• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

危険物の取り扱いについて

 ここではそぐわないかもしれないのですが、他に相当しそうなところがないので敢えてここで質問させていただきます。  消防法で言う危険物の届け出について質問いたします。ある危険物を指定数量の1/5倍以上1倍未満取り扱う場所については市町村条例で少量危険物取扱所として届け出る義務があり、また、1/5倍未満の取り扱いについては届け出る必要はありませんが、例えば第一類第三種の少量危険物取扱所(指定数量の0.5倍)として届け出されている建物の中で第四類第一石油類を指定数量の0.15倍だけ使用したいと考えた場合、指定数量を合算(0.65倍)して再申請(届け出る)する必要が出てくるのでしょうか。それとも第四類は指定数量の1/5未満だからそのままの状態で使っても問題ないのでしょうか。その方面に詳しい方、教えて下さい。もしできれば、法令に照らし合わせた根拠を示してもらえると解りやすいのですが・・・。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数958
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mtt
  • ベストアンサー率31% (416/1338)

品名及び指定数量を異にする1~6類に関して全て考慮する解釈で間違い ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

重ね重ねのご指導、ありがとうございました。非常に助かりました。

関連するQ&A

  • 危険物の一時保管

    私の会社の倉庫には、第1類危険物、第4類危険物、劇物、一般の倉庫があります。 最近になって第5類の危険物が入ってくるようになりました。 量的には100Kgなので指定数量1倍になり、届け出が必要となると思いますが、 夕方に入り、翌朝には出荷されることもあり、一般倉庫で保管しています。 このような場合でも必ず届け出は必要となるのでしょうか? 一般倉庫での一時保管は違法になるでしょうか? この場合の法的罰則はありますか? 自分なりに調べたのですが解決に至りませんでした。 よろしくお願いいたします。

  • 消防法関連の質問です。指定数量以上の危険物の仮貯蔵は所轄消防署への申請

    消防法関連の質問です。指定数量以上の危険物の仮貯蔵は所轄消防署への申請が必要(消防法第十条)ですが、少量危険物の仮貯蔵で申請が必要な市町村を知りませんか?市町村の火災予防条例でしか定められていない思うのですがどうでしょうか?いままで少量危険物で仮貯蔵、仮取扱を出された方もしくはその消防関係者の方がおいでになれば市町村名を教えてください。

  • 消防法 危険物について教えて下さい。

    消防法 危険物に関する法令について教えて下さい。 品名、数量、指定数量の倍数の変更の届出において、 「製造所等において貯蔵し、または取扱う危険物の品名、数量または指定数量の倍数を変更しようとする者は変更しようとする日の10日前までに市町村長等にその旨を届出なければならない」とあります。 品名が変わる場合とあります。物品名が変わる場合は、届出なくても良いのでしょうか? 例えば、同じ品名の、第1石油類の、同じ非水溶性の場合です。 今まで、「ガソリン」を入れていたタンクに、「トルエン」を入れる変更です。 この場合、タンク内は、完全に適切な処置後とします。 平たく考えて、何も届出しないのは駄目だろうと思いますが、 届出や申請などの文言を見つけられません。 知っている方がいらっしゃれば教えて下さい。 宜しくお願い致します。 どこかに、載っている。私が見つけられないだけ。だと思うのですが。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • mtt
  • ベストアンサー率31% (416/1338)

再申請の必要があります。 たとえ、火災予防条例の範疇であれ危険物関連法令でよく聞く「技術上の基準」は 存在します。  また、類を異にする危険物の取り扱いについては災害に対する十分なる措置を講じてあるならば問題ありませんが、4類は可燃性の液体なのでこれらをこぼしたり飛散させたときの対応を求められます。 具体的には床面の排水溝に油水分離のための溜め枡などを設置しなければならないでしょうし屋内施設ならば入り口の敷居を高くして外に漏らさない工夫が必要です。 もちろんこれも「技術上の基準」です。 横浜市の火災予防条例と同施行規則を掲載しますので参考にしてください。 条例第36条3号(飛散防止)、37条の7第1号(1類について)、37条の7第2項(例外規定)、条例施行規則第32項(取り扱い危険物の変更届出) http://www.city.yokohama.jp/me/reiki/honbun/g2021081041301011.html http://www.city.yokohama.jp/me/reiki/honbun/g2021082041301011.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。非常に参考になりました。ただ、私が気になっていた条文は、横浜市の火災予防条例で言う第39条の解釈なのです。mttさんの回答では再申請の必要があると言うことですので、この条文中の「品名及び指定数量を異にする」と言うのは第一類~第六類全て考慮してと言う解釈で良いということなのでしょうか?

