• ベストアンサー
  • 困ってます

土地の等価交換による名義の一元化について

複数の共有名義の、土地の等価交換による名義の一元化を考えています。このとき基準となるのは路線価でしょうか?それとも固定資産税算出のための評価額でしょうか?また、実際に交換を行う場合、価格の差は何パーセント程度、等価交換として認められるのでしょうか。さらに、等価交換を行った場合に発生する費用は登録免許税のみでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1209
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#17334
noname#17334

相続で、共有名義の整理を等価交換でおこなった経験があります。 価格は、路線価でやるべきでなく、地元の業者に査定価格を出してもらって時価でやるべきです。 固定資産税評価額では全くダメです。ダメといっても当事者間がよければそれでいいのですが 差金が出る場合を考えて固定資産税評価額ではその精算などで正しい計算ができません。 交換は売却した場合の価格の差がいくらというのではなく、お互いが等価と認めていたら 譲渡益課税がなされないということです。 逆に、交換差金の授受があった場合はその差金の額が交換資産のどちらか高い価額の20%以内で あれば交換差金についてのみ課税されます。 相続の時など注意すべきは、代償分割といって代金を支払ったり金融資産の分割などで 差金とみなされるケースがあります。 もちろん、交換というのは譲渡益課税の軽減なので、取得価格が低いケースのみ考えればいいのですが よくよく調べてみると相続資産の場合取得費は被相続人のものを引き継ぎますから結構売却益がゼロ だったりします。この場合堂々と交換差金の授受を行えばいいです。 等価交換はそれほど判で押したようにぴったり合いません。譲渡益の有無を調べ差金で調整というのが 話をまとめやすくするコツです。 参考URL http://www.apolan.jp/smile/money/money_21.html >等価交換を行った場合に発生する費用は登録免許税のみでしょうか? 違います。不動産取得税、固定資産税・都市計画税(これは当然ですね)を払うことになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ていねいに教えてくださり、非常によくわかりました。交換差金が出るかで無いかで、双方納得いくかどうかがポイントですね。ありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

>等価交換による名義の一元化 交換される土地はどれとどれですか? 交換ですから土地は二つ無いといけませんね 共有名義の土地とここに書かれていない全く別の土地との交換でしょうか? http://www.financialacademy.jp/yougo_469.html 共有名義の土地を一人の持ち主にするだけ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません、補足が遅くなってしましました。 共有名義の土地が二つあって、それぞれを交換して名義を一人づつにしようとしています。場所は全くはなれています。

  • 回答No.1
noname#19073
noname#19073

>このとき基準となるのは路線価でしょうか?それとも固定資産税算出のための評価額でしょうか? 基本的にはどちらでもなく市場価格というか時価です。ただし、概ねの割合を掴むに当たって路線価等を参考にすることは良いと思います。 >価格の差は何パーセント程度、等価交換として認められるのでしょうか 譲渡所得の特例という観点から見れば差額が高い方の20%以内となっています。 >等価交換を行った場合に発生する費用は登録免許税のみでしょうか? 恐らく不動産取得税もかかります。その他司法書士や税理士などを絡ませるのでしたらその報酬等も発生します。 詳しくは税務署等に相談してみることをお薦めします。

参考URL:
http://www.taxanswer.nta.go.jp/3502.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。路線価を参考にしてみます。税務署に手続きなど自分でできるものか相談してみます。

関連するQ&A

  • 等価交換を利用した共有不動産の名義の整理について

    等価交換を利用した共有不動産の名義の整理について 3人姉兄弟(生計は別々)で2ヶ所の不動産A、B(ともに土地・家屋)を共有しています。将来の売却・相続を考えて不動産Aの名義を姉に一元化するため、不動産Aの兄弟2人の持分と不動産Bの姉の持分とを交換したいと思っています。このAとBの交換部分の価格を相続税評価額×持分で比較すると、土地についてはほぼ同じ(5%程度の差)です。家屋については両者に約2倍の開きがありますが、どちらも古い建物であり、金額的には土地の価格の7%以下に過ぎません。このような場合、 1.土地の等価交換は可能か 2.家屋は別個に売買となるかと思うが、土地の等価交換に伴う交換差金とみなして、売買の差額についてのみが譲渡所得として課税されるのか 3.どこに相談して、どのように話を進めればよいのか をお伺いさせていただきたく、よろしくお願いいたします。

