• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

JRの地方交通線(ローカル線)は全て赤字なの?

JRの地方交通線(ローカル線)という時刻表の青の路線は全て赤字なのですか? 幹線(地方交通線ではない路線全て)は赤字の場所も多いという話ですが 国鉄時代に設定してJR化後には修正していないとは本当ですか? 海峡線とかも赤字なのですか? 東金線や八高線などSUICAが使える東京近郊の路線でも赤字なのですか?

noname#23921

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数868
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • -maru-
  • ベストアンサー率51% (100/195)

守秘義務もあり具体的で明確な資料は提示できませんが、地方交通線どころか主要幹線クラスでも赤字路線が多いようです。 また、運賃計算上の幹線や地方交通線は国鉄末期の運賃改定で設定されたものを廃止路線の削除と開業路線の追加のみの変更となっています。 とある1時間に1本以上運転されている路線では特急列車は採算が取れているものの都市部以外の普通列車が大幅な赤字で結局路線自体も赤字になっています。 結局都市圏通勤輸送(通学定期券は基本的に採算は取れていません)と新幹線や特急列車による都市間輸送で収支を保っています。 これらの事情により整備新幹線を含めた優等列車による都市間輸送と都市圏輸送に資本投下を手中させる傾向がありSuica等のIC乗車券もその一例です。 ICカードやSFカード等の整備は赤字路線もかなり含まれており、黒字路線への集客策と考えているようです。 本州のJR3社は国鉄の借金の一部を負担しても経常利益を出して株主への配当を行っていますが、北海道・四国・九州の3社は国鉄の借金の返済どころか分割民営化時に基金を設けその運用益で利益を出して借金も基金も無い貨物を合わせたJR7社で同じレベルの利益になるようにしました。 その後の事業展開や低金利時代に伴う借金の利子や基金運用益の減少で台所事情はかなり変わってきているのは周知の通りです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 国鉄とJR

    JRに変わってもう20年くらい経つでしょうか。私は概ね成人するまでは国鉄、大人になってはJRという感じですが、大人になると自分で車を運転することが多いので、あまりJRを使う機会はありませんが、国鉄時代は旅行などではよく利用していました。とにかくトイレは汚い・紙がない・チィッシュは有料・駅員は不親切というイメージがありましたが、JRになるとそのあたりは随分改善され、駅に敷設してきれいな店ができたり、ふと気付くと駅舎が綺麗に改装されている駅が多くなったと思います。 国鉄の方がよかったのは、駅に風情があったり、電車が来たときのアナウンスの声に特徴があってマネする人もいたり、そういうのは昔の方がよかったと思います。しかしながら、最近駅舎が次々に改装されるということはおそらく累積の赤字は解消され、要は儲かってきたということだと思います。単純な質問ですが、国鉄時代に「赤字」「赤字」といって永遠に返済不可能みたいなイメージがありましたが、どうしてここまでよくなったのでしょう。旅情・風情という点では、北海道・九州など不採算路線に鉄道マニアが好きそうな路線があったこと・新幹線や特急などに食堂車があったことなどを含め、国鉄時代に軍配が上がりますが、経営的にはJRです。これならもっと早く民営化すればよかったのにと思うところですが、どのようにして経営改善できたのでしょうか。確立したノウハウがあるのであれば、今もしぶとく民営化したがらない独立行政法人の運営の参考になるのではと思うのです。

  • 幹線と地方交通線

    幹線と地方交通線 これらの線区分けがなされて30年くらい経ちますが 美祢線・宇部線が幹線に指定されているのは宇部○産やセン○ラル○子の石灰石などを輸送する貨物列車で 基準をクリアしていたからでしょうか? JR化後に開業した海峡線や本四備讃線、宮崎空港線は当時の基準で営業予測してそれぞれの運賃基準を 国交省に申請して認可されたのでしょうか? 例えば八高線の八王子ー高麗川間が別線区などに分離していたなら幹線になっていたでしょうか? 仙石線・仙山線・磐西・両毛・御殿場・篠ノ井・伯備線などはちょっと微妙に思えませんか?

