• ベストアンサー
  • 困ってます

まんが日本昔ばなし この作品が見たいのですが。。。

まんが日本昔ばなし 、現在再放送してますね!! 昔見たもので、もう一度見たい話があるのですが、 タイトルが思い出せません。。。もし再放送があるなら 見逃したくないのですが。。また、もし絵本やビデオに なってるなら欲しいと思ってます。 絵はちょっとコミカルで雑?というか クレヨンで塗ったような絵だったと思います。 (ちょっと自信ないです) 話は、長者が一人娘の婿を選ぶことにして、 一晩で多くの刀を作ることを条件にします(鍛冶屋??) 朝がきたら時間切れです。人間の男は誰も条件をクリアできません。 それを聞きつけた山に住んでる鬼が、 人間に化けてやってきます。 娘と鬼はたぶんお互い好きになるのですが、 男が鬼だと気づいた長者のお父さんが、 まだ夜が明けないのに、鶏を鳴かせて 朝が来たと勘違いした鬼は、 あわてて山に帰ります。 後で鬼は自分がだまされたことに気づくのですが、 もう戻ることもできず。。 その後、娘はずっと結婚しなかった。。という 話です。(話の途中途中がアイマイなのですが。。) どなたか心当たりのある方、 教えていただけるとうれしいです!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数133
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • P406
  • ベストアンサー率100% (1/1)

はじめまして。hanakannmuriさんにご紹介いただきましたサイトの管理人をしております、 P406と申します。 asao_asaoさんのご質問のお話ですが、1991(平成3)年3月30日放送の「魔神の刀かじ」 (出典:石崎直義(未来社刊)というお話です。 ストーリーがほぼ一致してますので(名高い鍛冶屋の父親が美しい一人娘の婿の条件に 一晩で千本の刀を鍛えることとし、誰も挑戦する者がいない中で近くの山に棲む魔神が その立て札を読み・・・以後、asao_asaoさんの書かれたあらすじと同じです)おそらくこの お話で間違いないかと思われます。 ただ、残念ながらこの作品はビデオ化されておりません。 (書籍化されているかは分かりませんが)かなり後期の作品のため、初期の作品を中心 に構成されている今の再放送での放送もちょっと期待出来そうにないですね。。 しかし、微力ながら一応お役に立てるかもしれませんので、もう一度ご覧になりたいという 場合はお気軽にご一報いただければと思います。 (今は忙しいのでちょっと無理なのですが、年が明けて暇が出来ましたら画像付きで作品 リストの方に追加したいと思っていますので、お待たせしてしまって申し訳ありませんが、 一度ご確認いただければ幸いです。) 長文・乱文失礼しましたm(_ _)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございますm(  )m P406さんのページ見てきました! すごいですね~ 貴重な資料館ですね! やはりビデオ化はされてないとのことで残念ですが(;;) 今後P406さんのページのリストに追加されるのを楽しみにしております! 今度会員登録させていただきたいと思いますので、 よろしくお願いいたしますm(  )m

関連するQ&A

  • まんが日本昔ばなし

    まんが日本昔ばなしでタイトルが思い出せない話があるので、教えてください。 10年以上前に見たので、うろ覚えなのですが、ある男性が死んで、死んだあと歩く道(?)を歩いていると、鬼みたいなのがいて、いつもそこから先に進めない。困って、その道からふと上を見ると、生前の家の近くの山が見える。そこで男性は夜に生きている妻の枕もとに立ち、おにぎりをその山から投げてくれるように頼む。妻はその通りおにぎりを作って投げる。鬼がそのおにぎりに気をとられていく隙に男性は道を通ることができた。 というお話なのですが、どなたかご存じないでしょうか?

