• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

都会における法要

田舎に住む者です。 先般、祖父が亡くなり、通夜・葬儀から四十九日まで、七日ごとに法要が行われました。 通夜は実家、葬儀はお寺、初七日~六七日(35日目)までの法要は実家、四十九日の法要はお寺で行われました。 葬儀や四十九日の時には、実家には大勢の親類縁者が集い、宴が持たれましたが、初七日~六七日(42日目)までの法要の時も人が集まりました。 さて、会社(実家よりは都会にある)の同僚の身内がなくなった場合、よく「斎場」を利用されるようなのです。田舎と違い、家が狭いとか、付き合いの深いお寺が近くにないとか理由はあると思いますが、「法要」は何処で行うのでしょうか? それとも、このご時世ですから、実際には(宗教・宗派にもよるのでしょうが)何も行わないのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • chs
  • お礼率64% (33/51)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数834
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Rikos
  • ベストアンサー率50% (5405/10617)

#1のRikosです。 >「初七日をお葬式のときに斎場で行う」というのは・・・ お葬式を終え出棺し、火葬場へは身内のみで向かいます。( 故人を火葬場まで見送りたい人は、一緒に行く場合もあります) お骨拾いまでの間に精進料理を斎場で振る舞い、もう一度火葬場へ行き、お骨を拾います。 斎場に戻ると法要用の小部屋が用意されていて、そこで初七日の法要を行います。 >「はいここまでは、お葬式です。では次は、○○時から、初七日の法要です。場所は××の部屋で行います」という具合に、「一日のうちに時間や場所を区切って、日程を前倒しして、法要を行う」ということですか?それとも、時間も場所もそのままお葬式の一こまのように、執り行うのでしょうか? 時間で区切ってはいませんが、流れ的には前者のように、日程を前倒しして法要を行うことになりますね。 四十九日の法要(それ以外の法要も)を、斎場で行う人もいるようです。(その為に法要用の小部屋が、斎場にはあります) 一回忌・三回忌などは自宅で行われる場合が多いですが、斎場で行う人もいるようですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 四十九日法要にむけて

    四十九日の法要に向けて仏壇を購入しました。来週、父の四十九日法要なのですが、母も一年前に亡くしています。過去帳にはまだ何も書いていないのですが、母だけ先に記入しておくのでしょうか?それとも両親共記入しておくのでしょうか?それとも何も書かないでおくのでしょうか? また、お布施についてなのですが、四十九日と入仏を一緒に行う場合、それぞれいくらくらい包むものなのでしょうか? 経済的に苦しいので、通夜+葬儀で10万円、初七日に1万円、お車料+御膳料で1万円の計12万円しか包んでいません。 四十九日は初七日と同じ金額として、配分的に四十九日に1万、入仏に3万、お車料+御膳料1万ではおかしいでしょうか? 初七日と四十九日では金額は変えるべきでしょうか? どう配分するべきか等迷っています。 ちなみに浄土真宗本願寺派(西)です。

  • 中隱法要について

    先日は法要の費用について質問させていただきましたが今回は御車代について質問させてください。 お願いします。 先日祖母がなくなり福祉のお世話になっていたので葬儀代は福祉からお世話していただきました。 しかし火葬まででしたので初七日から四十九日までの七日ごとの法要や戒名、御位牌などは自費でやることとなり昔からお付き合いのあるお寺さんに相談しました。 戒名をつけていただき、御位牌の作成、初七日から四十九日までの七日ごとの法要、全て込みで10万でとおっしゃっていただきました。 我が家は身内が私達孫しかいないのでとても助かる話なのですが 実際、七日ごとの法要の際にはやはり御車代は必要でしょうか? 四十九日は午後からお寺で法要を済ませそのままお墓へ行きお経を読んで納骨との話でした。 お墓が他県にあるので当然、御車代は必要になってくると思うのですが… 無知でお恥ずかしいですがよろしくお願いします。

  • 法要について

    先日父が他界し毎日の朝夕のお参りと七日ごとの法要はしております。 最近、知人から聞いたのですが初七日と四十九日の間の三十五日も普段より丁重に 法要を営む法が良いと聞きました。 何分、突然のことで知識がありません。 お寺さんに聞いたほうがいいのでしょうが もし、ご存知の方がいらしたら教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#118466

初七日を斎場で行うのは都会田舎を問わず最近の傾向だと思いますよ。勿論、厳密に昔の習慣を守って葬儀と初七日を分けて(別の日に)行う地域もあります。私の父の場合は出棺→火葬場 この間に参列者に精進料理を振舞う(全員ではない〕身内が火葬場から斎場に戻る頃には参列者は帰っています。斎場の葬儀とは別の部屋に初七日のための仏壇が設けられていて、ここで坊さんがお経を上げ、初七日を行います。これは昔と違い兄弟、親戚が都会へ出て(或いは他の地域)働くのが普通になった多分戦後に考え出された便法だと思います。我々が日常経験している慶弔関係の諸行事(祭りも含む)は江戸時代から簡略化、代用品使用の連続できています。 平安時代や江戸初期に生まれた習慣を今日まで守っているのは神社仏閣の一部と皇室関係ぐらいではないでしょうか。簡素化は更に進むでしょう。ロボットがお経を読む時代ですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Rikos
  • ベストアンサー率50% (5405/10617)

