• 締切済み
  • 困ってます

借地上の建物の滅失登記について

父の相続を経て現在母・姉・自分の共同名義で登記されている借地上の 建物を解体しこれから滅失登記をする予定です。 (1)登記簿をみたら信用金庫の根抵当が設定してありました。祖父の時代のもので債務はありませんが、信用金庫からの書類も当然必要でしょうか? (2)滅失登記により旧借地権は消滅すると考えてよろしいでしょうか?  地主とは新築のために新たな賃貸借契約を締結しました。実勢価格の  1%弱の承諾・更新料を支払い、期間は旧契約の残存期間6年とあわ せ36年、賃貸人名義は母・私・夫です。新築建物も負担割合に応じ 母・私・夫の共有名義とする予定です。 (3)新借地権者は母・私・夫と考えてよろしいでしょうか?贈与等を指摘されるリスクはないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1103
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

従来の借地契約を解除し、 前の残存期間を加えて36年で新たに契約したということでしょうか。 授受した金額が更新・承諾料ということなので、 新たな契約か、借地権の部分的な譲渡なのか微妙な気がします。 前の契約は合意解約で、更新・承諾料は新たな契約の権利金であると考えれば、 特段の問題はないでしょうが、そのような解釈ができるかどうかは自信がありません。 一度契約書を持って、司法書士・税理士に確認に行かれたほうが良いと思います。 http://www.shakuchiken.com/about/about01.html#about01_4

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 やっぱり微妙ですよね。アドバイスどおり確認します。

関連するQ&A

  • 現在相続中の建物と借地権、と同一建物の滅失、再建におけるその後に於ける名義の関係

    現在亡父の遺産として木造建物平屋一棟(S14頃建築?戦後購入28坪借地34.5坪)旧地主死亡、物納して現地主は財務省関東財務局(H14借地契約締結) 質問は次の通り  (1)建物、借地権の相続人は、私も含めて6人(私は現在その家に居住中)     仮に、家が滅失寸前なので、地主に了解の上、前建物を壊し新築したなら    ば、新建物と借地権の名義は誰なのか(一説によると旧建物は滅失した場    合、その建物の登記、借地権は無効になるので、新建物と新借地権の名義    は新建て主になる)と聞いています。  (2)そうなると旧相続権を巡って争いが起きると思いますが?

  • 借地借家法では建物が滅失(朽廃を含む)した場合、借地権は残るのですか

    建物は戦前建てたもので旧借地法適用でしたが、旧地主は死亡して、土地も税金対策で物納したので、名義も変り、借地契約もH14年に新地主と新規契約を締結した のですが、建物が古いので、再築したいと思いますが、旧借地法では建物が朽廃した場合借地権も無くなる、と聞いていますが、新借地借家法では、建物の滅失 朽廃による借地権の存否はどのような、扱いになっているのでしょうか。

  • 借地借家法第8条他「更新後の建物滅失」について

    借地借家法第8条では、「更新後に建物が滅失したら、借地権者は借地権の消滅を一方的に申し出ることができ、申入れ後3ヶ月経過すると借地権は消滅する。」となっています。参考書によると「最初の存続期間中に建物が滅失しても、この申入れができないことになっている。最初の30年分の地代は、借地権設定者としても当てにしているから。」と書かれています。これは借地契約が解約できずに、残存期間の地代を払わなければならないということでしょうか?また特約で借地権者に有利な様に解約を認める定めは有効でしょうか?

  • 回答No.1

(1)信用金庫の根抵当。信用金庫からの書類も必要か?  きちんとやるのなら抹消登記が必要です。  http://homepage3.nifty.com/to-ki/sub1.html  但し、建物の滅失登記をしてしまえばそれについている抵当権も消えてしまうので  まず大丈夫です。(まれに抵当権者に照会する法務局もありますが)  http://okwave.jp/qa3797644.html (2)滅失登記により旧借地権は消滅するのか。  借地上の建物が滅失しても借地権は残存期間存続しますが、  滅失後に転売や二重賃貸された第三者には借地権を対抗することができないため、  借地権者は、その建物を特定するための事項、滅失があった日、建物を新たに築造する旨を  土地の見やすい場所に掲示することで暫定的に効力を有します。  また、建物の滅失があった日から2年以内に新築し建物登記をすることが必要です。  http://www.oj-net.co.jp/law/archives/1995/10/post_29.html (3)新借地権者は母・私・夫と考えてよいか?贈与等を指摘されるリスクは?  借地人が死亡した場合、借地権を相続財産として遺産分割協議で相続人を決め、  きちんと申告していれば問題ないです。(法定相続でも可)  http://www.souzoku-touki.net/question_005.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご丁寧な回答ありがとうございます。 (1)大変参考になりました。 (2)(3)は私の文章がわかりずらくて申し訳ありません。 旧借地権持分(=旧建物の登記)は 母2/3 姉1/6 自分1/6 ですが これが無効となって、新建物を 母2/10 自分1/10 夫7/10 の共同登記とするとこれが新借地権持分となるのかなということと、 持分が変わるので借地権の贈与にならないかなということなんです。 姉はゼロになりますし、どうなんでしょうか?

