• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

捨てコンの下の杭頭

本日基礎工事の捨てコンまで終了しました。木造2階建てですが、地盤が悪く4.5M・6.5M合わせて地盤改良の為の鋼管パイルを42本打ってあるのですが、杭頭まで完全に捨てコンの下に隠れてしまいました。杭が何処に入っているのか分からない状態で、今後支障は無いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数3159
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

鋼管杭の『地盤改良』に携わった事がないので、はっきりとは言えませんので、実際捨てコンに隠れて良いものかどうかは、そのメーカーのHP等で確認して見ては如何でしょうか? と、言うのも僕の携わって来たものに今まで、捨てコンを杭と基礎底面の間に挟めて良いというものはありませんでした。 僕の周りで常識とされている事と逆の事をおっしゃっている方が多い為、それでもOKな工法が僕が知らないだけで、多々あるのかも知れないと思ったからです。 僕の今までの知識では、捨てコンのように強度が弱いものを間に挟むのは、タブーでした。 捨てコンは18N/mm2が一般的に打設されているでしょうが、60mmかそこらの厚さが一般的なので、それで強度の発現を期待するものではありません。 それに対し基礎等の構造物は設計基準強度で21N/mm2はあるのではないでしょうか。 一般的に杭に引き抜き(転倒しようとする力の防止等)や水平荷重(耐震等)を担当させる場合は場所打杭・PHC・AG・鋼管杭等曲げや引き抜きに耐えうる杭を使い、おっしゃっている方がいるように、杭を基礎底部に食い込ませ杭頭補強をして、基礎に定着させます。 ただ、住宅の殆どは、引き抜きを見越さず、鉛直荷重(簡単に言うと建物の重さ)を受けるためRC杭や変形のPC杭な等の一般的に言われる住宅杭を使います。弱い地盤に変わり、建物を支えるのです。 折角鉛直耐力を増す為に改良したのに、それと基礎の間にそれより弱い(圧縮耐力を見越さない)捨てコンがあるのはダメと言うのが、元の理論です。 イメージで言うと、建物がテーブルとすれば、杭がテーブルの足です。 そのテーブルの足が床に固定されていて垂直に伸びている(杭は地面に突き刺さっているので)と仮定すると、 テーブルと足をビスやボルトで固定したのが前述の杭で、 足にテーブルをただ乗っけただけなのが、後述の杭です。 但し後述の足(杭)は曲げに弱いので、もし、テーブルとビスで固定してしまった場合、水平に揺らしたらポキンとおれてしまいます(鋼管杭なら無いでしょうが)。だからビスで止めない(基礎にあまり食い込ませず杭頭補強もしない)のです。 それでも、後述の杭は曲げには弱いですが、圧縮には充分強いのでテーブルを支えられます。でも、足とテーブルの間にビスケット(ちょい固め)を挟んだらどうでしょう? という事なんですが・・・・ ・・・なおのこと分かりづらいような まぁ、そういう訳で僕の仕事では一般的には考えられないのですが、皆さんそれでOKと言っているので、一般論が一つではないという事は、採用している工法を調べてみる必要があるのでしょう。 世の中には色々な工法がありますので、一概には言えませんので。 実際、僕らもその都度調べて調べて勉強の毎日なのです。 なんか『答え』になってなくてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 鋼管杭の杭頭

    来月木造2階建てを建築する事になり、地盤改良で鋼管杭(イーゼット)を施工します。そこで、その鋼管の杭頭はどうすれば良いのでしょうか。 1.家の基礎と接合させる杭頭固定。 2.杭頭をGLに会わせて、杭頭を固定させない。 1.は大地震で接合部分が破損しやすい。2.は家が乗っているだけなので、大地震でずれやすい。と、聞いたので・・迷います。 地盤沈下だけを考えると、2.になるのでしょうが、水平力とかも必要なのでしょうか・・ 何がベストなのか、どなたかお教えください。宜しくお願い致します。

  • 鋼管杭の上端

    地下室つき木造2階建ての地盤改良で鋼管杭を予定しています。杭の上端は地下の基礎下レベルにはできないのでしょうか。某業者に見積もってもらったら上端はグランドレベルで、地下施工の際に切り取ってくれとのことです。こんなもったいない話はあるのでしょうか。一般的にはどうするのでしょうか。どなたか教えて下さい。

  • 地盤改良(鋼管杭を使用)の費用について

    お世話になります。 現在、新築住宅を計画しています。 先日、・スウェーデン式サウンディング試験を行い、地盤改良が必要で以下の費用が掛かる旨の連絡を受けました。 この金額は概算ですが『妥当な額』なのでしょうか。 ご教授の程、よろしくお願いします。 建築面積:約34坪 地盤改良工事:鋼管杭打設工事(施工労務費含む) 1,177,990円 仕様:パイ114.3 t=4.5 11m 39本 以上、よろしくお願いします。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9
  • mo3890
  • ベストアンサー率0% (0/5)

