• ベストアンサー
  • 困ってます

マーチ・発進時のカリカリ音について

H13年式日産マーチ1000cc(K11)4ATです。 エアコンをONで、停止状態から発進する際、アクセルを 早めに踏み込む(急加速気味にする)と、「カリカリカリ」 という音が1秒位して、その後エンジン回転が上昇します。 まず疑ったのは点火時期です。 ディーラーで現象を確認してもらい、やはり点火時期を確認 しましょうということになり、預けました。 数十分後、メカニックより説明があり、「点火時期はまった く問題無し、マーチ(特に1000cc)は低速トルクや馬 力が無いので、どうしてもこうなってしまう。ハイオクガソ リンを使うと改善できる」ということでした。 やっぱりこんなもんでしょうか?その時はマーチの点火時期 が手動(デスビがむきだしなので・・・)か、ECCS方式 の制御なのかよくわからなかったのですが、ECCS方式な のでしょうか?(他のHPでECCSと目にした記憶が・・) 何かこんなことしたら改善されるとか、制御方法とかの情報 ありましたら教えて下さい。 よろしくお願いします。(カリカリ音はどーも気になるので)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2410
  • ありがとう数18

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • q-type
  • ベストアンサー率17% (437/2543)

マーチはバキュームホースに亀裂が入りやすいので注意が 必要です。(デーラーはバキューム計で確認したのかな?) あと燃料メーカーとか製造時期で症状が出てくる事有ったり します。 カリカリ音はノッキングなので空燃費が薄いとなります、 一時的に改善できますが現物を見ないでやってしまうのは お奨めできないので書きません。 一応今時のサービスマンは基準値にこだわる傾向があります が「車1台1台に合わせたメンテナンスをすべき」と思ってます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます。 バキュームのことは何も言ってはいませんでしたので ちょっと分らないです。 燃料はいつも同じメーカーを使っていますので、今度 は替えてみましょう。 やっぱりノッキングですかぁ。じゃやっぱり車にとって はかなり悪影響ですよねぇ。

関連するQ&A

  • エンジンの不調について

    最近エンジンが不調になってきました。 症状として低速トルクが細く発進時にエンストしやすいことや、加速中にエンジンがきれいに吹け上がらないことです。 アイドリングが不安定(回転数が上下する)だったため、 デスビのコンタクトポイントを交換した所多少良くはなったのですが、トルクの細さやきれいに吹け上がらない症状は変わりません。 自分としてはイグニッション系の不具合だと思っていますが、ただ単にいろんな所を交換して直すのではなく、原因を特定して先につなげたいと思っています。 エンジン BMC製 948cc A型 (ミニと同じ形式です) デストリュビューター コンタクトポイント式 キャブレター SU 1・1/4 点火時期のズレ・デスビキャップ・ローターの痛みや、イグニッションコイルの故障による不調の症状もわかる方がいたらアドバイスを頂けるとありがたいです。

  • トヨタ7K-E エンジンの圧縮上死点とデスビ位置

    トヨタの7K-EエンジンOHVで圧縮上死点とデスビをヘッドを開けてカムを確認したり1番プラグホールにダイヤルゲージを使用する以外に確認する方法は、クランクプーリーを1周又は2周回して行き、スルッと軽くなった所でプーリーの切り欠きが0度の時、デスビのローター部分も1番に来ていれば1番圧縮上死点で、デスビの位置(そのあとタイミングライトで点火時期確認調整)も合ってると思って良いのでしょうか?

