• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

無酸素運動だってカロリー消費してるでしょ?

運動を始めて20分程度または運動強度が強い場合は、糖よりATPを合成しエネルギー供給に使用する無酸素運動を行う。運動強度が弱く長時間の運動では糖ではなくて脂肪と酸素よりATPを合成しエネルギー供給に使用する有酸素運動を行う。 過去質問を調べた結果、上記の認識でいますが正しいでしょうか? 次に、無酸素運動で使用する糖は、確か炭水化物を分解して作れた筈ですが、脂肪から糖は作れないのでしょうか?何が言いたいのかというと、20分以内の運動だって強い運動だってエネルギーは必要です。エネルギー源として糖を消費したら補給が必要ですね。糖分補給に脂肪は使われないのか?もうひとつ、糖分補給を食料に頼った場合は体が糖分を求めるだろうから、脂肪の取り込みは減少するのかと思うのです。つまり無酸素運動もダイエットには役立ってるのではないのか?20分以内の運動はまるっきりムダというのは無理ないか?と言いたいのです。どうでしょうか?

noname#47050

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数583
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • ext
  • ベストアンサー率65% (476/731)

40代。男性。ウエイトトレーニング歴6年。 ●>運動を始めて20分程度または運動強度が強い場合は、糖よりATPを合成しエネルギー供給に使用する無酸素運動を行う。  >動強度が弱く長時間の運動では糖ではなくて脂肪と酸素よりATPを合成しエネルギー供給に使用する有酸素運動を行う。 ■先ず参考サイトを上げます。 <パワーリフター三上のHP:トップ> http://club.pep.ne.jp/~mikami1/ <パワーリフター三上のHP:スポーツ生理学> http://club.pep.ne.jp/~mikami1/sports.htm <以下抜粋> (1)激しい運動(短距離走など) ・CP(クレアチン燐酸)の分解による(乳酸が発生しない) ・エネルギー供給速度 13kcal/kg/秒(成人男子) ・無酸素的過程 ・持続時間8秒程度 (2)中程度の運動(中距離走など) ・グリコーゲンの無酸素的解糖による(乳酸が発生する) ・エネルギー供給速度 7kcal/kg/秒(成人男子) ・無酸素的過程 ・持続時間30秒程度,乳酸を生じる (3)軽度の運動(長距離走など) ・グリコーゲン、脂肪の酸化による ・エネルギー供給速度 3.6kcal/kg/秒(成人男子) ・有酸素的過程 ・枯渇することは通常の運動ではない ・無酸素的エネルギー供給時間は(1)+(2)で40秒程度が理論的限界である。 ・運動が終了すると有酸素的過程によりATPとCPの回復,乳酸の除去が行われる。 <抜粋終わり> ■厳密にいえば、御質問の2形態、 糖代謝(解糖系エネルギー供給機構) 脂質(アミノ酸、ピルビン酸)代謝(酸化系エネルギー供給機構) に加え、筋肉中に溜まっていた、ATPを消費する代謝系があります。 ■(>20分)という時間は間違いです。 <質問:成長ホルモンを効果的に分泌させるにはどうすればいいですか?> http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2360286 安静時でも、糖代謝と脂質代謝は50%:50%で既に、有酸素運動です。 <質問:エアロバイクの心拍数> http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2353051 この比率が変わりながら、エネルギーを生み出していきます。 ●>次に、無酸素運動で使用する糖は、確か炭水化物を分解して作れた筈ですが、脂肪から糖は作れないのでしょうか? ■脂肪からは糖を再生できません。 糖 -> 脂肪 アミノ酸(タンパク質) -> 糖 上記は可能です。 このため、糖が必要とされる場合、タンパク質から分解され作られる事になります。 (糖新生で検索するといろいろ引っかかってきます) 脳は、糖が唯一のエネルギーです。 ダイエットで食事制限のみをした場合、タンパク質を分解して糖を作りますので、筋肉が細っていきます。 <ダイエット=筋肉を増やすこと?> http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2490413.html ●>エネルギー源として糖を消費したら補給が必要ですね。糖分補給に脂肪は使われないのか? 糖分の補給に脂肪は使われません。 食物から摂取した炭水化物は、肝臓で、グルコース(ブドウ糖:単糖類)に分解され、血中に放出されます。 筋肉は、グルコースを取り込みグリコーゲン(多糖類)の形で筋肉中に蓄えます。 このグリコーゲン(多糖類)が、無酸素運動で使われます。 肝臓では、その他に、自身でグリコーゲン(多糖類)を合成し、肝臓に蓄えます。 血中の、血糖値(ブドウ糖)が低くなった場合、肝臓は、グルコースに分解して、血中に放出し、血糖値を一定に保ちます。 筋肉中のグリコーゲンが足りなくなったら、血中のグルコースを急いで取り込み、グリコーゲンを合成しつつ、一部はそのまま使われます。 <質問:糖尿病治療・運動と食事> http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2432728 体内の血糖値が低くなると、筋肉にも力が入らない減少が出ます。 ハンガーノック現象と言います。 <質問:手に力が入らなくなる!> http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2339015 参考書を御紹介します。 <初心者の筋トレ> http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2482995.html 石井直方様、八田秀雄様の著書は大変ためになります。 私も、お二方の著書は、数冊持っています。 是非、御購読されることをお勧めします。 ●>無酸素運動もダイエットには役立ってるのではないのか? <ダイエット=筋肉を増やすこと?> http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2490413.html ●参考サイト ちょっと難しいサイトですが、じっくり読むと大変ためになります。 <脂質と血栓の医学:トップ> http://hobab.fc2web.com/index.html <脂質と血栓の医学:生化学の知識> http://hobab.fc2web.com/sub7.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。返事が大幅に遅れてしまい申し訳ありません。紹介頂いたサイトも見て理解した上でお礼をさせていただく考えでしたが、予想以上に時間がかかりそうです。まずは御礼まで。

