• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

新築

現在、新築中です。 家を建てるスタンスが知りたいです。 今、棟上が終わり、屋根、ドア枠・窓枠をつけ、断熱材(ボ-ドとか袋に入った綿とか)入っている状態です。 今日、中を除いて見ると、このところの雨で壁(板)が1メ-トル程濡れている状態でした。一緒にいた友人(工務店で働いている)が、「断熱材が濡れているから交換してもらった方がいい、大体手順がサッシや窓・シ-トを張ってから断熱材・・・。」とアドバイスをもらいました早速工務店に電話をしたら、「すぐ交換します。」「乾くので大丈夫」とのことでした。 実際の所「乾くので大丈夫」というのは信じても大丈夫なのでしょうか??交換したかしてないかは分からないし。こちら側でチェックしてもよいものなのでしょうか??  嫌がられるので現場にはほとんど行ってません・・・。 中に入って写真を撮ったり、チェックをしてもいいのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数417
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

通常は外壁周りに透湿・防水シートや構造用合板などを貼り終えてから 内部の断熱材施工になります。 発泡系断熱材は濡れても大丈夫ですが、グラスウールやロックウールなどの 繊維系断熱材は濡れると乾きにくい為、交換が必要ですね。 カビの発生や壁内での落下など後々多くの問題が起こります。 >「すぐ交換します。」「乾くので大丈夫」とのことでした。 「乾くので大丈夫」というのは信じても大丈夫なのでしょうか?? 濡れた状態にもよりますが信用しないほうが良いです。 グラスウールなどはたいした金額ではありません。 >交換したかしてないかは分からないし。こちら側でチェックしてもよいものなのでしょうか?? 交換しない可能性が高いのでご自身でしっかりチェックしてください。 >嫌がられるので現場にはほとんど行ってません・・・。 中に入って写真を撮ったり、チェックをしてもいいのでしょうか? 嫌がられるとはどうゆう事でしょうか? 施主に現場を見せたがらない業者は怪しいです。 納得いかない部分はどんどん質問されて納得したほうが良いです。 仕事の邪魔にならないよう許可を得てチェックして下さい。 写真は後のトラブル回避にもなりますので、どんどん撮りましょう。 だいたい、防水処理をする前に断熱施工するようでは ちゃんとした施工管理ができていない現場ですね。 欠陥住宅にしたくなければ、これからも頻繁にチェックされたほうが良いですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 新築の断熱材について

    自宅の断熱材について。新築5カ月ですが、寒くて困っています。埼玉県に住んでいて、断熱材は旭ファイバーグラス(MA10 100mm)を使用しました。これは標準なのでしょうか?工務店に依頼し、断熱材の種類は打ち合わせがありましたが、厚さや種類には説明がなく、これが工務店の標準の様なのですが。詳しい方、おめでとうございます。

  • 新築注文住宅の断熱材の欠如について

    1年前に建てた注文住宅の壁が結露したため、 施工した工務店を呼んで壁を破ってみたら、 断熱材(ポリスチレンフォーム)がいい加減に入っており、 (壁の周囲5cm程度の断熱が入っていない状態) 断熱材が入っていない部分が結露していました。 不安に思い、隣の壁もやぶってみたところ同じような状態で結露していました。 工務店はすべての壁を破って確認し、 断熱材を補充するといっています。 (当初の契約書や図面でも断熱材は隙間なく施工するようになっています。) ただ、工事が大変で、工事の間住めるような状態ではありません。 質問ですが、 (1)当然断熱材を補充してもらおうと思いますが、何かもっと簡単なやり方はないでしょうか? (2)新築の家がこのような状態で、家族の精神的ストレスは相当なものです。損害賠償や慰謝料の請求はできないものでしょうか? 家は木造の在来工法です。 ぜひお詳しい方教えてください。 よろしくお願いします。

  • 寒冷地ではない 新築 断熱材について

    新築を計画中です。断熱材について工務店の標準仕様が以下です。 これってどうですか? 壁、天井、屋根 →高性能グラスウール(アクリア)16K 90mm 床下 →ポリエチレンフォーム(サニーライト) 40mm 外断熱とまではいかなくても、できるだけ夏涼しく、冬は暖かくすごしたいのですが、この断熱仕様で大丈夫でしょうか? 営業の方は「十分だと思います」とおっしゃられてます。 いろいろ調べてみると、屋根の断熱が薄いように感じるのですが・・・。 ちなみに床暖房を入れる予定です。 窓はペアガラス、樹脂サッシです。 他こういう施工をプラスした方が効果的というのがあればよろしく お願いいたします。 できるだけ予算は安くおさえたいです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