木造でも、鉄骨でも、鉄筋でも、阪神大震災以降の土木工学、建築学において、地下構造物の考え方が、変わりました。杭と基礎がピン接合は、昔の考え方であり、建築仕様書に、杭等の基礎部分の入り込み、及び杭頭処理については、規定されています。基礎部分と、杭が水平荷重でずれたら、垂直荷重が、地盤に伝わりません。杭と、基礎の構造担当の打ち合わせがうまくないのでは?あるいは、地盤改良杭にしても、役に立たないのでは?情報あまりないので、これくらいのアドバイスしか出来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
noname#17429
noname#17429

No2です 質問者さんのお宅には生け花に使う剣山は無いでしょうか。 剣山をテーブルに置き、針の一本を指で押してください。指先が痛いですね、 では次に、同じ強さで剣山の針を手のひらで押してください、痛いですか、先ほどよりも痛見は少ないはずです。 前者は力が針一本に集中(集中荷重)したから指を刺し、 後者は針全部に分散(等分布荷重)したから痛くないのです。 建物の場合は杭が基礎を(刺して)打ち抜く事を防ぐため、 基礎の鉄筋量や厚みを考慮します。 そう考えると捨てコンのような弱い物をはさむのは間違いと言う事が分かります。 しかし、同規模の鉄筋コンクリートや重量鉄骨造の住宅に比べても木造は軽量です。 この建物の場合、一本あたりの杭が負担する荷重は、微々たる物です。 しかも、42本もの杭で支えます。 当然、等分布として基礎に伝わりますから、打ち抜きは考えにくいです、 考えるる必要ないと思います 以上の理由からNO2(杭のすぐ上に捨てコンが有ればよいです。) の回答をしました。 それに、捨てコンに強度の弱いコンクリートを使用しているとは限りませんから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • k_riv
  • ベストアンサー率57% (105/183)

No6さんのおっしゃるとおりです。 杭頭の処理方法は,建物の規模,土質,杭種,に関係なく,基本的に同じです。 杭の本来の目的は,建築物の重量を支持地盤に伝えることですから,杭頭の固定度によって,又,建築物の規模によって納まりは微妙に違いますが,基礎と杭が離れて良いと言う事はありません。例え,大臣認定を取っている特殊な杭であっても,同じです。 杭を打つというのは,明らかに地盤が悪いと言うことを示しています。常識的に,良い地盤に杭を打つ人はいない筈ですから・・・ 建物の荷重が,建物→軟弱地盤→支持地盤,と流れると,軟弱地盤が破壊したり,沈下の原因になったりします。ここで,軟弱地盤の部分を「杭」に代えて,建物→杭→支持地盤,と流れるように変更します。 建物の重量を確実に支持地盤に伝えるためのは,当然,杭頭と基礎版の間に弱い土や強度の弱い捨てコンを挟んではいけません。 例えば, 捨てコンで杭頭が隠れている場合,杭頭の位置を確認することが出来ません。もしかしたら,杭頭が捨てコンのすぐ下になく,500mmとか,1000mmとか大きく開いているかもしれません。 ここまで極端な場合は,ほとんどないでしょうが,実際に杭頭が確認出来ないと言うことは,このような状態も想定する必要が有ると言うことになります。この状態で杭が有効に働いていると言えないことは,素人でも感覚的に分かります。 杭頭をピンと仮定して設計した場合,杭頭と基礎底面が接続していれば同位置でも構わないのですが,捨てコンを打った段階で杭頭が見えていないと,上記のような状態になっても,同位置と言うことが確認できません。この時,捨てコンより100mm程度上に杭頭が見えていれば,確実に杭と基礎版がくっついていることを確認できます。 なお,杭頭が基礎底より低い場合は,外力や応力状態に関係なく,基礎と同じ強度のコンクリートで,杭頭を包み込むように増打ちをして補強しなければなりません。 これらの説明は, 日本建築学会「小規模建築物基礎設計の手引き」 直井正之「住宅をつくるための住宅基礎の地盤がわかる本」建築技術 など,木造住宅の基礎に関する書籍に,根拠を含めて詳しく書いてあります。建築士を対象に書かれた本で,専門性が高いので読みにくいですが,参考にしてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

建設会社の常用大工です、 >杭頭まで完全に捨てコンの下に隠れてしまいました。杭が何処に入っているのか分からない状態で・・・ 問題ありません、 打ち込んだパイルの個別場所が局部的直接影響するのではなく パイルの均等分布と弱地盤の関係で基礎強度(不当沈下の防止目的)向上を目的としているのですから、 パイル自体、基礎本体内部まで必要ありません、 なお、鋼管パイルと基礎と合体させる場合もありますが その場合は、鉄骨の独立基礎の場合です、