関連するQ&A

  • 無酸素運動のエネルギー源について

    無酸素運動(アネロビクス)では、グリコーゲンがエネルギーとして使われます。 体内の貯蔵グリコーゲンが枯れてる状態で、無酸素運動をすると、何がエネルギー源として使われるのでしょうか? 一般的に、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンの量はそれほど多くなく、半日ほど絶食すればなくなってしまいます。エネルギー源はいったいなんでしょう? 推測1.エネルギー源がないのだから、無酸素運動ができない。 推測2.筋肉が分解され糖新生が行われる(もしそうなら、空腹時に無酸素運動でトレーニングをしたら、逆に筋肉量を減らすことになりかねません)。 推測3.遊離脂肪酸(もしそうなら、無酸素運動もダイエットになりますね)。

  • 有酸素運動後の無酸素運動は効率が悪いというような文をこのカテゴリーで拝

    有酸素運動後の無酸素運動は効率が悪いというような文をこのカテゴリーで拝見いたしました。 確かにバテバテになるまで有酸素をやれば体内の糖質、脂質は枯渇しタンパクを分解してATPを合成するのは間違いないと思います。しかし無酸素を先にやったとしても、バテバテでは同じように有酸素運動中もタンパクを分解しATPを合成すると思います。 精神的な成長はさておいて、エネルギー枯渇状態までトレーニングするとなるとどっちを先にやっても変わらなくないでしょうか?ご意見下さい。

  • 脂肪燃焼は無酸素運動が実は効率的?

    無酸素運動は糖質をエネルギー源とするので脂質は消費されず、足りない糖質は筋肉を分解して作られる。 だから脂質をエネルギー源とする有酸素運動を行うのが脂肪を減らすには効果的。 これが世のダイエッターたちの常識でしたよね。 でも最近、このサイトでも脂肪燃焼=有酸素運動は嘘という話も見かけるようになってきました。 私としては脂肪を減らすにはやっぱり消費カロリーを増やすことで、糖質や脂質を分けるのは意味が無いんじゃないかなと思うんですよね。 単純にカロリーとして考えた場合、無酸素運動も運動である以上、カロリーを消費するはずだし、だとすると筋肉を維持できるダンベルやマシンを使った無酸素運動を中心にする方が、実は一番効率よく痩せるんじゃないでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

運動すればエネルギーを消費することになるのはもちろん正しいのですが、ある程度以上長い時間運動していると、糖を使わないで脂肪をつかうように切り替わるのです。大雑把な言い方をすれば、それは脳が糖しかエネルギーとして使えないのに、体内に貯蔵できる糖は、身体が一日つかう分のエネルギーにも足りないからです。脳がつかう分のエネルギーを確保するため、筋肉や心臓は脂肪を使うようになるのです。しかし脂肪を燃焼するためにも糖は必要です。それでは脂肪から糖が作れるかというと、それは原則的には、できません。できると書いてあるとすればそれな間違いです。脂肪の一部、グリセリンの部分は糖にすることが出来ますが、脂肪らしい部分は、だめです。それはTCA回路という反応系のことを説明しないといけないので、やめておきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。返事が遅れてしまい申し訳ありません。 脂肪から糖は出来ない、そうですか。しばらくはウオーキング中心になりそうです。

