• 締切
  • 暇なときにでも

小さい子供をゲームに触れさせたくありません。

  • 質問No.2369009
  • 閲覧数230
  • ありがとう数28
  • 気になる数0
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 15% (3/20)

もうすぐ3歳の子供がいます。
最近小姑(同居中)が持っているDSをやりたがります。
もっとほかの事に目をむけて色んなことを経験して欲しいから、ゲームはできる限り大きくなってからにしてほしかったのですが…
ゲームに熱中するようになったら、1時間2時間なんてあっという間ですよね。
子供が小姑とゲームをしているとイライラしてしまいます。
私の考えは正しいのでしょうか。
ゲームの子供に対する影響はどうなのでしょうか。                    

回答 (全16件)

  • 回答No.1
ゲームの内容にもよりますが、マイナスだけではありませんよ。
感受性は高まりますし、他の感覚もある程度刺激されます。
やりたがっているのに目くじら立てて一切触らせないのは、
ストレスと言う点で非常にマイナスです。
30分から1時間くらいであればいいのでは?
他のことに目を向けるのはゲームを禁止しなくても可能なはずです。
柔軟な子育てをすれば、柔軟な成長をします。
厳格に育てると、いい子もできるでしょうが、
それと同時にグレるリスクを伴います。
子供は親の鏡。
まだ3歳でしょう?
やりたがってるのなら少しぐらいはやらせてあげましょう。
ゲームに厳しく言うのは小学校になってからで十分ですよ。
  • 回答No.2
私は貴方の考え方に賛成です。

ゲームに限らず、TV、マンガ、映画、インターネットなど
攻撃的な内容の物、性描写、下品な物。で溢れかえっています。
これらのモノを幼児が観る事によって
良い影響、悪影響どちらが出るかは、その子の元々の性格や家庭環境
、親御さんの教育方針などによって変わってくると思われますので
一概には言えませんが
相手を殺生したり、殴ったり、する描写を含むモノは
単純にそれを観たお子さんが真似をしたくなると思いますので
やはりそこはご両親が取捨選択をしてあげるべきだと思います。

また小姑さんには、親である貴方の考えをハッキリと伝え
ゲームをやらせない様に話し合うべきでしょう。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 0% (0/19)

30代の男ですが、小学生二年生くらいかなぁ
ファミコンにはまってそれ以来大学までゲーム三昧で生きてきました。今はさっぱり飽きてしまいました。
自分の考えを述べます。

ゲームは面白いです。

とくに子供はいろいろなことに興味を持って吸収していく中で成長していきます。
ので、ゲームのおもしろさにはまってしまうとよくないことを書いておきます。

・基本的に個人プレーなので人とのつきあいが薄くなる
・目が悪くなる
・ゲーゼンいきまくる

今思えば集団で協力していくようなスポーツのようなものに熱中した方がいいでしょう。

私の意見としてはゲームは中毒になります。面白いから。
子供は(というか大人もですが)熱中してそれだけにのめりこんでしまいます。自分は隠れて一晩中やってたりしていました。

子供にはそのほかに強く興味を持てるようなことを与えるなり、本人がみつけるなりできないと社会性や協調性というやつが身に付かないようなきがします。苦労します。

大人がしょっちゅうゲームをしている環境はよくないと思います。子供は時間をきめてやるしかないでしょう。
はまっちゃうとどうしようもなくなりますが。

参考に
ゲームのよい点は
良質なゲームは
良質な小説や映画やと同じような効果があります。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 29% (93/311)

私は両親が極端にゲーム嫌いだったので、一切ゲームを持たせてもらえませんでした。
今となっては親の考えも理解できなくはないですが、
小さい子供にとって「絶対にダメ」というのはきついものです。
まだ小さいお子さんのようですし、例えば「1日に何時間まで」とか、
そういう親子での決まりをしっかり守らせるような育て方も良いのではないでしょうか。
ゲームの内容に関しても、早いうちから親の方で
(どのようなものが良いのか悪いのか)考えるのも決して悪くはないと思います。