  • 国鉄とJRの路線の本数

    JR化後は本数が少ないが国鉄時代は本数が多かった路線はどこがありますか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

地方交通線と幹線の区別は赤字かどうかではなく、輸送量によるものです。 国鉄時代に一度設定されて以降一度も見直されていません。 なお、地方交通線にはさらに特定地方交通線が何段階か設けられ、その段階によって廃止存続を決めた経緯があります。 むしろ、存廃問題と関わる問題だけに採算性で区分したものではないのです。 国鉄時代はその非合理的経営などのために黒字は山手線と新幹線くらいなもとも言われています。また最大の赤字を出したのは東海道本線とも聞きます。 現在は各線区ごとの収支が発表されていないので推し量ることは出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 旧国鉄・現JRで使用の業務用時刻表

    国鉄時代は日本交通公社の時刻表が「国鉄監修」として市販され、国鉄部内でも市販の日本交通公社発行の時刻表から広告などを省き市販のものでは表紙に日本交通公社と明記しているところを日本国有鉄道と差し替えたものを業務用として使用していたと思うのですが、JRになってからは弘済出版社(現在は交通新聞社)発行の時刻表がJRグループの公式な時刻表としてJR各社の駅などでも使用されて、市販の時刻表も弘済出版社(現在は交通新聞社)発行のものに「JRグループ」と明記されています。 国鉄からJRになった際に業務用時刻表が日本交通公社のものから弘済出版社のものに変更になった理由を知ってる方、ぜひ教えて下さい。

  • JR四国内の路線名について

    国鉄時代の四国の路線は「土讃本線」「予讃本線」「徳島本線」といった呼び方の路線だったと思うんですけど、たぶん国鉄からJRになった際に路線名が変更になったと思うんですが、いまは「土讃線」「予讃線」「徳島線」となってます。 四国以外は民営化後も「本線」は「本線」のままなのに、どうしてJR四国だけは「本線」という名称にしなくなったんでしょうか? そこらへんのところがよくわからないんで、この僕の疑問について「…だと思う」といった回答でもいいんで教えて下さい。

  • JRって。

    よくTVやRADIOのNEWSや交通情報等で、 『JRや私鉄各社は通常通り運行されてます・・』と耳にしますが、JR(各旅客鉄道株式会社)も私鉄なのでは? 国鉄時代からの名残?慣習?で便宜上そのままなのでしょうか?

  • JRの急行列車が何れは消滅されるでしょうか?

    国鉄からJR化後に感じた事ですが、旧国鉄時代の50年代から80年代にかけて急行列車が頻繁に幹線や支線を含め往来していましたが、近年それに変わって特急が主力として活躍してます。 時刻表では急行券が未だに料金等の掲載をされていますが、すでに定期運用から消えてしまった急行に季節臨時を含め乗れる機会がなくなってしまったことから、何れはJRの線路上から消滅するのでしょうか? また、最近では特別急行でもある特急の格が余りにも庶民的過ぎて速達タイプの特急(例;スーパーあずさ)と一般の(あずさ)とでは停車駅数の違いだけで位置づけは同じ特急ということで肩を並べています。 これでは特急も急行も質として曖昧なのではないでしょうか?

  • 全国のJR路線の最高速度を知りたい

    東海道新幹線の270キロや、 京阪神の東海道線の130キロなど、速度が速いメジャーな路線などは、 度々鉄道趣味誌などで見かけますが、 全国にある多くのJR路線の設定最高速度がわかる書籍やHPなどがないでしょうか。 ネットで調べたところ、 国鉄時代には、新幹線、1級線~4級線、簡易線の 6区分あるのは、解ったのですが、どの路線がどの区分に なっているのかは不明でした。

  • 「JR○○駅」…国鉄時代は単なる「○○駅」だった?

