• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

マルチシンクディスプレイの表示原理は?

むかしからパソコンを何気なく使っていましたが、DTPの勉強をするようになってマルチシンクの不思議にやっと気付くようになりました。 マルチシンクが、ハードウエアとして持つドットピッチ未満の表示ができる、という解説はあちこちで見ることができるのですが、 ではなぜドット未満の点を表示できるのか?という理由について書かれているものにはなかなか出会えません。 この驚異の技術(?)マルチシンクの動作原理をやさしく噛み砕いて教えてくださる方、いらしてましたらどうぞ宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数433
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • mayfai2
  • ベストアンサー率50% (45/90)

>(決してドットピッチ以下の表示をしている訳ではない)  そうです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、これで謎が解けました!! マルチシンクは固定周波数でなく、マルチにシンクできるから、高い走査点滅の回数にも追随してぼんやりだけど擬似的に小さい物も「そこにあるように感じる」ことができるよ、という種明かしですね。 ハード的には全然きちんと表示している訳でないが、実用上人間の目には見えている気分になれるので実生活では問題ない、ゆえにマルチシンクはありがたい、という受け止め方ですね! おかげさまですっきりできました。 (この受け止めで間違ってましたら、ぜひまたお導き下さいませ)

関連するQ&A

  • オペアンプの動作原理

    反転、非反転、加算、微分、積分回路について勉強したいのですが、これらの動作原理について解説しているページ紹介してください

  • HUBの種類、動作原理について

    HUBには、ノーマルのHUB(バカHUB)と、L2SW-HUB、L3SW-HUBなどありますが、他にも別の種類のHUBってありますか? また、それぞれの、詳細な動作原理等、お教えください。 HUBの技術解説サイト等教えて頂けたら幸いです。

  • バイポーラトランジスタの動作原理、不純濃度について

    バイポーラトランジスタの動作原理、不純濃度について バイポーラトランジスタの勉強をしていてなんとなく動作原理は分かったつもりでいるのですが所々正しいか不安な点があるので添削をしていただけないでしょうか? npn型のバイポーラトランジスタで考えます。 ~~~~~~~自分の考える動作原理~~~~~~~ エミッタ側に順、コレクタ側に逆方向電圧をかける。 エミッタ側の順方向電圧によりエミッタ中の多数キャリアの電子がベース領域へ移動、この際一部の電子はベース領域の多数キャリアである正孔と結合、また別の一部はベース電流となるが、コレクタ側の逆方向電圧により大部分の電子はコレクタ領域へ流れ込む。 そしてコレクタ領域に流れ込んだ電子はコレクタ領域の多数キャリアの電子と一緒にコレクタ電流となる。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ また半導体の不純濃度がNe>Nb>Nc(エミッタ、ベース、コレクタの順に不純濃度が高くなる)という順序らしいのですがその理由がいまいち分からないので解説の方をお願いいただけたらと思います。 ~~~~~~~自分が考えた理由~~~~~~~~~ Ne>Nbはエミッタの不純濃度がベースより高いとベース領域に流れ込んだ電子が多く再結合してしまうため。 Ncが最後になるのは不純濃度が低くても再結合などで電子が失われることがないので ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • mayfai2
  • ベストアンサー率50% (45/90)

