• ベストアンサー
  • 困ってます

う~んこの英文がわかりません

Under such systems a certain percentage of each new group of employees hired would have to be from minority groups in the community. この文の構文がよく分かりません。これはアファーマティブ・アクションについて論じている文で、文中のsuch systemsは アファーマティブ・アクションを指しています。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数85
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kaakun
  • ベストアンサー率18% (10/55)

 ちょっと予備校チックに品詞分解していきましょう!  まず「Under such systems」は副詞句、で最初のof~hiredまでは、無生物主語のa certain percentage=「ある程度のパーセンテージ」までを修飾していますね。無生物主語なんで、訳し方を工夫してくださいね。  つぎに述語は助動詞would have to +不定詞=「ならなければならいだろう」ですね。be動詞は「ある、なる」ですからね。「in the community」は副詞句で、「from minority groups」は 「to +不定詞=to be」の補語というのはおわかりですか?  訳はNO.1の方の訳を参照ください。  ちなみに蛇足として、アファーマティブ・アクションの意味はわかりますか?アファーマティブ・アクションとは男女の雇用や入学を一定数確保したり、有色人種の雇用や入学を一定数するための政策です。  あなたは受験生なのかな?もし受験生なら、構文は暗記ではなく、「文の構造」を理解するためのものです。5~6行程度の構文もの参考書「ゴマ書房 英語構文150」あたりで構文の学習法をもう一度洗いなおしてみた方がいいですよ。構文の基礎は「主語・述語を発見すること」と「句・節の修飾関係を見極めること」ですよ。予備校の悪しき口癖「暗記する」に毒されてはいけませんよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

kaakunさん初めまして。こんにちは。 >つぎに述語は助動詞would have to +不定詞=「ならなければならいだろう」ですね。be動詞は「ある、なる」ですからね。「in the community」は副詞句で、「from minority groups」は 「to +不定詞=to be」の補語というのはおわかりですか? なるほど、be fromの用法にそのような使い方がありましたね。それが動詞だとは気づきませんでした。 >5~6行程度の構文もの参考書「ゴマ書房 英語構文150」あたりで構文の学習法をもう一度洗いなおしてみた方がいいですよ。構文の基礎は「主語・述語を発見すること」と「句・節の修飾関係を見極めること」ですよ。予備校の悪しき口癖「暗記する」に毒されてはいけませんよ。 その本は前に友達が持っていたので今度友達に借りてみようと思います。アドバイスどうもありがとうございます。もう一度ご紹介してくださった本でトレーニングし直そうと思います。

関連するQ&A

  • 難しい英文ですが文法的わかりません。

    It is that in certain situations where the good of the community is at the stake, the complete acceptance of authority is more than helpful. 訳)地域社会の利益が危うくなっているいくつかの状況においては、権威を完全に受け入れる事が、 十二分に役に立つと言う事なのだ。 このwhere the good of the community のwhereは、関係副詞ですか? 先行詞は、in certain situations ですか? また、二つの文にすると、どのようになるのでしょうか? お願いします。<(_ _)>

  • 以下の問題の空欄に何が入るのか教えてください。

    以下の問題の空欄に何が入るのか教えてください。 People should put the interest of the minority group as a whole ( ) the freedom of the individual.

  • substantial minority

    The Panel considered several situations in which OKBIS might be used with the aim of improving survival, but did not endorse such treatment for this purpose in any group, though a substantial minority felt that premenopausal patients receiving an LHRH agonist plus OKTAM or clearly postmenopausal patients might derive benefit from such treatment. 閉経患者やLHRH agonist+OKTAMを投与された閉経前患者はたとえOKBISによって改善されるかもしれないと考えるa substantial minority(いくつかのグループ)がいるかもしれないが、 パネリストはOKBISが生存率改善の目的で使用されることを想定しているが、 そのそうな治療を推奨しなかった。 a substantial minority in any group=a substantial minority?or 閉経患者やLHRH agonist+OKTAMを投与された閉経前患者? これでいいのでしょうか?訳をお願いします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