袋に入った綿のような断熱材は、マグシルバー(商品名)といいます。グラスウール(ガラス繊維)ですので、一回濡れると、なかなか乾きませんので交換が必要です。発泡ウレタン系の断熱材は濡れても大丈夫です。  断熱材よりも、木質合板の方が濡れるとやっかいです。接着剤で張り合せてありますので、水性の接着剤だと接着力が落ち、耐久性が極端に弱くなります。特類フェノール系だと水に溶ける事はありませんが、木材は含水する事で寸法が収縮して暴れたり、腐れの原因になりますので、極力濡らさないようにすべきです。  建て主としてのスタンス(工務店に対する姿勢)についてですが、後々のメンテナンスを含めて永いお付き合いになる訳ですから、良好な関係を築きたいものです。だからと言って、言いたいことを躊躇したり、言わない方が良いという事ではありません。工務店側から見れば、お施主は家造りの素人です。そのお施主から叱られたり、工事に対する指摘を受ける事はプロとして、気分の良い事ではありません。ですから、言いたい事は素人的な質問形式で尋ねて、解答を求める方がスマートだと思います。その際、忘れてならないのが、解決した時に喜びやお礼の言葉を添える事です。必ず次の質問に対しても積極的に対応してくれる事でしょう。要点は、工務店や担当者に対して、「このお施主は良い人だ」と思わせ、曖昧な時は時間が掛かっても納得できるまで解答させ、妥協しない事です。  ですから、今回雨に濡れた場合でも、「この断熱材は雨に濡れたんだから交換してください」と言いたいところですが、指示しないように注意してください。  建築中のお施主様は何かと気疲れも多いかと思われますが、家造りは生涯の大仕事ですので、どうか楽しんで素敵な家を造ってください。最後になりますが、ご新築おめでとうございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • yayaya3
  • ベストアンサー率15% (10/66)

>嫌がられるので現場にはほとんど行ってません・・・。 中に入って写真を撮ったり、チェックをしてもいいのでしょうか? 必要以上に、ジロジロ見たり、あれこれ質問攻めにしなければ、見に行っても全然かまわないですよ。だってお金出して作業してもらっているんですから。あなたの物なんですから。安い物じゃないんですから。写真も思い出作りですからーって、なるべく見つからないように撮っておくべきです。 ごくろうさまーってジュースでも買っていって、どんどん現場に行きましょう。後悔するのはあなたですよ。またきてるよ~位になった方が、職人もいちいち気にしなくなります。 あと心配で、よく判らなかったらお友達にお金を払ってでも、定期的に見てもらった方が良いですよ。工務店に聞くのも友達にしてもらえば嘘も見抜けますし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>実際の所「乾くので大丈夫」というのは信じても大丈夫なのでしょうか? グラスウール、ロックウール、セルロースなど繊維系断熱材であればだめです。交換です。 簡単に乾くものではありません。 プラスチック系であれば乾きます。 ただネオマフォームなどフェノール系は確かぬれると吸水するのでNGだったような。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 断熱材

    新築半年です。工務店の断熱材の施工ミスがありました。設置したダウンライトが断熱仕様ではなく、マット式工法ができない為、火災防止の為にダウンライト周りの断熱材、グラスウールをはがす状態で施工されていました。やり直しになりましたがこの場合、断熱材は新しい物に交換させた方が良いのでしょうか?詳しい方、お願いいたします。

  • 断熱材の施工方法と効果について

    天井裏の断熱材の施工と効果についてお尋ねいたします。  2000年築の2X4(一戸建て)に住んでおりますが、あまりに夏暑く冬寒いので天井裏の断熱材を追加することにしました。 天井裏に上ってみて一箇所のロックウールは(下のシーリングライトをチェックした後戻し忘れたのか)めくりあがった状態で天井板が丸出しでした。 その他の場所もロックウールの重なったところは一枚が片方に乗り上げる状態になっていたりであちこち隙間が出来ています。 工務店に問い合わせたところ「問題無い」とのこと。 ただ他にも色々問題のある工務店でしたので信頼できません。 断熱材は隙間無く敷き詰めるものだと思っておりましたので戸惑っています。 質問ですが (1) 断熱材は多少の隙間は問題無いのでしょうか? (2) 隙間があると断熱材のとしての働きは全く機能していないのでしょうか? (3) 今ある断熱材の上から追加で隙間無く敷き詰めたら今の状態よりは良くなりますでしょうか? どうぞよろしくお願いいたします。

