解決済み

LAN 環境の認識

  • 暇なときにでも
  • 質問No.260890
  • 閲覧数223
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 72% (196/269)

 皆さんのお知恵を拝借したいと思います。
 私は、Windows Xp のノートパソコンを、自宅と勤務先とで持ち運んで、それぞれの LAN につないで使っていますが、コマンドで自分が今どちらにいる(ある)のか、識別したいと思います。パソコンを起動したときに、何かのコマンドを自動実行して、その結果をファイルに書き出しておいて、後ほどそれを(プログラムが)見て自分のいる場所を判断したいというわけです。
 二つの環境で違うのは、使うLAN アダプタだけ(IP アドレスなどは、LAN アダプタごとに設定されています)で、あとは全く同じです。
 どうしたらいいでしょうか。
 私が考えたのは、ping コマンドを使う方法で、自宅のプロバイダのマシンか、勤務先の適当なマシンを指定して ping コマンドを走らせれば、それぞれの環境で返ってくる結果が違うので、それをファイルに書き出しておくというやり方です。しかし、ping コマンドでは、実行が終わるまでにちょっと時間がかかるので、いわばパソコンの起動が遅くなることと同様の結果になり、やや不満です。もっと簡単にできるのではないかと思います。よろしくお教えください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

コマンドプロンプトで、ipconfig /all
をすれば、IPアドレスがわかります。

IPアドレスの大体の範囲で、自宅か、勤務先かがわかると思います。

あとはこれをテキストに落とせば、いいんじゃないでしょうか?
お礼コメント
ogx

お礼率 72% (196/269)

 再度、ありがとうございます。
 実は、先ほど、自分でいろいろ試していて、ipconfig コマンドが一番簡単だと気づきました。
 そうなんですよねえ。
 こういうことってなかなかわからないんですよねえ。
 ipconfig >ファイル名
 これでバンザイでした。
 私の疑問は、これで完全解決です。
 お世話様でした。
投稿日時 - 2002-04-28 17:52:44

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル9

ベストアンサー率 20% (25/121)

私もogxさんと同じような使用形態です。
vectorから、Domain Viewというフリーソフトを、
DLして使わせてもらっていますが、
非常に便利ですよ。

1度、見てみられることを、お勧めします。
お礼コメント
ogx

お礼率 72% (196/269)

 早速のお教え、ありがとうございます。
 このソフトは、自分のいるドメインを「目で」見るソフトのようですね。
 私としては、そういう情報を(自動的に)ファイルに書き出したいのですが、それは可能でしょうか。
 今、見た限りでは、できないようですが、……。
投稿日時 - 2002-04-28 11:56:15
  • 回答No.2

exping+ExSMTPという組み合わせで、ping結果をメールで送れたと思いますので、これを利用して管理するのはいかがでしょうか?
http://www.zdnet.co.jp/download/pc/internet/exping.html



質問とはまったく関係のない独り言ですが、こんな良いソフトを無料で作ってらっしゃった作者が、ホームページを今年の3月で終了させてしまったのが残念です。
お礼コメント
ogx

お礼率 72% (196/269)

 お教え、ありがとうございます。
 判定結果をメールを送るのでは、結果を Windows 上のプログラムが受け取れないので、私の場合には、使えません。

 いやはや、それにしてもいろいろなソフトがあるものですね。作者のホームページが閉鎖になっているのは残念です。何があったのでしょうね?
投稿日時 - 2002-04-28 15:45:43
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