの増打ちをしてしまうと、土台と基礎の間での力の伝達という面で、かえって不安要素が増えてしまう可能性があるでしょう。 クラックのそのものの補修としては、エポキシ樹脂の注入がもっとも一般的だと思いますが、強度面での抜本的な解決については、コメントは差し控えておきます。(実際に問題となるクラックであるかどうか判断できないので)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすいご解答、ありがとうございました。 検査の結果、ヘアークラック程度ということでした。 「ひとついえることは、現状基礎の上に意味のないコンクリートの増打ちをしてしまうと、土台と基礎の間での力の伝達という面で、かえって不安要素が増えてしまう可能性があるでしょう。」 参考にさせていただきながら、メーカーとの話を進めていきたいと思います。ありがとうございました。

  • 回答No.1

はじめましてasone8426さん。新築されると言う事で不安もあると思いますが、参考までにお付き会い下さい。 まず、コンクリートは「ひび割れ」が起こり易い建材と思って下さい。 無いに越した事はありませんが、普通によく発生します。(小さいもの に限定してですが)人間で言えば「カゼ」と同じですね。 1mm程度であれば問題無いでしょう。 施工業者側の説明もある意味理解出来ます。・・が鉄筋方向の クラック(沈降による)は打設後の管理で、左官工事レベルである程度回避出来ると思います。(目潰しとか・・) そこで質問要旨から回答として 1)簡単に出来ます。そもそもコンクリはそんな材料です。 隣の御宅も必ずあります。ミクロ単位ですが。。 2)妥当かと言えば妥当。 3)一般的な住宅であれば問題有りません。 今後200年とか300年も子孫の為に残されるのであれば 問題はあります。その場合は設計段階で打合せされていると思いますが。。 「耐震偽装問題」等で不安な事もあるかと思いますが、設計段階で 「コンクリート強度」のバラツキは「法」により厳密に制限されています。もっと恐ろしいのは、上部構造の「手抜き」です。 ご質問からは構造形態は分かりかねますが、木造であれば「壁」・「金物」等も重要です。「金物」などは検査機関の人間でも簡単に「スルー」します。(・・分からないのが現実ですが・・) 検査機関でOK=「安全保障」ではありませんので注意して下さい。 「ご家族の命」は役所も検査機関も「保障」してはくれませんので。。 よい御宅を完成されますようお祈り申し上げます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 コンクリートの性質などについても、今回初めて勉強した程度の素人知識です。専門的なご意見をいただき、感謝しております。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 基礎コンクリートの配筋用鉄筋に立会いしましたが

    基礎コンクリートの配筋用鉄筋に立会いしましたが エコキュート用のスリーブの位置が図面と異なっており 急遽鉄筋を切り図面通りの位置に付けられました。 スリーブに被ってない所の鉄筋を切っており (スリーブ用の補強筋はしてあります) 他の所ではスリーブ被ってない所の 鉄筋は切られておりませんでした。 現場監督に何度も聞きましたが「大丈夫」の一点張り。 その後、コンクリートを流し込みましたのでもう見えません。 素人目では鉄筋を無駄に切られたのでは?って思ってしまいました。 施主が知らないだけで、現場ではそういう事が頻繁に起こっているのでしょうか? 強度に関しても変わらないものなのでしょうか?

  • コンクリートの基礎の見積もりしていただける所

    建築の現場監督に就職しました、いきなりコンクリートの基礎の見積もりを依頼されました、どこか見積もりしていただける所知りませんか?図面送るので。

  • コンクリートを流した直後の雨

    先日、朝の天気予報で曇りのち雨となっていたのにもかかわらず、基礎工事でコンクリートの流し込みが行われました。案の定雨が降り出したので、まさか今日は行っていないだろうと思いつつ、仕事が終わった後現場に駆けつけると、予定通り流し込みが行われており、現場監督らしき人から「雨水をすくい出し、もう綺麗になっているから大丈夫です」との説明を受けました。 確かにコンクリートの表面はきれいにはなっていたのですが、本当に大丈夫なのでしょうか?? その夜ハウスメーカーから「先ほど確認したのですが、綺麗になっていますし、大丈夫です」との電話が再度あったのですが・・・