本来でしたら初七日~六七日の法要は必要ですが、私の経験上行いませんでした。(神戸・神奈川) 私は本家でしたが、ひとりでお経をあげて過ごしました。(初七日・四十九日を省き) 四十九日はお寺さんに来てもらい、親族も集まり自宅で法要を行い、その後納骨しました。 でも近隣に住む叔母は、初七日~六七日の法要を自宅で行いました。 初七日はお葬式の時に、斎場で行われました。(やはり、身内の方々にその都度集まってもらうのは、気が引けるので・・・) 家が狭い・もてなしが出来ない・交通の便が悪いなど、さまざまな理由があると思います。 最近は略式で行われることも、多いと思いますよ。(都会では)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。やはり略式ですか。 これからは、田舎でもそうなってゆくのでしょうね。 ちなみに、「初七日をお葬式のときに斎場で行う」というのは、 端的には、 「はいここまでは、お葬式です。では次は、○○時から、初七日の法要です。場所は××の部屋で行います」という具合に、「一日のうちに時間や場所を区切って、日程を前倒しして、法要を行う」ということですか?それとも、時間も場所もそのままお葬式の一こまのように、執り行うのでしょうか? ご存知であれば、宜しくお願いします。

関連するQ&A

  • 四十九日の法要と納骨のお布施額について

    母の姉が昨年末に亡くなり、セレモニーホールにて近所のお寺の住職に葬儀を行っていただきました。 浄土真宗大谷派です。 今週末にそのお寺にて、四十九日の法要と納骨堂への納骨を同時にして頂くのですが、お布施について悩んでおります。 葬儀時は戒名も含み20万を包み、他お車代お膳料として5千円ずつ包みました。 その後、初七日~1週毎にお寺にて法要を行って頂き5千円ずつ包んできました。 四十九日でのお布施の相場と、お車代が必要なのかという事とお膳料の金額を教えていただけませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 法要の日取り

    法要の日取りについて質問があります。 一週間程前に父が亡くなり,葬儀など終え既にお寺さんと四十九日法要の日取りを決めました。四十九日より遅いのは良くないが早いのは問題ないということで本来の四十九日より3日早い日に決まりました。 その間にもう一度法要をやってもらおうと思っているのですが、なかなかちょうど7日ごとの日と私の予定が合いません。11月8日が四七日(28日目)になりますが11月3日が私が休みのためその日にしようと思っています。5日早いのは問題ないですか?

  • 四十九日の法要について

    四十九日の法要について 先日、四十九日の法要がありました。 法要では車で僧侶を納骨に墓地まで送り、その後、寺までお送りしました。 ですが、そういったことは家の人間(故人とは縁者)はしては駄目だと聞かされました。 そういうことをするとよくないと言い伝えられているらしい。。。 なぜ駄目なのでしょうか? そういったしきたりや、言い伝えがあるのでしょうか? こういったことには疎く、どなたかご存知の方がいらっしゃれば教えてください。 また、何か災いがあるのでしょうか よろしくお願いいたします。

  • 【真宗大谷派】海外で死亡した場合の再葬儀のお布施などについて

    真宗大谷派の葬儀・四十九日法要について質問です。 身内がアメリカで亡くなりました。 向こうの東本願寺の寺院できちんと葬儀・初七日の法要までやり、 法名もいただきましたが日本で納骨をするお寺は真宗大谷派(東)です。 四十九日法要と納骨を同時にしようと思い、 お寺に相談すると同じ浄土真宗ではあるけれど、 やはり「東」として改めて葬儀をやった上で四十九日・納骨をしたいと 言われました(ちなみに法名は向こうでいただいたものを使うことになりました)。 通常、四十九日と納骨だけならお布施は5万円程度で良いようですが、 こういう場合はいくらぐらい包めば良いのでしょうか? ちなみに法要はすべてお寺で行います。 また、向こうでの葬儀は葬儀屋さんを使っていませんので白木の位牌はありません。 改めて葬儀をする場合、何をもって故人を特定するのでしょう? ちなみに向こうでいただいてきた法名が書かれた台紙のようなものはお寺にお渡ししてあります。 葬儀・四十九日に際して、お寺から果物などのお供物を持ってきて下さいと言われていますが、 どのようなものを、どんな量持って行くのでしょうか? ご本堂の両脇に備えるものとして1対になるような量を持っていけば良いのでしょうか?

