解決済み

アルコールの密度、屈折率について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.2567089
  • 閲覧数3317
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 66% (2/3)

実験で、メタノール水溶液、エタノール水溶液のピクノメータでの密度の測定、及びアタゴlr屈折計での屈折率の測定を行いました。
このとき、
(1)エタノール水溶液とメタノール水溶液で密度が異なるのは何故か。
(2)エタノール水溶液とメタノール水溶液で屈折率が異なるのは何故か。
(3)メタノール水溶液が濃度0wt%(純水)、20wt%、40wt%、50wt%、60wt%、80wt%、99.9wt%のときのそれぞれの屈折率を測定し、縦軸に屈折率、横軸に濃度をとってグラフを書いたら、上に凸のグラフになりました。何故か。
このようなことを実験の考察で書きたいのですが、、文献がなかなか見つかりません。インターネットでどんな文献を調べるといいか、分かる方いらっしゃいましたら教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル12

ベストアンサー率 44% (290/658)

屈折率、密度が共に上にずれたというのは整合性があります。
空気中での光の屈折率は密度によって変わりますね。陽炎で見ることの出来るものです。これがヒントになるのではないですか。液体の混合物ですから別に考察が必要だと思いますが。
お礼コメント
yukataniii

お礼率 66% (2/3)

ありがとうございました。
空気中での屈折率が密度で変わるということを、溶液に置き換えて考察すればいい、ということですよね?
そういう風にもう一度考え直してみます。
本当に助かりました!
投稿日時 - 2006-11-29 02:01:08

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 44% (290/658)

密度や屈折率についての授業があって実験をやったのだと思いますが。実験をやってから授業かもしれません。
(1)(2)は普通に予想されることです。同じと見る方が不自然です。エタノールとメタノールで密度、屈折率が違うのですから。
(3)は混合物の性質として当てはまるものがないかを調べてみて下さい。説明不能のものであれば実験で考察を求めないでしょう。
新しい性質として頭に入れておいて欲しいという意味でやったものかもしれません。「混合物の性質が成分物質の性質を混合比で混ぜたものになるとは限らない」という例としてです。融点もそうですね。融点が50℃の物質と80℃の物質を半々に混ぜた場合の融点は普通65℃ではありません。たいてい50℃よりも低いでしょう。
(3)では屈折率のグラフが上に凸になったとありますが密度はどうでしたか。直線になったのですか。直線からずれたとしたらどちらにずれたのですか。
お礼コメント
yukataniii

お礼率 66% (2/3)

とても丁寧な意見ありがとうございました。
(1)、(2)はもう一度実験結果を見て自分なりに考察してみます。(3)は混合物の性質について調べてみます。密度は20wt%~80wt%あたりで直線から上に少しずれる形になりました。
投稿日時 - 2006-11-28 14:44:16
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