• ベストアンサー
  • 困ってます

酸化銀の分解と酸化銅の還元について

酸化銀の分解と酸化銅の還元について 酸化銀の分解(2Ag(2)O→4Ag+O(2))、酸化銅の還元(2CuO+C→2Cu+CO(2))を比べて、 酸化銀の分解はただ加熱するだけで銀をとれるが、酸化銅の還元は炭素を加えないと銅がとれない。 コレはなぜか?と聞かれました。 ボクは「“酸化銀は200度になると分解する”という性質があるから」と考えたのですが、どうでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数4565
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Saturn5
  • ベストアンサー率45% (2270/4952)

基本的な考え方は高温にすれば分解しやすいということです。 これをエントロピー増加の法則といいます。 従って、酸化銅も高温にすれば酸素を出します。 (1000℃くらい) 4CuO → 2Cu2O + O2 (1500℃くらい) 2CuO → 2Cu + O2 問題となるのは分解する温度が極端に違うことです。 1つはイオン化傾向が銅の方が大きく、酸素と結合しやすいこと。 2つ目は2価のイオンなので酸素との結合(クーロン力)が強いこと ではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません、質問の説明が足りなかったようです。 中学生でも、分かるようにお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1617/3275)

中学生とかといわれてしまえば,「銀よりも銅の方が酸素と強く結びついている (強く結合する) から」くらいしかいえないでしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#160321
noname#160321

#1様は専門の物理化学者であられるので、厳しい指摘ですが、有機化学屋の私でも、「ではなぜ酸化銅は200度で酸素を出さないの?酸化第一銅(Cu2O)位になったって良いじゃない」と答えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません、質問の説明が足りなかったようです。 中学生でも、分かるようにお願いします。

  • 回答No.1
  • c80s3xxx
  • ベストアンサー率49% (1617/3275)

ぜんぜんだめですね. せめて平衡圧とかギブスエネルギーくらい出さないと.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すいません、質問の説明が足りなかったようです。 中学生でも、分かるようにお願いします。

関連するQ&A

  • 酸化銅と酸化銀の違い?

    http://oshiete.eibi.co.jp/qa4307237.html で他の方が質問して、別の方が回答していますが、 どうもよくわかりません。 ----(もともとの質問)--- 次の実験のうち物質を空気中で加熱した時質量が増加するものはどれか 1 酸化銅の粉を試験管に入れて加熱 2ヨウ素の結晶を試験管に入れて加熱 3炭酸水素ナトリウムの粉をステンレスの皿に乗せて加熱 4酸化銀の粉をステンレスの皿に乗せて加熱 5スチールウールをステンレスの皿に乗せて加熱 テキストの答えは1と5だが、なぜ5が答えか? 酸化銅は酸化されているのになぜか? ----- 回答:酸化銅はCu2OとCuOの2種類がある。Cu2Oはまだ酸化されて CuOになる余地がある。 ------- 僕の質問は、4の酸化銀もAg2OとAgOの2種類を取るから 5が正解ならば、4も正解ではないか? どうなのでしょうか?

  • 酸化銀を加熱するとどうして銀と酸素に分解するのですか。酸化鉄や酸化銅の

    酸化銀を加熱するとどうして銀と酸素に分解するのですか。酸化鉄や酸化銅の場合はならないと思うのですが。よろしくお願いします。

  • 理科の酸化と還元についてです。

    空気中で銀と銅を加熱すれば酸化銀と酸化銅ができますよね? それから密閉された試験管内で酸化銀を加熱したら還元が起こりますよね? では同じ方法で酸化銅は還元できないのはなぜですか? あるいは加熱してできた酸化銀が加熱によってまた還元できるのはなぜですか? 中三です。何をバカな質問を、と思われるかもしれませんが、回答お願いします。

  • 酸化銅の還元

    酸化銅と炭素を加熱し還元する場合、「試験管」を使うのは何故ですか?(ステンレス皿とかでなく)

  • 酸化銅を常温~100℃程度で還元できますか?

    お世話になります。酸化銅の還元についての質問です。 酸化銅を銅に還元するには水素中での高温加熱や炭素を混ぜて高温加熱という手法があるようですが、常温から100℃程度の環境(大気あるいは液体、真空中等)で還元というのは無理なのでしょうか? 加熱した銅を50度のメタノール蒸気で還元というのもあるようですが、これは酸化銅が高熱じゃないと還元できないんですよね。 常温の酸化銅を50度程度のメタノール蒸気にあてれば還元できるのでしょうか?

  • 分解・還元(中学理科)の質問です

    参考書に、 「酸化銀の燃焼で酸素と銀に分解」とあります。 また、「酸化銅は炭素と燃焼で二酸化炭素と堂に還元」になると思いますが、 これって、酸化銅は燃焼だけでも酸素と銅に分解し、酸化銀と炭素の燃焼で二酸化炭素と銀に還元と、単純にそう考えていいんですよね?

  • 酸化銅が水素で還元できるのはなぜですか?

    CuO+H2→Cu+H2O イオン化傾向は水素のほうが高いはずつまり水素のほうが還元しやすい。 この式では水素が酸化して、銅が還元されてます。こんなことはありえないんじゃないんですか? ちなみに加熱してます。銅イオンが水素で還元できるのはなぜですか? むしろCu+H2O→CuO+H2 ってなるのはわかるけど。

  • 酸化銅の還元について

    グルタミン酸ナトリウム+酸化銅(II) を混合したものを加熱して酸化銅を 還元するという実験です。 還元の仕組みは理解出来ているのですが 化学反応式が分かりません。 自分で考えろ、という回答は辞めてく ださい。

  • 亜酸化銅と酸化銅を成分比で見分けることは可能?

    金属に付着した酸化銅について成分分析をし、酸化銅か亜酸化銅か見分けたいのですが、これは可能でしょうか? 銅と酸素は4:1の質量比で化合すると思うのですが、 酸化銅:CuO 亜酸化銅:Cu2O ということから、単純に銅と酸素の質量比が4:1なら酸化銅、8:1なら亜酸化銅と言えるものなのでしょうか? また、この考え方が間違っているとしたら、どのようにして証明するのが妥当となりますでしょうか? ご存知の方いましたら、教えていただけないでしょうか?

  • 酸化銅の価電子について

    酸化銅にはCu2OとCuOの二種類ありますが、この場合Cuの価電子の数はそれぞれ1個と2個でいいんでしょうか??