• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

数学I・Aと数学I+Aの違い

高校卒業して20年以上経過してます。 現状について教えて頂ければ幸いです。 本屋に行きますと参考書に「数学I・A」と「数学I+A」があります。個々に「数学I」と「数学A」もあるので「数学I+A」は想像できるのですが、「数学I・A」という独立した科目があるのでしょうか?また、昔(1980年頃)の数学I,数学IIB,数学IIIを現状に当てはめますとどのように振り分けられますでしょうか?

noname#37211
noname#37211

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • debut
  • ベストアンサー率56% (913/1604)

おそらく、以下のようなものではないでしょうか。 昔の数I・・現在の数I(数と式・方程式・不等式(昔は中2くらい       だったものも)・2次関数・三角比)       数A(平面図形(昔は中3くらいだったものも)・集合・       順列・組合せ・確率)       数IIの一部(式と証明・高次方程式・複素数・点と直線・       円の方程式・対数関数・指数関数) 昔の数IIB・数IIの一部(三角関数・微分・積分)       数B(数列・ベクトル(平面は昔数Iでやったような?))       数C の一部(行列) 昔の数III・・現在の数IIIと同じ       数C の一部(確率分布・統計処理) 現在の数C にある2次曲線はだ円の式くらいを昔は数Iでやったような。 昔は詰め込みだったです。よくやってたなあ、と思いますね。       

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • 4951snk
  • ベストアンサー率28% (155/547)

 「数学I・A」と「数学I+A」は同じものです。No,2さんの分類が正しいです。  ちなみに、今の受験はIII・Cは理系用です。(Cの行列・一次変換は京大文系でも課されるようですが)  文系の場合は、I・A・II・Bからいくつかが課されるようです。センター試験では、数学(1)が「数学I」「数学I・A」のうちどちらかを選択、数学(2)が「数学II」「数学II・B」から一つ選択(普通科、理数科の場合)ですが、国立では文系でも大体「数学I・A」「数学II・B」を指定してきます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

数I・Aは数I+Aと同じです。 現在入試では大体、 「数I」「数I・A」「数II」「数IIB」 この4つが主流ではないかと思います。 「数IIIC」辺りはレベルの高いところでの話でしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。すっきりしました。

関連するQ&A

  • 数学I、AとIIIについて

    高校の数学で I、A II、B III がありますよね IとAが高校1年のレベルでII、Bが2年、IIIが3年のレベルですね 当然1とAが一番簡単でその次にIIBで最も難しいというのがIIIになるのが一般的のはずですよね ですがネットではIIIよりIとAが一番難しいという意見があります 今数IAの最初のほうしかやってませんが本屋で数学のチャート式のやつを見たらあきらかにIIIが一番難しそうでIAが一番簡単そうでした なのにどうしてIIIが一番難しいのではなくIAが一番難しいのですか? どなたか教えてください 今自分じゃ

  • 【数学】数学Aが数学Iより簡単な気がします。

    【数学】数学Aが数学Iより簡単な気がします。 高校では1年 数学A→2年 数学I→3年 数学IIの順に習って行くんですか? 数学Aは中学3年生の数学より優しい気がする。 大学の数学は数学IIIとかあるんですか?

  • 数学Iと数学A

    検索の仕方が悪いのか、調べても答えが見つけられなかったので 質問させて下さい。 私の受験する科目は数学Iのみです。 そこで、純粋な数学Iの参考書を探しても 『数学I・A』と受験に不要な数学Aと一緒になっているものばかりです。 数学Iのみの参考書を探していますがなかなかありません。 そもそも数学IとAってどう違うのでしょうか?

  • 数学I又は数学I・Aにするメリットって?

    大学の数学の試験科目のなかに、 「数学I」「数学I・A」などがあると思うんですが、 「数学I」ではなくて「数学I・A」にする理由。 又は「数学I・A」ではなくて「数学I」にする理由(メリット)ってなんかあるんでしょうか??

  • 高校数学「I・II・III」と「A・B・C」はどう違うんですか?

    高校の数学には「I・II・III」と「A・B・C」があります。 それぞれが各学年に対応しているようです。 私が高校生だった15年ぐらい前はこういう分類ではなく、「数学I・基礎解析・ 代数幾何・微分積分・確率統計」だったと記憶しているんですが… 書店の参考書の棚を見ると、「IA」「IIB」「IIIC」等がありました。 内容はどう違うんでしょうか? そして、どうして「I・II・III」と「A・B・C」のように、2種類の教科書が 存在するのでしょうか?

  • 高校数学 数I~III 数A~C について

    はじめまして。 mapcookと申します。 高校程度の数学を使う必要が出て、復習しようと思い、とりあえず教科書を買おうと思うのですが、数I~III 数A~C とたくさんあり、どの順序で学習すればよいのかわからなくなってしまいました。 (卒業してからかなり経ったため、もうわすれてしまいました) そのため、以下の2点を教えていただけますでしょうか。 1) 数I~III 数A~C は、それぞれ、高校の何年生で学ぶものなのでしょうか。 2) 学習する順番を教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 数学I、数学aの入門に適切な問題集や参考書

    3ヶ月後くらいに医療系専門学校のAO入試を受けます。 選考科目の中に数学があり、 高校1年生でやる数学I、数学aの内容との事です。 私は文系の4年制大学を卒業しているのですが、 高校2年から文系のクラスだったので、 数学の偏差値は大学の受験に例えると30台だと思います。 おそらく中学校の定期テストレベルの数学でも、0点取ってしまいそうなくらい、 数学という学問がチンプンカンプンです。 そこで私のようなゼロから数学を学ぶというレベルで、 オススメの問題集や参考書ありますでしょうか? 『数学I+a(青チャート)』数研出版 『数学I+a(黄色チャート)』数研出版 ネットで調べたら上記2点の人気が高いみたいなんですが、 なんだか難しそうでした。 まずは数学Iと数学aの基礎的な部分から学んでいきたいです。 (むしろ中学校の数学から始めた方が良いでしょうか・・・?) お詳しい方いらっしゃいましたら、 よろしくお願いします。

  • 数学I、II、IIIと数学A、B、Cの分類

    ずーっと昔は数学I、II、IIIしかなかった。 最近まで、AとかBとかCがありました。 どういう概念でI、II、III、A、B、Cに分類したのでしょうか。 最近、CはなくなったけどCそのものがなくなったのではなくて、 Cの中にあった「式と曲線ー媒介変数表示と極座標」はIIIに生き残っています。 I、II、III、A、B、Cはいいかげんな分類なのでしょうか。

  • 高校数学の科目編成、選ぶならどっち?

    高校数学の科目編成、選ぶならどちらですか。選んだ方の内容も併せて記述願います。 (1)数学I,数学IIA,数学IIB,数学III,応用数学 (2)数学I,数学II,代数・幾何,基礎解析,微分・積分,確率・統計

  • 至急「数学I・数学A」、「数学II・数学B」の違い

    明日、模試で受験にうといのでお願いします。 「数学I・数学A」、「数学II・数学B」から1科目選択 なのですが、違いは何ですか。 ちなみに高校行ってません。時間がない為簡単でいいので教えて下さい。