 「学校の文法ではたいてい「現在分詞・過去分詞が1語で名詞に  かかるときは前に置く」と習うのですが、このように後ろに  置かれることも割とよくあります。前に置く場合と後ろに置く  場合の意味の違いは微妙で簡単には説明できないので省きます」  追加補足します 原則としては,分詞が修飾する語を前置修飾する場合  限定力が強く「永続的性質」および「分類的性格」を表す。  しかし分詞が「一時的状態」を表すことを強調したい時,  限定力を弱めるため、たとえ1語で用いられても後置修飾される。   The girl dancing looks like my sister. 「今踊っている少女は妹だ」   An egg boiled is too hot to eat. 「卵は茹でた直後は熱くて食べられない」.   the dancing girl なら「踊り子(普段から踊っている)」   a boiled eggなら「ゆで卵(もう冷えているかも!)」    (前置修飾でも「一時性」を表す例もありますが、それは分類的性格   を強調する場合です。例は省きます)   employee hired は hired employees と比べ   employees when/if they are hiredに意味が近くなります。     「このようなシステムのもとで、新たに職員を雇用する場合、 各グループのうち何パーセントかは、マイナーグループ出身者 に限定する必要があるだろう」     s-wordさんのお使いの参考書を教えてくだされば、   この「単独で分詞が後置修飾する場合」について触れているか   どうか確認できます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

panini3こんにちは。お久しぶりです。 >s-wordさんのお使いの参考書を教えてくだされば、この「単独で分詞が後置修飾する場合」について触れているかどうか確認できます 手元にある参考書は「ロイヤル英文法」ですが、見たところP512に「単独で分詞が後置修飾する場合」についてそれらしい説明がホンのちょこっとだけふれてありましたが・・・。いちおう浅い知識としてはあるのですが、英文の中に出てきたときに反射神経がついてないのか、ピンとこないんですよね。この文ではbe fromのほうも盲点だったので、それと相まってこんがらがってしまいました。詰まったところをひとつひとつ丁寧にあらっていきたいと思います。どうもおへんじありがとうございました。

  • 回答No.5
  • Alias
  • ベストアンサー率59% (173/293)

この文で最もつまずきやすいのは、おそらく hired の使われ方でしょう。s-wordさんは、前から順に読んできて、この hired が動詞だと思ってしまったのではないでしょうか? それなのに直後にまた would have to be ... とつづくのでわからなくなったとか。 この hired は過去分詞で、前の employees にかかります。学校の文法ではたいてい「現在分詞・過去分詞が1語で名詞にかかるときは前に置く」と習うのですが、このように後ろに置かれることも割とよくあります。前に置く場合と後ろに置く場合の意味の違いは微妙で簡単には説明できないので省きます。 とにかく、「1語の分詞が名詞の後ろに置かれることもある」と覚えておくだけでかなり役に立ちますよ。他の方がこの点に触れていらっしゃらないので、補足した次第です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Aliasさんこんにちは。おへんじどうもありがとうございます。 >この文で最もつまずきやすいのは、おそらく hired の使われ方でしょう。s-wordさんは、前から順に読んできて、この hired が動詞だと思ってしまったのではないでしょうか? それなのに直後にまた would have to be ... とつづくのでわからなくなったとか。 そ、その通りです!hiredは後ろにあるbe from よりもよっぽど動詞らしい形をしてますからついそっちの方に目が言ってしまいこれを動詞だと決めつけてしまいました。今回の文をスラスラと流せるように頑張りたいです。どうもおへんじありがとうございました。

