解決済み

珈琲

  • 困ってます
  • 質問No.1715745
  • 閲覧数489
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/9)

珈琲の漢字の語源と成り立ちを教えて下さい。
よろしくお願い致します。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 51% (52/101)

珈琲は元は玉扁だそうで、王扁は誤りのようです。
とはいえ、現在では間違いという認識は
もたれないでしょう。コーヒーに一言持つ人は
あえてコーヒーといったり、中国語の口扁の漢字を
使ったりするようです(本国ではブラックコーヒーの
意になるとのこと)。あ、もちろん"Coffee"も。

ほか、明治初期には「可否」とか「可非」、
「骨非」「骨喜」「加非」などといった文字も使われていた
そうです。可口可楽(コカコーラ)みたいですね。
明治21年には可否茶館ができ、またコーヒーの
古い名称を音訳した「波旡(ばん)」というものも
ありました。参考URLアドレスに載せておきますね。

珈琲の当て字についてはdaraberuさんがお書きになった
とおり蘭和対訳辞典に使われたのが最初だそうですが、
これはコーヒーの音から来ているようです。そこでその
コーヒーの音がどこから来たかということですが、
エチオピア南西部のKaffa(カッファ)地方から来たと
いうのが通説のようです。逸話では"Qahwa"
と名づけられたとあります。おもしろいのが現地では
コーヒー(に近い音)で呼ばれていないことですね。
野生のコーヒーの木もあるそうで、いつか
訪ねてみたい土地です。

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 26% (23/87)

「珈琲」の漢字を当てたのは蘭学者の宇田川榕庵で 著書「蘭和対訳辞書」の中で初めて使用されたものと言われてます。「珈」は女性の髪にさす珠玉飾りっを、「琲」はそれを貫く紐を表す言葉です。この二つの言葉を使って、真っ赤なコーヒー果実が枝に密生する様子を表したもの。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