• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

荷電粒子の発生について

荷電粒子の発生についてよくわからないのでご解答宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数234
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

>2)イオン性結晶NaCl(食塩)が水に溶けてイオンNa+とCl-が生じる. この例はいわゆる電解質(水などの溶媒に溶けたとき電離してプラスとマイナスのイオンを生じるもの)で,いくらでも身近な例はあります. NaCl(食塩):NaCl→Na+ + Cl- CH3COOH(酢酸[食酢の成分]):CH3COOH→CH3COO- + H+ NaOH(水酸化ナトリウム[苛性ソーダ]):NaOH→Na++OH- etc. >3)素粒子反応のレベル.  素粒子,原子核反応のレベルでも色々です. 対生成:アインシュタインの関係式E=mc^2で示されるように,エネルギーと質量は相互に変換出来ることより,純粋なエネルギーから,粒子と反粒子が同時に生成される反応. 例えば高エネルギーを持った光子を物体に入射させ,原子の電場との相互作用により e+e-(陽電子[電子の反粒子]と電子)の対を作る(その際,重心系で見て(少なくとも)2mc^2以上の運動エネルギーで衝突する必要があります). あるいは一般には中性の粒子同士をぶつけて粒子と反粒子の対生成を起こす. エネルギーさえ高ければ,もっと大きな質量の粒子も(原理的には)作れます. (といっても,中性の粒子は直接加速するのが困難なので,そういうビームを間接的に(別の粒子線から)作るか,原理的には超高温で自発的に衝突が起きるような状況を作る事になるでしょうが,初期宇宙などの超高温状態を考えればザラですが,普通の環境では実現しにくい.) さらには,中性の粒子,例えばロー中間子(ρ)が、荷電パイ中間子対(π+とπ-)に崩壊するといった例. ところで,#1では,中性の状態から電気的中性の条件を破るという状況の話をしましたが,中性の粒子同士から作る事にこだわらなければ(純粋な粒子-反粒子の生成を見たい場合以外はむしろこちらが普通),加速器で作った高エネルギーの荷電粒子同士をぶつけるとか,高エネルギーの荷電粒子を標的の物質にぶつけるとか,ひたすらやれば色々な素粒子反応で,色々な荷電粒子が出来ます(ただし中性粒子も出来たりします).具体的な個々の反応については,素粒子物理学の本をご覧下さい.(実際には色々な保存則などの制約があって,何でも起きるわけではありません.[参考URL参照]) でも,この場合はもともとの電荷がゼロではないので,新たに荷電粒子は発生しても(全電荷は保存),電荷ゼロから作るわけではないので,質問者さんの質問の趣旨にひょっとすると合わないかも知れません.(+1=+5+(-4) みたいな話です.) 又,むやみにぶつけても,何が出来たのか,解析が困難になるので,先程の中性粒子からの対生成の話に比べると,一般にはかなり解析は難しくなります. 以上,内容に訂正,補足等ありましたら,詳しい方は是非ご訂正いただけるようお願い致します.

参考URL:
http://www.kek.jp/kids/jiten/particle/interac.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

#2の補足です >例えば高エネルギーを持った光子を物体に入射させ,原子の電場との相互作用により e+e-(陽電子[電子の反粒子]と電子)の対を作る(その際,重心系で見て(少なくとも)2mc^2以上の運動エネルギーで衝突する必要があります). これは, アインシュタインの関係式E=mc^2から, ともに質量mの粒子反粒子を対生成するには, 原理的に重心系で見て衝突のエネルギーとして(少なくとも)2mc^2以上の全エネルギー(質量エネルギー+運動エネルギーの意味で)で衝突する必要があるということをいいたかったのです.光子は静止質量ゼロより, 全エネルギー=『運動』エネルギーのつもりで書きましたが, 誤解を招いたかも知れません. 一般の質量ゼロでない粒子から作る場合は「重心系で見て2mc^2以上の(質量エネルギーも含めての)全エネルギーが必要」ですので, ご注意ください. 普通は粒子対の生成に有効に使われない部分があるので, その分もっと大きなエネルギ-が必要です. >中性の粒子同士をぶつけて粒子と反粒子の対生成を起こす. これはある程度は既に書きましたが, 「原理的には」ということで, 光子同士の場合を除いては現実的にはそう簡単ではないわけで, むしろ#2で後述の「中性の粒子の荷電粒子対への崩壊」の方がはるかに普通でしょう.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

通常の状態の物質ではマクロに見ると電気的中性の条件が成り立っていますから,『荷電粒子の発生』という場合,その条件を破ってプラスとマイナスの電荷を作るわけですが,どのような状況を想定しておられるのでしょうか. [例] 1)セーターをこすって静電気(プラスとマイナスの電荷)が生じる. 2)イオン性結晶NaCl(食塩)が水に溶けてイオンNa+とCl-が生じる. 3)素粒子反応のレベル. 高エネルギー光子を物体に入射させ,e+e-などを作る(対生成)etc.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

