• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

プランクの輻射式

こんばんは!いつもお世話になっています! プランクの輻射公式を波長λで積分するとボルツマンの法則がでてくるらしいのですが,積分の仕方が分かりません…どのように計算するのでしょうか?分かる方いらっしゃいましたら,よろしくお願いします! プランクの輻射公式 M=Aλ(-5)/{exp(B/λT)-1}   A,Bは定数   Tは温度   λは波長   λ(-5)はλの-5乗という意味です

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1902
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

siegmund です. > Σn^-4 の数列はどのように和を出すのでしょうか? > Σn^4 の公式は載っていたのですが(導出は分かりません)-4乗になると, > ちょっと違ってきますよね!? もちろん,Σn^-4 に Σn^4 の公式は使えません. MhariMhari さんが > n=1,2,3,…なのに対しk=1,1/2,1/3…なので > 和の計算が違ってくるのではと思いまして… と書かれているとおりです. さて,どうしましょう. あまり予備知識のいらない方法を紹介しましょう. まずは http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=437287 をご覧下さい. これは Σ(1/n^2) = π^2/6 を求める方法です. 今見たら,ちょっとミスタイプもありましたので, 再録して修正しておきます. -------------------------- (1)  f(x) = x^2 を区間 -π≦x≦πでフーリエ展開します. 偶関数ですから,cos 項のみが存在して (2)  x^2 = a(0)/2 + Σ{n=1~∞} a(n) cos(nx) の形になり,係数 a(n) は (3)  a(n) = (1/π)∫{-π~π} t^2 cos(nt) dt       = 4 (-1)^n / n^2   (n≧1) (4)  a(0) = (1/π)∫{-π~π} t^2 dt = 2π^2 / 3 になります. したがって,x^2 のフーリエ展開は (5)  x^2 = (π^2/3) + 4 Σ{n=1~∞} [(-1)^n cos(nx) / n^2] で,これに x =π を代入すると (6)  Σ{n=1~∞} [1 / n^2] = π^2 / 6 になります. これが答ですね. ついでに,x = 0 を代入すると (7)  Σ{n=1~∞} [(-1)^(n+1) / n^2] = π^2 / 12 も得られます. 同じことを x^4 についてやれば (8)  Σ{n=1~∞} [1 / n^4] = π^4 / 90 もわかります. -------------------------- 上では x^4 をフーリエ展開と書いてありますが,具体的には (9)  x^4 = (π^4/5) + Σ{n=1~∞} [(-1)^n cos(nx)} {(-48/n^4) + (8π^2/n^2)} で,x=π を代入すれば,Σ(1/n^2)=π^2/6 と組み合わせて (8)になります. 筋は間違っていないと思いますが, どこかつまらない間違いやミスタイプが心配(^^;). 他には,sin x の無限乗積展開を使う方法や, 複素関数論で極を拾う留数定理の応用などがありますが (たぶん,もっともっと方法はあるでしょう), 上のフーリエ展開による方法が一番予備知識がいらないかと思います.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度も丁寧に説明していただきありがとうございます! 式を追って計算してみたら何とか解くことができました♪本当に感謝感謝です!ありがとうございました!

