• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

相撲のことで教えてください

相撲は格闘技カテか解りませんがこちらのカテで 質問しますのでよろしくお願いします 関脇や大関のカドバンについて 負け越ししたら翌場所はカドバンですよね でも自信のない記憶ですが勝ち越ししても カドバンになっていたような力士がいたと 当時思っていたのですが変な質問ですみません 当時の状況は たしか大関が6人くらい居たかも 全員勝ち越ししたのですが2人くらい 次の場所はカドバンだったような気がします 今場所『カイオウ』がカドバンですが 先場所の成績知らないので申し訳ないですが 父親とカドバンについて熱く語り合って結論が出ていなくてスッキリしてないのです そこで真相を知りたくなりまして 勝ち越してもカドバンって有り得るのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数148
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

多分あなたは若いので、Jリーグのように大関が多い場合は入れ換え戦みたいなシステムがあって、弱い大関は淘汰されるべきなのでは?という思いがあるように感じます。 もともと大相撲の最高位は大関で、横綱というのは綱を締めて土俵入りを行う力士のことを総称していました。 このあたりの薀蓄はご自分で調べてください。 ※初代西ノ海がカギ! また、以前は二場所連続負け越しで大関陥落ではなく三場所連続負け越しで大関陥落でした。 先場所の成績ですが  魁皇   3勝6敗6休  千代大海 4勝4敗7休 となり、現在開催中の春場所がカド番となります。 ご存知だと思いますが、負け越しというのは休場も含みます。つまり、 7連勝の後、休場し「7勝1不戦敗7休」も当然負け越しです。 勝ち越してもカド番は有り得ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私の勘違いで 負け越し後の次場所はカドバンで 勝ち越し後は有り得ないのですね ありがとうございました

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

さらに補足しましょう。 NO.2さんの回答に一箇所誤りがあります。 >>関脇以下は、一場所の負け越しで地位が下がります。 とありますが、7勝8敗の場合に東から西になり、実質は地位は同じ、というケースがあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます でも納得出来てないです

  • 回答No.2
  • tachiuo
  • ベストアンサー率32% (92/279)

 大関は、二場所連続負け越しで陥落です。すなわち、一場所の負け越しなら、大関の地位を保てます。なお、休場は負けとみなされます。勝ち越して角番ということは有り得ません。記憶違いかと思います。ひょっとしたら、角番という言葉の意味を勘違いされているのかもしれません。角番とは、その場所負け越したら大関陥落になる状態をいいます。「次の場所はカドバン」ではなく、次の場所で休場するなり負け越すなりして、次の次の場所が角番となったのかもしれません。  陥落した者は、翌場所で10勝以上挙げれば大関に戻れます。これを二回やったのが、栃東です。  関脇以下は、一場所の負け越しで地位が下がります。角番があるのは大関だけです。  なお、横綱は、休場しようが負け越そうが、地位は変わりません。しかし、横綱の責任が果たせなくなるので、あまりにも弱いと引退せざるを得なくなります。すなわち、後は引退だけ、という厳しい立場に置かれている地位でもあります。  No.1氏の回答に、若干不正確な所があります。張出も大関であることに変わりありません。張出は、番付を書く上での都合に過ぎず、地位を表わす語ではありません。なお、現在は張出はありません。番付の書き方が変わったからです。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

詳しい説明ありがとうございます カイオウと千代大海は先場所負け越しだったのでしょうか? すみません怠慢で。。。

  • 回答No.1

関脇にかど番はありません。 あるのは大関だけです。 >たしか大関が6人くらい居たかも >全員勝ち越ししたのですが2人くらい >次の場所はカドバンだったような気がします もしかしたら“張出”と勘違いなさっているのではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>もしかしたら“張出”と勘違いなさっているのではないでしょうか? 昔張出大関というのがありましたね でもやはりカドバンです 昨日の結果をニュースのスポーツコーナーで 確認したら カイオウと千代大海が今場所カドバンですね どちらも先場所負け越したということに なりますよね 確認もしなくて怠慢な質問すみません

関連するQ&A

  • 番付

    例えば高見盛についてですが、今場所は現在1勝8敗と負け越しが決定しました。今場所は前頭4枚目ですが、先場所は前頭7枚目で9勝6敗の成績を収めたことが評価されての番付だと思います。しかしながら、先場所は横綱・大関だけでなく関脇・小結との対戦も全くありません。一方、今場所は、先場所の好調さが評価されてのことだと思いますが、2横綱や大関琴欧州、それに大関取りのかかった琴光喜など上位力士との対戦が多くなっており、先場所よりも成績が極端に悪いのも当然かもしれません。 こういう場合、高見盛の番付は来場所はどのようになるのでしょうか。単に数字だけで考えれば、降格は必至と思われますが、対戦相手のレベルや相撲内容など数字以外の部分なども加味しての評価で番付がつくものなのでしょうか。 それと、高見盛の場合、今場所残り6番はどういう相手との対戦が予想されますか。そして、来場所の番付はどのくらいになると予想されますか。 独特の気合入れと、取組の結果で顔の表情が変わることで人気ですが、そういう注目度で興味があるのと、番付の決め方などよくわからないので詳しい方教えてください。

  • 次の大相撲で、優勝するのは?

    先場所は、琴光喜関が優勝しましたが、次の大相撲では誰が優勝すると思いますか? また皆さんが、今もっとも注目している力士は誰ですか? お相撲が好きな方、教えてください!

