• 締切済み
  • すぐに回答を!

借地権付譲渡、即建替の場合の建物登記は必要?

朽廃に近い状態の古家がある借地権を購入予定です。 現借地人から借地権付建物譲渡を受け、地主さんと土地賃貸借契約締結後、即時に古家を取り壊して建て替える予定です。 この場合、建物の移転登記は必要でしょうか? 少し詳しい知人には「そんなの登記費用のムダだよ」といわれてしまいました。 現借地人と地主は、借地契約に関して係争関係にあった時期もあるとのことで少々心配なのです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数819
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.3
noname#17334
noname#17334

>ところで、移転登記は一般人でできるものなんでしょうか?それとも、行政書士等に任せるべきものなのでしょうか? 登記の業務は、行政書士(代書屋)でなく司法書士です。 所有権移転登記の手続きには、売買契約書あるいは譲渡証明書等必要書類を持って法務局にいきます。 所有権移転登記の場合、売主と買主が同行して一緒に登記をしないといけない決まりになって います。それを委任できるのは司法書士に限ります。 ですから売主に協力してもらえればやってやれないことはないです。 司法書士の代金ですが、登録免許税(登記費用)を除き 移転登記 課税標準価格が500万円までなら 13,060円以上16,260円以下 手続き報酬 1件 4,900円 抹消登記 9,460円以上 12,090円以下 手続き報酬 1件 4,900円 です。 http://ace.wisnet.ne.jp/wada/binran/housyuu/shihoushoshi-housyuu.htm 参照 ただし、建物抹消登記は所有権者が一人でも行えます。委任状で一般人が代理で行えるかどうか は法務局に電話して聞いてください。登録免許税額も教えてくれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご丁寧にありがとうございます! 現借地人から委任状をもらって建物抹消登記する方向で話を進めたいと思います。 それでも、土地の価格との対比等考慮すると、司法書士に依頼したほうがよさそうですね。 大変参考になりました。

関連するQ&A

  • 借地権の名義人は、登記の所有者と同一人物?

    父が亡くなりました。父の住んでいた自宅は借地権のついた土地で、 父が建物の登記上の名義人であり、かつ地主との賃貸借契約の名義人でした。 父の死後、母と長男である私と妹の3人が相続人となるのですが、 借地権を誰が相続するか全員悩んでいます。 法定相続で母50%、私と妹で25%づつにしようかと思うのですが、そうなると借地権もその割合で3名で相続することになります。 たとえば、この場合、登記上の所有者移転を母と私と妹の3名にし、地主との土地賃貸借契約の名義人をわたし1人にすることは可能なのでしょうか? それとも、建物の登記上の名義人と、借地権の土地賃貸借契約の名義人が同じ人物でないといけないのでしょうか? 地代の支払いなどの面で、地主との契約は私一人が名義人となった方がいいと判断したからです。 よろしくお願いします。

  • 借地借家法では建物が滅失(朽廃を含む)した場合、借地権は残るのですか

    建物は戦前建てたもので旧借地法適用でしたが、旧地主は死亡して、土地も税金対策で物納したので、名義も変り、借地契約もH14年に新地主と新規契約を締結した のですが、建物が古いので、再築したいと思いますが、旧借地法では建物が朽廃した場合借地権も無くなる、と聞いていますが、新借地借家法では、建物の滅失 朽廃による借地権の存否はどのような、扱いになっているのでしょうか。

  • 旧借地権の建て替え拒否について

    地主をしています。旧借地権の交渉で悩んでいるのですが 相談にのっていただけないでしょうか。 昭和2年から土地を貸しています。(約90年間) 先方は家を建てて、現在も娘夫婦が相続して居住中です。 大昔ですので契約書はなく、特に取り決めなどもありません。 先日、先方から借地権付き建物を売却したいと連絡が有り 交渉に入っているのですが、提示金額が高すぎて折り合いがつきません。 旧借地権では「朽廃、滅失すれば権利は消失する」と理解しています。 買取を避けて朽廃していくのをひたすら待つのも一つの選択肢だと 考えているのですが、もし、先方が地主の許可なしに建物を建て替える権利があれば この選択肢は無効となってします。 原則、建て替えは地主の許可なしには出来ません。 しかし、「借地人が裁判所に訴え出れば地主に代わって許可を出す」 という回答を他方でよくお見受けします。 当方のような事例でも、裁判所は無条件に建て替え許可を出すものでしょうか? 先方から建物を買い取らない限り、権利は戻ってこないと考えるべきでしょうか?