>初期の0.28mmピッチのCRTで0.26mm刻みの信号を受けると中心部以外では表示が乱れて大変だと思う  信号ってビームを変化させているだけですから、ドットピッチとは無関係です。根本的に何か勘違いしていませんか?  おおざっぱに説明しますと  1ラインの発光体が320ドットとします。  水平出力解像度が640ドットだとすれば、1走査の間にビームの強度は640回変化します。しかし、1つの発光体を通過する間に2回変化しても、発光するのは1つのみですので、320ドットしか見えません。  水平出力解像度を160ドットにすれば、2つの発光体を通過する間にビームの変化はありませんので、2ドットが同じ状態になります。 ということです。 >「マルチシンクディスプレイ」なのですが、ご回答いただいているのは「マルチスキャン」についてですね?  マルチシンクディスプレイってNECのマルチスキャンディスプレイの商標ではないのでしょうか? そのつもりで回答していますので、違うのでしたら私の回答も間違っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ね重ねどうもありがとうございます! >根本的に何か勘違いしていませんか? そうですね。 私のよりどころとして吹き込まれている知恵というのがハードウエア製造とはかけはなれたところにいるマックDTPの説明ですので、かなり頓珍漢な頭でいると思います。 妙に納得の行く数式など見せられたためにウソをそれらしく洗脳されていたみたいですね^^; 早く洗脳を解いて、目をさまさなければと思いました。 >NECのマルチスキャンディスプレイの商標ではないのでしょうか? あ、ほんと、そうですね。 >ドットピッチとは無関係です。 …ということはやはりシャドーマスクに明けられた穴の直径未満のものが見える(ように体感する)ことができていそうですね? 「直径未満の表示」という言葉のあやに問題があると思いますが、それは抜きとしてどうかお受け取り下さいませ…。 「できるはずがないでしょう」というご回答と、「ドットピッチとは無関係です」という一見矛盾しそうに思えるご回答を見比べて、なるほどと気付く所がありました。 私の17インチモニタは1024×768にすれば物理ドットと等倍になります。 これ以下の解像度だと非常に輪郭がくっきりと見えてくれますが、これを超えると一応見えているけれどそれほど鮮明には感じない状態になります…。 …これが「できるはずない」けれど「ドットピッチと無関係」のために見えてしまう「気がする」現象と考えてよいですか? 高級なディスプレイほど同期可能な周波数が高い ↓ ビームの変化回数の多さに対応しているからビデオカードの信号にはついて行ける ↓ 見た目上、等倍ドット以上の表示が出来ているように感じることができるにすぎない (決してドットピッチ以下の表示をしている訳ではない) ↓ だから鮮明度に欠けて見える …という考えで良いでしょうか?

  • 回答No.2
  • mayfai2
  • ベストアンサー率50% (45/90)

>マルチシンク可変の原理  マルチスキャンは水平周波数と垂直周波数の同期信号を送り、表示を同期させているだけで、基本的には同じです。  検索すれば、やさしいかは別として、それらしいのは見つかります。PDFが多めですね。 http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%81%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3+CRT+%E6%A7%8B%E9%80%A0&num=50&hl=ja&hs=WaY&lr=lang_ja&client=firefox&rls=org.mozilla:ja:official&start=50&sa=N >ドットピッチ直径の決定は、  ドットピッチはブラウン管の製造過程で決まります。  #1で説明したとおり、17インチの実際の解像度は横方向で1200ドット程度です。表示解像度を1600にしたところで、400ドット程度は表示されず抜けてしまいます。試しに2ドット毎に線を引いてみればライン繋がっている部分があるのが確認できるはずです。 >ドットピッチ直径の決定は、ウインドウズの標準解像度が96dpiに仕様規定されているゆえに  これについては想像ですが、逆かと思います。その頃のCRTが0.28mm程度で製造されていたために標準解像度を96dpiに設定したのでしょう。 >マック専用ディスプレイだと72dpiだから  これはあっています。ただし、ソフトの設定でそうしていただけで、ハード的に不可能だった訳ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ねてどうもありがとうございます!! 検索のキーワード、助かりました! > ドットピッチはブラウン管の製造過程で決まります。 DTP教本の説明が「さもありなん」で説得力のある数式のウソ(というか著者もそう思い込んでるですね^^)のためにすっかりだまされていた…というのが真相なんですね! >その頃のCRTが0.28mm程度で製造されていたために標準解像度を96dpiに設定したのでしょう なるほど、これは説得力ある「はじめにハードの製造技術ありき」の根拠ですね! 実は私も、マックが72dpiで決定した過程の理由は色々な文献で確認したのですが、ウインドウズが96で決定した理由についてどこを調べても私と同様に理由がわからない、という記述が多くて悩んでいた所でした。 これはとても助かりました!! ・・・ところでここでも相変わらず不思議なのは、0.28mmの製造でありながら96DPI(0.26mm)規格でビデオカードが信号を出していたら、やはり物理ドット未満の表示を出していたことになりますよね!? こういうからくりが知りたくて質問投稿してみました。 初期の0.28mmピッチのCRTで0.26mm刻みの信号を受けると中心部以外では表示が乱れて大変だと思うのですが、無事に見えていたのはどういう技術だったのでしょうか?

質問者からの補足

ご回答をいただいてよく考え直してみると、ちょっと誤解の元がわかったような気がしました… DTP本の解説と私の質問は「マルチシンクディスプレイ」なのですが、ご回答いただいているのは「マルチスキャン」についてですね? 多数の出力周波数に同期対応できる、という機能と、ドットピッチ未満の表示に対応できる、という機能は別の技術なのではないか?と気がついたのですが、違っていますでしょうか…?