  • 回答No.4

[Under such systems] (a certain percentage [of each new group] [of employees hired]) ((would have to be)) [[from minority groups]] [in the community]. こうして、括弧でひとまとまりをまとめてしまうとわかりやすいです。 ()が主語、(())が述語です。[[]]が目的語。SVCですね。 骨格は、 A certain percentage would have to be from minority groups. 「あるパーセンテージはマイノリティーグループからでなければならないだろう。」ですね。 あとは、[]の修飾語を足していけばよいです。 そうすると全体がわかって、 このような制度のもとでは、採用された雇用者の、それぞれの新しいグループのあるパーセンテージは、その地域の、小数民族のグループからでなければならないだろう。 このように、始めのうちは、ひとまとまりの句を括弧でくくってみると、文型がわかりやすくなります。 まず、主語と述語を把握することが大切です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>このように、始めのうちは、ひとまとまりの句を括弧でくくってみると、文型がわかりやすくなります。 まず、主語と述語を把握することが大切です。 chukanshiさんこんにちは!なぜ読めなかったのかというと、やはり主語と述語を把握できていなかったんですね。主語と述語をつかんでしまえばあとはだんだん分かってくるもんなんですね。どこで意味が切れるのか見極められるように確認しつつ頑張ります。どうもありがとうございました。

  • 回答No.3
  • kaakun
  • ベストアンサー率18% (10/55)

 補足で、この文章の根幹は不定詞が絡んでいるので分りにくいかもしれませんが、要はSVCの第二文型もどきです。be動詞を挟んで「a certain percentage」と 「from minority groups」はイコールの関係になってますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • nak205
  • ベストアンサー率60% (40/66)

直訳すれば、 このような制度のもとでは、採用された雇用者の新しい集団の一定の割合は、地域のマイノリティーグループからでなければならないだろう。 ところが、文法的に説明できません。文法を習ったのは遠い昔のことなので。 でも、直訳を見ればどれがどうかかっているかはわかりますよね。 “採用された雇用者の新しい集団の一定の割合”とは、会社全体ではなく、採用する度ごとの人数にたいして何パーセントがマイノリティーではならない、という意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nak205さんおへんじどうもありがとうございます。なるほど、語と語の関係はそのようになっていたのですね。 hiredが一語で過去分詞として前にかかっていることや、have to be from といった表現につまづいて正確に解釈できませんでしたが、英文と照らし合わせてみて文の骨格がつかめました。どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • as appropriate???

    ある文書に以下のような記述がありました。 Adequacy of plans to include both genders, members of minority groups, children, and their subgroups, as appropriate for the scientific goals of the research. Plans for the recruitment and retention of subjects also will be evaluated. この文においてas appropriate for the scientific goals of the research.とはどういう訳し方をすればいいのでしょうか? また、このasはどういう用法なのでしょうか? ご教授願います。

  • 英文の和訳をお願いします。

    英文の和訳をお願いします。 One of the most interesting and yet underexamined processes in bulimia is the acquisition of bulimic behavior, particularly binge eating. The few studies that have looked at this problem have focused almost exclusively on particular social groups, for example, dance camps and athletic teams. This focus is not an accident. I wish to argue that social groups are at the very heart of the issue of symptom acquisition. Symptoms are spread from one member to another in these groups, and group membership is at the heart of the transmission. Groups that are most likely to transmit the symptoms of bulimia, most notably binge eating, are groups that are made up almost entirely of women of the same age. This includes dance camps and athletic teams as well as sororities, all-women dormitories, or workplaces comprising mostly women. Social groups are important to us. They serve to tell us who we are, what to think, and how to behave. The more we value the social group, the more we are willing to be influenced by it. The power of a group may be measured by the attractiveness of the group for its members, lf a person wants to stay in a group, he will be susceptible to influences coming from the group, and he will be willing to conform to the rules which the group sets up."

  • 以下の英文について質問です

    Capotoriti's definition of a minority includes four empirical criteria---a group's being numerically smaller than the rest of the population of the state; their being nondominant; their having distinctive ethnic, linguistic, or religious characteristics; and their desiring to preserve their own culture---and one legal criterion, that they be citizens of the state in question. This last element can be problematic, given the previous nomadic character of the Roma, that the still cross borders between European states to avoid persecution, and that some states have denied them citizenship, and thus minority status. Because this element essentially grants the state the arbitrary right to decide if the Roma constitute a minority without reference to empirical characteristics, it seems patentl unfair that it should be included in the definition. 所有格+beingと使われていますがこれは文法でいうとどういう用法ですか?仮定法現在でしょうか? one legal criterionのあとのthey beは仮定法現在っぽいのですがその前と形が違うので違うのかなと思ったのですが。。 また、decide if のifは&#65374;かどうか、という意味ですがRomaに関してはもう結論は出されている(minorityではない)ので、&#65374;かどうか、というのはおかしくないでしょうか?後ろでもempirical characteristicsのreferenceなしに...とありますし。(ところでempirical characteristicsはどういうcharacteristicsでしょうか。。)

