• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

荷電粒子砲

こんにちは。荷電粒子砲についての質問です。 荷電粒子砲は、レーザーなどと異なり、目標到達までに一定の時間が必要だそうですが、 実際のところはどんな感じになると想像されているのでしょうか。 上手く表現できないのですが、エネルギーの塊のような物が砲筒の発射部分に集まってきて、 一定の大きさになると対象物に向って発射される、という類のものなのでしょうか。 また、目標到達までに一定の時間が必要、というのは、発射後、のろのろと対象物に向って行く、ということでしょうか。 それとも、レーザー照射のように、ずっと対象物に照射し続ける事で、対象物にダメージを与えるタイプなのでしょうか。 (イメージ的には火炎放射器に近い?) 砲から発射された荷電粒子は、地球上で用いる場合、目で見る事が可能なのでしょうか? (発射された荷電粒子ってどんな色をしているのですか) また、地磁気の影響を受けやすくビームを直線的に飛ばすのが難しいそうですが、これは使用場所が限定されるという事でしょうか? 粒子加速器の小型化についてですが、現在はどのくらいまで小型化が進んでいるのでしょうか。 反粒子を用いれば対消滅が期待できるとのことですが、これを実現する為の方法は存在するのでしょうか。 反粒子は強力な破壊力が期待されるそうですが、では粒子を用いた荷電粒子砲の破壊力はどれくらいなのでしょうか。 最後です。荷電粒子砲は、加速器以外にはどのような機械(部品)で構成されているのでしょうか。

noname#86038
noname#86038

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1530
  • ありがとう数20

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • dahho
  • ベストアンサー率44% (68/153)

>カテゴリーに関しては、その、該当するところがないので SFのカテがあれば良いですが無いので科学で良いのでは。似たような質問もありました。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1462475 「目標到達までに一定の時間が必要」というのは、あくまでもレーザーのような光速と比べてということだと思います。現在の加速器でも光速の99%以上まで加速できるようです。ほとんど光速と同じといって良いでしょう。 荷電粒子の場合、粒子間に電気的な斥力が働くので光よりもっと早く拡散すると思われます。実際の加速器の内部では磁場を使って常に絞って拡散を抑えています。 発射されてから時間がたつほど拡散してしまうので、できるだけ速い速度で発射したほうが拡散が抑えられるでしょう。それに光速に近ければ近いほど運動エネルギーが大きくなるので破壊力も大きくなるでしょう。 発射後、のろのろとしていては破壊力は無くただの放射線です。(いわゆる放射能の放射線) 「エネルギーの塊」というのは、かなり演出めいているので実際にどこまで考えた描写か良く分かりませんね。発射前に低出力のビームが出ていて空気と反応して発光しているとか… 空気中での色は多分青白いのではないでしょうか。空気と反応しているなら空気がプラズマ化するでしょうから、工事現場などの溶接の青白い光のような感じではないかと。 地磁気の影響を受けやすいのは、その名の通り荷電している(電荷を持っている)からです。電子ビームならマイナス、陽子ならプラスの電気を持っていてそれが運動するので電流になります。モーターが磁場中に電流を流して動いているのと同じように、磁場によって大きく曲げられます。テレビのブラウン管で電子ビームを磁場で曲げているのと同じですね。 重力やコリオリ力の影響も受けますが、そこに磁場の影響も加わるわけです。ちゃんと補正がされていれば使用場所が限定されないかもしれません。 ちなみに#1がおっしゃるように砲弾やレーザーも重力やコリオリ力は受けます。現在の戦艦でも極地方ではコリオリ力の補正が必要だそうです。(磁場は関係ありませんが…) 粒子加速器の小型化は医療目的のために進んでいるようですが、低出力です。大出力の加速器はむしろ大型化が進んでいると思います。大きければ大きいほど損失が少ないので高出力にできるからです。 反粒子ビームについてはSFの中でも誤解があるようですが、対消滅のエネルギーは荷電粒子の運動エネルギーと比べて無視できるほど小さいです。 たとえば陽電子の場合、対消滅のエネルギーは静止質量のエネルギーE=mc^2の2倍で0.5MeV×2=1MeV。それに対し運動エネルギーはKEKのBファクトリーで3.5GeVなので対消滅のエネルギーの3500倍になります。しかも到達するまでに途中の物質と反応してしまって損失が大きくなるので、わざわざ陽電子を使うより普通の電子の方が効率的です。 ちなみに反粒子ビームを作るには、加速した電子ビームを金属などに当てて、対生成した粒子反粒子のうち反粒子だけ選び出して加速してビームにするという2度手間が必要です。 >加速器以外にはどのような機械 基本的に加速器だけで良いのではないでしょうか。小型加速器そのものだと思います。膨大な電力が必要なので発電機(小型原発?)も付属させたほうが良いかもしれません。エヴァのように電力ケーブルが付いていては不便ですから。 こうして考えてみるとレーザーと比べてどういう利点があるのか良く分かりません。むしろ扱いにくい分だけ不便です。 しかし、対レーザー用にチャフのようなもの、例えば光を吸収しないガラス片などをばら撒いてレーザーを拡散させて無効化された場合には荷電粒子砲でなぎ払うことは有効かもしれません。 A.原理的に不可能または未知 B.原理的には可能だが、技術的に不可能または困難 C.技術的には可能だが、経済的、軍事的に不可能、無意味 に分けるなら、レーザー兵器がCで荷電粒子砲がBでしょうか。カメハメ波はAです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 詳しく説明していただいてありがとうございました。かなり輪郭がくっきりしてきた感じです。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