関連するQ&A

  • 危険物施設の許可証というものがあるのですか

    消防署や消防本部に危険物施設(製造、貯蔵、取扱)の申請をした場合、許可証みたいなものを消防署からもらえるのでしょうか。 これは有効期間はあるのでしょうか。 以下、消防法から引用。 2)一定数量(指定数量)以上の危険物を貯蔵し、又は取り扱う施設(危険物施設)を設置しようとする者は、一定の基準に従いあらかじめ市町村長等の許可を受けなければならないこととされている(第10条第4項、第11条第1項)。

  • 危険物取扱いの「貯蔵」と「取扱い」の違い

    危険物に関する消防法によると、施設の分類は「製造所」「貯蔵所」「取扱所」に分けられると本で読みました。 この「貯蔵所」と「取扱所」の違いがはっきりとわからずもやもやしています。 というのも、危険物取扱いの解説書を読むと「屋内貯蔵所とは、屋内で指定数量以上の危険物を貯蔵、取り扱う施設である」とあります。ということは、「貯蔵所」と届け出ていても、ただ単に危険物倉庫に危険物を貯蔵するだけではなく、例えばそこから取り出してストーブや車の燃料として使う(取り扱う)ことが出来るということですよね? 貯蔵所でも取り扱うことが出来るので、わざわざ取扱所と区別していることがよくわからないのです。 「貯蔵所」と「取扱所」の違いについて具体的に教えていただけないでしょうか? よろしくおねがいします。

  • 機械設備内の潤滑油等は指定危険物容量に入れる?

    消防法で危険物には区分けや指定数量が設けられていますが、 1.使用済み廃油は、その指定数量に含まれるか? 2.機械設備内で現在使用中の潤滑油等は、その指定数量に含まれるか? 3.消防法上は、廃油であろうと「保管している状態の危険物」が 対象なのか? 要するに、指定数量とはどこまでの範囲を言うのかを知りたいのです。 ご存知の方、よろしくお願いします。

  • 危険物指定数量について、たくさんの種類の混ざり合った廃溶剤をタンクで溜めておく場合は指定数量はどうなるのでしょうか?

    危険物指定数量について、たくさんの種類の混ざり合った廃溶剤をタンクで溜めておく場合は指定数量はどうなるのでしょうか? 具体的に、 (1)たくさんの種類の混ざり合った廃溶剤をタンクで溜めておく場合について、消防法の扱いはどうなりますか? 量がある一定以上であれば、危険物一般取扱所になるのでしょうか。 (2)また、たくさんの種類が混ざり合っていて、具体的に何がどれだけ含まれているか分かりませんし、時と場合によっても変わると思います。その場合の指定数量はどの様にして、決定するのでしょうか。

  • 指定数量未満(少量危険物)での危険物取扱者資格

    いくつかの乙4の教本では、指定数量未満(少量危険物貯蔵取扱所)での危険物取扱でも乙以上の有資格者の立会いが必要と記載しています。消防署で確認したところ、望ましいが法的義務ではないようです。 ネットでも多くは指定数量以上の場合は、有資格者の立会い(丙種の直接取り扱いを含む)が必要だが未満では不要というニュアンスの記載がほとんどです。市町村火災予防条例は記載の仕方に少々違いはあるようですが調べた範囲、そのような義務は見当たりません。 どれが正しいのか、現実に消防署の指導をお受けになられた方などのアドバイスをお願いいたします。

  • 至急・指定可燃物って消防法の危険物?

    条例で定める指定可燃物って消防法の危険物の範疇に入るんでしょうか?

  • 危険物第2類可燃性固体について

    危険物は消防法により指定数量があります。 第2類可燃性固体は第1種と第2種で指定数量が違います。 第1種か第2種かは何を基準に区別しているのでしょうか。 第4類のように引火点が○℃以上○℃未満と明確に基準があるものがありませんでした。 消防法、消防施行令を見てもわかりませんでした。 (見方が悪いのかもしれません) 基準が記載されている詳細なサイトなどありましたら教えてください。

  • 少量危険物製造所

    工場である製品をつくるとします。製品は液体を容器に充填し(約100cc)、その液体には仮にアルコールが50%含まれているものとし、容器に充填・フタをしたあとに固まり第二類引火性固体になるとします。 アルコールの使用数量は一日300L(指定数量の1倍未満)とし、出来上がる製品はアルコール50%含んだものが総量600L(480kg)できるとします。 上記の場合、製造する建物はどのような認可を受けなければならないのですか? ○少量危険物製造所でいいのでしょうか?少量危険物取扱所?  もしくは危険物製造所なのでしょうか? ○また少量危険物製造所の場合、使用する機械は防爆でなければならないのでしょうか? ○また容器に印字するレーザーマーカを導入することは可能でしょうか? ○引火性固体の計算は、出来た充填物の量(危険物+非危険物)ですか?それともその中に含ま  れている危険物の量で計算するのですか? 質問の意味が分かりずらくてすみません。 どなたかお分かりになる方、教えてください。宜しく御願い致します。

  • 消防法 危険物貯蔵量について教えてください。

    保有している危険物を1カ所にまとめて貯蔵すると指定数量の0.2以上になってしまうんですが、これの半分くらいを隣接する別の建物に移動して貯蔵した場合、それぞれが指定数量未満におさまります。 この方法は消防法上、指定数量未満として認められるのでしょうか? この2つの建物の間の渡り廊下に屋根がついていると1つの建物とみなされるので認められないとの意見がありますが、そうなんでしょうか? 詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただければありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 危険物の移送について

    危険物取扱者の移送についてお伺い致します。指定数量未満の危険物を移送する場合、免状取得者の同乗が必要と書いてあるテキストと不要と書いてあるテキストがあります。どちらが正しいのでしょうか?