• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

三井ホームフリープランで基礎が終わりました

今日、午前中に現場に行ったところ基礎の金属の型枠を外しているところでした。 基礎立ち上がり部分の金物が垂直に入っておらず、少し斜めになっているところが見受けられたのですが、金物はどのくらいの傾きは許容範囲なのでしょうか? 特に建物の角になる部分の金物が複数斜めになっていました。 また、雨のためベース基礎にかなり水がたまり3-4センチの深さになっていました。今日基礎の立ち上がり部分の型枠を外している時に、溜まった水は水抜きの穴が開けてあるのでそこからも抜けるし、後は水抜きの機械で吸い出すと言われましたがそれで大丈夫でしょうか? コンクリートスランプ値も知りたいと思っています。スランプ値をメーカーに尋ねても大丈夫でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数630
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

基礎立ち上がり部分の金物とは、推察しますとアンカーボルト、ホールダウン金物用のアンカーボルトだと考えられますが、多少の斜めは強度的には問題ありません。基礎のコンクリートを流しこんでから1週間以上たっておればコンクリート強度が80%ぐらいに達するので問題ありません。土台を設置するときに垂直になるようにして補正しますので強度には差し支えありません。 お尋ねのコンクリートのスランプ値とは強度のことではなくて、いわゆる硬さを示す数値のことでスランプ値を尋ねても意味がないです。コンクリートの強度を知りたいのであれば強度試験報告書を業者に見せていただいたらどうでしょうか。殆どの業者は1週、4週の強度試験及び成分の試験を生コン業者に指示して(第三者機関の試験結果)をとっています。また強度試験報告書を建築確認機関に提出しないと完了検査済み証は発行されませんので。 水抜きの穴があれば水は殆ど外に流れます。流れ切れない水はふき取ってから床板を張ることを確認してください。業者、職人にしたらあたりまえのことです。疑問に思われたことは、営業担当者、工事担当者に聞かれることをお勧めします。疑問に思われたことをうやむやにしないでスッキリしないとこれから後のことが大変ですよ。業者とコミュニケーションをとってスッキリ、信用してすばらしいお家を完成してください^^。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりましたが、どうもありがとうございました。 現場監督の方にお願いして強度検査報告書をいただくことが出来ました。また、アンカーボルトが多少斜めになっていても問題ないとのことで安心することが出来ました。 やはり疑問に思ったことは聞いてみるのが一番ですね。 本当にどうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 基礎仕上げ

    基礎の立ち上がり部分をコンクリート打ちっぱなしで見せたい場合、型枠をバラした後に撥水材等の処理を通常するんでしょうか?

  • 擁壁と基礎があ!

    教えてください。 今、建築中の建物の基礎と、敷地のGL?から1mぐらいの高さのある私道の擁壁がくっ付いてます! すでにベタ基礎のベース部分はコンクリが打説されていますが、 その、くっ付いているところだけ鉄製の型枠がなく(その他の部分はグルリと囲われています)、私道の擁壁が、型枠の外側の代わりになった形です。  このまま立ち上がりのコンクリートが打説されたら、この家は擁壁と家の基礎が一体化してしまいます。 こんなことってありえますか?? 擁壁に対して、基礎が(家の角にあたる部分)斜めの角度で 突き刺さっているというか、接触してますおよそ、20cmぐらい。 この状態で、もし地震が起きたらどうなるのでしょう?  擁壁に支えられて、強くなるのか(それならいいのですが)? それとも、擁壁と基礎が互いに違う動きをして、ぶつかり合ったりして、亀裂が入ったりしてしまうのか?   ちなみに擁壁は、基礎のベースが打説されるよりも3、4ヶ月ぐらい前にセットバックした時に、作られたようです。

  • 外断熱の基礎

    外断熱の基礎部分について質問します。 外断熱の打ち込み工法でフォーム側の型枠のセパ穴等の止水はどのようにするのでしょうか? (基礎部分を埋め戻しをしなくてはならない箇所があり漏水が心配です。) 最悪躯体とフォームの間に水が回ってしまったりしないのでしょうか? 土間打ちして立ち上がりに鋼板型枠をして外部側埋め戻ししたとき立ち上がりと土間部分の型枠止めの金物部分の止水処理などもどのようにするのでしょうか? 教えて下さい。

  • 基礎工事。。。

    今月の上旬から、基礎工事に入りました。基礎は、柱状改良をした後、布基礎を作り、土間コンクリートを流す、というやり方です。ようやく基礎たち上がり部分の型枠が外れるなと思い現場に足を運びました。すると、基礎15坪のうち半分の基礎たち上がり部分が、壊され、作り直しをしていました。心配になり、業者の社長に電話を入れ、理由を聞くと、基礎工事アンカーボルトに問題があったので、問題の箇所のコンクリート打ち直しを指示しました。とのことでした。そして構造上問題になる部分は、補強する事にしているので、ご安心下さい。とのことでした。この、事が原因で基礎の強度が落ちるという事は、ないんでしょうか。とても不安です。。。

  • 基礎コンクリートのジャンカについて

    基礎コンクリートのジャンカについて 先日、マイホームの下見に行ったところ、ベタ基礎立ち上がりのベースとの打ち継ぎ部に、内外側ジャンカらしいものを発見しました。数センチ~5センチくらいの幅で、途切れ途切れに全周続いて存在する感じです。部分的にはもう少し大きいものもあります。深さはわかりません。打ち継ぎ部分以外には、素人目に目立つジャンカはなさそうです。工務店には、現状の判断を聞いてみようと思っていますが、素人ながらも知識を持って説明を聞きたいと思いまして、質問いたします。 打ち継ぎ部分(立ち上がりコンクリート下端)のジャンカはどのていど許容範囲ですか?どのような補修が適切ですか? また、ジャンカを第三者機関が検査する場合、どのような方法が適切ですか(何を求めればいいですか)? 他、なにかアドバイスがありましたらお願いいたします。