  • エンジンの不調

    先日からエンジンの不調で悩んでいます。 90年代の車です。 セルを回すとエンジンがかかったあとストール。 かけたあと踏めば維持できます。 しかし踏み込んでも4000回転までしか行かず、トルクもありません。 エンジンチェックランプ点灯しており、ダイアグは正常コードです。(試しにほかのセンサのカプラを外して見ると異常コードが出てました) ディーラーが言うには回転が上がっても点火時期が進角していない。だから高回転で失火している。 デスビかECUではないかとのことです。 納車時にECU修理を行っており、液漏れしていたコンデンサを交換してあります。 取り外してチェックしていますが、特に目立ったものは発見できませんでした。 デスビのチェックをしたいのですがどのような方法がありますでしょうか。 またほかの原因として考えられるものがあればご教授願います。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • q-type
  • ベストアンサー率17% (437/2543)

HPをアップロードしたついでに・・・。 購入後4ヶ月ならプラグは物理的不具合(製造ミス)を覗いて 省けるかと・・・。 ご自分で点検されるのもEですがK11のエンジン(CG10 DEだったかな?)は16ミリのプラグレンチとエクステンション ロット、ラチェットが必要になります。 はたして個人使用者がソコまで道具を買い揃えても・・・。 と思うのは私ダケでしょうか? 走行距離が判らないのでナンとも言えませんが平成13年式との事 ですので数千キロ(かと思いマスが・・・)でカーボンが深刻な程 溜まってるとも思えないんですが・・・。 正しい空燃費とプラグの破損(又は磨耗)が無ければノッキング はしないハズですが・・・。 プラグ(点火系)はドチラかというとアクセルオンの時息つきする 事が多かったりします 何か不具合が無ければそういった症状は出ませんョ。 個人的にサービスマンがよく言う「こんなものです」は言いたく ない人種だったりします 当社のお客様所有のマーチ(K11)全て(出やすいマニュアル車 含めて)ノッキングしてませんが・・・。 あまり職業(専門家とは)は書きたく無かったんですが・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もありがとうございます。 昨年夏で約4000Kmというところです。 エクステンションロットって、柄の長いやつですよね、 なんかそれと脱落防止機能のついたレンチも必要とか・・・ ちょっと自分でも皆さんの回答を参考に調べてみました。 確かにちょっと技術的・費用的に私には危険かと・・ q-typeさんのお知りになるところでは、ノッキングしていない とのことですので、次回点検時にもう一度フロントの人に確認 してみたいと思います。

  • 回答No.3
noname#2748
noname#2748

点火時期が正常であるとすると、他に考えられるノッキングの原因は、点火プラグの熱価の不適合、エンジン内部のカーボンなどの堆積、空燃比の過薄などが考えられます。ご自身で点検や修理が可能な項目として先の2つに付いて解説します。 最も点検しやすい項目は点火プラグでしょうから、まずはこれから点検しましょう。プラグを取り外し、先端の電極部分の色で凡その確認ができます。先端の電極部分が煤で黒くなっていたり、逆に白っぽくなっている場合はプラグの熱価(一口に言えば電極冷えやすさを表す指標です)があっていないと思われます。正常であれば狐色になっているはずです。先端に煤がついている場合は熱価が高すぎますので熱価を下げ、白っぽくなっている場合は熱価を上げます。プラグの熱価があっていないとノッキングが起こるのは、プラグの熱価が高すぎて先端部の温度が低すぎるとプラグの先端に煤がたまり、この煤が燃焼によって加熱されることで炭のように赤熱し、吸い込んだ混合気に勝手に点火してしまう事によって起こります。また、熱価が低すぎる場合は電極自体が赤熱し混合気に勝手に点火してしまうということが起こります。適切な熱価のプラグを使用していると電極は適度に加熱され、煤を焼き飛ばす自浄作用が働き、また赤熱することもありません。 次のカーボンなどの堆積ですが、燃焼室(シリンダーヘッドやピストン頂部)にカーボンが堆積すると、堆積したカーボンなどにより燃焼室の容積が減り、実質的に圧縮比が高くなったのと同じ事で、ノッキングを誘発します。また、堆積したカーボンが赤熱し勝手に点火してしまう現象が起こるのは、プラグの場合と同じように起こる可能性があります。このような場合、完全にカーボンなどを取り去るにはエンジンを分解しての作業になるますが、最近のケミカル製品はかなり効果のあるものがあり、エンジンコンディショナーなどのケミカル製品で、かなり改善される場合があります。このようなケミカル製品の使用においてはその用法をしっかり理解し、正しく使うことが効き目を最大限に発揮させるコツです。 以前のキャブレター式エンジンでは、このような状態になると、ランオン(ディーゼリングとも言う)という現象が出て、キーをオフにしてもしばらくの間、勝手にエンジンが激しいノッキングを伴って回転する現象が出たので、簡単に判断できましたが、電子制御燃料噴射のエンジンでは、キーをオフにすると同時に燃料自体の供給が止まるため、このような現象は出ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