No3の方のご紹介のSFのカテでも回答した者です。 >それとも、レーザー照射のように、ずっと対象物に照射し続ける事で、対象物にダメージを与えるタイプなのでしょうか。 (イメージ的には火炎放射器に近い?)  炎のようなものと、(広がりが少ない)ビームタイプと 両方ともあります。荷電粒子に何を使うかで 状態が変わってくるんです。  SFのカテでも紹介しまいしたが、例えば これ↓が電子銃(E-gun)というものです。 http://www.plasma.t.u-tokyo.ac.jp/pict/facilities/Ebeam.gif  これは兵器ではなく、半導体製造など 薄膜の作成というものに使われるもの なんですが、写真中央のオレンジ色に 光っている部分に電子ビームが当たって 金属が溶けて蒸発しています。 (電子ビーム自体は見えないでしょ)  溶けている部分は直径4、5センチです。 >砲から発射された荷電粒子は、地球上で用いる場合、目で見る事が可能なのでしょうか?  条件によります。まず荷電粒子自体は見えません。 その放射に伴って、電磁波出て、その波長がたまたま 可視光線の領域だと見える場合があるんです。 >(発射された荷電粒子ってどんな色をしているのですか)  大気中で荷電粒子の強い放射があると グリーンから紫系の色が見えます。  これは荷電粒子自体の放射ではなく、 荷電粒子が大気中のガス分子と衝突して 分子中の電子が吹き飛ばされたり、また 戻ったりするときの電磁放射で、 プラズマと呼ばれる状態です。  酸素のプラズマの色がグリーンなんです。 >地球上で用いる場合、目で見る事が可能なのでしょうか?  宇宙からは電子、陽電子をはじめ、いろいろな 荷電粒子が地球に向けて放射されていますが、 地球が磁気を持っているため、その殆どは コースを変えられたり、弱められたり しています。  ただし南極、北極には強い荷電粒子が 引き寄せられ、大気中に降り注ぎます。  人の作った粒子砲ではありませんが、 強い荷電粒子が大気中に突入したら どうなるかといういい例は、自然現象の オーロラなんです。ですから強ければ 見えるということです。 >反粒子を用いれば対消滅が期待できるとのことですが、これを実現する為の方法は存在するのでしょうか。  粒子・反粒子の発生、消滅というのは 確か1940年代くらいから 粒子の衝突実験というので観測されて います。  モリブデンという金属の薄膜に 電子ビームを当てるという方法で、 電子の反粒子である陽電子のビームを 作り出す方法もあります。  電子と陽電子が衝突すると、 波長の非常に短い電磁波になって しまうんで、この衝突が大量に 起きれば、爆発という現象になる だろうということで、SFの世界には 反物質兵器なるものがよく出てきますが、 現実にはそこまで行ってません。 反粒子を一度に大量に作ったり、保存する技術が ないんですね。 >荷電粒子砲は、加速器以外にはどのような機械(部品)で構成されているのでしょうか。  あたりまえかもしれませんが、荷電粒子を 発生させる部分が必要です。  電子の場合、真空中で金属を加熱したり 強い電界をかけてやったりします。  イオンやプラズマの場合、ガスに強い電界をかけて ガスの分子を破壊してやります。電荷を持った 粒子が発生したところで、磁界をかけて その粒子を取り出します。 >粒子を用いた荷電粒子砲の破壊力はどれくらいなのでしょうか。  真空中で、限定された小さい範囲なら 先の電子銃のように金属も溶かせますし、 マグネトロン・スパッタリングといって、 プラズマを物体表面に衝突させて、表面の原子を 剥ぎ取ることもできます。  大気中では空気のガスの分子が邪魔する んで、大きな破壊力を出せる技術は公には 知られていないと思います。    粒子加速というのは、粒子砲より、推進装置への 応用がかなり進んでいるんです。ロケットエンジン ですね。  ガンダムでもビームライフル撃つと反動があり ますよね。荷電粒子にも質量があるんで 放射すると作用・反作用の法則で 反動が得られるんです。これを ロケットエンジンとして使うんです。  古くは1945年に発案されたイオン・スラスター エンジンというのがあり、最近だとイトカワとか 言う小惑星に近づいた日本のハヤブサ?とかいう 無人探査機が荷電粒子の放射を利用した ロケットエンジンで、確か、キセノンとか いう物質のプラズマを電磁石で加速して 噴射するというものだったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 皆さんの回答のおかげで理解できました。 本当にありがとう!