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

siegmund です. > x^3/(exp(x)-1) = x^3 exp(-x) {1-exp(-x)} > の右辺は > x^3/(exp(x)-1) = x^3 exp(-x) /{1-exp(-x)} > ということでしょうか? しまった,endlessriver さんのご回答をミスタイプか などと言っていたら,自分もミスタイプしていました(^^;). 大変申し訳ありません. MhariMhari さんのご推察通りです. > また、「展開」とは何展開なのでしょうか?テイラー展開ではなさそうなので… 1/(1-t) = 1 + t + t^2 + t^3 + t^4 + ・・・ という展開です. 普通に割り算やったと思ってもよいし, t に関する Taylor 展開と思ってもよいです. 右辺から左辺を見れば,初項が 1,公比が t の無限等比級数の和になっています. 右辺の無限級数が収束する条件は |t|<1 ですが,今は t=exp(-x) ですから大丈夫です. 項別に見ると,結局 ∫[0,∞] {x^3 (exp(-nx)} dx を計算することになりますが(n=1 から無限まで), 部分積分を繰り返せばこの積分は 6/n^4 になります. でも,定積分の値をきちんと求めるというのは, 今の問題では大して重要ではありません. 今はたまたま π^4/15 という見慣れた数で表現できましたが, そうならないようなことだってあるわけです. 単なる定積分(パラメーターを含まないし,物理定数も含まない)ですから, 5とか83とか 12345/45427 とかいうのと変わりはありません. 必要なら数値積分すればよいのです. 大事なところは,変数変換の結果,T^4 に比例するというところです. endlessriver さん,批評がましくて失礼しました.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な回答ありがとうございます! ステファン-ボルツマンの式はT^4が大切というのは分かるのですが,定積分を計算しないと何となく気持ちが悪いもので…すいません(><) なんとか6/n^4までは理解することができました♪ ですがそのあとが問題… Σn^-4 の数列はどのように和を出すのでしょうか? Σn^4 の公式は載っていたのですが(導出は分かりません)-4乗になると,ちょっと違ってきますよね!? n^-4=k^4 と置いて計算してみたのですが,n=1,2,3,…なのに対しk=1,1/2,1/3…なので和の計算が違ってくるのではと思いまして… もしよろしければ,回答よろしくお願いします.

  • 回答No.3

#1です。誤りでした。#2さん、ご指摘ありがとうございます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

endlessriver さんのご回答拝見しました. ミスタイプかとも思いますが (1)  ∫[0,∞]{x^3/(exp(x)-1)}dx=π^4/15 です(πのべき). x^3/(exp(x)-1) = x^3 exp(-x) {1-exp(-x)} として,{ } を 1 + exp(-x) + exp(-2x) + exp(-3x) + ・・・ と展開し,項別積分すれば 6 Σ {n=1 → ∞} (1/n^4) となり,Σの部分が π^4/90 ですから,結局(1)が得られます. > ζ(4)=π^2/90 ζ(4)=π^4/90 ですね(πのべき). 定積分の値は大した問題ではなくて(単なる定数ですから), 変数変換の結果 T^4 に比例することがわかるところが重要です. 私もこのサイトで前に書いたような気がするのですが, ちょっと探しても見あたりませんでした(^^;).

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます! 式をたどってみたのですが… x^3/(exp(x)-1) = x^3 exp(-x) {1-exp(-x)} の右辺は x^3/(exp(x)-1) = x^3 exp(-x) /{1-exp(-x)} ということでしょうか? また、「展開」とは何展開なのでしょうか?テイラー展開ではなさそうなので… 何度も質問すいません!よろしくお願いします!

  • 回答No.1

E=∫[0,∞]Mdλ でx=B/(λT)の変数変換すれば E=A(T/B)^4∫[0,∞]{x^3/(exp(x)-1)}dx  これでステファン・ボルツマンの法則が得られています。 積分∫[0,∞]{x^3/(exp(x)-1)}dx=π^2/15となりますが計算は面倒です。以前どこかにありましたが追跡できません。ツェータ関数、ガンマ関数を使って、ζ(z)=(1/Γ(z))∫[0,∞]{x^(z-1)/(exp(x)-1)}dx でζ(4)=π^2/90, Γ(4)=6。を使います。 これらの式の導出はとても面倒でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます! うう~ん、ζ関数とΓ関数ですかぁ…頭が痛くなりそうです(><) 何か類似問題の載っているサイトなどご存知だったら教えてください!

関連するQ&A

  • プランクの放射式

    プランクの放射式 I=(8πhν^3/c^3)*(1/((e^(hν/kT))-1)を 波長λ120nmから180nmの範囲で積分したいのですが,わかりません. ν=c/λです

  • プランクの放射式

    プランクの放射式(8πhν^3/c^3){exp(hν/kT)-1}^1 をνではなくλを用いて表す、という課題がでましたが、いまいちやり方がわかりません。積分や他の公式を使うのでしょうか? わかる方教えてください。

  • 量子?