  • 回答No.1
  • mayfai2
  • ベストアンサー率50% (45/90)

>ハードウエアとして持つドットピッチ未満の表示ができる  始めて聞きましたけど、できる訳ないでしょう。  17インチCRTで考えると、横の表示サイズが310mmでドットピッチが0.25mmだとして、表示可能なドット数が1240ドット。実際は左右を空けるので、1200ドット程度でしょう。  この状態で1280*1024を表示させても、80ドット分はが抜けてしまい、判別不能です。そのため、メーカーでは概ね判別可能な解像度として推奨解像度を設定しています。  動作原理はこのへんはどうですか? http://eclub.eizo.co.jp/lab/2005/11/crt1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも早速にありがとうございます! 参考URLは大変楽しくためになりましたが、マルチシンク可変の原理についての説明はやはり見当たらなかったのですが、探し方が悪いのか、意図的に各社から企業秘密にされているのか、検索エンジンでもなかなか引っかかってくれません… >始めて聞きましたけど、できる訳ないでしょう。 あれあれ、そうなんですか? 多分私、誤解して学んでしまった様子なので、ちょっと噛み砕いて教えてくださいますと助かります。 例えば実例で、今、わたしがこのお礼文を書いているのは17インチのモニタに32MBのビデオカードの1600×1200解像度で実行しています。 これが見やすいか悪いかは主観的な感覚だと思うのですが、物理的には稼動してしまっています。 ドットピッチ直径の決定は、ウインドウズの標準解像度が96dpiに仕様規定されているゆえに、 1インチ25.4mm÷96=0.264583... に従って0.26ミリ前後で製造されている、という理由をDTPの本で学習しました。 (むかしのマック専用ディスプレイだと72dpiだからドットピッチがもっと荒い0.35前後になると…) そのためにA4見開きサイズで作業するにはどうしても21インチないと不可能だったが、マルチシンクが当り前になった今は意味が薄れてしまった…ということでした… これは間違った著者の説明を真に受けてしまったことになるでしょうか?

関連するQ&A

  • 無線LANの動作原理がわかる教科書を教えてください

    無線LANの原理を勉強して無線LANを接続したいのです。 コレガ社の無線LAN CG-WLBARAGL-Eを購入しました。 残念ながら無線LANがつながりません。専用の接続ソフトがマニュアル等に書いてある通りの表示をしませんでした。電話サポートはつながらないので、メールのサポートを受けましたが、サポートの言うことが理解できませんでした。 無線LANのつながる原理を勉強したいと思っています。ルータ、LANターミナル、ブリッジ接続の意味も分かっていません。 無線LANの動作原理とコマンド等を使って無線LANをつなげる方法が書いてある 本を読みたいのですが。申し訳ありませんが教えてください。 ASCII社の「ネットワーク&無線LAN「つながらない」をなくす本」は買いましたが これを読んでも納得できていません。(メーカ提供のソフトで接続する方が書いてある) 使用パソコン等 ・SOTEC PCSTATION G4160xp ・OS Windows Xp home edition SP2 ・ADSLモデム NEC Aterm DR304CV(PK) (ルータ機能付き)

  • 電子レンジの正しい原理と学者

    原理が誤解されているというブログの主が本を読むと高名な近角聡信先生もだった、誤解している人たちのリストは伏せておくと。近角氏は何かの権威でどのくらい有名な人物ですか。他にも誤解している人の例があったら教えてください。 また伏せる理由が分かりません。別に間違いは間違いだろうに。それでいてトンデモ素人のみを袋叩きにする日本に科学者精神はないと思います、永遠に。物理系は権威に強いはずです。化学系なら一人の名前も出てこなかったでしょう。 高学歴ハイテク社会の一般教養としてですが、電子レンジが水分子に作用して加熱する仕組みは共振という単語や代用の類似表現としての共鳴の類いを使うべきではありませんよね(共鳴の方がイメージ的にはいいとも思いますが)。摩擦熱のような表現もされますが妥当でしょうか。一般人向けにも何と解説され認識されていくべきでしょうか。 優しくご教授お願いします。

  • 金属から電子を取り去ることは可能ですか?

