• 締切済み
  • すぐに回答を!

【緊急】水酸化銅の加熱について。

加熱すると Cu(OH)2→CuO↓+H2O で酸化銅ができますが、本来ならCUOは黒いはずが、私達の実験ではこげ茶色でした。原因は何でしょうか??ちなみにこの溶液中にはNa2SO4が混ざっている←多分これは影響しないと思いますが・・・。 溶液が青色→緑色→黄色→橙色→こげ茶色と加熱していくと変わっていきましたが、この緑色とか黄色というのはどのような化学反応によってそのような色になっているのですか??この間で何が起こっているのでしょうか??

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数5507
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.6
  • zoo123
  • ベストアンサー率32% (50/152)

ビウレット反応ではないですよね。 ビウレット反応ではまずCu(OH)2が出来てからご覧の色変化を経て赤褐色のCu2Oになります。 この場合の色変化はCu(OH)2とCu2O比の変化によります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • zoo123
  • ベストアンサー率32% (50/152)

確かにCu(OH)2→CuOの反応は起こります。また、Cu2OはCuOよりも不安定であるため、Cu2Oの生成は考えにくいです。 考えられるのはこの反応は水中で行っているため、水分子やOHが結合した化合物が途中あるいは最終的に生成しているためではないでしょうか。純粋なCuOは確かに真っ黒な色をしています。 あと、Na2SO4は関係ないですね。 ちなみに、Ag2Oも本来は黒色ですが、水中で作るとOH基が入って褐色になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

No.2です。 まず、前回の回答の、色の理由部分について。  (誤)  ; 黄 → 酸化銅微粒子  (正(?)) ; 黄 → 酸化銅微粒子 + 水酸化銅微粒子 酸化銅が微粒子になったとしても、「黄色」というのはちょっと明度が 高すぎる気がしてきて・・・というのが訂正理由です(汗) (一方、水酸化銅は淡青色なので、微粒子化するとかなり白っぽくなる) 次に、No.3の方の回答に関連して。 > 酸化銅(II)CuOは加熱により酸化銅(I)Cu2Oになることが知られています。 確かに、そのようです。 (4CuO → 2Cu2O + O2 という分解?) ですので、前回の回答の末尾、「還元剤なし&1価の銅イオンは不安定」との 理由づけについても、訂正とさせて戴きます。 ただ、、wikipediaによれば、その温度は1000℃以上と説明されています。 今回の系が「水溶液(水との懸濁状態)での加熱」ということを考えると、 1価の銅イオンが生成している可能性は、やはり低いように思えます。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%B8%E5%8C%96%E9%8A%85%28II%29

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

酸化銅(II)CuOは加熱により酸化銅(I)Cu2Oになることが知られています。この酸化銅(I)の存在を含め、生成物中の様々な銅化合物の影響によるものと思われます。 #1さん、#2さんの折衷的な説です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

ある程度の大きさの粒子であれば、確かに酸化銅(II)は黒く見えますが、 粒子が細かい場合は褐色に見えたと記憶しています。 また一般に、粒子が細かくなると、光の散乱によって白っぽくなっていきます。 (金属銀の微粒子など、ある程度の粒子径で黒色になるものありますが・・・) 従って、それぞれの色は  青 → 水酸化銅  黄 → 酸化銅微粒子  茶 → 酸化銅 と考えられます。 で、その反応が進んでいる最中には  青 + 黄 = 緑  黄 + 茶 = 橙 という色が観察されたものと思います。 No.1の方の回答にある酸化銅(I)・Cu2Oは、この条件では発生しないのでは ないでしょうか。 (還元剤もない上、1価の銅イオンはかなり不安定)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

酸化銅には黒色のCuO以外に褐色の(時には金属銅に近い)Cu2Oがあります。多分これでしょう。その他に1価や2価の水酸化銅があってめまぐるしいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 酸化第2銅の加熱

    ある試験で、「酸化第2銅を加熱すると、銅になった」という出題があり、選択肢のうち、「2CuO+C→2Cu+CO2」を選んだのですが、正しかったでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • フェーリング反応で水酸化銅ができない理由

    フェーリング反応の半反応式 2Cu^2+ + 2OH- + 2e- → Cu2O + H2O                                       R-CHO + 2OH- → R-COOH + H2O +2e- 上の式で水酸化銅CuOHができないのはなぜですか? AgOHは不安定で加熱なしにAg2O↓へと反応が勝手に進むのに対し、イオン化傾向の強いCaやCuはCa(OH)2、Cu(OH)2として安定し加熱なしにCa2O、Cu2Oにはならないと書いてありました。 ここでも、フェーリング液内で銅の水酸化物化を防いでいた酒石酸ナトリウムカリウムが作用しているのでしょうか? それとも全く別の仕組みですか? また、イオン化傾向の弱い金属が水酸化物になれない(すぐ酸化物に変わってしまう)のはOH-の持つ強い陰イオン化力(造語ですみません)とバランスが取れないからですか? 中途半端な知識で考えたことで申し訳ありませんが、詳しい方教えてください。 どうぞよろしくお願いします。

  • 酸化銅が水素で還元できるのはなぜですか?