かなり詳しくありがとうございます。 私も車いじりは好きですが、プラグはずしはしたことがありません。 教えてもらった知識を元に、自分でやってみるか、点検に出す時に 重点的に見てもらい、その結果を教えてもらうようにしたいと思い ます。 普段は家内が乗っているので、あんまり回してはいないと思います。 カーボンがたまりやすいかも。でも最初の夏は買ってから4ヶ月目 位なので、まだそんなに影響出ないですよねぇ?

  • 回答No.2
  • q-type
  • ベストアンサー率17% (437/2543)

ところでエアコンを入れた時アイドルアップしますよネ しない場合はアイドルアップ系のバキュームホースの破損 かアクチュエータのダイアフラムが破れてたりします。 日産系のアクチュエータはよく破れます。 日産は電気系(ECCS)ゴム系統トヨタに比較して昔から 弱いですョ カムとかクランクはE素材使ってるんですけどネ~。(≧∇≦)/ ハハハ K11はECCSでした。(スミマセン見間違えてました) 先日エアフロメータの不具合(出力値がボケてました)で交換 したところ改善しましたョ。 ふつうATならノッキング出難いハズなんですが・・・。 しかし新車から(購入時から)そうだったんでしょうか? 「最近急になった」のでしたら1度燃料変えて治らなければ エアフロの点検してもらって下さい コレも(エアフロの不具合の場合)裏技有りますがあくまで部品 が入庫するまでの一時的な方法なので書かないでおきますネ K11がK10に見えるとは寝不足かな? (≧∇≦)/ ハハハ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アイドルアップはします。 実は昨年の夏(購入後初めての夏)に発生し、先ほどの回答を ディーラーからもらったんです。 いつもは家内が乗っているので、そのままになっていたんですが、 先日私が久々に乗ったところ、また発生に気が付いたという訳です。 やっぱりECCSですか。今度点検の時にエアフロも見てもらいま しょう。整備要領書買おうかなと思ったんですが、予想以上に高く、 (マイナーごとに追加も出ている・・・)断念しました。

関連するQ&A

  • マフラーを取り替えたのですが

    VT250F MC15に乗っています。 昨日ダイシンマフラーに交換したのですが、吹き抜けは良くなりましたが、発進の時、エンジンが熱だれの様に回転が上がらない時と普通の時が不規則にあります。 よく社外マフラーを交換すると低速でのトルクが下がると言われていますが、それがそのことなのでしょうか?それとも熱だれかエンジンの不具合なのでしょうか? 発進時1~2回から拭かししてからだと、普通に発進できます。 走行キロ数は、19000kmです。 改善策があれば教えて下さい。

