-PR-
解決済み

ニトロ多環芳香族炭化水素の毒性について

  • 困ってます
  • 質問No.20198
  • 閲覧数644
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

ニトロ多環芳香族炭化水素の毒性はダイオキシンより強いといわれていますが、具体的にどのような物質で、どんなときに発生するかを知りたいのですが。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 52% (143/270)

 多環芳香族炭化水素(PAHs:Polycyclic Aromatic Hydrocarbons)は、ものが不完全燃焼したときに発生する化学物質の総称で、強い発がん性を示すものや発がんを促進させるものなどが数多く報告されています。環境ホルモンと呼ばれるホルムアルデヒドやダイオキシンもこの部類に含まれます。このうち窒素化合物で毒性の強いジニトロピレン、ニトロピレンなどをニトロ多環芳香族炭化水素(NPAH)類と呼びます。主要な発生源は自動車とくにディーゼル車の排気ガスです。

 以上、ご参考になれば幸いです。--a_a
お礼コメント
noname#5457

ありがとうございます。
地球環境問題はこのごろ多いですね。
温暖化物質の二酸化炭素、一酸化二窒素等についても
生成原理、抑制対策等非常に興味あるところです。
また、質問掲示しますのでよろしくお願い致します。
投稿日時 - 2000-12-21 22:50:04
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