    ふと別の勉強をしていて思いました。 金属から電子を全部取り去るってできるのでしょうか? あるいは全部でなくてもたくさん取り去るのはどうかなとも思います。 できる場合はその金属に起こる性質の変化、 できない場合は、できないのが技術的な理由によるのか、原理的にできないのか、 知りたいと思います。 もちろん暇な方で結構です。宜しくお願いします。

  • InDesignのレイアウトグリッドの表示方法

    質問させてください。 現在、会社でInDesignを勉強しながらパンフレットを作っているのですが、草案として、pdfファイルに書き出したりしていると、レイアウトグリッドが消えてしまいました。 単純な質問なのかも知れませんが、解説書を見ても、レイアウトグリッドを非表示にする方法や、その逆は掲載されています。 「表示」→「レイアウトグリッドを隠す」にチェックが入っている訳でも無く、隠すにしても、表示にしても全く表示されなくなってしまいました。 パンフなので、前頁の文字開始位置とかを合わせたいのですが、どういった理由が考えられますでしょうか。 アドバイスいただけますと幸いです。

  • マルチディスプレイでディスプレイが不安定

    マルチディスプレイの利用で質問させてください ディスプレイA(Dell E1912H 1366×768)と ディスプレイB(I-O DATA LCD-A15H 1024×768)があります。 この2つのディスプレイをマルチディスプレイで利用するために ラトックシステムのREX-USBDVI2なる マルチディスプレイアダプタを購入しました。 この利用方法は、 先にPC本体とディスプレイで構成されているシステムに マルチディスプレイで表示させるためのソフトを本体にインストールして、 拡張用のディスプレイをUSB接続したアダプタを介して表示させるものです。 そこで、当初利用していたPC本体にソフトをインストールして メインディスプレイをディスプレイA サブをUSBアダプタ経由でディスプレイBにしたのですが、 ディスプレイBは「Nodisplay」となります。 そこで、メインとサブのディスプレイを交換させて、 PC本体にディスプレイBを接続してこれをメインにして、 サブをUSBアダプタ経由のディスプレイAとしたところ 双方のディスプレイが表示されマルチで利用できました。 ディスプレイAは昨年購入したもので比較的新しくディスプレイBは数年前のものです。 ということで、素人考えでは映像の受信信号の感度(?)がディスプレイBは悪いのかと思うのですが ディスプレイBもPC本体に直結したらきちんと表示されます ただ、USBアダプタ経由したら信号を受信できないのかと思います 解像度を考えた場合、できればメインをディスプレイAで利用したいのですが ディスプレイBをUSBアダプタ経由で利用できるようにする方法はないでしょうか? USBポートからの電源供給が少ないためこのような現象は考えられるのでしょうか? もしそのような場合はセルフパワータイプのUSBハブを利用したら安定できるものなのでしょうか よろしくお願いします。

  • マルチディスプレイが可能か

    今所持しているPCがEPSONのEndeavor MT7500というPCなのですが、これでマルチディスプレイはできるのでしょうか。 D-subコネクタのメスが1つしかないので無理なのかなと思いますが、オスも1つあるみたいなので、変換すればいけるのでしょうか?

  • マルチディスプレイについて

    DELL Inspiron 545でビデオカード を購入し、マルチディスプレイにしたいのですが どれを購入しようかわかりません よろしければ1万以内で購入でき、不具合のない ものをおしえてください。

  • マルチディスプレイにするには?

    新しいデスクトップを購入して現在2台のPCがあります。 古いデスクトップは、A+D 新しいデスクトップは、B+C A=PC(VGA出力) B=PC(VGA+DVI+HDMI出力) C=RDT271WLM(VGA+DVI+HDMI入力) D=17インチモニター(VGA入力) 上記のような環境で CのディスプレイにAとBのPCを接続する予定ですが さらにBのPCでDのモニターをマルチディスプレイにする事は可能でしょうか? 初心者なので具体的なアドバイスをいただければ助かります。

  • マルチディスプレイ

    テレビ(REGZA32C3500)にHDMI接続をしてパソコンのモニターをクローン表示させたいのですが、テレビをモニターとして認識してくれません。 パソコンのモニターへの出力を外し、テレビとのHDMI出力のみにして再起動すればテレビに出力されるのですが・・・。 パソコンのモニターとテレビのモニターでクローンディスプレイ表示をさせるにはどうすればいいでしょうか。 グラフィックボードはGeForce9800GTです。

  • マルチディスプレイにするためには?

    マルチディスプレイにするためには? 今のパソコンはNECのPC-VL500EDというものなんですが、 色々調べた結果、グラフィックボードを増設するのが良いみたいなのです。 そこで、このPCに取り付け可能なグラフィックボードを教えてもらえませんでしょうか。 またはグラフィックボードを取り付けずにマルチディスプレイ環境を整える方法を教えてください。