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

どの様な製品か書込からだけでは不明ですが、木造2階建てとのことなのでこの鋼管杭は大臣認定等を取得している支持杭ではなく、地業補強(認定なし)としてのものではないかと想像します。 この場合はあくまで地業の一部ですので、通常は捨てコン下までで問題ありません。 認定杭の場合は製品や認定の内容にもよりますが、大抵はNo.3さんの仰るようにベース内に100mm程度食い込ませる形になります。 また、これに加えて水平力を負担させる場合には適切な杭頭補強が必要となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • supakan
  • ベストアンサー率42% (18/42)

初めまして。 勘違いかもしれませんが 通常ステコン上から100mm程度上に杭天端じゃないんですか? そこから基礎フ-チングに補強筋(構造設計による)があり 構造体である鋼管杭と基礎コンが合体するのではなのですか。 ステコンは通常 構造体とはみなしません。墨出し,配筋が出来る為だけのものと考えられていますので 杭頭部がステコンで隠れてしまうなんてありえないとおもいますけどね。 ただ 最近の基礎形状や構造の考え方が昔と違うのなら話は別でしょうけどね。 しかし まだ鋼管杭なんて歴史浅いはずなんだけどなあ~~~。 お手持ちの設計図(構造図)を確認してみてはいかがでしょうか?しろうとでも断面図がありますから簡単に理解できるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

急いで図面確認してみます。ありがとうございます。

質問者からの補足

図面には、地盤改良の鋼管パイルは書かれていませんでした。杭を打つ物件、打たない物件共通の施工図表記なのだと思います。よく分かりもしないのに、監督に電話するのも迷います。玉砕されてしまいそうで・・・

  • 回答No.2
noname#17429
noname#17429

杭のすぐ上に捨てコンが有ればよいです。 その上に基礎のフーチング(底版)を打ちますから 建物の荷重は均等に杭によって支えられます。 設計者により、あらか締め杭の位置は検討されていますから、 現在見えなくても問題ないです。 安心してください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

杭は直接主柱とつながるのではなく、家全体を均一に支えるわけですね。なるほど!勝手なイメージをしてたようです。でも捨てコン以降また測量をするくらいなら、杭センターに何か鉄筋等を垂直に伸ばしておけば、再び測量する必要もないように思われますが・・・

  • 回答No.1

そのために測量して正確に杭を打ち、また測量して正確にやり方を作り基礎を打設します。 建物を建てる位置が大雑把では困りますからね。きちんと正確に計画通りのところに作るのだから問題ないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

杭は間接的に建物のアンカーとつながる訳ですね。直接接合になるとばかり思ってました。

関連するQ&A

  • 地すべり地域の地盤改良について

    住宅の新築を考えています。 地盤改良について詳しい方がいらしたら教えてください。 元々田んぼだった土地なので地盤改良は当然必要だと思っています。 サウンディング調査の結果から地盤改良の見積もりをとってもらったところ「6m程度の鋼管杭を41本打ちこむ」とのことでした。 柱状改良なら4m程度で済むようですが、工務店の方から鋼管杭の方が固い地盤のところまで確実に届くのでお勧めだという説明を受けました。 せっかく家を建てるのだからきちんとしたいという思いがありますので、鋼管杭の方で進めるつもりです。 一つ心配なのが、土地が「地すべり」地域に指定されているということです。(自治体で井戸を掘って地すべりを止めるような工事をしてくれてはいるのですが・・・・) 鋼管杭を打ったとして、地すべりのような横からの力に耐えられるものでしょうか? あるいは他の方法で地すべりにも対応できるようなものがあるでしょうか? そんな場所に家を建てること自体間違っていると思われるかもしれませんが、主人の実家所有の土地で他に土地を購入する事が許されません。 よろしくお願いいたします。

  • 捨てコンに鉄筋を刺す?

    教えてください。 建売住宅の基礎工事中ですが、 ベタ基礎の捨てコンに、約1メーター間隔で直径1センチ程の鉄筋が垂直に刺さっています。 見えている部分は高さ8センチ、埋まっている部分については不明です。 杭等の地盤改良はしていません。 このままでは防湿シートに穴が空くし またこの鉄筋の部分から腐食するのではと心配です。 建売なので完璧を求めるつもりはありませんが、 このようなやり方はあり得ないレベルでしょうか?

  • 杭頭処理

    杭頭処理 地盤強化のために、114.3mmの鋼管をうちました。杭頭処理として鋼管とほぼ同じ径のキャップが取り付けられましたが、溶接はされておらずまた隙間が少しあります。今後土台工事が始まりますが 品質上、または構造上の問題はないものでしょうか?

