• 締切済み
  • すぐに回答を!

化学:黄銅(真鍮)の定量分析についての質問です。

化学の実験で黄銅(真鍮)の定量分析を行うために、 必要な知識を集めているのですが、まだ知識不足のため わからないことが多く困っています。そこで次の点を質問し、ご回答いただければと思います。 ちなみに試薬、実験器具などに制限はなくだいたいの実験器具は 揃っています。 (1) 黄銅の定量分析をし、銅と亜鉛の含有量を   迅速性を追求するなら、どのような手順の実験をすればいいのか? →何通りかあればありがたいですペコリ(o_ _)o)) (2) 同じく精密性を追求するならどのような手順の実験をすればいいのか?  →何通りかあればありがたいですペコリ(o_ _)o)) (3) 同じく簡便性を追求するならどのような手順の実験をすればいいのか? →何通りかあればありがたいですペコリ(o_ _)o)) (1)(2)(3)どの場合でもいいので、ご回答いただければと思います。 どうぞよろしくお願いいたしますペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数708
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2

定量分析ならEDTA等を用いたキレート滴定もいいかと思います。ある程度早いし楽です。ただ、4桁程度の精度しかありませんが。これも酸で溶解させます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 合金(黄銅)中の反応 定量分析

    化学の実験で黄銅中の銅と亜鉛の含有量を求める実験をしました。しかし失敗してしまいました。 事前の調査・勉強不足ということはわかっているのですが、なぜそうなったのかが理解できなかったため質問させて下さい。 実験手順は次の通りでした。 実験(1) 1.黄銅のプレートを0.2gに切り水酸化ナトリウム水溶液 6mol/lをいれ亜鉛部分を溶かし残った銅をろ過し定量する。 しかし、黄銅は反応せずに失敗。 →水酸化ナトリウムのモル濃度を上げれば溶けると思い少量の水に水酸化ナトリウム(固体)を加えていき、30mol/lまで濃度をあげても溶けなかった。 →合金(黄銅)などに含まれる片方の金属を溶かすというのは不可能なのでしょうか? どうか教えてください。ペコリ(o_ _)o)) 実験(2) 実験(1)で失敗に終わったため今度は試料0.2gを硝酸3.0mol/lに溶かし Zn2+ Cu2+ にした後、 水酸化ナトリウムを加え過剰にしてCuのみの沈殿を作 り、ろ過し定量する。 →実験は成功?したのですが、水酸化ナトリウム過剰にしたときに、 ゲル状の沈殿(薄い青緑色)と粉末状(濃青緑色)の沈殿が発生しました。 その沈殿の化学式がわからないのですが、、 わかる方はどうか教えていただきたいです。 モルの計算ができずにとても困っています。 質問は以上です。どんなに小さなことでもいいので どうかよろしくお願いしますペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ

  • 定量分析の計算について

    高校の化学実験項目で定量分析の計算問題が出たのですが、どうしても最終的な値にずれが生じてします。。 問題は 乾燥NaOH,Na2CO3等を含む物質1.0122gを正確に測り,水に溶かして250ccとし,その25.00ccを0.1M(f=0.9784)HClで滴定した。フェノールフタレインの色が消えるまでの滴定値は8.89ccで,次にメチルオレンジを加えて滴定を続けたところ,さらに7.61ccを要した。試料中のNaOH及びNa2CO3の百分率を求めよ。 というものです。 NaOHとNa2CO3の濃度までは計算できたのですが百分率の値が答えとかなりづれてしまいます。。 答え(NaOH;4.95% Na2CO3;77.97%) 主に計算方法などについてご教授いただければ幸いです。。

  • 分析化学はおもしろい・・・

    私は高校2年生で、工業高校の化学系の学科に通っています。 高校の実験で、化学全般の実験を行ってきましたが特に、分析化学の定性分析と定量分析の実験が非常に楽しく感じました。 そして私は大学で分析化学を学びたいと思います。そこで疑問が生じるのですが、分析化学は将来的にどのような職場に就くことができるのでしょうか? あと、分析化学で有名な大学があれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 回答No.1

普通にやるなら、完全に溶かしてしまって陽イオン系統分析に持ち込むことでしょう。それなら工業高校の設備でもできます。 超簡単にやりたければ、アルキメデスの伝記にあるように、銀を混ぜられた金の冠の分析のやり方を使いましょう。 精密にやるならば、吸光分析に持ち込むことです。これは大学の知識と設備が要りますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 油(タッピングペースト)の定量分析