例の中だと…。(2)(3)のことについて教えてください。

質問者からの補足

例の中で選ぶと(2)(3)のことについて教えてください。

関連するQ&A

  • 荷電粒子の問題

    電磁気学の問題です。模範解答を教えてください。 質量m電荷eの荷電粒子が任意の方向をもつ電場Eベクトル、磁場Bベクトルのなかで、初速度V0ベクトルをもって運動するとき、以下の問に答えよ。ただし、簡単のため磁場の方向をz方向として解け。 (1)この荷電粒子が支配される運動方程式をかけ。 (2)上記(1)の運動方程式をとけ。 (3)初速度V0ベクトルのいろいろな場合につき分類し、それぞれの   場合の荷電粒子の運動を説明せよ。

  • 荷電粒子と電子の衝突

    荷電粒子が電子との1回の衝突で失う最大エネルギーは4Em0/mとなることを示せ。E:入射する荷電粒子のエネルギー、m:荷電粒子の質量。m0:電子の質量。 上の問題の解答のヒントだけでも良いのでよろしくお願いいたします。最大になるのは一次元の、つまり180°での衝突の時であろうと予想はできるのですが、実際求めることができません。古典的に運動量保存とエネルギー保存で解けるとは思うのですが、手詰まりしてしまいました。

  • 荷電粒子について

    荷電粒子の到来方向を0.2度の精度で測るときの装置を具体的に考えたいのですが、どうしたらよいのでしょうか?ドリフトチェンバーをどうこうしたらいいのかな?

  • 電界における荷電粒子の運動エネルギー

    空間的に一様な電場が発生している。その電場をEとする。そのような空間に、電荷q、質量mをもつ荷電粒子を置いた。 x=aの地点に荷電粒子を静かにおいて手を離す。 この粒子がx=bの地点に到達したときにもっている運動エネルギーをもとめよ。 ただしニュートンの運動方程式をつかって計算せよ。 という問題なのですが計算過程などわかるように書いていただけるとありがたいです。

  • 電界における荷電粒子の運動エネルギー

    空間的に一様な電場が発生している。その電場をEとする。そのような空間に、電荷q、質量mをもつ荷電粒子を置いた。 いまx=aの地点に荷電粒子を速度0でおいて手を離す。その瞬間の運動エネルギーをもとめよ。 という問題でいろいろニュートンの運動方程式などつかってやってみたのですがうまくいきません。 計算過程も含めて教えていただけるとありがたいです。

  • 物理:荷電粒子の運動の問題

    物理:荷電粒子の運動の問題 高校物理の電磁気分野での質問です. 荷電粒子の運動の問題で,無限遠を電位の基準とするのはなぜですか?

  • 等加速度直線運動をする荷電粒子が作る電磁波について

      真空中を1[C]の電荷をもつ半径1mの球状荷電粒子が1m/s^2の等加速度直線運動をしているとき、この荷電粒子が周囲に作る電磁波について質問します。 1.この荷電粒子がある時刻tにおいて作る電磁波はどのような空間的広がりをもちますか。 この電磁波は平面波ですか球面波ですか。 2.この電磁波の周波数は何ヘルツですか。 3.この電磁波の波動方程式はどのようなものになりますか。  

  • 荷電粒子の運動に関する文章問題です

    「電気を持つ粒子(荷電粒子)の運動に関する以下の文章は適切か否か答えなさい」 という問題です。 1.電場がゼロでない領域に荷電粒子が進入したとき、電荷がプラスなら電場の向きに沿った方向の粒子加速度は正である。 2.電場がゼロでない領域に荷電粒子が進入したとき、電荷がマイナスなら電場の向きに沿った方向の粒子加速度は正である。 3.電場がゼロでない領域に荷電粒子が進入した場合、速度の大きさは全く影響を受けないで向きだけが変化する。 -------------- 似たような設問である1と2のどちらかが○か×か、とか電場にも±あるからどちらも誤りか…すると全部×なのか…混乱しています、どなたか教えて下さい。

  • 正の荷電粒子に働くローレンツ力

    正の荷電粒子に働くローレンツ力  金属の導体を電気が流れるときは、実際に移動するのは電子で、正電荷を帯びた粒子(陽子など?)は動かないはずですから、正の荷電粒子に働くローレンツ力を求めるような問題では、正電荷を帯びた素粒子が加速器などを使って加速するような状況だけを考えればいいのですよね。

  • 荷電粒子に働く力の矛盾について教えて下さい。

    図1に示すように巨大な磁石の均一な磁場Bの中を荷電粒子Qが速度vで移動しています。 ローレンツの式によりQ・(v×B)の力が働き荷電粒子は図1奥方向に移動します。 一方これを図2に示すように電荷Qの座標で見れば電荷は静止し磁石及び磁場は移動していますが磁石は巨大なので磁場の変化は無く荷電粒子は何の力も受けません。 以上図1と図2の矛盾の誤りを指摘して下さい。