  • 地盤改良工事費用についてコメントを頂きたいです。

    地盤改良工事費用についてコメントを頂きたいです。 都内に家を新築することとなりました。スウェーデン・サウンディング式地質調査の結果、地盤改良工事が必要と判断され、ハウスメーカー数社から地盤改良工事費用の見積りが出てきましたが、100万円から250万円までの開きがありました。どれも、鋼管杭打設工法でしたが、最も高い250万円の工事内容は羽根付鋼管杭139.8mm径 x 4.5mm厚 x 翼径419.8(3D)mm x 10.5m長 x 28本 = 総改良長294meterでした。少し高い気がしますが、この工事内容ですといくらくらいが妥当でしょうか? 尚、建坪は15坪です。

  • 地盤改良の見積もり

    地盤改良の見積もりをもらいました。 鋼管杭工事30本 土間厚80→150(鉄筋入) とありますが、この鉄筋入とは、ベタ基礎のことなのでしょうか。 ご存知の方、教えてください。

  • 表層改良の上から鋼管杭

    軽量鉄骨メーカーで建坪15坪の2階建てを新築中です 建築にあたって地盤改良をしました。 支持層が4m程下にあるのですが表層改良を1.5m~2.8mしており、 この改良から支持層までの強度はどうなるのか説明を求めた所 納得いくものではなく、表層改良の上から鋼管杭を25本 支持層まで打ち込む事となりました。 最初の説明では表層改良の下の支持層までの約2m程の軟弱層はN値が3程なので 反発力?が働き大丈夫との事でしたが、話し合いの結果、表層改良に鋼管杭を 打ち込むという事になりました。土質は砂質土と粘性土です。 そこで質問ですが、堅い表層改良に杭を打ち込んで大丈夫なのでしょうか? 基礎ももうできており(布基礎)、それを壊して作ります。 もしかしたら杭を打つ事でより結果が悪くなるのではないかと心配です。 鋼管杭にする事により基礎が今より細くなるという説明を受け、そこも心配です

  • 地盤改良は確認申請に無関係?

    ハウスメーカーと地盤改良の件で協議中(施主は安全のため鋼管杭を、HMはコストダウンのため柱状改良を主張)、HM曰く、役所への申請に地盤改良は関係ないとのことで、改良方法が決まらぬうちにHMが確認申請を提出しました。後日不審に思い役所に行き閲覧させてもらったところ、ベタ基礎で申請してありました。ちなみにJIOは規定の地盤改良が施されれば不同沈下の保証をするといっています。そこで質問です。 1.役所は本当に地盤改良については考慮しないのでしょうか。 2.仮にベタ基礎で許可が下りた場合、JIOの保証を得るため鋼管杭による改良を施工した上でベタ基礎を載せても良いのでしょうか。 3.2.の場合、改めて鋼管杭を施工する図面(杭とベタ基礎との接合図のようなものがあるのでしょうか?)で確認申請提出をしなおす必要があるのでしょうか。 どなたか教えて下さい。

  • 単管パイプによる地盤改良

    私自身のことではないのですが、後学のため。 鋼管杭による地盤改良は普通直径10cm前後の鋼管パイプを使いますよね?それより多数の単管パイプ(足場に使うやつ)で地盤改良することってあるのでしょうか?

  • 軟弱地盤の表層改良工法

    【背景】 新しく分譲された土地を購入し、スウェーデン式サウンディング試験により、7mほどの鋼管杭が39本の地盤改良工事が必要となりました。 いざ、地盤改良工事がはじまると、深さ60cmのところで、ヨウ壁の一部が、土地の底面に底皿として折入っていることがわかり、端っこの一列の5本の鋼管杭をあきらめ、表層改良工法となりました。 【質問】 他34本は鋼管杭にて対応、一列5本のみ表層工法で、さらに軟弱地盤と聞いています。 将来、この表層工法部分だけが地盤沈下するのではないかと心配しています。 (その場合、家に亀裂が入るなど) この方法は適切なのでしょうか? 今回、建築にあたり財団法人の瑕疵担保保証には加入済みです。 よろしくお願いします。

  • 地盤改良工事について

     先日、スウェーデン式サウンディング試験で地盤調査をしました。  結果は、4.5mぐらいまで1~5kN/m2、4.5mを過ぎると50kN/m2を超えるというものでした。(6点試験しましたがすべて同じような結果でした。地質は砂のようです)  工務店は地盤改良をしないといけないということで後で見積を出すということでした。  杭工事、柱状改良等色々あるようですが、価格等を考慮してどのような工事がよろしいのでしょうか?  ちなみに、基礎面積は60m2ぐらいで、総2階建て、木造軸組です。  予定外の出費なのでどの程度の値段になるか心配です。宜しくお願い致します。