  • 相撲人気健在

    相撲協会の体質には問題多いが、相撲自体は今も間違いなく人気ある。野球やサッカーと違い、地域によるファン層にも気を使う必要ない。横綱をモンゴル勢が独占しているが機会均等の平等の上、勝ったから上に行っただけ。妙にナショナリズム論で相撲自体を貶すのは当たらない。今の日本人大関にも、欲をもって横綱を目指して欲しいと言うより、大関としての存在感は認めていい。また、遠藤、高安、妙義龍、勢、逸の城なんかも、本気で大関以上に上がるには高いハードルがありますが、一人一人魅力あります。先場所十両でブレイクした小兵力士、横綱大関の器には感じませんが、あのスタイルで前頭上位、小結関脇位でかき回せば凄く楽しくなりそうです。他に注目に値する力士、、色々知っている人、教えてください

  • 相撲の番付の作り方

    先場所、関脇の玉鷲と高安、玉鷲が東・高安が西でした。成績は玉鷲が8-7、高安が12-3だったと思います。今場所の番付を見たら、先場所と同じでした。高安のほうが、成績がよいのに、なぜ入れ替わらないのですか。番付の決め方の方法がわかればと思います。

  • 大相撲の番付・毎場所8勝7敗を続けるとどこまで昇格可能?

    大相撲の番付について他の力士の成績との兼ね合いもあるでしょうが 下記の件について教えて下さい。 A 十両の一番下の地位から毎場所ずっと8勝7敗の成績を続けていけば 幕内に上がることは出来るでしょうか。 B 前頭15枚目から毎場所ずっと8勝7敗の成績を続けていけば 大関は無理でしょうが関脇までは上がることが出来るでしょうか。 C 大関は2場所連続負け越しで関脇に陥落して陥落直後の場所で10勝以上すれば大関復帰出来ますが 極端な話で2場所連続0勝15敗でも関脇までしか陥落しなくて、直後の場所で10勝以上すれば大関復帰出来るのでしょうか。

  • 実際に大関互助会みたいのってあるんですか?

    カド番大関ががけっぷちになるとぎりぎり8勝7敗になりカド番脱出とかよくある。 先場所の照乃富士なども、負ける要素もないのに、簡単にはたきこまれて、落ちて 相手の力士はぎりぎりカド番脱出した。 あの力士があんなに簡単に落ちるかね、先々場所あたりも別のカド番大関が ギリギリ8勝7敗でカド番脱出もあったし。 実際に日本の大相撲は八百長が複数あったのが発覚して1場所中止、1場所放送中止なんてのもあったぐらいだし。 数年前の某大関など大関在位65場所のうち14回というカド番数 かど、そのカド番での場所はなぜか8勝や9勝で毎度ぎりぎり乗り越えていた。

  • 相撲の疑問点

    相撲を最近見ているのですが、不思議なことがあります。 1.呼び出しの人とか、ほうきで土俵を掃いている人などは、相撲をやっていない(場所以外)の時は何をやっているのでしょうか?彼らは部屋に所属してるのでしょうか?それとも相撲協会? 2.おなじく、相撲の国技館には「お茶屋」さんがいますが、相撲の場所中以外では、どこで商売をしているのでしょうか? 3.大関は現在4人いるし、過去には横綱も4人いる時代がありました。関脇と小結は3人以上いることはあるのでしょうか?

  • 日本人力士は一発屋ばかりですね

    こんにちは ここ最近、大相撲で連覇を果たす力士が出ませんね。 先場所優勝した正代も、休場となり、連覇は絶望的です・・・ 以前も連覇する力士はモンゴル出身の力士ばかりで、日本人力士で連覇を果たしたのは、稀勢の里関ぐらいでしょうか。 どうしてこうも、日本人力士は連覇が果たせないのでしょうか? たまに優勝しても、その後が続きません。 昔、日本人力士が連覇を果たしていたころが懐かしいです・・・

  • 美男力士

     大相撲史上「美男」と称された力士が数多く居ます(今は減ってしまいましたね)。  私が思い出すのは ○引退した力士 ☆元横綱 北の富士 ☆元横綱 千代の富士 ☆元大関 貴ノ花 ☆元大関 霧島 ☆元大関 若嶋津 ☆元小結 旭豊 ☆元関脇 琴ノ若 ☆元関脇 益荒雄 ☆元関脇 追風海 ☆元幕内 北勝鬨 ○現役力士  ☆大関 琴欧州 ☆大関 魁皇  ◎この中でも、私の贔屓はダントツで千代の富士です。そこで疑問ですが、彼は美男の割りには、あまりそう言われていない気がします。何故でしょうか?余りの強さに、美男である事は特筆すべきことではないからでしょうか?皆さんのご意見をお聞かせ下さい。  ◎皆さんが思う「美男力士」を教えて下さい。一般的にも、個人的にもOKです。  1つでも多くのご意見お待ちしています!

  • 大相撲の優勝の決め方

    大相撲で、昨日、旭天鵬が優勝しました。 規則により、勝ち星の一番多い力士を、優勝と決める、となっていると思います。 しかし、彼が実際に、今場所、最高の成績を残したのか、疑問が残ります。 横綱・大関との対戦数は次のとおりです。 旭天鵬は12勝3敗ですが、横綱・大関との対戦は、1人のみ。 栃煌山は12勝3敗で、対戦は3人 稀勢の里は11勝4敗で、全員(6人)。 私は、一応実力者である横綱・大関とある程度対戦した力士のなかで、勝ち星が一番多い力士が優勝となるのが、自然だと思います。 したがって、今場所は、勝ち星が1つ少ないが、全員と対戦した稀勢の里を優勝と薦めたい、と思います。 なぜこんなに不自然な優勝制度があるのでしょうか?