  • 至急; 2×4の壁断熱材を入れる順番

    通常アメリカでは外側の壁に防水紙を貼って、室内への漏水の可能性を完全になくした後、グラスウール、ロックウールなどを入れていくのですが、今回外壁はまだ裸のままなのに断熱材が入ってます。 工務店に、断熱を入れる前にこの手順を確認したのに、もかかわらずです。 今日雨が降ったせいで、少し断熱材がぬれているようなのですが、大丈夫でしょうか? これから4,5日雨が降ったりやんだりらしいのですごく心配です。 しかも窓がまだ一箇所キチンと固定されていなく、そこは完全にもってます(なのに断熱材は入っていて、きちんとぬれてます)。 そこはあとから変更があった個所で、他の窓よりは少し遅れて入ったところですが、普通、窓固定する前に、周りに断熱入れますか? よく乾かせば大丈夫というのは聞いたことがあるのですが、気休めにしか聞こえないし、その上完全に乾いてるかどうかなんて所詮わかりにくいと思います。 又、どうしたら完全に乾かせるのでしょうか? それに、これがたとえば通常の工事過程だとしたら、なんで防水紙貼った後に中を仕上げていかないのでしょうか?

  • 住宅エコポイント相当の断熱性能とは

    愛知県にて新築にあたり工務店を検討しています。 特に省エネで快適に暮らせる断熱性能の良い家にしたいと思っていますが、気になっている工務店の施工する住宅の基本スペックは「住宅エコポイントが通るくらい」だそうですが具体的なQ値などがわからずピンときません。 省エネルギー対策等級でいうといくつくらいの性能になるのでしょうか? 標準で使っている断熱材はパーフェクトバリアでサッシはアルミサッシのペアガラスです。 吹き抜けがあっても十分暖かくなりますよと言われますが、施工実績では蓄熱暖房機を入れている家が多いようで、エアコンだけで快適に過ごせる住宅には程遠いのかな・・?という懸念があります。 断熱材の厚み等が分からず申し訳ありませんが宜しく御願いします。

  • 壁の断熱

    現在工務店で鉄骨の3階建てを新築中です。 壁の断熱が気になり、工務店にどのような断熱材が使われるのか聞いた所 外壁がALCの100mmなので断熱材は入れません、との返事がありました。 ALCだけで断熱材をいれなくても大丈夫なのでしょうか? 予算的にも余裕がなくなってきたので、入れなくて済むならそれに越したことはないのですが・・・ 入れるのと入れないのではかなり差があるのでしょうか? 多少無理をしてでも入れたほうが良いなら、検討したいと思いますので ご教授宜しくお願いします。 愛知県在住です。

  • 断熱材の一般的な施工方法について

    以前に屋根裏の断熱材の袋の破れについて質問した者です。 他にも疑問が出てきましたので質問致します。 前回の質問 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5680920.html 前回の袋の破れについては工務店に見てもらい、問題はないが破れている1枚と点検口の上の1枚を交換してくれるそうです。 ただ現在使用しているグラスウールはもう工務店では使っていないそうでロックウールというものになるようですが問題あるでしょうか? また、再度屋根裏を見て思ったのですが、屋根裏に綺麗に敷き詰めずに屋根裏の空間が足りず断熱材が重なっている部分がありましたが、これは問題ないのでしょうか? なんだか隙間が出来ているのであんまり断熱材の意味が無いような気がしました。 隙間が足りない場合、断熱材を切らずに隙間に押し込んだり出来るのでしょうか? また、通常隙間と断熱材の大きさが合わない場合はどのように施工するのが一般的でしょうか?