  • 回答No.2

久々に大笑いしながら参考サイト見てました。 まあこの手のアニメにいちいち突っ込むのは野暮というものかもしれませんが。 兵器というものはそりゃ一応可能性のあるものは一通り研究はされていると思いますよ。オカルトめいたものや疑似科学めいたものを含めてね。問題は実用化するに至るか、また実用化しようと考えられるかどうかです。 で、なぜ荷電粒子を使わなきゃならないか、と言う点です。 こレを考えると地上での利用、というものはあまり考えられないのではないかと思うのですが。 なぜなら、現在開発されている兵器というものは、まず核については期待されるのは抑止力です。戦術核の利用を考える向きもあるようですが、ともかく相手を殲滅するのでなく、支配するのには核兵器は使いにくい兵器です。 いってみれば。ガンダムが1機あったとして、一国を支配する事はできません。破壊はあるいはできるかもしれませんが・・・・ 要は破壊力よりも扱いやすさ、量産性などのほうがずっと重要なわけです。 そう言った点でそれこそ宇宙戦争が重要な問題になるような時代が来るなら、そういうときはそういうものも開発の中心に・・・なるかなあ? ちなみに荷電粒子を加速するのはブラウン管のなかの電子銃でもできますから、大きさは小さくできます。ただし威力は・・・光らせる位かね。レーザーガンのほうがまだ実現性はあります。 逆に大きなものを破壊できるくらいの荷電粒子を大量に発生させる機械は大きいです。というかますます大きくなっています。ただし使用目的は兵器ではないのですが。 反粒子ですか?そんなん作るくらいなら反陽子爆弾作るんじゃないかな。少なくとも近くの相手を撃ったりはしたくないです。γ線とか嫌というほど出そうだから・・・・ ちなみに荷電粒子の色はあらゆる色です。エネルギーの大きさにより変わります。 以上とりとめのない答(?)ですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 実は荷電粒子砲に関しては名前を知っているだけで知識が皆無の状態で質問しました。まずは手始めにネットで調べてみようとして検索して調べて回ったのですが、サイトにより記述に違いが多々見られた為にどれが本当か分からず、一度、詳しい人に質問した方が早いのではないか、と思った次第です。 >久々に大笑いしながら参考サイト見てました。 やはり、詳しい方から見るとそうなるのですか。 大変参考になりました。