  • 建築士さん、基礎屋さん教えて! 基礎工事について

    現在、基礎工事が進行中のものです。 6月3日の午前中に配筋検査が終了し15時頃にベースコンクリートを打ちました。本日6月4日の12時に現場に行くと、ベースコンクリートの枠が外れており、立ち上がり部分の型枠を設置しておりました。HMに確認する前に第三者の立場の皆様に質問なのですが (1)ベースコンクリートの養生期間20時間程でよいのか。こちら札幌で昨日の気温は最低12度、最高22度でした。(本日触ると表面は硬くはなっていました) (2)ベースコンの表面(上部)に数ヶ所、おおよそ1ミリほどのクラックが入っていたがその状態で立ち上がり部分を打設しても問題ないか。 (3)住宅の一辺が深基礎のため、一部根堀を深くとっており、その部分はベースコンクリートも高低差 があるのですが、高低の境の部分の高いほうのベースコンが一部、宙に浮いた状態になっていす。 境の土の地面が斜めになっており(法面)その分10から20センチほど浮いている。14MのH型杭を31本打っていますが浮いた部分は杭もありません。標準の基礎と深い基礎が混合した場合、普通のことなのでしょうか。強度的な問題は心配いらないのでしょうか。埋め戻しの際に空間はしっかり固まるのでしょうか。 素人の質問で恐れ入りますがよろしくお願いします。      

  • 基礎立ち上がり2mmのクラック

    120mm幅の立ち上がりで基礎立ち上がりを打ちました(気温19度午後)。その後当日夜9時くらいから雨が降りました。翌朝確認したところ、15箇所くらいの天端に最高長さ70cm最高幅2mmの亀裂がありました。亀裂の方向は基礎幅120に対して直行方向(型枠に平行)です。 このサイトも拝見させていただきましたが、どうしたらいいかわかりません。養生はしてありおません。ホールダウン、アンカーボルト付近に多く見られ、それらの金具も型枠に固定されていませんし、少し曲がっていたりします。金物の周辺にスキマも見られます。 建築は、地元工務店です。建坪は28坪強、べた基礎で、13mm20mmピッチ、立ち上がり主筋は13mm、縦は10mmです。レベル出しのコンクリートを打ってしまうとわからなくなるので、ビデオ、写真で撮影済みです。 レベルコンクリートはすぐ打たなくてはならないのでしょうか? 水が型枠内にたまっています、このまま夜を迎えるとクラック部分の水が凍ってしまいそうで心配です。 今回前にも少しもめたので、心配です。よろしくお願いいたします。

  • 基礎に付着した木片について

    先日、基礎の立ち上がり部分の型枠(木製)がはずされました。粗悪の型枠を使用していたため、合板が剥がれ、コンクリートに付着しております(全体の1/5程度で、基礎の外周には付着しておらず、内部のみ)。基礎工事のやり直しは、非現実的なので、できれば避けたいです。木片の付着は、シロアリの温床(巣)になりかねないので、除去してもらうつもりです。無理に手作業で剥がせば、コンクリートも剥がれるため、強度が落ちるような気がします。何かいい方法があれば御教授願いたいです。

  • 基礎立ち上がり部分の型枠を外すと

    今日、立ち上がり部分の型枠(ちなみに木枠です)と聞いてたので 現場へ見に行きました。 既に型枠は外されていて、見てみると角の部分(家の外側になる角部分)がボロボロなんです。 手で触るとボロッと取れました。 はやり、これっておかしいですよね? HMに電話する前に正しい知識を得たくて質問させていただきました。

  • 基礎のベース部と立ち上がり部がズレています

    現在新築中(ベタ基礎・2×4、床組みまで完成)です。基礎に関して教えてください。 一部ですが、基礎のベース部に対して、立ち上がり部が外側にズレています。基礎幅は12センチ、ズレ量は最大約3センチです。ベース部の型枠の寸法が出ていなかったためズレたようです。ベース部型枠設置後、鉄筋は型枠から4~5センチの位置(ほぼ中央)にあることを確認しました。(立ち上がり部型枠設置後の配筋は確認できていません)おそらく、立ち上がり部の内側の鉄筋のかぶり厚が不足(2センチ程?)しているはずです。 ちなみに、このずれている基礎の壁は耐力壁ではありません。(五角形を半分に切ったように飛び出た部分で平屋)この場合の必要最小限のかぶり厚さは何センチでしょうか?  耐力壁でない&直接土に触れない(立ち上がり部分)の二点より、かぶり厚さは二センチあればよい。と解釈するといいのでしょうか?(下記建築基準法施行令をどのように理解すればよいか迷っています) 既に床組み完了している段階ですが、基礎内側の補修を要求した方がよいのでしょうか?基礎外側はモルタルで補修すると聞いていますが、このような場合、モルタル補修が適切なのでしょうか?業者と話し合うためにこちらの要求をはっきりしておきたいと考えています。上手く説明出来ていないかもしれませんが、アドバイスいただけましたら助かります。よろしくお願いします。 建築基準法施行令(鉄筋のかぶり厚さ)より 第七十九条  鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあつては二センチメートル以上、耐力壁、柱又ははりにあつては三センチメートル以上、直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあつては四センチメートル以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては捨コンクリートの部分を除いて六センチメートル以上としなければならない。