  • L28 L6 ハコスカ・ケンメリ・ブタケツ不具合

    日産L型エンジンの調子が悪いので経験者の方や旧車に詳しい方のご回答お待ちしています。 車種    ブタケツ エンジン  L28 ノーマル キャブ   ソレックス44 点火系  ポイント式デスビ(ノーマル) ここ数か月どうもエンジンの調子が悪いみたいでいろいろ修理してみましたが完全復調しません。 下記内容が今まで行った修理です。 ポイントが焼けすぎてデコボコだったのでポイント本体を新品に交換(ポイントギャップは0.45mmに調整) ポイントのコンデンサーを新品に交換 ポイント内部の配線を新品に交換 イグニッションコイル(外部抵抗付き)新品に交換(配線は断線無し通電チェック済み) キャブのジェット類つまり確認 番手確認 清掃  点火時期調整 17度~15度位 デスビ内部のプレートAssyがサビサビでしたのでばらしてウエスで磨きCRCを吹き付け ガバナスプリングも錆が出ていたのでCRCを吹き付け(磨き 分解はしていない) バキュームAssy点検 固着無し ホース抜けなし プラグ 純正 4番新品に交換(5番を付けるともっと調子が悪いような感じが・・(ボトボトが・)) プラグは全部均等には焼けなくて何時も1.5.6番がきつね色 その他は黒ずみ感 電磁ポンプ交換 燃料フィルター交換 今まで出た不具合で改善した症状   アフターファイヤー パンパン音(キャブ調整等で改善) アクセル踏んだ加速時のミスファイヤー パスパス音(コイル交換デスビ調整等で改善) アイドリング不調(ポイント類交換 点火時期調整等で改善) 今現在治らない症状 加速時のボトボト感(アクセルを踏んでもブゥオブゥオボトボト・・・・と感じ) 一時期 ポイント交換 コンデンサ交換 点火時期調整 デスビ内部清掃CRC等作業でとても調子よく改善されたように思われましたが  翌日に乗ってみると 又加速時にボトボト出だし調子が悪い 車に乗らない時間がしばらく有ると調子が悪いような 国道等で回転数を上げ運転すると少しは良くなるが街中で渋滞にはまるとボトボトするような・・・? ガバナスプリングの固着気味? 翌日になって症状が悪くなったりする為キャブでは無いような・・・? 良い時と悪い時が有る為・・・? 宜しくお願いします

  • 磁束ベクトル制御

    インバータの出力周波数にかかわらず、モータの磁束が所定の値になるようにインバータ出力電圧を制御することにより、トルク特性を改善し低周波数域から高周波数域まで定トルク特性を得る制御。 と説明文をインターネットで見つけましたが、意味がいまいち理解できません。モータに加える電流は、励磁電流と電機子電流で、励磁電流を一定にしてやることでトルクを一定にしてやるという解釈でいいのでしょうか??VVVF方式だと低周波数では、電圧が下がり、トルクはその2乗に比例するため、磁束ベクトル制御だと、低周波数でもトルクを一定に制御できるということ??

  • キャブの逆流

    エンジン始動しアイドリングが落ち着いたころ(始動して1分ぐらい)、 アクセルを少しあおると奥側のキャブがバックファイヤーみたいな現象を起こし、エンジンがストールしそうになります。 ただ一瞬なので完全にエンジンがストールすることはないのですが、 車を発進する瞬間に起きやすいので乗りづらいです。 ただエンジンが完全にあたたまるとこの症状はあまり起きません。 奥側だけのキャブが吹き返しをおこしているのが確認できるので、 奥側のキャブが原因だと思うのですが、どこに異常があるのかわかりません。 また低速時の加速も鈍くきれいに吹け上がらないのですが、 ある程度回転が上がれば以前と変わらなく加速します。 関係あるかわかりませんが、デスビのポイント・ローター・デスビキャップ・コンデンサーと、 イグニッションコイルを交換してからこの症状が起きるようになった感じがします。 エンジンはminiと同じA型、キャブはSU 1・1/4です。 アドバイスをよろしくお願いします。

  • プラグコードとミスファイア?の関係

    はじめまして。プラグコードを純正から社外品に交換したところ、 高回転は吹けが良くなったのですが、低回転で高負荷時(2速で 若干上り坂など)にミスファイアが起こります。素人なので 実は、これがミスファイアなのかもよく分かってないので表現が 難しいのですが、低回転、低速、高負荷時に一瞬駆動力が抜けて 滑らかに加速せず、加速が段付になるような感じ、排気音も それに合せて息継ぎしてるような感じです。車両はロードスター4気筒です。 プラグコードを純正に戻すとこの低回転での違和感はなくなりスムーズになります。 社外のプラグコードは車種別のもので、純正の倍くらい太さがあります。(メーカー名は敢えてだしませんが。) そもそもこれはミスファイアでしょうか? また、高回転を良くするとこのように低回転は犠牲になるものでしょうか。高回転の良さでこの製品は気に入ってるのですが、この低回転の 違和感を改善する方法は無いでしょうか? プラグの番手、燃調、点火時期などか関係しているのでしょうか? 詳しい方原因と改善策のアドバイスをお願いします。