ただ、視力の低下には気をつけた方がいいでしょう。
ゲームのせいばかりではないでしょうが、今時の子供(~若者)は本当に皆やたら視力が悪くなってますから。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 37% (4288/11421)

ゲームに対する質問者さんのご意見には個人的に賛成です。とはいえ、いろいろな価値観の人がいますし、神経質に小姑さんとの仲にひびが入るような真似をするのが得策かどうかとなると、それは別問題だと思います。

私なら、ゲームに関する考え方を小姑さんに伝え、それでも改善しないなら、それは「ゲームという悪影響」ではなく「子供とその叔母(あなたの小姑)とのコミュニケーションという良い影響」と見るよう努力します。

一方で、ゲーム以外の娯楽を子供に提供して「バランス」を心掛けるようにします。

特に、1時間なら1時間と時間を決めて、その時間が来たら「はい、1時間よ」と言って、子供を優しく別の部屋などに誘導します。3歳ともなれば、時間の約束が漠然とではあるものの、できるはずですから。そこで、まさか小姑さんがDS持って追いかけてきたりはしないでしょうが、そんなおバカなことをしたら、もちろん小姑さんに抗議して当然だと思います。

幸か不幸か、この世はゲーム機の誘惑に溢れています。幼稚園にでも入れば、ゲームをする子と遊ばせないわけにはいきません。したがって、ゲーム機を避けるよりは「違うものをバランスよく配す」努力をするほうが効果的です。と同時に、悪いものとして隠すのではなく、適度に与えて「扱い方を身につける」のも一案です。

しかし、華やかなゲーム機に対抗する娯楽を提供するのは容易ではありません。お母さん一人で「すごろくをやろう」と訴えても来ない場合があります。そこはご家族などに協力してもらって、「母と叔母が楽しそうにすごろくをやっている。うらやましいから自分も参加」というふうに誘導する必要が出てくるでしょう。お父さんからの呼びかけも大事です。

以上、なかなか理解と協力を得られないまま、子供を依存症にしてしまった母より。我が家は逆に、規制すると、無理解な夫をよそに小姑の協力を得られるので助かるんですけどねえ。

どうでもいいことなのですが、質問者さんはご存知でしょうけれど、DS自体の内容は性描写や暴力と無関係ですよね。ただ、そういう問題じゃないと思うから。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 37% (4288/11421)

#5ですが訂正です。

誤:規制すると、無理解な夫をよそに小姑の協力を得られる

正:帰省すると、無理解な夫をよそに小姑の協力を得られる
  • 回答No.7

ベストアンサー率 35% (300/852)

ゲーム脳なんていう根拠のない理屈がまかり通る時代ですから、そういう懸念もありだとは思いますが…

ある程度ケジメをつけて遊ばせてあげてもいいんじゃないでしょうか?ゲームは1日1時間。かの16連射で有名な高橋名人も言っていますし…それくらいの目安をつけて遊ばせるくらいでも悪くないと思いますよ。そこまで目くじら立てるほどのことでもないのでは。

…ちなみに、ゲーム脳が根拠無し云々は…質問趣旨から外れますので、詳細は割愛します。GoogleやWikipediaで検索すれば、どれだけ出鱈目な理屈かがわかります。
  • 回答No.8
ゲームは確かに子供に悪影響を及ぼす可能性があります。
でもそれはゲームそのものが悪いからではなく、
ゲームとの付き合い方が悪いからだと思います。
例えば本だって薄暗い部屋で食事もろくにとらずに
何時間も読み続けていたら身体に毒です。(私はやってましたが)

ゲームの内容を吟味し、明るい部屋で一日何分とか時間を決めて
するなら問題はないのではないでしょうか。
我が家は親がゲーム好きなので息子も小学校に上がる前からゲームをしています。
調子に乗って約束の時間を過ぎてもやめない場合は
データが消えるのを承知で(当時はスーパーファミコンとか64でしたので)
電源を切ったりしてました。ソフトを取り上げたこともあったかな。
息子は今、高校生ですが視力も悪くありませんし今のところ非行にも走っていないですね。
  • 回答No.9

ベストアンサー率 31% (503/1575)

いろいろな物の中にゲームがあるのでは?