    当方は1980年代初頭に生まれながら、 たったの一度も旧日本国有鉄道を利用することなく、 1987年4月の国鉄分割民営化を迎えてしまいました。 現在、JRグループ各社の駅は、 とりわけ私鉄や公営鉄道に同一の駅名がある場合、 「JR○○駅」などと、鉄道会社名を前置きした上で、 案内板やニュースで呼称されることが多いようです。 では、国鉄時代はどうだったのでしょうか? 同じく「国鉄○○駅」と呼ばれていたのでしょうか? それとも、国鉄と地方鉄道の間には、 主副のような関係が慣習的に存在し、 国鉄駅の場合には何もつけずに、 単に「○○駅」と呼ばれる場合が多かったのでしょうか? 逆の視点から質問します。 国鉄時代は、何も断りなく単に「渋谷駅」と言えば、 京王や東急の渋谷駅ではなく、 「国鉄渋谷駅」を指すことが、 日常的に暗黙の了解だったのでしょうか?

  • 地方に鉄道がなぜ必要?

    先日地方を旅行した時に、第三セクターが経営するローカル線を利用しました。 時刻表を見ると、平均2時間に1本でした。 聞けば、国鉄が民営化される際、万年赤字路線を切る捨てるべく地元に説明したところ、住民から大きな反対運動がおきたため、やむなく第三セクターとして再出発する事になったとの事でした。 ところが、もともと利用者が少ないために赤字路線に転落したわけですから、第三セクターとなって知恵を絞って利用者獲得を目指したとしても無理があるわけで、案の定、毎年巨額の赤字を垂れ流し、また地元自治体の補助も限界にきており、最近は廃線の話もチラホラだとか ・・・ そこで不思議に思ったのが、国鉄が地方の赤字ローカル線の廃止を決定した時、全国的レベルで廃止反対運動があったように記憶しているのですが、なぜ反対したのでしょうか? 鉄道事業は定期的な線路の保全、駅舎の維持管理、列車一両の駆動に要するエネルギーなど、大きなコストがかかる事が知られています。 乗客の少ない地方にとってのメリットは、時刻表どおりに運行されるという 「定時性」 くらいでしょうか。  でもバス路線でも、交通量の少ない地方でしたら都心のような交通渋滞なんてあるはずもなく、ほぼ時刻表どおり運行されるように思います。 また、大雪になれば運行停止になるのはバスでも鉄道でも同じでしょうし ・・・ 逆にバス路線の場合には、利用状況によって停留所の増減や場所の移動なんて、いとも簡単にできるわけだし、運行コストもバスと比べてはるかに低減できると思います。 自治体の負担も少なく、住民にとっての利便性も高いと言えます。 という事で、たとえば毎時1本あるバスより、2時間に1本しかない鉄道の方を希望する住民の考えが理解できません。 お教え下さい。

  • 関バスセンターから近くのJR駅へのアクセス方法

    関バスセンターから近くのJR駅へのアクセス方法 高速バスで関バスセンターに行く予定を立てています。 関バスセンターから近くのJRの駅まで公共交通機関で移動したいのですが、 時刻表や路線、バス会社について教えてください。 できれば亀山に出たいのですが、 三重交通の路線検索では路線なしとなってしまいました。 三重交通にはこだわりませんのでよろしくお願いします。

  • JRの時刻表は

    県境も表記であと路線も表記ですよね! 黒は幹線 青は地方交通線 千種駅は東日本や西日本の管轄では通じません! したがって愛知県にある千種駅といえば通じますよね。 ですが、名鉄で愛知県にある本宿駅って言っても、名鉄は愛知県にあるか岐阜県にあるかなどは路線図に書いてありませんので岡崎にある本宿駅や尾西市にある奥町駅と言えば通じますか? JRでは、松本にある村井駅とかいったら通じますか?

  • JRの列車を電車と言いますか? 汽車と言いますか?

    首都圏在住者です。 他の地方では私鉄や路面電車を「電車」と呼ぶが、JRの列車のことは動力の種別如何に関わらず国鉄時代から伝統的に「汽車」と呼ぶ習慣が今でも残っていると聞いたことがありますが、いかがでしょうか。 数年前、九州の某所のJRの列車(電車=ディーゼル車ではない)の中で地元の方が携帯電話で「今、汽車・・・」と言っているのを聞き「うーム、なるほど!」と思ってしまったことがあります。 みなさまの地方ではいかがですか。