    CuO+H2→Cu+H2O イオン化傾向は水素のほうが高いはずつまり水素のほうが還元しやすい。 この式では水素が酸化して、銅が還元されてます。こんなことはありえないんじゃないんですか? ちなみに加熱してます。銅イオンが水素で還元できるのはなぜですか? むしろCu+H2O→CuO+H2 ってなるのはわかるけど。

  • 酸化銅と酸化銀の違い?

    http://oshiete.eibi.co.jp/qa4307237.html で他の方が質問して、別の方が回答していますが、 どうもよくわかりません。 ----(もともとの質問)--- 次の実験のうち物質を空気中で加熱した時質量が増加するものはどれか 1 酸化銅の粉を試験管に入れて加熱 2ヨウ素の結晶を試験管に入れて加熱 3炭酸水素ナトリウムの粉をステンレスの皿に乗せて加熱 4酸化銀の粉をステンレスの皿に乗せて加熱 5スチールウールをステンレスの皿に乗せて加熱 テキストの答えは1と5だが、なぜ5が答えか? 酸化銅は酸化されているのになぜか? ----- 回答:酸化銅はCu2OとCuOの2種類がある。Cu2Oはまだ酸化されて CuOになる余地がある。 ------- 僕の質問は、4の酸化銀もAg2OとAgOの2種類を取るから 5が正解ならば、4も正解ではないか? どうなのでしょうか?

  • 水酸化銅の合成

    0.75gの硫酸銅五水和物を水3cm3で溶解した。その後、6Mのアンモニア水徐々に加えていく。濃青色溶液になったら、1Mの水酸化ナトリウムを6cm3加えた。また、アンモニア水を加えない場合はどうなるか、加えるアンモニア水の化学的容量(?)、1Mの水酸化ナトリウムを作るとき何gの水酸化ナトリウムを採取すればよいか、反応式、生成物の化学的容量(?)を求めよとありました。 水酸化ナトリウム量 4.0(g)/40(g/mol)=0.1(mol) 100cm3に定容 1.0(mol/dm3) 反応式 CuSO4・5H2O+H2O→Cu(OH)2+SO4 -2 +2H+ 4H2O となると思ったのですが、Cu2+は4つのH2Oと反応して… とういう説明を受けて、全てわからなくなってしましました。アンモニア水は2.0cm3らしいのですが、どのように出したのでしょうか?

  • 亜酸化銅と酸化銅を成分比で見分けることは可能?

    金属に付着した酸化銅について成分分析をし、酸化銅か亜酸化銅か見分けたいのですが、これは可能でしょうか? 銅と酸素は4:1の質量比で化合すると思うのですが、 酸化銅:CuO 亜酸化銅:Cu2O ということから、単純に銅と酸素の質量比が4:1なら酸化銅、8:1なら亜酸化銅と言えるものなのでしょうか? また、この考え方が間違っているとしたら、どのようにして証明するのが妥当となりますでしょうか? ご存知の方いましたら、教えていただけないでしょうか?

  • 酸化銅の価電子について

    酸化銅にはCu2OとCuOの二種類ありますが、この場合Cuの価電子の数はそれぞれ1個と2個でいいんでしょうか??

  • 銅・白金電極での硫酸銅((2))溶液の電気分解

    (高校化学にて) 硫酸銅((2))溶液を銅(+極)・白金(-極)板での電気分解すると +極では H2O→H(+)+OH(-)→H(+)+(1/2)H2O+(1/4)O2↑+e(-) や SO4(2-)→SO4+2e(-) と とならずに Cu→Cu(2+)+2e(-) となるのでしょうか? 理由は Cu(2+)の方がOH(-)やSO4(2-)よりイオン化傾向が強いからなんでしょうか? イオン化列にはOH(-)やSO4(2-)が無いんですが 多原子イオンや非金属イオンはイオン化傾向の強さはどれくらいなんでしょうか?

  • 酸化銀の分解と酸化銅の還元について

    酸化銀の分解と酸化銅の還元について 酸化銀の分解(2Ag(2)O→4Ag+O(2))、酸化銅の還元(2CuO+C→2Cu+CO(2))を比べて、 酸化銀の分解はただ加熱するだけで銀をとれるが、酸化銅の還元は炭素を加えないと銅がとれない。 コレはなぜか?と聞かれました。 ボクは「“酸化銀は200度になると分解する”という性質があるから」と考えたのですが、どうでしょうか?

  • 酸化銅の種類

    酸化銅にはCuO, Cu2Oが一般的なようですが,Cu4O3はどうでしょうか.特にCuO2が実在するのかどうか是非知りたく思います。