  • 土地と土地の 等価交換について

    よくある自分の土地を提供し、マンションを建築しその一部を得る、というのとは、ちょっと違います。 同じ性質の不動産どうしを交換するなら、税法上の等価交換の対象となると聞いてます。 そこで、私が埼玉県に所有している150坪ほどの住宅地の更地があります。これと東京都区部の住宅地の土地(更地)と交換したいのですが、 1.税法上の等価交換の対象となると考えてよろしいでしょうか? 2.自分で東京の土地をその所有者まで探して交渉するのは現実的ではありませんので、業者に頼みたいと思います。この場合、やはり情報を沢山持っている規模の大きい不動産やに依頼することが妥当でしょうか? それとも、そんな面倒なことは引き受けてくれないでしょうか? 3.「等価」の換算は路線価での評価をして、東京の土地の面積を計算することでよろしいでしょうか? 多分、場所にもよりますが、100坪くらいになると考えます。 レアケースかもしれませんが、お知恵を拝借お願いします。

  • 土地の等価交換について

    私と弟で 1,300万円の土地に差金250万円を付して1,550万円の土地と等価交換を図っています。 差金の額から譲渡所得税を計算すると48万円ほど掛かります。 次のことどもが疑問ですので、お教え下さい。 住宅メーカーの税理士に聞きに行ったところ、20%以内の差であれば、当事者同士が納得すれば、差金の支払いなど必要ない(したがって譲渡所得税も収める必要がない)と言い切りました。 これは正解でしょうか??? そもそも、私が税務署に聞きに行ったときには、「土地同士の価をどう決めるかは、税務署はノータッチです」というので、「それでは全く話がすすまないので、私は、第三者も納得できるもののひとつとして、路線化から価格を算出します」と言いましたら、係官は良いとも悪いとも言わず、ただ頷いていました。 それを、「売買は双方の話し合いで決めるもので、その価格で良いです・悪いですとは税務署はよう言いません」という言葉を拡大解釈すれば、どんな場合でも差金など発生しないという理屈になりますし、差額が20%以内でなければならないという、その差額の計算も出来ないことになってしまいます。 税務署は税を集めるのが仕事でしょう、それでは48万円の税収を逃してしまうことになります。ことに兄弟間の等価交換ならば、いっそうその価格の決め方に厳しい目が注がれるのではないでしょうか。 このお問い合わせ文で気のついたことなどもお教え下さい。

  • 土地の等価交換の価を固定資産税評価額でしてもOK?

    私と弟でA地とB地を等価交換したいと考えています。 しかし、土地だけでは全く等価というわけに行かないので、差額を現金で決済したいと思います。 しかしA地とB地を路線価で算出した価で比べると現金で清算すべき金額が大きくなり、固定資産税評価額で比べるとずっと少ない金額になります。 私も弟もお金もないことですので、計算の基準を固定資産税評価額で比較して、少ない差額での清算を行いたいと思っています。 双方が了解していれば、価は固定資産税評価額を基準にして等価交換をしてもよろしいのでしょうか? ちなみに路線価では      A地:310万 B地:250万     固定資産税評価額では A地:280万 B地:240万   そんな感じです。

  • 農地の等価交換は出来ますか?