  • 「まんが日本昔ばなし」のとある話が思い出せない

    自分がかなり小さい頃の話なので記憶が不確かなのですが、 「まんが日本昔ばなし」のとある回の放送で、 何をするにもめんどくさがりやで 蚊にさされても動かない男が出てくる話があったと思うのですが、 どうしてもそのタイトルや結末が思い出せません。 (『なまけ者太郎』というそれっぽい名前が一つだけ調べたらありました) 一度思い出したらどうしても気になってしまって… もし覚えている方いましたら教えて頂きたいです。 よろしくお願いします。

  • 『まんが日本昔ばなし』の作品タイトル分かる方

    子供の頃に放送されていたテレビアニメ『まんが日本むかしばなし』の作品なんですが、ある好きだった作品のタイトルが分かりません。ストーリーは”猟師みたいな男の人が、山で蛇に殺されかけてる雉(多分・・・)を助けます。蛇は退散するんですが、後日、人間に化けて猟師に復讐しにくるんです。でも「夜明けまでに山寺の鐘が鳴れば命は助けてやる」と蛇は猟師に言います。ほとんど助かる望みの無い条件なんですが、時間ギリギリのところで、雉が全速力で鐘に体当たり。鐘は鳴り猟師は助かる・・・でも命がけで恩返しをした雉は死んでしまう・・・と言うような内容なのです。怖い話というより、悲しい話なんです。でも好きでした。タイトルご存知の方、ぜひ教えてください。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#59043

 今晩は。以前、「まんが日本むかし話」の作品についての質問(←私ではないのですが)が掲載されたときに、回答者の方が書き込んだサイトがありましたので、下記に記しておきますね。私はこれで、ずっと気になっていた、ものすごく怖い話のタイトルを知ることが出来ました(^^)

参考URL:
http://mukashibanashide.gozaru.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございましたm(  )m こんなページがあったとは。。!

  • 回答No.1

恐らく「鬼の刀かじ」だと思います。 ヤフオクで「鬼の刀かじ」という本の出品がありましたので(残念ながら落札済みみたいです)、本は出てると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答どうもありがとうございましたm(  )m

質問者からの補足

情報どうもありがとうございます! 話としては同じ話のように思うのですが。。。 どうも絵が記憶と違います(;;) ヤフオクの絵本の鬼は赤い鬼ですが、 確か青っぽい??色で もうちょっとカッコいい鬼だったように 思うのですが。。。 同じ話を違う絵で作るってことはあるのでしょうか??

関連するQ&A

  • まんが日本昔ばなし:この内容の話の題名

    まんが日本昔ばなし、再放送が終了してしまい、とても残念です。 私が昔見た作品で題名が分からずずっと気になっていたものも放送されるかも、と思い見ていたのですが、結局それは放送されませんでした。 内容はこんなものです。 崖に生えたキノコかなにかをとる仕事をしていた若者がいて、その日もいつも通り腰に命綱を巻いて崖で作業をしていました。ふと足先(下)の方にちょっとした足場を見つけたので、そこで休憩しようと命綱をほどき、そこに降りて腰掛けてしばらく休みます。そしてまた作業に戻ろうと命綱を手に取ろうとするのですが、不覚にも命綱が届かなくなってしまって、崖を登れなくなってしまったんです。どうやっても登れなくて、助けを求めて大声を出すのですが誰の耳にも届きません。疲れ果てた若者が座り込んだ時、足元の小石がゆっくりと落ちていくのを見て、自分もゆっくり落ちるかも…と思ったのか、そこから飛び降りてしまいました。その後、その若者の助けを求める声が山の中を響き渡り、今でもその声はやまないそうです。。。 というものでした。 この話の題名がお分かりになる方、いらっしゃいましたらぜひご回答ください。よろしくお願いします。

  • まんが日本昔話

    いま、マンガ日本昔話を再放送しており懐かしさとともにクオリティの高さに改めて驚いています。 そんな昔話の中で特に印象に残っている作品があります。内容はほとんど忘れたのですが、見終わった後恐ろしい気持ちになったのははっきり覚えています。 覚えている場面は、話の最後の方で、男(長者?)が城(蔵?)の中で変な舞を踊っているんです。それも何者かにつかれたように。汗を飛び散らしながら、まさに狂気という感じです。するとたくさんある男の米俵(?)がトンボ(?)にかわって次々と夕空に消えていくシーンです。狂気の人間を観た怖さと、財産がトンボか何かに分かって消えていく奇妙さ心に刻まれています。 これがなんという話なのかご存じの方いらっしゃるでしょうか?昔から気になって仕方がありません。