幼稚園の頃にスーファミ全盛期、その後はプレステ。高校生となってからは、オンラインゲーム。・・・うちの息子達です。ひらがなもろくに書けないうちから「To be continued」を読んでいました。

心配するにあらず。ゲームだけにおぼれてしまう子供は極少数です。いろいろな物を子供はいろいろな所で吸収してきます。ゲームの種類と時間だけ考えれば?

ゲームは教育上良くないから~なんていつまでも通用しません。目に悪いから、長時間すると近眼になるとか?うう~んにゃ、うちの息子達は全員1.5の視力。もちろん小さい頃からゲームをやりながら、受験勉強もこなしてきました。

小学生ぐらいになってゲームの時間を制限しても、友達の家を渡り歩くだけ。共働きのお家なんて餌食です。それなら、ある程度容認しつつ他のものを吸収する力を付けさせるように援助する方がいいと思います。

幼児なら、動物園・交通博物館・水族館・遊園地に連れて行くなど。体を使って親子で遊ぶ。同じ世代の子供がいる時間に公園に連れて行くなど。目くじらを立てる前に、色んな手立ては考えられます。

あれだけゲーム三昧だった息子は現在大学で体育会のとある部に所属し、朝から晩まで帰宅しません。真っ黒で汗みどろの生活です。週のうち数日オンラインゲームをしているようですが、健康管理の為、自ら自制しています。(睡眠時間の確保)

只今、合宿に行っていて不在なんですが、図書館から電話が。「●●さんのお借りになっている本が期日を過ぎても返却されていません。至急返却ください」理系の大学生ですが、歴史好きです。大河ドラマは見ながら色々解説してくれます。ありえない演出やこの後△△が関わってくるはず。と思えば、高校生の時から競馬好き。日曜日の競馬中継を息子の解説付きで聞くのは楽しかったです。(コレは多少ゲームの影響あり)
  • 回答No.10

ベストアンサー率 22% (54/243)

3歳でゲームってのはやっぱり早すぎる感もいなめないですね。
そのくらいの年の子は、ブロックや玩具系のおもちゃで想像力を働かせて遊ぶのが一番だと思います。

私は小学校低学年の頃に、泣きじゃくって懇願し、ようやくファミコンを買って貰えたんですが、ゲームは土日以外は禁止でした。
とはいえ、平日でも友人宅で普通にゲームしてましたが…。

思うに、最近のゲームは一人で遊ぶのが前提の物が多すぎるように思うんです。
私が子供の頃はゲーム=皆でわいわい遊ぶ物でした。
高校の頃、とあるゲームクリエーターの方が「ゲームは飽くまでコミュニケーションの手段だ」とおっしゃっていたのを見て深く感銘を受け、全くそのとおりだと思いました。

現代のゲームでも多人数で遊ぶ物はありますが、当時はゲームそのものに対する意識が今と少し違っていたように思います。
例えばドラクエやマリオのような、本来なら一人で部屋にこもって遊ぶようなゲームでも、私の時代では皆で集まって一つの画面を見ながら、あーでもないこーでもないとガヤガヤと楽しむことが多かったのです。

じゃあなんで今と昔でそんなに違うのかというと、今の親御さんは、ゲームに対して理解を示しすぎているのが原因の一つなんじゃないかと思います。
昔はどこの親でもゲームで遊ぶ子供にいい顔はしませんでしたから、自然と複数の友達で集まって一緒にこっそり遊ぶ、という図式が出来上がっていました。

複数の友達と一緒に遊んでると、ゲームが媒体でも「他人と息を合わせて協力する」「裏切りとその代償」「まわりの空気を読む」といったことを学習することは出来ます。
また、たまの土曜に両親と一緒にゲームで遊んだ時も、普段は「子供と大人」という隔たりのある親と一緒にエキサイティングするということが、非常に楽しかったものです。

色々と感傷的に意見を述べてしまいましたが、私は基本的には親はゲームをする事に対して厳しくすべきだと思います。
そして、家庭内のルールを守った上で、一緒に楽しむ時はとことん楽しむべきだとも思います。
16件中 1~10件目を表示
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