  • 回答No.2
noname#17334
noname#17334

>朽廃に近い状態の古家がある借地権を購入予定です。 借地権といっても賃借権と地上権にわかれます。普通は賃借権です。 賃借権は、債権ですから登記できないので、建物所有権を変わりに登記し第三者に対抗できるようにします。 賃借権は勝手に譲渡できません。一応地主に承認を得ないといけません。地主は承認しない場合は 借地権を自分で買い取らなくてはいけません。普通は承認します。 >現借地人から借地権付建物譲渡を受け、地主さんと土地賃貸借契約締結後、 >即時に古家を取り壊して建て替える予定です。 正確には、借地権譲渡の地主の承認、借地権付き建物譲渡契約、地主との借地契約(旧法) 旧家屋の取り壊し、の手順です。 おそらく不安に思われるのは、旧登記のまま建物が解体されると、建替えをあきらめて旧借地権者が自主的に借地権の更新を放棄した と地主に主張された場合のことでしょうが、これは質問者様と地主の借地関係を示す契約書があれば大丈夫な気がします。 借地に建替え承認まで付記されれていればなおいいです。更地にして速やかに着工されることが前提です。 強いていえば、旧法の借地権の継承なのか新たに借地を契約したのかというトラブルも考えられなくはないです。 御存知のように、旧借地法と新法ではあきらかに旧法が有利。せっかくの旧法を新法と主張されたら困ります。 旧借地権の継承であることを明白に示すには、旧建物の所有権移転が登記されていたら十分であるといえます。 とはいえ、借地権の譲与は契約書で明らかであり旧法借地権の移転を地主が新法で契約し直せという主張は無効です。 もうひとつは、地主が更地と偽って土地を売ってしまうことですが、これも速やかに建築がはじまれば考えにくい。 ヤクザ屋さんが買い取ってワシの土地じゃ。なにさらすねん と怒鳴り込んでも、この場合、旧建物の登記は建物がないだけに対抗要件になりません。借地契約書をみせて争うしかないです。 >少し詳しい知人には「そんなの登記費用のムダだよ」といわれてしまいました。 借地契約を地主と文書で交わすのなら確かにそうでしょう。 >現借地人と地主は、借地契約に関して係争関係にあった時期もあるとのことで少々心配なのです。 売買には仲介業者が入るのですよね。契約書の文面をしっかり旧借地法に準拠したものにしておくことです。 それと係争の内容とそれがどうやって解決したのか聞いておくことです。 地代の滞納なのか、地代の額なのか、そもそも借地関係の有無についての話なのか。 身内の使用貸借から代がかわったり、家屋だけ転売されて法定借地権が発生しているようなケースも中には あります。親の土地に建てた「使用貸借」の家屋でも登記は可能です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細なご回答をありがとうございます。 言葉足らずでしたが、土地賃貸借契約は改めて締結し直し、契約書文中に「旧借地人からの借地権譲渡により本契約を締結する」との一文を入れております。それを以って旧法に基づく契約が明白だと説明を受けています。 また、土地賃貸借契約に際し、建物建替え承諾を書面でいただくこととなっております。建物の所有権移転登記が借地権を補完するものだとすれば、わざわざ古家の登記はムダかなと思っていたのですが、念を入れるなら移転登記したほうが良いということなんでしょうね。 借地人は知人であり、相談している不動産業者はいますが、正式な仲介業者は入れない予定です。地主さん側は代理人として不動産業者が入っています。 ところで、移転登記は一般人でできるものなんでしょうか?それとも、行政書士等に任せるべきものなのでしょうか?御礼が質問になってしまいましたが、宜しければお教えください。

  • 回答No.1

建物を即建替であれば、言われるように無駄な費用ですね。 しかし、新築建物を登記するのであれば、滅失登記を申請する必要があります。 その申請人に前の所有者の名前を借りることになります、それを了解してもらえば移転登記費用が不要となります。 その建物の評価額を見ないとわかりませんが、多分払っても免許税は知れてますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 所有権移転登記したとしても、建物取り壊し後新しい建物を保存登記するまでは、借地権の根拠は土地賃貸借契約書だけということですね。 では、掛かる費用の多寡により判断したいと思います。 ・・と考えてもいいんですよね?

