-PR-
解決済み

薄層クロマトグラフィーで

  • すぐに回答を!
  • 質問No.18857
  • 閲覧数473
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 13% (4/30)

薄層クロマトグラフィーで光合成色素を分析すると、
赤色系(フィコビリン系)の色素が分離されないのは何故?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル7

ベストアンサー率 75% (3/4)

 光合成色素の事をあまり知らないので確かなことは言えないのですが、
薄層クロマトグラフィーでRf値が大きくなるか小さくなるかは
その物質が展開溶媒にどれだけ溶けやすいか、また、担体と
どれだけ親和性があるかによって違うはずなので、似たような性質を持った
色素とスポットが重なってしまうのかもしれません。
 展開溶媒を変えれば、ひょっとしたら件の色素もはっきりとした
スポットとして現れてくるのではないでしょうか。
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