-PR-
解決済み

剣道の礼儀について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.21579
  • 閲覧数1511
  • ありがとう数54
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 38% (5/13)

今回、初投稿です。
実は、1つ教えてもらいたい事があります。

私は中学2年で、今1級もっています。
2月には初段の審査に出る予定なんですけど、
なんか、その初段の審査で、
筆記試験があるらしいんです・・・。《笑》
剣道で筆記試験なんて、聞いた事ないんですけど(爆)
その、筆記試験の課題が
「なぜ、剣道とは礼儀を正しくしなければならないのかを説明しなさい」
っていうものなんです。
ハア?って思うんですけど、
筆記試験があるらしいんです。

どうして礼儀を正しくするのか
知っている人はいませんか?
どなたか教えて下さい。

返事待ってます。
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 49% (58/117)

 おっす。34のオヤジです。自分は中3の時、初段とったなあ。でも、当時は筆記はなかったように思うけどなぁ。君の場合は他の人も言うとおりあんちょこの様な、答えで良いんじゃないかな。武道はそれ自体間違えば危険なので、礼に始り礼に終わるとか。
 中学を出てからオレは、ズーッと空手をやってんだけど剣道も好きで、言葉は悪いけど友達の道場でたまに遊んだりします。君も知っていると思うけど、日本には現存する剣道の各流派がありますよね。君が受けるのは。日本剣道連盟の昇段試験でしょ。それに万が一落ちても、君の剣道の価値とは関係無いよ。人に認めてもれう事も大事で励みにはなるけど、これからの武道人生は長いから。
 昇段の判断基準は流派・連盟によって違うし、考えすぎない方が良いと思います。なんせ、試合に勝っても昇段出来ないのが、ごろごろいますから。実際、連盟の5段や6段の先生より、オレの方が強いこと自体変でしょ。それよか大学の2段・3段・4段、警察機動隊の初段の方が強いって。それだって日本刀もったら、巻き藁切れるのは少ないよ。
 目標は大事だけど、こだわりすぎないように、頑張って下さい。もう少し大人になってまだ剣道してたら、本身の日本刀を使う各流派抜刀術を剣道と共にやんのも面白いと思いますよ。
 本題とずれてごめん・・・

 
お礼コメント
aoyuzu

お礼率 38% (5/13)

中学を出てからズ~っト空手やってたんですか・・・・。
・・・・いいなー♪
剣道のことも、他の武道の事もよくわかりました。
ありがとうございました
投稿日時 - 2000-12-24 19:04:37
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 22% (4/18)

私も十数年前に剣道の初段を取りました。
当時は、型と簡単な試合だけでした。

筆記試験の課題が
「なぜ、剣道とは礼儀を正しくしなければならないのかを説明しなさい」ですか。
aoyuzuさんが思った通りのことを書けば良いのではないでしょうか?
精一杯自分で考える事が必要ですね!
お礼コメント
aoyuzu

お礼率 38% (5/13)

ありがとうございました♪

そうですね!そうですよね!
自分で考えたいと思います。
それも、修行です!!
なんで私はこんなことにきずかなかったんだ??

とにかく、ありがとうございました。
投稿日時 - 2000-12-23 17:50:01


  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 43% (84/192)

剣道に限った訳ではありません。
「柔道」や「空手」など武道をたしなむ人達には、礼儀が要求されます。
これらの武術の試合はルールが無ければ、「喧嘩」です。また戦国時代などでは「命の取り合い」です。
そこで、ルールを守り、相手を尊重するという「礼儀」が無くてはならないのです。

参考・助言にでもなれば、幸いです。
tukitosan でした。
お礼コメント
aoyuzu

お礼率 38% (5/13)

ありがとうございました。
今後、参考にします。
投稿日時 - 2000-12-24 19:02:07
  • 回答No.3
レベル3

ベストアンサー率 0% (0/1)

自分も(去年まで)中学、高校と剣道をやってました。
昇段審査は筆記があるんですよね・・・
自分も結構苦労しました。
ここだけの話、僕は剣道の本(技術向上のための)
みたいのがあって、それを丸写ししました。
二段、三段でもその方法で大丈夫だったからおそらく
(保証はできませんが・・・)問題ないと思います。
ちなみに初段だと実技では”切り返し”が重要だと思います。正確に焦らないでやればOK!
ではがんばって!よほどの失敗がなければ大丈夫!
お礼コメント
aoyuzu