  • 回答No.1

そんな、ありもしない装置の質問をされても…。 確かに原理的には可能らしいですが、 アニメやSFでの表現と現実をごっちゃにしちゃ いけませんよ。少なくとも科学のカテじゃありませんね。 実用化されていないので、「どんな感じか?どんな 色か?」と言われても答えようがないし、 どんな部品で作られるようになるのかわかるわけが ない。「およそこういう構成装置が必要となるだろう」という予測はできても、実用化の段階で 現実にはいろいろと変わるでしょう。 アメリカあたりは実際に開発を進めているでしょうが、 「現在はどのくらい小型化が進んでいるのか」 などという軍事機密をおいそれと公開するわけがない。 せめて、「実用化されたらどんな感じになると 思いますか?」という質問にしてください。 お願いしますよぉ。 …一応参考サイトを載せましたが、たぶん質問者は これを見て質問内容を考えたんじゃないかなあ…? ただまあ、常識的な範囲は答えておきますね。 「発射後のろのろと飛ぶか?」 んなわきゃないだろうがっ!そんな兵器が 通用するか!ほぼ光速で飛んでくんだよっ!! 「地磁気の影響を受けやすく…」 少なくとも、銃弾だって引力の影響を受けながら ちゃんと的に届いてるんだから、地上では コンピュータで曲がり具合を推定して照準を 補正して使うよっ!今から宇宙空間戦争だけ想定して 兵器開発やるやつぁいねえよっ! だいたい、光だって重力の影響受けて曲がってるん だよっ!曲がりやすいのが問題になるのは、 天文単位の距離での話だよっ! 「エネルギーの塊のような物が…」 カメハメ波や波動砲と一緒にしてんじゃねえよっ! 電子や陽子や重イオンはそもそも見えねえよっ! お前は電子レンジの電磁波見えるのかよっ! さらに発射前に見えてるってことは漏れてるって ことだよ!そんな兵器あぶなっかしくて 使えねえよっ! っていうか、突っ込みどころてんこ盛り過ぎて 突っ込みきれねえよっ!

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%B7%E9%9B%BB%E7%B2%92%E5%AD%90%E7%A0%B2

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >…一応参考サイトを載せましたが、たぶん質問者は >これを見て質問内容を考えたんじゃないかなあ…? 図星です(笑) ウィキを読んで質問した旨を質問文中に入れようか考えたんですが、そういうのっていいのか悪いのかちょっと分からなかったので省略しました(だって、書いた人にいちゃもんつけてるみたいで失礼だし)。 科学に対する知識が皆無なんで、内容がどうしても頓珍漢になってしまうんです。大変申し訳ない。 カテゴリーに関しては、その、該当するところがないので、ここで聞けば詳しい人がいるかな、と・・・。

関連するQ&A

  • 正の荷電粒子に働くローレンツ力

    正の荷電粒子に働くローレンツ力  金属の導体を電気が流れるときは、実際に移動するのは電子で、正電荷を帯びた粒子(陽子など?)は動かないはずですから、正の荷電粒子に働くローレンツ力を求めるような問題では、正電荷を帯びた素粒子が加速器などを使って加速するような状況だけを考えればいいのですよね。

  • 電界における荷電粒子の運動エネルギー

    空間的に一様な電場が発生している。その電場をEとする。そのような空間に、電荷q、質量mをもつ荷電粒子を置いた。 x=aの地点に荷電粒子を静かにおいて手を離す。 この粒子がx=bの地点に到達したときにもっている運動エネルギーをもとめよ。 ただしニュートンの運動方程式をつかって計算せよ。 という問題なのですが計算過程などわかるように書いていただけるとありがたいです。