関連するQ&A

  • 借地権の名義人の死後の名義人は?

    先日、父が亡くなりました。父は借地権の付いた土地に家を建てて住んでいました。 すでに母が亡くなっているため、その家にはもう誰もいなくなりました。 私は息子ですが、別の場所に住んでおり、今更その借地権の土地を利用することもありません。 近々、地主に連絡して、借地権を誰かに売るか、返還するなどの方向ですすめて行こうと思っています。 そこで質問です。 借地権については、もう手放すために動きはじめているところなのですが、、建物の登記の名義人や地主との賃貸借契約の名義人は父のままです。 これは、もう土地を手放すことにしていても、わたしに名義変更する必要があるのでしょうか? 登記の名義人変更や、地主への契約の名義変更をするには名義変更料がかかると思うのですが、 「残務整理」をしているだけなのに、これらの費用がかかるのは納得いきません。 それでも、わたしが借地権を売る手続きをしている間は、わたしが所有者、名義人ということになるのでしょうか? そのように登記や契約書を変更しないといけないのでしょうか?

  • 家の建物は借地権があるかどうか

    お父さんは40年前に買った建物なのでお父さんが15年前になくなりました。主人がこの建物を継承しました。数年前に地主は変わって、最近新地主がこの建物に借地権がないと言われてとても困っています。お父さん生前いろいろな書類もなくして証明できるものが見つけられなかった。また、この建物はすでに登記があり、今まで供託金も払っています、我が家も通常に住んでいます。 借地借家法にの第10条(借地権の対抗力等) "借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が登記されている建物を所有するときは、これをもって第三者に対抗することができる。”により、我が家は借地権があることで証明できるでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 火事で半壊した建物付き借地権の譲渡

     火事で半壊した建物付き借地権を、地主と売却代金を折半という条件で、第3者に6,000万円で売却(譲渡)しました。ただし、地主との契約で建物を除却し更地にしてから売却しました。建物の取得価額は3000万円、除却費用は300万円です。  地主には毎月地代10万円を支払っていました(使用期間10年で1200万円支払い済み)。また2年に一度土地使用承諾料として50万円を支払っていました(使用期間10年で250万円支払い済み)。地主との契約書は土地賃貸借契約書しかありません(借地権については何も書いてありません)。  今回借地権の譲渡により確定申告をする予定なのですが、  この場合、 (1)借地権の取得価額の計算式はどうなりますか? (2)更地にするための費用は譲渡にかかる取得費用として計上可能ですか? (3)建物を建築しないと借地権が発生しなかったことを考えると、更地にする前の建物の取得価額は借地権の取得費用として計上可能ですか? (4)最終的に税金はいくらぐらいになるでしょうか(他に収入はありません)?

  • 借地権は誰にありますか?

    借地に住む妻と結婚し、借地で義父らと同居していました。義父が亡くなるのと契約更新時期がほぼ重なり私は地主に更新料を払い新居の建築を認めてもらいました。建物は私名義で登記しております。借地権自体の登記はありません。 借地権は相続の対象であることはわかります。本来なら妻が義父から相続するものと思いますがこの場合は借地権は私にあると判断していいのでしょうか?そうであるならば妻の借地権はどうなったのでしょうか? 私なりに考えると「義父が持っていた借地権は、私から地主に更新料を払うタイミングで私に移転した。よって妻には借地権は相続されていない」と思えます。 如何でしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 借地権の買い取りについて教えてください。

    私の父の代から土地を貸していました。借地人Aさんは昭和61年に住宅を建て、父は年間固定資産税の3倍程度の地代をもらっていました。契約書は無く口約束でした その後、平成5年に不動産業者を仲介にして30年の不動産賃貸借契約書を作成しました。借地権の権利金などは貰っていません。土地価格は約1千万円です。 借地人Aさんは最近になり、引っ越すので建物を賃貸にしたいと言ってきました。 賃貸にするくらいなら、地主の私としては建物を買い取りたいと伝えたところ、「建物価格250万、借地権600万」と言われ驚いています。 昭和61年から受け取った地代は合計で400万なのに、そこから固定資産税も払っているのに借地権600万とは納得がいきません。 私の選択として、30年の賃貸借契約を満了まで継続するつもりでいますが、平成35年に借地権を買い取る必要があるのでしょうか?

