-PR-
締切済み

現在の算数教育における問題点について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.21335
  • 閲覧数671
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 0% (0/5)

今小学校において、算数教育における問題点が
色々あると思うのですが、それについて知りたいので
算数嫌いの子や学力の差、問題点に対する対策や改善点
等々何でもいいので解答を頂けませんでしょうか。

宜しくお願い致します。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全5件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 43% (84/192)

以前、同じ様な質問がありました。
そのURL が、そこのアドレスです。

そこでは、私なりに思うことをそれなりに考えていることを書きました。

参考にしてください。
tukitosan でした。


  • 回答No.2
レベル13

ベストアンサー率 44% (527/1181)

◆Naka◆
ははあ、以前にも同様の質問があったのですね。
まあ、では一応私なりの考えを…

算数教育が目的としているものは、大きく分けて5つあると思われます。
[1]基本的な数の理解や計算の技能
[2]公式の理解と利用
[3]公式や計算の応用
[4]問題提起、興味の発掘
[5]生活や身の回りへの応用

この中で、現在の小学校教育は[1]、[2]に偏っていることは否めません。
ただしこれに[3]を加えようとする試みは、いくつか認められます。
例えば円周率(π)を「3.14」から「3」にするのは、そういう試みの一つだろうと解釈しています。(例えばアメリカの小学校では22/7を用いていますね)
「3.14」であるばかりに計算段階でつまづいてしまい、その先の半円や、1/4円などの面積や弧の長さを求めるにはどうすればいいか、という応用にまでたどりつけない生徒がいることは確かです。
先の指導要領の改訂に伴って、そういう試みもいくつか見受けられますが、それでも[4]、[5]への取り組みはまだまだアマイでしょう。

確かに、教科書では各単元の導入部分において、身の回りのものに例えた説明が多くなってきましたが、実践的だとは判断できません。(全ての教科書を確認したわけではありませんが)
また、それをサポートするには各教師の技量に負うところが大きくなりますが、その分優秀な教師と、そうでない教師に教わった子供に差が出やすくなっているのも事実です。算数嫌いの子供は[1]や[2]に集中した教え方をする教師の元に多いのではないでしょうか。

そして最大の問題は[4]でしょう。時間数の減少に伴って、各単元を深く掘り下げる時間的余裕がなくなってきているのに加え、単元数は多いので、どれもこれも表面をさらっと流す程度の授業しかできないのが現状ですから。
また、子供たちも一つの問題をじっくり考える、というくせがつかず、ちょっと複雑なものになると、すぐに投げ出し解答を求める、という悪循環になっています。
結局教師としても、中学に送り出す前に、中等教育で必要とされる技能を修得させるのに手一杯、というのが問題の中核にあるようですね。

ではどうすればいいのか、ということになりますが、現状のカリキュラムの時間的余裕を増やせないのであれば、単元数を30%ほど切り詰めて、各々の単元にかける時間を増やすこと。そして、一人一人の教師に全人教育学的側面から再教育を施すこと。つまりいろいろなアングルから子供たちにモノを教えることができる教師を育成するという根本部分に本気で取り組むということですね。

こんなところですが…
  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 57% (1014/1775)

ずぶのシロートの感想ですが....

教育課程をとった人の話を聞いていると、どうも教師の中に算数嫌いが相当数いるみたいです。「算数嫌いの拡大再生産」のサイクルが回っている気がします。
理系の筈の技術者・研究者に数学の問題を出すと、しばらくして「分からないから答を教えろ」。まるでこちらに教える義務があるかのように言ってくる人が大変に多いんです。数学って「答を知ってるか、知らないか」「答を教える、教えない」という話じゃないでしょうに...パズルとクイズが区別できていないんですね。
こいつらの同級生が子供を教えているとすれば、「教師の知っている正解と、自分の出した答が一致するかどうか」というくだらない価値観が受け継がれているんじゃないか、と思えてきます。

Stomachmanの小学校のときの先生のうちの何人かは(生きてるか?)、今思えば論理学、群論、無限級数、微積分、線形代数、グラフ理論、組み合わせ論など、しっかりしたバックグラウンドの上で、算数・幾何の面白さを折に触れてデモってくれたし、どんな質問も誤魔化さずに受けてくれました。(感謝してます。ことに、「直線て何?」「円錐の体積の公式にどうして1/3が付くのか」「1+1は2とは限らない」「分数と小数はどっちが沢山あるか」という議論は今でも憶えてます。)それにガードナーやサム・ロイドの算数パズルの本を紹介してくれたなぁ。
 彼らは数学が好きで、その面白さを伝えたいと思っていたに違いありません。
  • 回答No.4
レベル14

ベストアンサー率 15% (594/3954)

 世間でよくいわれているのが「うちの子は計算はできるのに応用が弱くて」という親。どうも、計算が基礎で、文章問題は応用だ、という認識があるようです。
 しかし、考えてみれば、「にさんがろく」「2×3=6」があってから、「うさぎが3匹で耳は何本?」があるわけではない。こういうことが基礎としてあってこそ、技能として「九九」があるということが忘れられていると思います。

 ある国立付属中学校で、知り合いの生徒が「たしざんとかけざんが混ざった式で、かけざんを先に計算するのはなぜか?」と質問したら、「最初にそう決まったから」という答えだったそうです。数字をいじるのが基礎だという発想があるから、たしざんとかけざんの混ざった場面を思い浮かべられない。だから、「靴下は白。校則でそう決まっているから」というのと同じような答えしか出来ないのだと思います。

 世の中デジタル時代ですが、とくに小学校では、アナログ・「量」を中心に考えることを重視しなくてはけないと思います。
  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 0% (0/2)

まあ、掛け算の順序問題をはずすわけにはいかないでしょう。

小学算数では、掛け算は(ひとつ分)×(いくつ分)=(全体の数) で導入されます。

それで、逆順に式を書くと式はバツ(下手すると答えもバツ)になります。

4人の子供に一人に飴玉を3個ずつあげると飴は全部でいくつ?というような問題では

3×4=12

で式を書かなければなりません。
しかし、子供に飴を配る場合、1個ずつあげるということを繰り返す大人は多いはずです。それに慣れた子供は(ひとつ分)×(いくつ分)のルールを承知した上で、4×3 と書くことがあるわけです。しかし「掛け算の意味を理解していない」と思われてバツになります。

昔からこういうことはありましたが、年々これが厳しくなってきていて、この「式がバツ」というのは、例えば、0.3 + 4 = 0.7 などという間違いと同レベルの間違いとされるようになってます。そこに危機を感じます。

それも、九九をやって掛け算の交換法則をやった後も小学校ではこの順番が(少なくとも文章題では)厳守されます。
しかし、そもそも、(ひとつ分)と(いくつ分)はかなり恣意的なところがあって、どっちともとれることが多いので、子供は「答えは簡単に分かるんだけど、式の順番はどうしたらいいんだろう?」と、結局「マルを貰うためにはどうしたらいいか?」というテクニックを探し求めるなどなど、算数本来と違った部分で悩むことになります。

そして、3×4=4×3 の等号「=」は、「「両辺の意味が同じ」という意味」ですので、この悩みでの苦労は報われません。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