  • 友人が研究したいと言っている反粒子と通常粒子の対消滅を利用した慣性核融合について質問します。

    友人が研究したいと言っている反粒子と通常粒子の対消滅を利用した慣性核融合について質問します。 高校時代からの友人で、大学は別の大学で別の学部に言っている人が理系なのですが、専門分野を選ぶ際に「反物質と通常物質の対消滅を利用した慣性核融合」を生涯の研究者としてのライフワークにしたいといっています。私は今文系ですが、高校3年まで一緒に物理学や化学を学んできたのですが、到底できるとは思えません。 友人によれば 「核融合こそエネルギー不足の切り札だ。磁気閉じ込めはプラズマが不安定化して核融合を起こした状態で長期間保持するのは無理がある。そこでレーザー等を使った慣性核融合のほうが有利だが、一点に核融合をおこせるエネルギーを照射するレーザーの開発に難点がある。そこで、加速器などで核融合炉内の重水素などの固まりに反粒子と通常粒子を衝突させ対消滅により超高温高圧を作り出し、核融合を持続させそのエネルギーで対生成で反粒子、通常粒子のペアを作り出せばよいのだ。」 といっているのですが、反粒子と通常粒子をエネルギー資源、もしくはその点火源とするレベルで利用、生成することはできるのでしょうか。また、投入エネルギーよりも多い出力エネルギーをこのような核融合炉で得ることは可能なのでしょうか。 友人は我が強い方で、海外に行ってでも研究したいと言っていますが、何とか断念させ、もう少し地に足のついた研究をするよう説得させたいと思っています。友人をどのように断念させればよいのでしょうか。(教授や先輩もサジを投げているようです。できれば友人のアイデアを断念させることができるような物理学上の知見をいただければと思います。(それとも私が間違っていて可能なものなのでしょうか。)

  • 電位の問題 

    xy平面上の点A(0 L)と点B(0 -L)に電気量Q(c) の正の点電荷をそれぞれ固定し 正の電気量 q(c) をもつ質量mkgの荷電粒Pを点c(√3L 0)におく  クローンの法則の比例定数をk とし無限遠点を電位の基準点とし 重力の影響は無視できると する。 (1)点cの電位は何Vか (2)点cにおいた荷電粒子Pのもつ静電気力による位置エネルギーは何J (3)点cにおいた荷電粒子pに原点Oにむけて初速度を与える。 pが原点Oに到達するための最小の速度の大きさは何m/s か 定期テストの直しをしたいのですが解答がなくて困っています。 よろしくお願いします。

  • レーザーポインタでライン照射される製品は?

    レーザーポインタで、対象物にドットとして映るものはあるようなのですが、ラインまでちゃんと照射される製品はないのでしょうか? 楽器に埋め込んでライブでの演出用に使いたいのです。 埋め込み易いようにできるだけ小型のもの、あるいはキットのようなものを探しています。 通販とかで入手できるとありがたいのですが、もし秋葉原のような場所に行かないと入手できないようでしたら具体的に売っていそうな店舗名を教えていただけると助かります。 よろしくお願いします。

