• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

特例有限会社の株券発行

現在有限会社です。5月1日に会社法施行にともない、整備法により「特例有限会社」となります。 そこで、定款変更すれば「株券」発行が可能になるとおもわれます。 現有限会社の定款に「株券発行条項」を加える旨の社員総会改め株主総会決議をすればOKでしょうか? 具体的手順についておわかりの方、ご教授願いたく投稿しました。

noname#58431
noname#58431

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1657
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#19683
noname#19683

会社法214条ですよね。仰るとおり、株主総会で定款変更決議(「総株主の半数以上(加重可)で、当該株主の議決権の4分の3以上」整備法14条3項)すればよいのではありませんかね。また、その場合に株主から請求あるまでは株券を発行しないこともできますよね(会社法215条4項)。それから株券を発行すれば、一定の場合、株券提供公告が必要になってしまいますよね(同法219条)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

関連するQ&A

  • 特例有限会社の定款変更をする必要はあるか?

    資本金10万円の特例有限会社(元は確認有限会社と呼ばれていました)ですが今後もずっと今のままの特例有限会社を維持する予定です。新会社法施行により現在の定款を改正しなければならない義務はあるのでしょうか。法務局のホームページでは登記の可否についての記載はありますが定款変更についての注意等はありません。1人株主(元は1人出資者)で兼1人取締役の完全個人型の有限会社です。

  • 特例有限会社の株式譲渡に関して

    特例有限会社においては譲渡制限されている株式を第3者へ譲渡する場合には株主総会の承認を要することになっておりますが、この場合の承認とは普通決議でしょうか特別決議でしょうか? またこの場合において、譲渡承認を申請した株主自身は当該総会に出席する(定足数にカウントされる)ことは出来るのでしょうか? 会社法にお詳しい方がおられましたら、ご教授をお願い致します。

  • 特例有限会社の代表者変更について

    特例有限会社の代表者変更について 現在、親が代表者の有限会社です。今回長男を代表者にすることになりましたが、 定款では代表者は「互選による」となっていますが、新会社法の適用で臨時総会で 新代表を選任することができるでしょうか。 できない場合は、旧代表の退任のみを承認し新代表は互選書を作成するのでしょうか。  よろしくお願いします。

  • 特例有限会社の減資で特別決議でなく普通決議でも良い場合

    特例有限会社の減資は通常特別決議が必要です。新会社法では定時株主総会の決議である場合、減資額が全て欠損填補にあてられる場合は、普通決議でよいとなっています。特例有限会社もこの適用を受けるのでしょうか。

  • 特例有限会社の決算

    特例有限会社は決算の広告義務がないということですが、決算そのものは当然する必要があると思います。 弊社では、決算は期末と中間期に実施し、法人税の納税をしております。 第一四半期と、第三四半期の決算は、法律上必要あるでしょうか? 有限会社は、会社法が改正される前は、いらないと思っていましたが・・・・・・

  • 有限会社の株券につきましてお教えください。

    有限会社の株券につきましてお教えください。 祖父が無くなりまして、遺産整理をしております。 今まで株など所持すら見たことも無かったもので困っております。 そこで、質問なのですが、有限会社の株を数社、所持してたことが分かったのですが、 有限会社の株は、株式会社と同様に、株券印刷され発行されているものなんでしょうか? 有限会社 数社は、全て30年ぐらい前から設立してるみたいです。 現在でも存在してるのはわかってるのですが、祖父が全て管理していたため 社名が分からず名義変更するにも困っております。 株式会社の株券は、保管されていたのですが、有限会社の株券が分からないため できましたら、株券発行に伴なう、新法と旧法の違いも何卒何卒ご教授頂ければ幸いです。

  • 有限会社の設立

    会社法が、もう少しで施行されるそうですが、 今の段階で有限会社を設立するのと、会社法が 施行されてから株式会社として小規模の会社を 設立するのはどちらがメリットがあるのでしょうか? 手続きの面で、もう少し待った方が、得になるとか あるのでしょうか? 特例有限会社で残ることにメリットはあるのでしょうか?

  • 有限会社の配当

    会社法が改正され配当が何度でもできるようになったといいますが、有限会社でも株主総会で決議すれば、期の途中いつでも配当することができるのでしょうか?

  • 特例有限会社で新株を発行せずに株主資本を増資する方法

    私は妻との共同出資で有限会社(資本金300万、口数60口)を経営しています。 老朽化した賃貸物件取り壊しにより除却損が発生したためB/S上では債務超過になってしまっており(資金繰は黒字です)銀行借入が難しくなっているので、600万円増資して資本金900万円にしたいと考えています。 有限会社のメリットを享受しつつ、消費税免税といった税法上のメリットも失わない範囲で自己資本を高めたいので、特例有限会社のままで1000万未満に収まるように増資するのがベストなのかなと思っています。 具体的に、次のような方法を考えてみたのですが、実務上可能なものでしょうか? 新株発行による増資を行うと、登録免許税が7万円もかかってしまうので、できれば定款を変更せずに純資産の部をプラスに持っていきたいのですが、何か妙案はないものでしょうか? <私案:新株を発行せずに資本金払込を行って増資する方法> 新会社法適用後は、定款に規定されていた資本総額と出資1口あたりの金額は記載がないものと看做されて、「資本総額÷1口金額」という算式にて株数(口数)のみが計算されると聞き及びます(うちの場合は300万÷5万円=60株となります)。 1株あたりの金額が定款に記載されない以上、発行済株式数を増やさない限り、理屈の上では定款変更(及び変更登記)を行わずに資本金を増やすことが可能なように思えます。 ということは、新株発行を伴わない既存の出資者による資本金払込が可能であれば、総会決議による増資決議を行うだけで、増資は完了し、株主資本等変動計算書にその旨記載することで足りるということになると思うのですが、実務上このような芸当は可能なのでしょうか? 株主資本等変動計算書のひな形を見る限り、「新株の発行」以外に資本金を増やす項目が記載されていないので、やはり無理なことなのでしょうか? どうぞよろしくお願い致します。

  • 外資系の有限会社の会社法適用について

    会計を勉強し始めたばかりの者です。 外資系の有限会社のケースについて教えてください。 会社法の改正に伴い、有限会社が廃止され、それまでの有限会社は特例有限会社という形で形態を維持することが可能であるということですが、それには期限などはないのでしょうか? また、株式会社は会社法で決算書の公示を義務づけられているようですが、会社法改正後の特例有限会社の場合はどうなるのでしょうか? 初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。