  • 新築。布基礎にクラック。コンクリートN24温度補正

    新築まもなくクラックが2ヶ所入り表面クラックと言われ外側だけ修理して貰いました。内側にはクラックはないので心配しないでと言われる。ひつこく内側を調べてと言いましたが心配ないと何度も言われました。 一年間毎日気になるのでその後床の下に入り基礎を見ましたら内側まで貫通していましたで基礎全体を調べましたら5カ所ぐらいひび割れが有り有名メーカーパ社住宅です。ひび割れ修理専門業者と一緒に来ましたと言われました。その人達が床下に入り調べたら16カ所有、3.4カ所は貫通クラックと言われ手動で注入剤(エポキシ樹脂)と言われました。その他はひび割れが細いので塗りと言われました。 布基礎、土間打ちの前後は大雨で雨上がりでもコンクリート打ちは大丈夫です、もしクラックが入ると当社が責任をとりますと言われました(支社長、部長、所長、現場監督、基礎業者、営業マン、設計士) メモもとられていましたが覚書は貰いませんでした。大手メーカーを信じていたため、疑うと良い事にならないと思ったからです。 コンクリートは強度の強い27を使いますと口契約しました(何度も言われました) コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正と書いてあります。 その後立ち会った社員は転勤になりその人の転勤先を聞き何度も電話しました、以前おられた支社に電話をして貰いましたが代わってこられた人とも、もめごとになりなかなか話がつかず本社へ書類を送ったりで時間がかかりました。 先日話し合いの結果外壁土地下(犬走とか言われた)までは見えないのと内側土間コンクリート打ち下は見えないのでと言われ見える部分を手動で注入剤(エポキシ樹脂)を入れられる。後残りは刷毛塗りで心配ないと言われ仕事されました。 見えない所にはエポキシ樹脂はされませんでした。 大きなひび割れはすべて柱下の横でした。外壁以外の中基礎にも何カ所もひび割れが有りました。 小さなひび割れは1.2メートルぐらいの間に集中していました。 構造クラックとか貫通クラックとか聞いても答えられません。エポキシ樹脂を使えばコンクリートより強いと言われ、この方法しかないと言われるのです。新築ですこのような状態でしたら引き取ってもらえないのでしょうか。瑕疵保険はパ社が入っています。 エポキシ樹脂注入後に完成検査後の資料に基礎コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正と書いて27でないといいましたら温度補正3でプラスN27と言われました。当社はすべての基礎に温度補正プラスは書かないと言われました。 基礎下と内側土間コンクリートハグリもせずにエポキシ樹脂注入されましたその下部分にまで浸透しているのか心配で寝られません(パ社は浸透していますと言われる) 基礎コンクリートはFC=21N/mm2 +3N/mm2 温度補正3をプラスするとN27ですと言われました。 温度補正をプラスすると強度N27になるのでしょうか。 柱状杭はしてあります。 ご教授お願いします。

  • 住宅新築中の基礎のクラック

    現在大手住宅メーカーで新築中です。 最初に基礎にクラック(1本)が入ったのは、工場から資材が運び込まれ、2階までの外壁パネルが組み立てられた時でした。場所は布基礎がT字(平面図上で)になっている角の所で、丁度アンカーボルトの所でした。 現場監督及びその上司は、「この場所は配筋が集中している場所だからかも知れない」と判断し、エポキシ注入、補強工事を行いました。 この時点でこの基礎の将来に不安を感じてきたので、住宅メーカーに誓約書を書かせ工事を再開させましたが、工事が約90%進捗した先日、新たに3ヶ所クラック(4本)を発見しました。(今回もアンカーボルトの所が2ヶ所、計5本のクラックの内4本が裏まで貫通) 住宅メーカーは地盤の再調査、基礎上端レベル測定、メーカーの研究所へ基礎データ照会、生コン工場の出荷伝票確認等誠意を持って対処して頂いています。 当方としては上屋部を取り壊してでも基礎の作り直しを要求したいので、住宅メーカーに言い包められないよう理論武装をしたいと思っております。私自身建築に関する知識が乏しいものですから、第三者(建築士等)による検査を受けたいのですが、今回のようなケースでも検査していただける機関をご存知であれば、教えて頂きたいのですが。 またこのようなクラックが発生する原因としてどのようなことが想定されるでしょうか?(地盤は3t基礎でも十分な所に5t基礎を施工しています)

  • エアコンの配管と基礎のコンクリート穴

     よろしくお願いします。  大手鉄骨系ハウスメーカーで新築中(大工工事がもうすぐ終了)です。エアコンの室外機を取り付け場所のすぐ外ではなく、少し離れた場所に置きたいと現場監督に相談したところ、見栄えも悪いので、基礎のコンクリートに穴をあけて配管を通しましょうと提案されました。  1)基礎に穴をあけるのは気分的に不安だ。強度的に大丈夫なのだろうか?  2)将来、エアコン買い換え時やメインテナンス時に不便で費用も高くなるのではないか?  以上、2点のことが気になっています。また、その他にも問題点があるでしょうか?  ご教授お願いします。