  • この英文のbe動詞がない理由は?

    The philosopher was in the habit of taking his daily walk at a certain hour with such punctuality that the inhabitants of his town were accustomed to setting their watches by the event. (その哲学者は毎日きまった時刻に非常にきちっと散歩する習慣だったので、彼の町の住民はその散歩によって時計を合わせたものだった。) “such ~ that....”「非常に~なので…だ」 “with pucntuality”「時間を厳守して」 この文章の骨格がよくわかりません。 “such”の前にbe動詞っぽいのがないので、どこまでが主語なのかとかわからないです。結果、自力ではきちんと訳せませんでした。 こういう文の考え方を教えてください。

  • 英文翻訳で分からないところを教えてください。

    先日もこちらのほうで助けてもらったものです。契約書内の文で重要だと思われる箇所なので、間違えたくありません。本文は Licensee shall pay to Licensor a recoupable but non-refundable advance payment of $40,000 upon the execution of this Agreement, such Advance to be drawn against future License Fees accrued hereunder. この文の中の to be drawn against という箇所はどういう意味でしょうか?是非ご指導をお願いいたします。

  • 辞書に載っていない単語+構造

    ・He argues that behind the global fabulations that invoke the imagined global Muslim nation lie the frustration of British Muslims both locally and nationally. という文で、fabulationという単語が調べても出てこないのですが、造語なのでしょうか?またこの文のlieはどう訳したらよいのでしょうか? ・The suffering of oppressed Muslims abroad is couched in rhetoric of victimhood. のvictimhoodは造語でしょうか? ・The social touchstone of Islamic radicalism in Birmingham is the repudiation by a vocal minority of marriages arranged within kinship networks. のvocal minorityとは何のことなのでしょうか? ご教授よろしくお願いいたします。

  • 申し訳ありませんが、次の英文を和訳して下さい。

    Detailed regulations for important groups or classes underpinned the Tokugawa administrative system. Such regulations took the form of basic codes which were reaffirmed and sometimes revised at the accession of each new shogun. One set, issued between 1601 and 1616 and known collectively as the regulations for Buddhist monasteries (jiin hatto), left doctrine and internal sect organization largely in the hands of the clergy, but made aggressive propaganda an offense and put the management and taxation of temple estates under bakufu supervision. These and later rules for religious houses were enforced by an important group of bakufu officials, the temple magistrates(jisha bugyo). Such legislation made Buddhism, and Shinto, completely dependent on Tokugawa protection. jiin hatto 寺院法度 jisha bugyo 寺社奉行