    【問題】プランクの式  ρ(ν)=(8πν^2/c^3)*[cν/exp(cν/KBT)-1]ではなく レイリージーンズの式 p(ν)=(8πν^2/c^3)*KBT を用いた場合 ステファンボルツマンの式はどんな形になるか導出せよ。 (考えたこと) プランクの放射公式からの導出 黒体放射のプランクの放射公式(1)は、振動数νの関数として、 ρ(ν)=(8πν^2/c^3)*[cν/exp(cν/KBT)-1] c:光速度 h:プランク定数 k:ボルツマン定数 空洞内のエネルギー密度は、全振動数について積分することにより求められるから (途中省略) エネルギー密度と放射強度の関係式I=(c/4)*ρに代入し、 π,k,c,h-は、全て定数であるのでI=σT^4を得る。 プランクの放射公式からの導出はわかるのですが、 レイリージーンズの式 p(ν)=(8πν^2/c^3)*KBT を用いての(置き換えて)積分計算によりステファンボルツマンの式はどんな形になるかが 分かりません。お願いします。

  • 熱輻射の強度分布について質問

    熱輻射の強度分布である温度T における全エネルギー∫[0,∞]U(ν)dνはT^4 に比例する 事を示したいのですが、積分の所で計算ができずに困っています。 U(ν) の計算式は U(ν)=(8πhν^3)/c^3(exp(hν/kB*T)-1) , h:プランク定数,ν:振動数,kB:ボルツマン定数,c:光速 ですがU(ν)の原始関数がわかりません どなたかわかる方がいたら教えて下さい

  • 光の,エネルギー流速と輻射エネルギー密度の関係

    http://www.h5.dion.ne.jp/~antibody/zero%20point.htm のサイトの "4. プランクの輻射公式からステファン=ボルツマン則を導く" の末尾において エネルギー流速 E は輻射エネルギー密度に対して E = c/4 U(T) で与えられると書いています. 光速は c であるので c を乗じるような気がするのですが,なぜ c/4 を乗じるのでしょうか? この 1/4 は何に由来するのでしょうか?

  • プランクの式

    プランクの式を使って地球の熱放射エネルギーを求める問題があるのですが、単位で苦戦しています。 光速は ms-1 プランク定数は Js ボルツマン定数は JK-1 温度は K 波長は m(μかn、10のー6とかー9乗メートル) そろえるべきものは長さ(m)だけでしょうか?根本を理解していないので、わからなくなってしまいました。ちなみに、200-300kで波長が15μmで計算してみると、答えが1万いくつになり、全然違う感じです。どなたか助けてください!

  • 黒体輻射の熱力学的考察

    dU=TdS-PdVの関係と、黒体輻射のエネルギー密度uがTだけの関数であること、及びP=u/3であることのみを用いてuがTの4乗に比例すること(ステファンボルツマンの法則)を示したいのですがわかりません。 どなたか教えてください。

  • 輻射熱の発生

    輻射熱が電磁波として伝搬するということは知っていますが、それでは物質がどのような状態になれば輻射熱が発生するのでしょうか。 熱を加えても、ある一定の温度までは発生しないのか、あるいは常に発生しているがその割合が温度により変わるだけか、などについて教えてください。 また、輻射熱=赤外線という記述をよく見かけますが、他の波長の電磁波としても伝搬しますか? よろしくお願いします。

  • 黒体輻射

    黒体輻射に関する質問です。 曇天での黒体輻射の色温度が晴天よりも高いのはなぜですか? 雲によって一部波長で吸収が起きたとしてもそのスペクトルを黒体輻射のもので Fittingしたら、むしろ色温度は雲無しの場合のもの以下になると思うのですが・・・。 よろしくお願い致します。

  • 積分?量子力学

    プランクの式ρ(ν,T)=(8πν^2/c^3)*[cν/exp(cν/K[B]T)-1]として ∫[0,∞]ρ(ν,T)dν=p      I=(c/4)*pを代入したら      ステファンボルツマンの式I=σT^4を得れました。 では レイリージーンズの式ρ(ν,T)=(8πν^2/c^3)*K[B]Tのとき 同様に∫[0,∞]ρ(ν,T)dν=p としていくとどのようになるか分かりません。この積分がわからないです。 お願いします。