関連するQ&A

  • 無酸素運動の時間帯

    現在高校1年の15歳で、体重52.1キロ、体脂肪率が13.2%です。 最近、教えてgooに多く質問させてもらっています。 無酸素運動を実行する暇が土日しか取れません。 よって、無酸素運動ができるのは週に2回のみです。(上半身を土曜、下半身を日曜と分けた場合。) 平日の学校に滞在する時間が7時45分~6時00分です。(自転車通学の時間をいれたら6時45分~7時) 夕食を食べるのが帰った直後の7時~7時30分です。 ここで質問です。 1、平日に無酸素運動をする場合は夕食にVB1と炭水化物を多めに摂り 食事を摂った2時間後に無酸素運動をするのがベストでしょうか?      また、その無酸素運動後にプロテインを摂るつもりですが、就寝前なので炭水化物の摂取が気になります。   就寝前の無酸素運動後の炭水化物、たんぱく質は多めに摂取しても体脂肪のつき方には問題がないでしょうか?  (就寝前の無酸素運動より体脂肪がつきやすいかどうか。) 2、もし土日にしか実行できないのであれば、朝に炭水化物を多めに摂取をし、(お腹にもたれない程度に)昼食前に無酸素運動を行って昼食も多めに摂取したほうがよろしいのでしょうか? それとも夕食前に無酸素運動を行い、夕食時に多めに摂取したほうがよろしいのでしょうか?(無酸素運動の強度はインターバルをいれて50分程度です。自分にとっては強めです。) 3、話が少しはずれてしまいますが、運動前にはエネルギー変換に役立つビタミンB郡と炭水化物を同時に摂取をすれば  よりスムーズに消化、運動ができるのでしょうか?  検索してもわからなかったのでここで質問させていただきます。 4、脂肪燃焼を目的とせずに有酸素運動前に炭水化物を摂取すれば、かえって脂肪がつきやすくなるということはあるのでしょうか?   実際、上のようなことをした際にお腹が熱くなり不思議に思いました。 現在質問させていただくのは以上です。 回答に疑問を持った際には、質問させていただきます。 お早めの回答をよろしくお願いします。   

  • 無酸素運動のエネルギー源について

    体内の貯蔵グリコーゲンが枯れてる状態で、無酸素運動をすると、何がエネルギー源として使われるのでしょうか? 一般的に、体内の筋肉や肝臓に貯蔵されているグリコーゲンはそれほど多くなく、半日ほど絶食すればなくなってしまいます。エネルギー源はいったいなんでしょう? 推測1.無酸素運動ができない状態になる。 推測2.筋肉が分解され糖新生が行われる(もしそうなら、空腹時に無酸素運動でトレーニングをしたら、逆に筋肉量を減らすことになりかねません)。 推測3.遊離脂肪酸(もしそうなら、無酸素運動もダイエットになりますね)。

  • 無酸素運動

    アンダーカロリーでの無酸素運動はガンガン脂肪が落ちる。筋肥大を望むならオーバーカロリーが必要、まずは3000kcal。 という無酸素運動に関する情報を見ました。 アンダーカロリーでもないが、筋肥大に必要と言われてるカロリーを摂取してない場合、体重も減らないし、筋肥大も起きないのでしょうか?

  • 有酸素運動と無酸素運動についてなのですが。

    有酸素運動と無酸素運動についてなのですが。  私は二年前(高校生時)まで陸上で400Mを専門にやっていた177センチ、72Kgの者です。(因みに陸上をやっていた頃は大体67Kg位だったと思います)  最近脂肪が増えてきたので筋肉を付けて痩せたいと思います。  私は高校時代部活をしていれば太らなかったのでダイエットに興味がありませんでした。どうすれば早く走れるとかは考えていましたが、どうすれば効率よく脂肪を落とせるかなど考えたことがありませんでしたので質問したく思います。  一応、毎日腹筋と8~10Kmのジョギング、一日おきに背筋等のその他の筋トレというメニューでやっていますが、筋トレの他にも無酸素運動を入れた方がいいでしょうか?  例えばジョギングをインターバル走にしてみるとか、ジョギングの前に100M走を3~5本やってからジョギングに入るなどを考えているのですが。  できれば効果の高い無酸素運動の取り入れ方も合わせて教えていただけると幸いです。  

  • 有酸素運動(ウォーキングやランニング)と無酸素運動(筋トレ)について

    有酸素運動(ウォーキングやランニング)と無酸素運動(筋トレ)について 簡単に言うと 有酸素運動は脂肪を燃やす、筋肉はあまりつかない 無酸素運動は筋肉がつく、脂肪はあまり燃えない と思ってるのですがあってますか?

