• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

企業価値評価及び株式投資の良書(定番本)を教えてください

経済学と株の入門書(ZAI)や四季を読んでいる初心者です 。長期投資をするにあたり企業価値評価の良書をご教授ください 。あまり難解でないのがいいです。 株式投資全般の定番本(例経済学ではスティグリッツ,西村のような)もあわせてをご教授ください 宜しくおねがいします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数426
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

定番本は、ありそうでないですね。 ZAIを読んでいるなら、ZAIが作った株の本とかいうのがあるはずです。 企業価値の評価法の本としては、こういうのがあります。他にも色々あります。ただ、簡単にやるとしたら、PBRでしょう。それなら本を読む必要もないです。 DCF法、(ディスカウント)割引キャッシュフロー法の入門にどうぞ 別冊宝島『間違いだらけの株えらび』別冊宝島 (1266) この本の欠点は「相場のことは相場に聞け」ということを、全く考えず、計算した結果に株価が近づくのが当然だと考えていること。個人的には、ついていけません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

masuling21さん ありがとうございます ZAIが作った株の本はパラパラとは読みました このレベルは一応理解できました 企業価値と適正株価を計算できる法則で 一般的に常識となっているのはなんでしょうか? それを優しく解説している本があればご教授 ください それとも 「相場のことは相場に聞け」とかかれている様に 法則はないんでしょうか

関連するQ&A

  • これから株式投資をする上で、素人がすべきことは何でしょうか?

    よろしくお願いします。 これから株式投資をするつもりでいます。 1.ぼくは素人ですが、はじめにするべきことは何でしょうか? 自分では、「日本経済新聞をとること」と「会社四季報を買うこと」を考えています。 2.他に株式投資の本を読みたいのですが、推薦していただけないでしょうか。 3.また株式投資に役立つサイトがありましたら、教えていただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 商学部の大学生です。経済学の勉強を1から始めます。このことで経済学の入

    商学部の大学生です。経済学の勉強を1から始めます。このことで経済学の入門書を読むつもりですが、経済学の入門書はたくさん有り、且ネットで調べると評価がいろいろ別れていたりで困っています。 今自分なりに調べると、スティグリッツ、マンキュー、伊藤元重の3人の経済学の入門書のどれかを読もうと考えているのですが、どの方の入門書を読むと良いでしょうか?アドバイスお願いします。

  • 株式投資、資産運用に関する書籍

    いつもお世話になっております。 数ヶ月前よりお金、そして株式全般、そして資産運用に興味を持ち数冊の本を読みました。 今まで読んだ本は、 「金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った」 「金持ち父さん貧乏父さん」 「金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント」 「東大生が教える1万円からのあんぜん投資入門」 「全米No.1投資指南役ジム・クレイマーの株式投資大作戦」 などを読みました。 最近、お金の仕組みや、株式、資産運用などのに面白さ、そして興味を持ち 様々な価値ある書籍を読みたいと考えております。 矛盾するかもしれませんが、決して即株等で儲けたいとか言う気持ちはありません。 株式投資術等の本も目にしますが、投資術という物を訳も分からず実践した所で 良い結果が出るほど優しい世界ではないとは理解しております。 まして現在実際に通用する投資術は本では紹介すらされないだろうし、とにかく日々動く 状況に独自に対応し、自分なりの投資術を考えられるようになりたいと思っています。 そのためにも、多くの基礎知識が必要だと考えています。 私の希望としては資産運用、特に株式投資を基礎から段階的に勉強していきたいと 思っています。 現在このような知識に乏しい初心者にとって、 1.「株(その他資産運用含む)の基礎を学べる書籍」 2.「株(その他資産運用含む)の基礎が身についてからの書籍」 3.「株(その他資産運用含む)の上級的な知識が学べる書籍」 ※いづれもいつの時代でも通用するもの、今日の経済で通用するものでお願いします。 などなど、その他色々紹介していただけないでしょうか。 また多くの数年前に書かれた書籍もありますが、ここ2.3年で大きく世界経済、日本経済は 変化していると思います。 素人的な私の考えでは数年前に書かれた本が現在の状況を想定しており、対応できているのか という点も疑問に思ってしまいますがどうなのでしょう・・・。 例えば以前では債権、個人向け国債など比較的リスクの少ない資産運用など 進めている書籍も目にしましたが、現在の経済状況を見ていると一概にリスクが 少ないとも言えなくなってきている気がします。 どちらにしても低迷する世界経済の中では株式投資、資産運用もさらに難しく、そしてリスクが 増えてきているのかと思います。 だからこそ知識が欲しいと考えております。 知識に乏しい私には、書籍を読む順序も重要になってくるので、 それを含め色々アドバイスお願いいたします。 素人ですので発言に誤った表現があるかもしれませんが、そのようなものに対する 冷やかしは結構です。よろしくお願いいたします。