  • S-VSCと4WDについて

    車の購入を検討しています。現在は、エスティマの4WDに乗っていますので、また4WDを購入しようかと考えていますが、4WDは価格が高いので悩んでいます。今は豪雪地帯に住んでおりますが、転勤族であるため、居住環境は変化します。(スキーには行きます) 実際に乗っていて4WDに魅力を感じているのは、雪道での発進性能が主でその他の走行安定性等は実感できません。エスティマの4WDは、ボタンスイッチで切替ができ、前輪が滑ると後輪にトルクが行く方式だと思います。 そこで、教えていただきたいのですが、トヨタのOPにS-VSC(電動パワーステアリング(EPS)とブレーキ制御(VSC、ABSなど)、駆動力制御(TRC)の機能を協調させることにより、車両の挙動が安定する方向に操舵トルクをアシストするシステム)なるものがあります。FFにこの装備を付けた場合、以下の点について質問です。 (1)登りの雪道における発進やわだちからの脱出に有効でしょうか? (2)上記に関し、現在の4WDには劣るでしょうが、単なるFFと比べどの程度上を行くのでしょうか? (3)走行の安定性(安全性)という面では、FFとS-VSCで現在の車より良くなるでしょうか? (4)4WDにS-VSCはもったいないでしょうか?(高すぎる~) ちなみに検討中の車種は、エスティマとノアです。皆さんよろしくお願いします。

  • ホンダビート エンジン不調

    平成3年式のビートに乗っています。距離は48000kmです。 先日調子良く100kmほど高速を走ってきて、出口の渋滞でのろのろ走っていたところ、突然臭いにおいが漂い初め、エンジンの振動が大きくなりエンストしました。再始動できましたが、パワーがなく、かなり回さないと発進出来ませんでした。 その後プラグコードを1本ずつ外してエンジンをかけたところ、真ん中の気筒からプラグを抜いてもエンジンの様子は変わらなかったので、1気筒動いてないと判断し、まずプラグを交換しました。そのプラグはオイルでべとべとでした(オイル消費はかなりあります)。一応新しいプラグから火花が出ていることも確認。 しかし組み立てて走ってみると、症状は余り変わりません。今までの感覚でクラッチを繋ぐとエンストしそうになります。(なんとなく改善したような気もしますが、慣れただけかも)。 デスビも開けてみましたが、電極はきれいでした。一応、スロットルも確認しましたが汚れ、動きも問題ありませんでした。ちなみに少し前にECUも目視しましたが、液漏れ等は無く。 となると他に原因は何か思い当たりますでしょうか?何かあれば教えていただけると助かります。宜しくお願いします。

  • BG5レガシィMT車のエンジンの調子

    BG5 GTB(MT)'98年5月最終C型 ボクサーサウンドを求め レガリスRエボのマフラーを装着 低速トルクが細まり 町乗リ(STOP&GO)が辛く また 大口径マフラー化による排圧低下による ECU制御のトラブル回避のため  ECUを プロ-パー社製 に交換  プラグは NGK イリウェイ #7へ変更(さほど高回転は使わない為) 少しは乗りやすくなりましたが 低速は満足出来ぬ腰抜けって感じ  こんなものなんでしょうか? 最近 アーシングを取り付け さらに改善はされつつ有りますが (フィーリングから プラグの焼けは完璧と思われます) こんなものなんでしょうか  MT車に大口径マフラーは使い辛いもの?? バンバン回して乗れば気にならないのでしょうが 普通に乗るので・・・ レガリスサイレント とかアペックスWSのマフラーの方が 乗りやすくなるとの話も聞くのですが 本当でしょうか?