  • 電車男を見て・・。

    こんばんは。去年の後半にちょっと質問させていただいた者です。 さて今頃になって、福井では電車男の再放送があります。 全然見てなかったので(今は再放送)見ていたら、何だか自分もちょっとがんばってみようかなと・・。 以前自分の行っているサ-クルで、自分と話があう女性と話しをしていたときに(自分は山好き)なんだ・・。って話してたら、もし行くときがあったら、是非誘ってくださいと話ではしていました。 が・・。お互いになかなか時間が取れず、そのときに連絡先などを聞いておけばよかったんですが、勇気がなく聞けずじまい。 それで、昨年の年末近くに久しぶりに話が出来て。で、その子は年末の休みは親しい友達を呼んで盛り上がるって話してました。 会話の中で、その日にケ-キでも作ってみようかなといってて、実は自分も以前ケ-キ作りは長い間やってて・・。ブランクありますけど。 で、話しながら"今度なんか作ってきてあげる"ってつい言ってしまいました。 実はその時に何とかアドなり番号なりを聞ければと思うのですが、自然に聞ける方法ありますか?よろしくお願いします。

  • 一年以上前に読んだエロ漫画を探しています。

    一年以上前に読んだエロ漫画を探しているのですが、タイトルと作者名がわからず探せません。 うろ覚えなのですが内容は、ある人間に化けれる狐がある女性に恋をしていて、女性には婚約相手の陰陽師だと思われる男がいました。 けれど、男は多数の男の子と性的な遊びをしていて、その行為を見かけた狐が激怒。男の頭を噛みちぎり殺し、その男に化けてなり代わるというような話でした。衝撃的な絵だったことを覚えています。 他にも人間に近い姿をした赤や青の鬼が男を操って卑猥なことをしていました。それと枠が黒くてカラーが多かったような気がします。 知っている方がいましたら情報をいただけると嬉しいです。

  • おすすめの作品を教えてください!

    昔からまったく本を読まない人間だったのですが、 最近、「酔歩する男」という話を読んで、読書への興味が湧いてきました。 ジャンルとしては、「酔歩する男」のような、「時間」をテーマにしたものや、 星新一のショートショート、世にも奇妙な物語のような、日常のなかの非日常、 いい意味で後味の悪いものが好きです。ラブストーリーなどより、全体的に薄暗い 世界観のものがいいです。 また、SF要素のある作品の場合、多少強引でも科学的にその現象を説明しているもの のほうがいいです。 いろいろと条件を書いてしまいましたが、こんな私におすすめの作品があれば教えてください よろしくお願いします。

  • 漫画。読み切りで同じ作品が掲載

    まずはあらすじから。 舞台は仮想日本。寝殿造りの建物(社?邸宅?)に、巫女装束の少女と、狩衣っぽい服を着た補佐のような優男 その建物の中まで入ってきてる農民階級の人々。月代も剃ってる 巫女は不思議な力で傷を癒せる。腕がちぎれた人に対して、誰のとも知れない腕をくっつけれる(拒絶反応なし) そんなわけで、所謂箱入りお嬢さん(権力者に囲われている)で、外の世界を知らない 人間のほか、鬼と呼ばれる種族がいる。額にちょっと出っ張り程度の角がある他は、人間とおなじ見た目。力は強いようだ。人間は鬼狩りをしている ある夜、庭に傷だらけの鬼の青年が迷い込む。少女は青年の傷を癒し、青年はひとまず庭から退散する 数日後の夜、礼を言いに青年が現れる。外を知らない少女と迫害される青年は何回かの逢瀬を繰り返す (確かこの辺で青年の体の傷などに触れていたはず) しばらく青年が来ない日が続き、気もそぞろになる少女だが、お勤めのためその日も拝殿に出ていた 患者は腕を切り落とされた農民だったが、補佐の男が大丈夫ですと『腕』を持ってきた その『腕』には、鬼の青年と同じところに古傷があった 少女は月を見上げながら、一人涙する という、まぁバッドエンドな話です。 最初に見たのは平成15年(2003)の夏。赤マルジャンプなどの増刊号だったか、週刊の読みきりだったかは忘れました(増刊だったような気がする) 次は平成20年(2008)ごろ夏、前後1・2年のずれはあるかも。1回目とは違う出版社だったと思います 同じ世界観・設定でも、違う話というならわかるんですが (例えば『るろ剣』。連載前の読みきりでは恵と薫、弥彦が姉弟だったり、飛天『三剣』流だったりする話がある) 応募・持込で作品を募るときって、未発表作に限る、なんて条件があるイメージなんですが、期間を空け、出版社が違うとはいえ、同じ作品が掲載されるってあるんですかね? 今更なんですけど、気になったので質問しました

  • 子供の絵画について。心理学的、医学的には?