  • グラスウールの施工について

    先だって出した「断熱材について」の質問にいただいた皆様のお答えを読んで、提案された断熱材では不十分なこと、お願いしている工務店さんに気密断熱についての知識や経験が殆どないであろうことが理解できました。私自身、断熱材の厚みをませばいいのか程度に漠然と考えていましたが、断熱をするなら気密もしっかりとらないといけない事が分かりました。 工務店さんは施工の経験はないようですが、具体的にこれをこうして欲しいと指示をすればやってくれそうに思います。 ご紹介いただいたサイトなどを読んで、理屈は何となく分かってきたように思うのですが、具体的に断熱材をいれたり気密シートを貼ったりなどの施工のやり方(工務店さんに理解してもらいたい部分)については、私にとっては難しい部分が多く、適切に工務店さんに説明できる自信が持てません。写真など多用して施工過程を解説したサイトやマニュアル、よい本があれば、どうかお教え下さい。予算をなるべく抑えたいので、グラスウールを断熱に使う方法が知りたいです。まず工務店さんと理解が共有できれば、それに必要な見積もりを出してもらって、予算的に実現できるかどうか検討ができると思います。よろしくお願いいたします。

  • ガイナ塗装とは?

    塗るだけで断熱性が飛躍的に上がるという事で工務店に勧められました。 塗装としてはなかなか高価なもので、ネット上の売り文句でも、素晴らしい効能がうたってありますが、実際のところはどうなのでしょうか? 工務店ではこれだけで断熱は全て解決という感じで、断熱材の施工はグラスウールをちょこっと入れた位、特に屋根断熱などはほぼこの塗料に依存するような設計でした。 小屋裏に登る事もあると思うのですが、これで本当に大丈夫なのでしょうか? 普通に断熱材もきっちり施工して貰った方が良い気もするのですが、実際に使ってみた方、費用程の効果はありましたか?

  • 輻射断熱材について

    教えてください。 お気に入りの工務店の断熱材は 「断熱材は基本的にはポリスチレンフォーム系の物(30mm)と表面をアルミ箔でコートした輻射断熱材を併用しています。輻射断熱材は6mmあり外部を全て覆い外断熱を行います。 厚みは薄いですが宇宙服とおなじで輻射熱線を反射するため断熱効果は大きく、また重量が軽い為外断熱を行う際外壁面軸組に与える負担が少ないものと考えています。」 との事。気密測定とかしてなく、どれだけの性能がでるかわかりません。 これとよく似た断熱材を使用されていて住んでいる方の意見などを聞きたいのですが・・ 輻射断熱を使用する工務店は少ないかと思います。 ここは北陸です。北海道ほど寒くないですが、私はとても寒がりです(^^;) もうひとつお気に入りの工務店は水発泡ウレタンで気密性を保ち、2重通気層です。どちらにしようか悩むとこです・・

  • 断熱工法の途中変更

    お世話になっております。 現在千葉で2×4新築戸建てを建築中のものです。 行程として上棟が終わりサッシ、玄関ドアが付いた状態です。 そして本題ですが、ここへ来て工務店から断熱工法を変更するという話が出てきました。 仕様ではグラスウール内張工法なのですが、昨今の断熱材不足のあおりを受けグラスウール をいつ入手出来るか分からないのでやむなく外張り断熱工法に変更すると言うのです。 しかも私に連絡せず屋根の断熱施工まで終わっていました。 仕様書と違うので完全に契約違反ではないかと考えているのですが、そうは言っても工務店 のいうように世の中小規模のビルダーでは本当に断熱材が手に入らないようですし、外張り の方が性能が良いという話もあり非常に悩んでおります。 まずは私に断りも無く一部変更の工事を始めていたのに怒りを覚えているのですが、一番 心配なのは建築途中での断熱工法の変更は本当に大丈夫なのかという事です。 基礎に関しては外側から基礎の半分から上(地上に出てる部分?)に断熱材を貼り付けると 言っています。しかし床の下には発泡スチロール系の断熱材6cmがすでに敷き詰めていますし 基礎の外張り断熱とのバランスも気がかりです。 狭小地なのでただでさえ狭い家の外周が肉厚になった家のおかげで更に狭くなるのではとの 懸念もあります。 外壁は仕様でジョリパット塗り壁式で気に入ってたのですが、その辺も外張り断熱では変更 になってしまうのでしょうか。 私としてはグラスウールが入手出来るまで待っても良いのですが、工務店の方が焦っております。 まずは工事を中断させるべきか、このまま続けるか悩んでおります。 ご意見お待ちしております。