お礼率 38% (5/13)

切り返し・・・ですか・・・。
やばい!私切り返しあんまり上手く出来ないんです。
男子部長に「お前の切り返し、きたない!」って
いわれたんですよ!!この前!!!
ああ!明日からがんばろ!!
ありがとうございました。
投稿日時 - 2000-12-24 19:06:52
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 36% (3818/10368)

私もずいぶん昔ですが、初段を取りました。
確か筆記で同じような問題があったのを覚えてます。
まあ、本持込可だったので、困った人はいなかったと思うけど。
でも、私の先生はすご~く礼儀にうるさい人でした。
だから、この問題では何にも困らなかったです。逆に、今、剣道を学んでる人みて、おいおい、って思ったりすることがあります。(^^)

さて本題ですが、tukitosan さんのお答えがそのものずばりだと思います。また、現在、剣道はかなり国際化してるので、スポーツマンシップと共通する考えでもあると思います。そしてそれを考えるだけでなく、態度に表すのを常に稽古し、実生活でも、相手を思いやる気持ちを持ちつづけ、剣道=生活の中の剣道的な教えを受けました。
なんか、こうなってくると、剣道というよりは「何とか流」みたいな話ですが、剣道で得た礼儀や、心を実生活で生かすというのが、恩師の教えでした。
こういう考えは、合気道の中に色濃く見られるようですが、剣道と合気道はお友達だそうです。

ちょっと余談でした。

あと、初段の試験、↓の過去ログも見てくださいね。

じゃがんばって。
  • 回答No.6
レベル8

ベストアンサー率 50% (1/2)

剣道は古くは武士道精神が素になっていると思います。
武士道などと言うと現代では語弊があるのでしょうが、この基本的な精神を表したものは、いわいる仁義礼智心と言う事なのでしょう。
この5つは全て大切なのでしょうがその内の1文字の「礼」の精神で現代剣道も礼節を重んじる伝統が脈々と受け継がれ、礼に始まり礼に終わる、というような具体的な動作として今も行われているのだと思います。
礼の精神については、新渡戸稲造著、武士道に詳しく記されていると思いますが、今は手元にその本がないので具体的に書けませんが、下記の人が言うように、やはり格闘技なのですから相手に対して思いやるような気持ちが必要で、その為にも礼をする、と言うような事になっているのでしょう。
しかし、相手を思いやると言ってもひとたび竹刀を交えて相手と対峙したならば、やるかやられるかの文字通り真剣勝負なのですから容赦するような気持ちがあってはなりません。
話が反れましたが、三節の礼、という言葉があり、これは神に対する礼、師に対する礼、相手に対する礼、と言う事だと思いました。
礼をする時でもこれらを想い、礼をする事が肝要だと思われます。
  • 回答No.7
レベル8

ベストアンサー率 33% (1/3)

高校で剣道をやってるもので現在2段です。
さて、筆記試験のことですが一番有効だと思うのは本を参考にして書くこと
だと思います。
図書館に必ず昇段試験をねらいとした本かそれに相当するものがあるはずです。
市販のもでしたらお薦めするのは
成美堂出版、スポーツシリーズ「剣道段級審査」です。
これには問題の解答例や審査での注意点などが詳しくのっているで役に立ちます。
初段の筆記試験ではそんなに心配しなくても大丈夫だと思います、今まで
筆記で落とされた人を見たことがないくらいです。
「カレーの作り方を書いて受かった」なんていう話も聞いたことが
あるぐらいです。
いずれにしても真面目に書けば必ず受かります。

礼儀に関して余談ですが、最近の高体連の試合を見ているとまったく眼に余ります。
全国でもトップレベルの高校が平気で竹刀を飛び越えているのを見ると
これでいいものかと考えさせられてしまいます。
がんばって初段を取ってください。それでは。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
得意なスポーツについての豆知識や経験談を教えてください!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