  • 英文を日本語訳して下さい。

    The territories of the former Hungarian Kingdom that were ceded by the treaty to neighbouring countries in total (and each of them separately) had a majority of non-Hungarian nationals, however the Hungarian ethnic area was much larger than the newly established territory of Hungary, therefore 30 percent of the ethnic Hungarians were under foreign authority. After the treaty, the percentage and the absolute number of all Hungarian populations outside of Hungary decreased in the next decades (although, some of these populations also recorded temporary increase of the absolute population number). There are several reasons for this population decrease, some of which were spontaneous assimilation and certain state policies, like Slovakization, Romanianization, Serbianisation.[citation needed] Other important factors were the Hungarian migration from the neighbouring states to Hungary or to some western countries as well as decreased birth rate of Hungarian populations. According to the National Office for Refugees, the number of Hungarians who immigrated to Hungary from neighbouring countries was about 350,000 between 1918 and 1924.Minorities in post-Trianon Hungary On the other hand, a considerable number of other nationalities remained within the frontiers of the independent Hungary: According to the 1920 census 10.4% of the population spoke one of the minority languages as mother language: 551,212 German (6.9%) 141,882 Slovak (1.8%) 36,858 Croatian (0.5%) 23,760 Romanian (0.3%) 23,228 Bunjevac and &#352;okac (0.3%) 17,131 Serbian (0.2%) 7,000 Slovene (0.08%) The percentage and the absolute number of all non-Hungarian nationalities decreased in the next decades, although the total population of the country increased. Bilingualism was also disappearing. The main reasons of this process were both spontaneous assimilation and the deliberate Magyarization policy of the state. Minorities made up 8% of the total population in 1930 and 7% in 1941 (on the post-Trianon territory). After World War II approximately 200,000 Germans were deported to Germany, according to the decree of the Potsdam Conference. Under the forced exchange of population between Czechoslovakia and Hungary, approximately 73,000 Slovaks left Hungary and according to different estimations 120,500 or 45,000Hungarians moved to present day Hungarian territory from Czechoslovakia. After these population movements Hungary became an almost ethnically homogeneous country with the exception of the Hungarian speaking Romani people.

  • 英文を日本語に訳してください。よろしくお願いします

    ・Of the three categories, chronic hunger affects the most people. ・The poor tenants in India spend most of their income on their rent. ・Hunger exists only in the developing countries where agriculture is underdeveloped. ・Hidden hunger is not caused by lack of food, but by the fact that the victims cannot afford such expensive prices for it. ・Politicians could never reduce famine because they cannot change food distribution systems.

  • 英文を訳して下さい。

    Officially the treaty was intended to be a confirmation of the right of self-determination for nations and of the concept of nation-states replacing the old multinational Austro-Hungarian empire. Although the treaty addressed some nationality issues, it also sparked some new ones. The minority ethnic groups of the pre-war kingdom were the major beneficiaries. The Allies had explicitly committed themselves to the causes of the minority peoples of Austria-Hungary late in World War I. For all intents and purposes, the death knell of the Austro-Hungarian empire sounded on 14 October 1918, when United States Secretary of State Robert Lansing informed Austro-Hungarian Foreign Minister Istv&#225;n Buri&#225;n that autonomy for the nationalities was no longer enough. Accordingly, the Allies assumed without question that the minority ethnic groups of the pre-war kingdom wanted to leave Hungary. The Romanians joined their ethnic brethren in Romania, while the Slovaks, Serbs and Croats helped establish nation-states of their own (Czechoslovakia and Yugoslavia). However, these new or enlarged countries also absorbed large slices of territory with a majority of ethnic Hungarians or Hungarian speaking population. As a result, as many as a third of Hungarian language-speakers found themselves outside the borders of the post-Trianon Hungary. While the territories that were now outside Hungary's borders had non-Hungarian majorities overall, there also existed some sizeable areas with a majority of Hungarians, largely near the newly defined borders. Over the last century, concerns have occasionally been raised about the treatment of these ethnic Hungarian communities in the neighbouring states. Areas with significant Hungarian populations included the Sz&#233;kely Land in Eastern Transylvania, the area along the newly defined Romanian-Hungarian border (cities of Arad, Oradea), the area north of the newly defined Czechoslovakian&#8211;Hungarian border (Kom&#225;rno, Csall&#243;k&#246;z), southern parts of Subcarpathia and northern parts of Vojvodina. The Allies rejected the idea of plebiscites in the disputed areas with the exception of the city of Sopron, which voted in favour of Hungary. The Allies were indifferent as to the exact line of the newly defined border between Austria and Hungary. Furthermore, ethnically diverse Transylvania, with an overall Romanian majority (53.8% &#8211; 1910 census data or 57.1% &#8211; 1919 census data or 57.3% &#8211; 1920 census data), was treated as a single entity at the peace negotiations and was assigned in its entirety to Romania. The option of partition along ethnic lines as an alternative was rejected.