    現在、兄と私で1/2づつ共有している土地A(市街化調整区域農地)を持っています。相続で取得しました。今度、母がなくなり、相続財産に農地Bがあります。その農地Bを私が相続し、兄名義の土地Aと等価交換は出来ますか?。 目的は、現在の共有している土地Aを、全部私名義にしたいと思っています。

  • 等価交換について

    東京在住のものです。 岡山に店舗兼住居付きの土地があります。3500万前後の評価額です。 この土地活用を考え、融資申請をしましたが通らず、また大手住宅メーカー数社に等価交換方式で賃貸住宅を建てるための見積もり依頼をしましたが、物件の立地上無理とのことで断られました。 岡山にあるこの土地と等価のマンションに変えたくおもっています。 物々交換をしてくださる業者やこの手のご相談ができる先をお教えいただきたく。よろしくお願いいたします。

  • 土地の等価交換に就いて

    家族4人(父、母、妹、自分)で複数の土地を共有していますが、父も高齢になり相続対策を考えています。自分が済んでいる土地の20%が妹の保有となっていますが、妹の住んでいる土地には自分の権利はありません。少なくとも自分が住んでいる土地は自分名義に変えたいのですが、a)妹が保有する自分が住んでいる土地の20%とb)4人共有の別の土地(借地になっている)の自分保有分、との等価交換は可能でしょうか?同じ質問を言い方を変えてしますが、このホームズ君のHPでは、交換の条件として土地の用途が同じとなっていましたが、私用地と借地或いは賃貸用アパートが建っている土地とでも交換は可能でしょうか?

  • 土地の等価交換についての質問です。

    ある理由でAさんの土地とわたしの土地を等価交換契約し登記の移転もしました。等価交換なので現金の授受は一切ありません。今年に入って、 1.譲渡税の請求 2.普段は来ない確定申告用紙の送付 がありました。(1.は、理由は何にせよ譲渡が成立しているので払う必要があるのかなあと思ってます。) 土地の権利が行き来しただけで、お金の移動は一切ないのですが、何か確定申告しなくてはいけないのでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 土地の等価交換のトラブル

     私が等価交換前所有していた土地(市街化区域)と等価交換前相手が所有していた土地(調整区域)を現在等価交換で交換してしまいました。交換した土地の面積はほぼ同じ大きさです。個人同士による等価交換で、交換後約3年が過ぎています。近所のよく知っている、建築士の資格も持っている人なので信用してしまいました。  交換前、相手の土地(調整区域)だと知らずに交換してしまいました。契約書も、私の土地と相手の土地を平成17年○月○日までに交換するとの内容しか明記されていません。  調整区域だと知ったのは、数日前のことです。知りえた時の翌日、交換した相手に調整区域だから市街化みたいに家が建たないとの事を伝えたら、既存宅地だから建つので証明書を市役所に取りに行きなさいと言われました。その足で市役所に向かい私がよくよく調べると平成13年以降は法律が改正されて建てる事は難しいとの事です。(市街化区域の条件では不可能)当時交換の話が出たときに、相手から「家がちゃんと建つので大丈夫ですよ。」と言われ、鵜呑みにしてしまった次第です。  先日現在の登記簿謄本を取ってきて見たら、もともと私が所有していた(市街化区域)の土地は相手が所有していますが、第三者が共有名義で登記されています。  ここで、高い確率で土地が戻ってこないのは分かるのですが、私の中で騙されたとの思いが強く残っています。  このまま泣き寝入りになってしまうのでしょうか?出来れば多少なりともよい方法で差額のお金等を相手に請求できるものでしょうか? どなたか分かる方居られましたら、ご教授の程よろしくお願い申し上げます。

  • 等価交換について教えて下さい

     自分が所有している土地にアパート・マンションを建てようとする場合に、「等価交換が良い」と教わったのですが、細かい点で調べてもイマイチわからない事があります。  例えば土地を提供して、建物の出資比率が不動産6:自分4だった場合に、  (1)毎月の総家賃収入から4割貰えるのでしょうか?  (2)例えば修繕である部屋のユニットバスを交換した場合、その修繕費の4割をこちらが負担すればよいのでしょうか?  (3)建物の固定資産税も4割負担でいいのでしょうか?  (4)最終的に(何十年後)建物を取り壊すときになったら、その解体日も4割負担?  あとは、主にデメリットを教えていただきたいのですが。宜しくお願い申し上げます。