関連するQ&A

  • 建物登記

    建物登記について質問です。 現在の建物が未登記(古い建物登記のまま)なので建築費を払った親名義で登記を予定しています。 古い建物は祖母名義で登記してありました。 そして、土地は借地で、なくなった祖父が昔契約しました。その後、30年以上たってますが、更新などの話し合いはなくアバウトな感じで年末にお金を納め領収書をもらうといった形です。地主との関係は良好です。 こういった場合、まず、親名義で登記するにあたり贈与などの問題が発生するのでしょうか?また、借地権の問題も発生するのでしょうか? お詳しい方、ご教授ねがいますm(__)m ※借地権の登記はしていません。古い建物登記だけです。 また、登記は自分で行う予定です。

  • 借家人による借地権の登記

     通常、借家人は建物の賃借権を有するのみで、賃貸人が借地権を保持していると思いますが、敢えて借家人が借地権を取得して登記することは可能でしょうか?  区分建物の賃借人が、敷地権の賃借権を取得して登記できると聞いたものですから。  借家人が借地権を取得することができれば、その地位はすこぶる安泰ですね。

  • 借地権の名義人は、登記の所有者と同一人物?

    父が亡くなりました。父の住んでいた自宅は借地権のついた土地で、 父が建物の登記上の名義人であり、かつ地主との賃貸借契約の名義人でした。 父の死後、母と長男である私と妹の3人が相続人となるのですが、 借地権を誰が相続するか全員悩んでいます。 法定相続で母50%、私と妹で25%づつにしようかと思うのですが、そうなると借地権もその割合で3名で相続することになります。 たとえば、この場合、登記上の所有者移転を母と私と妹の3名にし、地主との土地賃貸借契約の名義人をわたし1人にすることは可能なのでしょうか? それとも、建物の登記上の名義人と、借地権の土地賃貸借契約の名義人が同じ人物でないといけないのでしょうか? 地代の支払いなどの面で、地主との契約は私一人が名義人となった方がいいと判断したからです。 よろしくお願いします。

  • 借地人名義の建物と借地名義が違う借地権の対抗力

    借地名義人と建物の登記名義人とが違う場合には、地主が売買などで 交代した場合に借地権を対抗できず、建物を収去を免れないのですが、 この場合新しい地主は借地人からの地代の受領を一度でもしてしまった ら借地権を認めたことになり、後から借地権を否定することは難しい のでしょうか?。

  • 建物の滅失登記について

    友人の父(昨年10月死亡)の所有住宅(登記済み・抵当権等なし・土地は他人名義)を取壊す予定をしていますが、本来は相続登記の上、建物の滅失登記のしなければならないのでしょうか。取り壊してそのままにしておいてよいものか。父の名で建物の滅失登記を申請してよいものか。いずれも時間と経費のかからない方法で将来に問題のないようにしたいのですが、ご教示ください。

  • 借地権の上の建物の登記はない・・・

    お世話になります!我が家の斜め前の家(地籍10坪)をいずれ買い取りたいのですが・・・現在その土地10坪には築20年以上の家があり居住者がいます。住人から土地は借地権だ・・・とは以前聞いたのですが自分で調べたところ(謄本を取った)土地はやはり借地権で昭和17年の登記で別の人間のものでした。ですが建物は登記されていませんでした。素人質問で申し訳ないのですが建物が登記されていない理由として挙げられるのはどういう事ですか?またその土地を居住者に分からないように(?)手に入れる方法は何かありますか?借地権の所有者に直接聞くのもトラブルになりそうですし。何かアドバイスがありましたら教えて下さいませ。

  • 借地上建物の買取

    東京23区内で敷地20坪の土地を貸しています。 そこに築40年の木造2階建の戸建を所有されている借地権者と近々20年の契約が満了となり、双方合意の上借地契約を解約する予定です。 通常なら借地権買取の話が出るところですが、買取請求は先方から出ておりません。ついては建物のみ買い取り契約を終わらせる予定です。 さて、本題ですが Q建物の時価はどうやって算出したらよいのか。 Q借地上の建物を借地権設定者が買い取った場合にかかる税金等。 Q建物の賃借人に対して新貸主となれるのか。 Q建物を時価で買い取る場合、売買契約書は必要か否か。 Qその場合、不動産屋を仲介させたほうが良いか否か。 Qその場合、仲介手数料は支払うか否か。 Q土地は当方名義で登記されていて建物は未登記なのですが、当方名義の登記ができるのか否か。

  • 未登記建物の借地権

    親戚の叔母さんが40年土地を借りて建物は叔母が建てて住んでいます。建物は未登記ですが毎年相応の地代を払い、固定資産税も叔母の名義で払っています。この場合、未登記建物でも借地権はあるのでしょうか?

  • 借地権について

    離婚による財産分与に伴い、共有名義だった借地権付きの住居を譲り受けます。(ローンも含めてですが、、、) その手続きですが、建物に関しては登記しますが、借地権に関しては、土地の貸主さんと契約しなおす必要があるのでしょうか?借地権も連名で契約してあります。 そのことに関して、一度貸主の大家さんに相談しましたが、高齢で入院がちなこともあり、手続きすることに難色を示しています。 借地権のある土地のうえに建物を登記すればその借地権は私のものになるのでしょうか?それともやはり借地契約もやりなおさないと、法的には共有名義の借地権との解釈されてしまうのでしょうか?もし借地契約をやりなおすとしたら一般的にどのくらい費用はかかるものでしょうか?専門知識がないし、借地権について詳しい人がいないので困っております。どうかよろしくお願いします。

  • 建物の滅失登記

    亡くなった父名義の土地に父名義の建物を解体し、私の主人名義の建物を建築することは出来るでしょうか?滅失登記というものをしなければならないと ハウスメーカーから言われましたが、壊す建物も 名義変更しなければならないでしょうか? 土地に関しては、娘である私の名義に変更しようと考えています。