  • 物理の問題.90

    一様な電界と磁界がかかったxy平面上を運動する荷電粒子(質量m,電荷q>0)を考える。 xy平面上に静止している観測者Sから見た時、図1のように+y方向に強さEの電界と+z方向に磁束密度Bの磁界がそれぞれ一様にかかっているものとする。ただし、xy平面に垂直で紙面の裏から表に向かう方向を+z方向とする。 観測者Sに対して+x方向に一定の速さvで動いている観測者Mを考える(図2)。 観測者Mが測定する磁界は観測者Sが測定するものと同じで一様であり、+z方向に磁束密度Bの大きさをもつ。一方、磁界中を動いている観測者Mから見た次回は一様であるが、静止している観測者Sから見た磁界と強さが異なる。 これは、磁界中を動いている座標系では起電力が生じているためである。 観測者Mの速さvは光速に比べて非常に小さいものとする。 (1)E≠0,B≠0のとき、観測者Mから見て、荷電粒子は常に静止していた。このとき、観測者Mが電界の強さを測定すると0であった。 (a)観測者Sから見た時の力のつりあいを考えて、速さvをEとBを用いて表せ。 (2)E≠0,B≠0のとき、荷電粒子をxy平面上に(Sに対して)静かに置いた。観測者Mから見ると、その後、荷電粒子は等速円運動をし始めた。このとき観測者Mが測定する電界の強さは0なので、Mの速さvは前問(a)で決まる値と同じであることがわかる。 (b)観測者Mから見た時、荷電粒子が受けるローレンツ力の大きさはEに比例する。この比例定数を答えよ。 (c)この円運動の半径をm,q,B,E,のみを用いて答えよ。 (d)観測者Sが観測する荷電粒子の運動を簡潔に説明せよ。 この問題で解答では (a)Mから見て、粒子は静止しているからローレンツ力は0である。したがってMから見ると、+y方向の電場Eに加えて-y方向の電場Eが生じて、さし引き電場も0になって粒子は静止している。これをSから見ると、粒子は+x方向に速さvで等速度運動をしている。 y方向の力のつりあいより、qE-Bqv=0 ∴v=E/B (b)Mから見た等速円運動の速さはvだから、設問(e)を用いてBqv=Bq(E/B)=qE ∴q (c)求める値をrとすると、円運動の運動方程式よりmv^2/r=Bqv ∴mE/B^2q (d)Sから見ると、粒子の初速は0だから、はじめ電場によって+y方向に動き出す。その後、円の中心が+x方向にひゃさvの等速運動をし、その中心に対して粒子は速さvで時計回りの等速円運動をする。動き始めてから半周期後に、y方向の変位が最大になり、1周期後に、x軸上に戻って一瞬速度が0になる。以後、これらの運動を繰り返す。 このようにあります。 まず、疑問なのが、(b)についてですが、なぜBqv=qEとなるのでしょうか。また、円運動の速さはvとありますが、なぜvだとわかるのでしょうか。 Mから見て、粒子は静止しているのですよね?なのになぜ、円運動をするのでしょうか。 また、観測者Mから静止してみえるためには、粒子も同じ速度で動く必要がありますよね。ということは観測者Mはx軸正の方向にvの速さで進んでいるのだから、粒子もvの速さでx軸正の方向へ進むということですよね。 そうしたら、ローレンツ力は上向きに働きませんか?qE-Bqv=0が成り立つということはローレンツ力はy軸負の向きに働いているということですよね? 自分の考えだとy軸正の向きに働かないといけないのですが、どこの考え方が違うのでしょうか。 また、(d)の問題で、説明されているようになる理由がわかりません。 初速が0で、電場によって+y方向へ動き出すのはわかりますが、なぜ半周期後にy方向の変位が最大になるのでしょうか。 円運動の中心はどこですか?…。 粒子がどのように動くのかがうまく想像できません。 もしわかる方がいらっしゃいましたら教えていただけると助かります。 よろしくお願い致します。

  • “ビーム砲” 当たるとどうなる?

    よくSFの世界などに登場する指向性エネルギー兵器が実際に目標に命中すると、具体的にはいったいどういった物理現象が起こるのでしょう? いわゆる荷電粒子砲などは粒子ビームを目標に照射しているのですよね。高速加速された素粒子が物質と衝突すると何が起こるのでしょうか?(核反応とかがおこるのでしょうか) 陽電子などの反粒子をビームとして打ち出すものもよくあるようですが、上と同じように、結果的はどういった物理現象がおこるのでしょうか?(質量変化で膨大なエネルギーが生じるであろうことは予想されるのですが。) プラズマをビームとして打ち出すものもありますね。これも当たるとどういうことが起こるのでしょう。 これらの現象を兵器利用することに関する理論・技術考証については、こちらのログを読ませていただき、ある程度の理解はできたつもりですので、 『当たるとどうなるのか?』 ということを中心に回答していただければ有難く思います。

  • 強力なビームやレーザーは煙でどれくらい減衰する?