  • 無酸素運動って

    先日の「あるある」で、無酸素運動をしておくと、脂肪がよく燃えるということと、そのためのエクササイズとして、「バービースクワット」を提案していました。さっそくやってみたのですが、スクワット中って口は閉じていても鼻で呼吸しているようなのですが、これぐらいはいいのでしょうか。もし、いいなら、無酸素っぽいならほかの運動でもいいのでしょうか。たとえば、ダンベル運動だと、持ち上げるときに口はしっかり閉じています。いちおう無酸素状態に近いと思います、時間は短いけど。教えてください。

  • ビリーズブートキャンプは有酸素、無酸素運動?

    ビリーズブートキャンプを購入しました。 実際にやってみて、筋トレのイメージを感じました。 それが正解なら無酸素運動であり、脂肪の燃焼効率は悪いと言うことになるのでしょう。 本当のところ、有酸素、無酸素運動、どちらなのでしょうか? またプロテインを併用することでどれくらい筋肉はつきますか? ボディビルダーのようなムキムキは目指していません。 ほどほどのきれいな筋肉の付き方を目指しています。 詳しい方ご教示のほど、よろしくお願いします。

  • 無酸素運動と有酸素運動との心拍数での違い

    いつも勉強させていただいています。 ●心拍数が110~150程度の範囲では、有酸素運動  心拍数が150を超えると無酸素運動(数値は一般的な例です。個人差があるので) ●無酸素運動を行った後に、有酸素運動を行うと、脂肪燃焼しやすい ●成長ホルモンには体脂肪を分解する効果もある ●無酸素運動は成長ホルモンの分泌を促す働きがある ●無酸素運動は30秒以上続けられない高負荷 ネットで調べたものと、スロトレ本を読んでの知識です。 以上を前提にして、疑問が沸きました。 例えば、ジョギングをする際に、 心拍150を超える短距離走を30秒程度行った後に(無酸素運動)、 心拍数120~150程度のジョギングを一定時間行った(有酸素運動)場合、 脂肪燃焼の観点から、効率はとても良いということになるのでしょうか。 つまり、   1:有酸素運動に適した心拍数で一定時間ジョギング   2:短距離走の無酸素運動 1のみの運動と、2+1の合わせた運動では、 後者のほうが脂肪燃焼の観点からは効率が良いのでは、と疑問に思ったのです。 30秒とはいえ、慣れない短距離走は膝を悪くしそうですが… どうでしょうか。素人考えですいません。

  • 有酸素運動と無酸素運動の順番について

    44歳男性・172cm・68kgで体脂肪率が23%あってこれを減らしたいと思い、トレーニングを始めることにしました。有酸素運動で脂肪を減らしつつ、無酸素運動で筋肉量を増やして基礎代謝を上げる、というコンセプトです。有酸素運動はステップマシーンを、無酸素運動はダンベルを使った筋トレやダンベルを併用した腹筋・スクワット等を考えています。 そこで疑問なのですが、有酸素運動と無酸素運動はどちらを先にやったほうが、体脂肪を減らすために効果的なのでしょうか。またそのやり方じゃイカンというアドバイスがあればそれもお願いします。

  • 有酸素運動と無酸素運動

    現在フィットネスに通い有酸素運動(ジョギング40分~50分)→無酸素運動→プロテイン、バナナ、オレンジ摂取 という流れでやっています。私は脂肪燃焼を優先しているのですが、ネットでの情報を見ると無酸素を先にやったほうがいいと書いてあります。でも自分自身先に無酸素運動からはじめると有酸素運動に集中できなく疲れて長くできないのです。情報を見れば見るほど自分のやり方は良くないのかという意識が生まれてしまいます。今のところ体脂肪・体重も順調に落ちてきているのでこのままでも大丈夫なのでしょうか。よろしくお願いします。