  • 借地上の建物の滅失登記について

    父の相続を経て現在母・姉・自分の共同名義で登記されている借地上の 建物を解体しこれから滅失登記をする予定です。 (1)登記簿をみたら信用金庫の根抵当が設定してありました。祖父の時代のもので債務はありませんが、信用金庫からの書類も当然必要でしょうか? (2)滅失登記により旧借地権は消滅すると考えてよろしいでしょうか?  地主とは新築のために新たな賃貸借契約を締結しました。実勢価格の  1%弱の承諾・更新料を支払い、期間は旧契約の残存期間6年とあわ せ36年、賃貸人名義は母・私・夫です。新築建物も負担割合に応じ 母・私・夫の共有名義とする予定です。 (3)新借地権者は母・私・夫と考えてよろしいでしょうか?贈与等を指摘されるリスクはないでしょうか?

  • 借地権に記載されている普通建物について

    先日も借地権について質問をさせていただきました 今回は借地権の契約書に記載されている内容についてです 今借地に住んでいて近々今住んでいるところで事業を始めたいと思っています 当方の契約書には 普通建物 と記載をされているのですが 普通建物の場合下が工場になっている建物でも事業を始めることはできないのでしょうか? 地主が言うには 普通建物だから 事業用に契約をしなおさなくてはいけないというのです そうなると契約料など色々かかるようになり大変なので・・・ ご存知の方がいましたら教えてください

  • 借地権の保護について

    旧借地権者はどこまで保護されるものでしょうか?  借地上の建物が老朽化していることを理由に地主が契約解除を求め、買取り拒否や、譲渡・改築を承諾しない場合、裁判所が地主に代って許可を与えるとあります。この場合、借地人の居住用ならば理解できるのですが、アパートなどの収益物件の場合も同様に保護されるのでしょうか?  借地権は地上権とは異なり、建物を有効利用するためのもの付随的なものであるならば、その建物が朽廃し、全く利用されていないにも拘わらず裁判所が代わって譲渡、再建築などの許可を出すことがあるのでしょうか? これが認められれば、契約の条項など無意味なものになってしまいますが...。

  • 借地権付建物を競売で購入

    借地権付建物を競売で購入しました。 借地権者との問題は大体解決し、ホッとしていましたが、 裁判所の三点セットでは、保証金は「なし」との記載でした。 それで、入札に臨んだのでした。入札前に地主と話ましたが、 保証金は必要とも言われず、以前の建物所有者が新築した際に保証金を 預っていた、と建物の移転登記が終わってから言われました。 その方との契約書はないそうです。 当方にも同額の保証金を預けるように希望されています。 裁判所の調査官にも話さず、今になってこのような条件を提示されても 困っています。定期借地権ではなく、普通借地権で、期間は30年 になるはずです。更新も可能かと思います。 借地を返還する際にも取り壊しの義務もありませんので、多額な 保証金は必要ないかと思うのです。 借地借家法を理解していないと思われる発言が他にも多々あり、困っています。

  • 借地権の上の建物の登記はない・・・

    お世話になります!我が家の斜め前の家(地籍10坪)をいずれ買い取りたいのですが・・・現在その土地10坪には築20年以上の家があり居住者がいます。住人から土地は借地権だ・・・とは以前聞いたのですが自分で調べたところ(謄本を取った)土地はやはり借地権で昭和17年の登記で別の人間のものでした。ですが建物は登記されていませんでした。素人質問で申し訳ないのですが建物が登記されていない理由として挙げられるのはどういう事ですか?またその土地を居住者に分からないように(?)手に入れる方法は何かありますか?借地権の所有者に直接聞くのもトラブルになりそうですし。何かアドバイスがありましたら教えて下さいませ。