    マンガやアニメなどでレーザー砲やビーム砲などの兵器は良く出てきます。 そうしたマンガなどの中で、レーザー兵器を煙や湯気などで減衰させて防ぐ場面をいくつか見たことがあります。 そのような描写の減衰率はどのくらい適性なのでしょうか。 それらのうちのいくつかの状況を書いてみます。 1・空気中で10mほど先にいる人間を瞬時に貫通して溶断してしまうレーザー砲が発煙筒による煙を炊いたところ1~2m先の人間に火傷すら負わせられないくらいに減衰した 2・空気中で10mほど先の鉄骨(線路のレールくらいの大きさ)を一瞬の擦過ですっぱりと溶断してしまう威力のレーザーがスプリンクラーを作動させると水で乱反射してしまって威力がゼロになってしまった 3・宇宙で数km先の数十トンほどの金属の塊を瞬時に蒸発させてさらに向こう側に飛んで行った荷電粒子ビーム砲が地球の大気圏内では数km先の目標を撃とうとすると大気で半分以下に威力が減衰してしまった これらを見てふと疑問に思ったのですが、市販のレーザーポインターや紙を焦がす程度のレーザーならともかく、人間や鉄骨などを一瞬で貫通するような強力なレーザーや荷電粒子砲が煙やスプリンクラー、大気などで大幅に減衰してしまうのでしょうか? 1番なら人体を瞬時に溶断するエネルギーのあるレーザーが人体よりもずっと低密度の煙を数mほど通っただけでそのエネルギーの大半が失われてしまうのは不思議な気がします。 レーザーの射線上でぶつかる煙の粒子はあまりないような気がするのですが。 3番にしても数十トンの金属を瞬時に蒸発させるだけのエネルギーの荷電粒子砲が大気の中を数km通るだけで半分以上も失われるのでしょうか。数kmというと長い距離のような気もしますが、その射線の中でビームにぶつかる空気分子の質量はあまり大した量ではないと思うのです。 少なくとも数十トンの金属の塊の半分に匹敵するものではなさそうに思います。 ただ、上述のうち2番の状況は十分ありえるかなと思いました。いくら強力なレーザーでも液体の水の塊にぶつかれば散乱してしまいそうです。 現実にはそんなに強力なレーザー砲や荷電粒子砲は存在しないと思うので難しいかもしれませんが、仮に存在したと仮定した場合、これらの減衰率は適性なのでしょうか。 また、適性、あるいはもっと減衰するという場合、どのような原理で減衰すると考えられるでしょうか。 よろしくお願いします。 なお自分はそれらの作品を批判したりする気はありません。あくまでも子供じみた好奇心ゆえであり、そんな態度じゃフィクションは楽しめないぞ、といった突っ込みはご勘弁ください。

  • ガンマ線による原子核壊変

    Wikipediaの錬金術の項、 水銀原子核がガンマ線を浴びると金に転換されるとか書いてますけど、 荷電粒子、中性子を原子核に照射すれば勿論、原子核壊変は起こるはずですが、 ガンマ線(光子)でそれが起こるのは初耳です。 確かに、数MeVものエネルギーを光子が核に叩き込む事ができれば、核壊変は起きてもよさそうですが、 ガンマ線で起こる核反応というのはどうもイメージがし辛いです。 ガンマ線は原子核の励起状態から基底状態に落ちる時に放出されるもので、逆にそれが他の核を壊変させるとは考えがたいのですけど。

  • UFOとの交戦は可能か

    地球の戦闘機。特にアメリカのF15やF16などでUFOとの交戦は可能 でしょうか。バカな質問ですが、映画「インディペンデンスディ」 では空中戦をやっていましたが、土台無理な話だと思われてなりません。 まず、戦闘機の主武器であるサイドワインダー、スパローなどのミサイル は簡単にかわされるし、機銃もUFOのスピードにはついていけません。 UFOの主武器は光線エネルギー(レーザーや荷電粒子)らしいですが、 とても太刀打ちができませんね。 もしも、戦闘機が対等の武器を持つならレールガンかレーザー光線を 装備しなくてはならないと思いますが、どうでしょうか。