  • ミクロ経済学・マクロ経済学の入門書

    法学系の授業で経済学の話が出てきたので、 ミクロ経済学とマクロ経済学の入門書が読みたくなりました。 数学があまり得意ではないので数式がどうの、という内容だとあまり・・・ という私にお勧めの入門書はありますか? 経済学の入門書でも可です。 よろしくお願いします。

  • 経済学の入門書

    経済学を何も知らない私でも読みやすい入門書などあるでしょうか??よろしくお願いします。

  • 経済学の勉強を始めたいのですが。

     経済学に興味が有り、60の手習いで勉強を始めたいのですが、何から始めて良いのか全く分からない状態です。経済学とは何ぞや? 解りやすい入門書が有りましたら教えてください。

  • お勧めの株式入門書

    よろしくお願いします。 私は今までに株式投資を一度もした事がありませんが、興味があり勉強してみようと思っております。 そこでお聞きしたいのですが、株式投資を学ぶにあたって、お勧めの入門書などありましたら教えて頂けませんでしょうか。 また、お勧めのウェブサイトなどでも構いませんのでよろしくお願いします。

  • ファイナンス(財務三表・株式投資の知識など経済全般)の勉強の仕方を教えてください。

    よろしくお願いします。私は現在、店舗開発営業の仕事をしております。資格としてはファイナンシャルプランナー(AFP)を所有しております。財務三表や株式投資の知識、その他経済全般をもっと実務レベルで活かせる知識を身につけたいと思っております。金融業界にいるわけではありませんので、実務で通用する知識をどのように身につけたらよいか分かりません。今現在考えられる方法としては、1.CFP、証券アナリストに挑戦する 2.経済新聞にて知らない言葉が出てきたら調べる  以上2点くらいしか思い浮かびません。こんな無知な私にどなたかご返事お願いします。

  • 経済学の大学院進学に必要な知識は、どの程度でしょうか?

    海外(アジア)の経済系の大学院(修士課程)進学を考えているものです。 大学では薬学を専攻し、今は社会人をしています。 海外の大学院に進学するために必要な経済学の知識を得るためには、最少量でどの程度の経済の知識が必要でしょうか?受験対策ではなく、経済学の学部生なら、このくらいは身につけてて当然というような知識レベルはどの程度でしょうか? 今のところ、(多少の偏りは承知の上で)スティグリッツ入門経済学、およびスティグリッツのミクロ、マクロ経済学を和訳版、英語版両方使って読み進めています。内容は全部理解するつもりです。 独学が主になるので、その他にお勧めというか、必修の教科書がありましたらご推薦お願いします。どこの大学院に行くにせよ、このくらいは絶対に身につけておいた方がいい、というような教科書がありましたら教えてください。 経済学に必要な数学、統計の基礎知識と英語は問題ありません。英語の教科書でも(日本で手に入るのなら)問題ありません。 スティグリッツと多少内容がかぶっていても、エキサイティングな教科書があればご推薦お願いします。 ちなみに経済学の知識はまったくゼロでしたが、スティグリッツを大変面白く読んでいます。最高に面白いですね、経済学って。 皆さまどうかご教授よろしくお願いします。

  • 投資のイロハを知りたいです。

    普段経済学を勉強しているので、勉強がてらに投資を始めようと思っています。 しかし、私は投資のことについて殆ど知らないので、投資の『イロハ』と『土地勘』が欲しいです。 投資の方法としては、投資信託か株式投資で投資をしたいと思っています。 そういうわけで、皆様方のお勧めの投資入門サイトや投資入門書や投資勉強法などを教えていただきたいです。 右も左も分らぬ初心者がやっておくべきことを、なんでもいいので教えていただけると助かります。