• ベストアンサー
  • 困ってます

アルデヒド類の水への溶解度

ホルムアルデヒドおよびアセトアルデヒドの水への溶解度を 教えてください。 両者ともに水への溶解度が高いのはわかっているのですが、 化学便覧やMSDSを見ても具体的な数値のある文献がありませ んでした。 また、ネットで検索しても、サイトによって値が全然違う場合 があり、どれを正とするか判断しかねます。 実測値でも構いませんので、ご存知でしたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1362
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • koz7291
  • ベストアンサー率53% (96/179)

 「化学大辞典」、東京化学同人(1989)によると、 ホルムアルデヒド(気体)  水には55 %まで溶解する(温度の記述なし)。 アセトアルデヒド(液体)  水とは任意の割合で混ざる(溶解度∞(?))。 とのことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • メチルメルカプタンの溶解度

    メチルメルカプタンの水に対する溶解度を知りたいのですが、以下の式のA,B,Cがわかりません。化学便覧をみてものっていないので…。もしご存知であれば教えて下さい。 lnX=A+B/(T/100K)+Cln(T/100K) X:溶液中の溶質のモル分率、T:温度[K]、気体の分圧は101.325kPa また、溶解度を求める時に上記の式を使えばよいのかもあまり分かっていないので、その辺りも含めご意見頂ければ幸いです。 よろしくお願いします。

  • 溶解度について

    溶解度とは純水に物質何g溶けるかということですね。それでは、純水でなく、他のイオン化した物質を含んだ水に入れた場合、おそらくこの溶解度の値は変わるのではないか思っているのですが、どのような物質を含んだ時に溶解度は大きくなる、あるいは、小さくなるなど、何か一般的に言えることはあるのでしょうか。

  • 炭酸カルシウムの水への溶解度について

    炭酸カルシウムの水への溶解度について質問です。 炭酸カルシウムにより組成されている鉱物として、アラレ石(アラゴナイト)、方解石(カルサイト)があります。 これらの水に対する溶解度について、いくつかのウェブサイト(炭酸カルシウムを販売されているメーカーさん)を見ると、 方解石と比較しアラレ石は水への溶解度が約6倍で、水に溶けやすい。 との記述があります。 そこで疑問なのですが、炭酸カルシウムの水への溶解度は、 0.00015 mol/L (25 °C)で、2つは物質の構造が違うため 多少の溶解度の差はあっても、大差はないのではないかと感じてしまいます。 高校卒業以来、化学離れしていまして分からなくなってしまいました。 説明がうまくできず申し訳ありません。 よろしくお願いします。

  • 溶解度[ニトロベンゼンの、クロロホルムに対する]

    大学生で化学を専攻する者です。 化学実験の考察のデータとして用いようと考えているのですが、 ニトロベンゼンの、クロロホルムに対する溶解度の載っている文献が見つかりません。 (1)もしこのデータがありましたら、文献(書籍等)も含めて値をご教示願います。 (2)もしくは、無限に溶ける(溶解度という概念ではない?)ということでしょうか。 (3)他のパラメーター等からこの溶解度を推論することは可能でしょうか? そもそもこのデータがほしいのは、以下の理由からです。 ニトロベンゼンを合成し、生成するために分液ロートを用いて水層vsクロロホルム層で抽出しました。 このときの分配定数を考え、収率に対する寄与率を考察しようと思っています。 分配定数の値は見つからなかったため、本を調べると、 近似的に   (分配定数K)≒(溶質の相1への溶解度)/(溶質の相2への溶解度) から推定できるとあったため、溶解度を求めています。 したがって、 (4)水層-クロロホルム層のニトロベンゼンの分配定数 がわかれば言うことなしですが、ないと思い上記の質問をさせていただきました。 また、 (5)上記の方法でない分配定数の求め方、考え方 がありましたら教えてくださると幸いです。 以上、部分的でも構いませんのでご回答をよろしくお願い致します。

  • 固体の溶解度

    高校化学の固体の溶解度について質問です。 溶解度は100グラムの水に溶質が溶ける質量となっています。 ここで疑問なのですが、例えば溶解度が30の物質は、水1000グラムあたりだと300グラム溶けるのでしょうか。 どうも問題を解いていると違うようで…。 もし300グラムでないなら、その理由はどういったことなのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 無機化合物の有機溶媒への溶解度

    無機化合物の有機溶媒への溶解度を調べています。 難溶などの記述は見られますが具体的に数値データとして知りたいと思っています。 このような情報が見られるような便覧やデータベース等はないでしょうか? 具体的にはNaClのキシレン、トルエンなどの有機溶媒への溶解度を調べています。 化学便覧は調べましたが、有機溶媒がエタノールなどに限定されていました。 もし何か情報ありましたらよろしくお願いします。

  • 溶解度の問題でわからないところがあるので教えてください。

    硝酸ナトリウムの水への溶解度(注)は80℃で148、20℃で88である。 (注)溶解度とはある温度において、溶媒100gに最大限溶けた溶質の質量を    グラム単位で表した数値である。 以下の問いに答えよ。 (1)80℃における硝酸ナトリウムの飽和水溶液100gに硝酸ナトリウムは何g    溶けているか。   答  248:48 = 100:x x=19.35 よって 19.4g (2)100gの硝酸ナトリウムを80℃で飽和水溶液にするには、水を何g加えたら    よいか。   答 100:x = 248:148 x=59.68 よって59.7g (3)80℃の硝酸ナトリウムの飽和水溶液100gを20℃に冷やすと、何gの    硝酸ナトリウムが個体となって析出するか。   答・・・・どうやって解けばいいか教えてください。 (1)と(2)は合っていますか??それも教えてください。

  • Na2WO4とBaWO4の水溶解度が知りたいのですが

    Na2WO4とBaWO4の水溶解度が知りたいのですが、文献などを探してものっていません。 どうやら自由エネルギーから計算できるようなのですがどうやればいいのかわかりません。どなたか教えてくれませんか?

  • 溶解度と飽和溶存酸素濃度

    値は化学便覧からの抜粋です. 酸素の飽和溶存酸素濃度は20℃で8.84mg/L. 同じく酸素の溶解度は20℃で0.0283mL/mL. この溶解度から飽和溶存酸素濃度をmg/Lでだそうとしたところ, (0.0283/22.4)×32=0.04043g/L=40.43mg/L となってしまいました. 計算が間違っているのでしょうか?どなたか教えていただけると助かります.

  • 硫酸鉄(II)七水和物の溶解度に関して

    最近仕事の関係で化学を勉強し直していまして疑問があり質問させていただきました。 4g/Lの硫酸鉄水溶液に対する硫酸鉄(II)七水和物の溶解度を求める場合、硫酸鉄(II)七水和物の硫酸、水への溶解度を調べそれぞれの水溶液中の比率に応じて計算すればよいのでしょうか?