  • お寺にお支払いする葬儀費用について教えて下さい

    父が亡くなり、5月の始めに四十九日の法要があります。葬儀費用は支払い済みですが、お通夜の前にお寺に呼ばれお布施等の金額を教えて頂きました。初七日まではお布施として書かれていましたが、その後に、【仏具料 ○○万】とあり、四十九日はお寺での法要となるのですがそのための費用でしょうか? その時に聞けば良かったのですが、聞きづらくて聞けませんでした。 お手数ですが、宜しくお願い致します。

  • 四十九日の法要について

    7月の末に義妹が亡くなりました。 内縁の夫がいるのですが、籍が入っていなかったらしく、両親も既に他界されてるので兄である私の夫が喪主を務めました。 これからの事でわからない事がたくさんあるので教えていただけると助かります。 (1)初七日は一応葬儀と一緒に済ませたのですが、初七日の日は一応自宅の仏壇にお供え物をしようと思っていますが問題ないですか? ちなみに、遺骨は今、内縁の夫のもとにあり、我が家の仏壇には義妹の遺骨も写真もありません。 (2)四十九日の法要もたぶん身内だけ(私たち夫婦、弟夫婦、内縁の夫)で内縁の夫の家で行うことになると思うのですが、どういったものを用意すればよいですか? また、我が家の仏壇にもお供え物をした方がよいですか? (3)四十九日の法要の際、お坊さんは葬儀にきてくださった方がお経をあげていただけます。 葬儀の際に四十九日も込みでというお話でお布施をお渡ししたのですが、四十九日当日もやはりお渡しした方がよいのでしょうか? 私たちは30代なんですが、初めての事でわからない事だらけで、おまけにお金もないのですが、できる事はやりたいと思っています。 宜しくお願いします。

  • 四十九日法要と実際の49日目

    先月親しい友人が亡くなりました。 お寺様のご都合と曜日の関係で、実際の49日目より十日ほど前倒しで四十九日の法要と納骨が行われます。 この場合、(適切な表現が分かりませんが)『本当の四十九日』はどちらになるのでしょう。 一般的に四十九日までは成仏せず中陰をさまよっていると言われていますが、 四十九日法要が行われた日から実際の四十九日目までの間はどう捉えればいいのでしょうか。 四十九日法要が終わってしまえば成仏したとみなすのでしょうか、 それとも法要はあくまでも行事であって四十九日目までは霊魂はまださまよっていると考えるのでしょうか。 お花が大好きな人だったので、私には見えませんがまだ彼女がその辺りにいるのならば花を絶やしたくありません。 四十九日法要に花をおくりますが、その花は四十九日目まで持ちそうもありません。 四十九日目「用」の花をおくっていいでしょうか。 ご遺族とも親しくさせて頂いており、花友達だったのはよくご存知です。 季節が一巡りするまでは折々に季節の花をお供えするつもりなので、 実際問題としては今回は大きい花にするか小さい花にするか、程度のことなのですが、 慣習や宗教的な意味合いではどう考えるのでしょうか。 うまく表現できなくてすみません、 気持ちの問題ではありますが、形も疎かにしたくないのです。 宜しくお願いします。 (真言宗です。四十九日法要に参列します。)

  • 満中陰の法要でお香典のお返しをする場合

    義父の四十九日(満中陰)の法要をすることになりました。 葬儀の時にお香典をいただいた方にお返しをしたいのですが、四十九日の法要に来てくださる方にはこの時にお渡ししてもいいのでしょうか? その場合挨拶文はどうしたらよいのでしょう? 四十九日の法要に来られない方に後日お送りする場合には「・・・○月×日に満中陰の法要を無事に執り行い・・・」となると思うのですが、当日お渡しする場合はこれはおかしいですよね。 何もわからずお恥ずかしいのですが教えてください。 地域は大阪です。

  • 納骨及び四十九日の御布施

    私の実母が亡くなりました。家族は私一人ですし(父は既に他界、兄弟姉妹はおりません)、親類もとても少ないので殆ど身内と母のごく親しい友人のみで斎場で通夜・葬儀を済ませました。 出身・居住地共に都内ですので菩提寺の僧侶にお願いし、通夜・葬儀・火葬場への随行(但し同じ斎場の中です)・繰上げ初七日・戒名(信女)総べて含めて35万円を御布施としてお渡し致しました。お寺から斎場も比較的近く、ご自分のお車でいらしていたので他に御車料と御膳料としてそれぞれ1万円ずつ御包み致しました。 東京では四十九日に納骨をする方が多いと伺いましたが、何ぶん独り暮らしで仕事がございますのでほぼ丸一日を部屋で母一人で置く事になります由、納骨は繰り上げて行う事に致しました。 葬儀で御包みした金額とのバランスを考えた場合、納骨と四十九日の法要にはそれぞれどの位の額を御布施として御包みするのが妥当でしょうか? どなたか御詳しい方に御助言頂ければ幸いです。

  • お布施は必要でしょうか?

    今月の中旬に父が亡くなり葬儀などすべて終わりました。初七日は火葬の日に済ませました。また、父は葬儀のときにお世話になったお寺さんで永代供養にしました。 四十九日法要の日付は決定しました。 お坊さんと相談して四十九日までのあいだにもう1回法要をしていただくことになりました。 ということで近々、お寺にうかがいお経を読んで頂くのですが、その際、お布施は必要でしょうか? 必要としたらいくらぐらいがいいでしょうか? あと菓子折りなどは必要でしょうか?