    6歳の子供が居ます。 先日、小学校で息子の描いた絵を見たんです。 お花見の絵だったのですが、他の子はピンク、赤、緑…とカラフルな桜に、お友達の絵が書いてありました。 そんな中、息子は、全体的に地味な色使いの桜の周りに、棒人間がワーっと散らばっている、という内容の絵でした。 幼稚園時代、運動会や節分の絵を書いたときも、割りと地味な色使いに棒人間がワー…というものでした。 息子が好んで使う色は、黒、茶、紫、青、等で、クレヨンを渡して『どれがいい?』と聞くと、8割方黒を選びます。 もちろん、他の色も、状況に合わせて使ってはいます。例えば、節分の鬼は赤色!とか。 これは心理学的にみて、何をあらわしますか? また、医学的にみて、シキモウなどの可能性はありますか? 子供の個性として受け止めつつも、やはり気になるのですが…

  • 昔放送していた2時間サスペンス

    何十年か前の夜に放送していた、2時間サスペンスを探しています。大体のあらすじは、男が次々と殺される殺人事件が起きるのですが、その殺人を、昔亡くなって現れた、蛇姫様がしているように思わせる?話だったと思います。本当の犯人は別にいます。前に、昼間再放送しているのを見ただけなので、記憶は曖昧です(>_<)。内容は現代物で、時代劇ではありません。蛇姫様伝説な話でした。主演は男だと思います。よろしくお願い致します。

  • 子供の時に読んだ、童話集を探しています。

    昭和50年&#65374;60年頃に読んでいた、色々なお話が入っている童話集を探しています。 人から頂いたもので、我が家には3冊あったのですが、何年も前に行方不明になってしまいました。表紙はハードカバーではなく、厚紙程度の厚さだったと記憶しています。  表紙の絵は、お姫様の巻(ピンク色)、王様の巻(青色)、鬼の巻(緑色)でした。  それぞれの巻に、大体10話近く載っていて、綺麗な挿絵が付いていました。(挿絵というよりは、絵 本みたいに、絵に文章が書いてある感じです。)  覚えている話は、「トムチットット」という子鬼(?)が出てくるものや、王子様が魔法でハクチョウに  変えられてしまい、妹のお姫様がイバラで服を編んで人間に戻す話など少ししか覚えていません  が、その本を読んでいた時の楽しかった記憶がしっかり残っています。 子供が大きくなるにつれて、余計に懐かしくなり再読したくなりましたが、なかなか探せません。 ご存知の方がおられましたら、ぜひご回答ください。

  • 白土三平さんの短編のタイトルを教えて下さい

     白土三平先生の短編の漫画のタイトルを教えて下さい  絵は岡本鉄二先生の時ではなく、初期の頃の絵だったと思います。  日本書紀か古事記を基にした話で、時代設定も戦国時代ではなく、飛鳥・奈良時代を設定していました。  三人の男が戦に駆り出されて、いくさが終わり、郷土に帰る途中で雨になり、山小屋らしきところに泊まるのですが、度胸試しをはじめます。  暗い中、外に行けるかという事になって一人が行ってみせるさと、外に駆け出してが、残りの二人がそいつが戻って来たとき脅かしてやろうと隠れましたら、鬼が入ってきます。  二人が間違えて、その鬼をやっつけたところ、外に出て行った一人が戻ってきて、三人で鬼をおいしく食べるという豪快な話でした。    少し内容が違うかもしれません。もしかしたら、短編集ではなく、ワタリなどの有名な長編もののオマケみたいな感じで乗っていたかもしれません。  タイトルがお分かりになる方がいましたら、よろしくお願い致します。