  • DCモーターの PWMコントロール

    DCモーターのコントロールこれでできますでしょうか? 整流子型モータ(ユニバーサルモータDC・定格90W)で速度調整をするために、秋月のスピコンを購入してつけたのですが、低速での調整がうまくできません。具体的には、ボリュームを絞ると動かず、ゆっくり上げていくと突然高速で回ります。そこで、PWMなら、低速から高速まである程度直線的に制御できるかと、考えているのですが、いかがでしょうか? 調べてみると低速ではトルクが落ちるのはDCモーターの宿命のようですが、少しでも回避できればと考えています。 また、手頃な、AC100Vを扱えるPWMが無いので、秋月で販売されている、「PWM(スイッチング方式)DCモーター速度可変キット」を改造し、モーター側の電圧が50Vまでなので、パワーMOSFETを、TK10A60Dに変更し、耐圧を600Vまで上げドライブしようと思います。入力はAC100Vをブリッジダイオード(1000V10A)で整流したものを直接使用予定です。 ブレーキですが、付けるとすれば、どのようなものがあるのでしょうか、合わせてよろしくお願いします。 使用予定の部品リストです。 電気工作歴は長いのですが、大学も専門外の学部のため、ほぼ素人として、知恵を貸してください。よろしくお願いします。 負荷は職業用のミシンです。YDKの純正のフットコントローラーも、分解してみましたが、秋月のスピコンとほとんど同じものでした。 PWM(スイッチング方式)DCモーター速度可変キット http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-06244/ NchパワーMOSFET TK10A60D (600V10A) http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-08418/ ブリッジダイオード 1000V10A GBJ1010 http://akizukidenshi.com/catalog/g/gI-07697/ 皆様、どうもお世話になります。 結局のところ、元々のモーターが、55mm×70mmと小さいため、オリエンタルモーターで探すと、 15Wくらいのパワーになり、トルクは100mN・mと小さく、しかも回転数も1650rpmのため、 プーリーの大きさを小さくして減速すると遅くなりすぎるし、、、トルクも足りなさそう、、 次に、0.1Kのインバーターは16K円くらいで手に入るのですが、これにNFBを接続すると、、、 家庭用ミシンと同じくらいのサイズに成ります。 大きさと重さと、トルクと回転数が、、、元ついていたモーターの回転数は、カタログから計算すると、9600回転ですが、トルクが謎?? 付けて、もとよりパワーが落ちたら、何をしているのかわからない状況なので、、 今後のこともあり、プーリーを加工してくれる鉄工所を探しているのですが、なかなかありません。 「ミスミ」は個人では駄目だし、、代行業者を使うか、、、 一旦この計画は保留にして別の方法を考えて見るようにします。 皆様、どうもありがとうございました。

  • ZRX400.94年式です。走っていると次第にカブって行きます(泣

    ZRX400 94年式です。15000キロ 今回は、走っているとカブってしまっているので、質問します。 今の現象を言いますと エンジンは、しっかり勢い良く着きます。 その場で吹かすとしっかり吹け上がります。 ただ、走ってエンジンが温まって来るとかぶってしまいます。 つまり、最初だけ好調なんです。。 信号待ち、アイドリング状態で、2000,3000回転くらいまで何回も吹かして 発進しようと思うとカブってしまってます。 1度カブり始めたら、アイドリング状態で吹かしてもカブってしまいます。 そして、低速で本当に少しアクセルを開けるだけなら パッとしない音ですが、進み、加速しようとアクセルを開けると 次第にカブって行きます。 しっかり点火がしてないのかと思い、プラグコードを変えましたが 相変わらず、変わりませんでした。 プラグは純正で1000キロほど走ってます。 プラグを確認したところ、先端が3本とも真っ黒で、しっかりコードが刺さってた部分は、火花が飛ぶ受身は狐色でした。これが正常かわかりませんが(汗 プラグキャップは純正で、まだ1度も変えていません。 プラグが原因かもわからないので、今日、ちゃんと火花が飛んでいるか確認して、ダメならすすを取ってもう1度試そうと思います。 それでもダメならキャップの方を変えょうと思います。 これでもだめならやはり、キャブが原因なんでしょうか?? キャブだとしたらどこが悪いでしょうか? しっかりと燃料が行っていないからこうなるのかなと最近思って来ました。 ガソリンが切れる前と似ているので、、、 自分で思い込んでるところが結構あると思いますが、お願いします。

専門家に質問してみよう