  • べた基礎とぬの基礎のコンクリート境がある場合

    只今、新居を建築中で、度々現場に足を運んでいるのですが、べた基礎とぬの基礎の部分が日にちを置いての工事となっているため、コンクリート境が気になってしかたありません。HMは「鉄筋で一体化されます」と言いますが、境の部分は後で土に埋もれるため、クラックなどが発生したときにそこから水分が侵入して鉄筋のさびの原因になるのではないかと思い心配です。どうも、基礎自体のコンクリートを一気に流し込んでしまわない事が引っかかっているのですが、一般的にこのような事はありえるのでしょうか? 今の所一応、境の部分にコーキングを頼んでいる状態です。 どなたか知識のある方がいらっしゃいましたら、お願いします。

  • 基礎工事のコンクリート強度とかぶり量について

    愛知県西部にて アパート(木造軸組工法 二階建て)を建設中です。現状は基礎工事が終わったところです。 基礎はべた基礎・立ち上がり厚120mmです。 基礎工事の時のコンクリートの配合表を提出させたのですが、底板・立ち上がりとも、21N/mm2のレディーミストコンクリートでした。 インターネットなどでみると 冬場のこの時期は 24N~27Nが望ましいと出ていたので、監督に弱くないかと確認したところ、 住宅支援機構の施工基準で、べた基礎のコンクリート強度は21Nだから 全く問題ありませんと言われました。 柱状改良で地盤も補強してありますから、無筋コンクリートでも通りますよと・・・ 現場監督の言ううことは 正しいのでしょうか? また基礎工事の鉄筋の位置がずれて片側に寄っている部分もありました、この状態は大丈夫なのでしょうか? 外周部はおおむね、中心に配筋されていました。 なにぶん建築には素人なものですから、アドバイスよろしくお願いいたします。

  • ALC板のクラック

    現在新築中です。在来工法にて外壁はへーベルライト(50mm)を使用しています。3日前に地震があったので、もしやと思い今日現場の足場に登り壁をチェックしました。(地震の前日にコーキングを終えたところでした。塗装はまだしていません。)  すると2箇所ほどALC板にクラックが入っていました。(よく見ないとわからないきわめて細いクラックです。)それからねじ止めした部分をコンクリートのようなもので埋めているのですが、その部分も3箇所ほど埋めたところが浮き上がっています。  気がついた部分はやり直しをしてもらえるのですが、今後引き渡し後に軽い地震でこのようなクラックができるのであれば大変心配です。(今回は施工不良の可能性もありますが)  ALC板とはそれほど弱いものなのでしょうか。ハウスメーカーは仮に引渡し後にクラックが発生してもきわめて細いものであれば、内側に防水シートもあるので大きな問題にはならないといっておりますが、そんなもんでしょうか。(場所は千葉県です)  専門家のご意見をいただけると助かります。

  • 勝手口の外踏み段コンクリートのクラックについて

    大和ハウスで2年前に注文住宅を建てましたが、勝手口外コンクリート踏み段(ステップ)に築後4~6か月後からクラックが入り始め、一年の点検でも指摘しましたが、もう少し様子を見てからという事で、今回2年目のメンテナンス点検でも徐々に全体近くひび割れ状広がっていますが、どうにかならないかと、点検担当者に云ったところ持ち帰って検討となりましたが、クラックは表面だけで、何ら問題ないとの返事ですが、 この勝手口は住宅基礎を完成させた後、勝手口の踏み段コンクリートを別に打設したこと。及び、にわか仕立て(二日間)の木枠のみで鉄筋が使われていないかもしれないのが原因かもと、知人建築専門家に見てもらって聞きました。 その様な数mmのクラック(ひび割れ)が入ったところで、構造的に問題がないところですから、別にどうということはありませんが、クラックというものは、見栄えが悪いという話がよく問題点となっているとも聞きました。 PS: 2年目メンテナンス担当者、曰く細かい作業等は、 左官屋さんの裁量に任せ何のマニアル的指導書は 無いとのことですが、本当でしょうか???・・・ウソだとは思いますが! こういう問題について何か良きアドバイス等をお聞かせください。 (二年補償期限は9月28日迄です)