    水中に溶け込んでいる(おそらく見かけ上ですが)不水溶性金属加工油のタッピングペーストの濃度(吸光度)を紫外可視分光光度計で測定し、定量分析を行いたいと考えています。その際、検量線を引くために、標準サンプルを作製する必要があるのですが、不水溶性である油を水に完全に溶解させるにはどのような手法を取れば、よいでしょうか?現在、思いつくのは超音波(スターラー)によって無理やり溶け込ませる(これもやはり見かけ上だと思いますが)方法です。 他に、いい方法がないかアドバイス、答えを頂けたら助かります。 検量線を引くための溶媒選択を少し行ったので、その経過からまたアドバイス頂きたいと思います。 溶媒として、イソプロピルアルコール、クロロホルム、ジクロロメタン、シクロヘキサン、ヘキサン、テトラヒドロフラン、エタノール、メタノールを用いた結果、全て紫外線の吸収が210nm付近で重なってしまいました。化学的な相互作用により、吸収波長がシフトして重なってしまったり、安定剤(メタノール等)が必ず添加されてるものが多いため、それが影響してしまいダメでした。エタノールと水の混合溶媒でももちろんダメでした。過去の実験から、水に溶かした場合が最も綺麗に吸収波長が得られます。強引に水に溶かすとなるとやはり超音波しかないのかなと思います。なにか他に油の吸収波長210nmが水に溶け込んでる分を正確に測定できる定量方法(検量線を引く方法)は無いでしょうか。

  • アセチルサリチル酸の定量

    前に同じ質問をしましたが、どうしても分からないのでもう1度だけ質問させていただきます。 アセチルサリチル酸の定量についてですが、滴定による定量の方法は分かりました。 しかし、もう1つ呈色による方法があるとうかがったのですが、そちらの方法が全く分かりません。 それに関して、以下のことに関してお答えいただけると幸いです。 ・必要な試薬・器具 ・1gを定量する手順 ・定量分析中に使用した試薬の調製方法及び評定方法 ・標準溶液の調製方法及び検量線の作成方法

  • アセチルサリチル酸(アスピリン)の定量について

    アセチルサリチル酸の化学分析法による定量分析について、次のことを教えていただけると幸いです。 ・定量分析中に使用した試薬の調製方法及び評定方法 ・標準溶液の調製方法及び検量線の作成方法 ちなみに、1gのアセチルサリチル酸の定量についてです。 よろしくお願いします。

  • ICP発光分析

    ICPでホウ素の含有量を定量分析をしました。 同じサンプルを続けて10回測定しましたが、はかるごとに量が減っていってしまいます。最終的には1回目に測定したときの半分になりました。 何か原因があるのでしょうか。 測定はブランク、標準溶液、サンプル、サンプル、サンプル、、、の順に行っています。 よろしくお願いします。

  • 高速液体クロマトグラフィーの分析精度

    化学品の分析関連のお仕事をされている方への質問です。 表題の分析機器(HPLC)の分析精度はどの位有るのでしょう? 当方これまで本装置ではあまり精密な測定はやったことが無いのですが、顧客様からHPLCで化合物の含有量の定量分析の要求がありました。 水溶性の化合物で、有効成分量の規格は1.0~1.5%というような幅で指示があったのですが、HPLC分析でこのような規格を議論できる精度が有るのでしょうか?

  • イオンの価数がわかる分析機器

    現在CoやNiなど種々のイオンの価数を取れる ものを扱っています. そこで簡単にCoやNiのイオンの価数を調べられる 装置は無いでしょうか? 定量分析等でできることはわかっているのですが そういった実験器具(ビュレット,指示薬etc)を 集めたり,実際分析の技術も無い者がやって 信頼性があるかどうかもわかったものではないので. 例えばCo(OH)2とCoOOH(Coは3価)の見分けを したいのですが・・・パウダーで取れているのですが 粉末X線ではブロードニングしていて分別が つかないのです. FTIRやTGなどの個々の特徴で判断するしか 無いのでしょうか? 簡単にCoが2価か3価かわかれば(欲を言えば 割合)助かります よろしくお願いします

  • 沸騰石って器具?それとも薬品・試薬?

    突沸をふせぐために入れる沸騰石は実験器具に入るのでしょうか? それとも薬品や試薬に入るのでしょうか? 教えてください!!

  • 分析者の化学物質曝露に関して

    私は現在,大学院でダイオキシン類の測定をしております。 (1)試料中ダイオキシンの含有量も高く,標品も多く添加している (2)前処理で様々な有機溶媒や酸を用いる 以上のことから,実験中は自主的に活性炭マスクと眼鏡を着用し,分析操作を行っております。 皆様の研究室や企業では,分析者が有機溶媒や有害物質に曝露しないようどのような対策をとっていらっしゃいますか? 大学は企業に比べてそこらへんの安全管理がしっかりされていないように思うのですが・・・ 環境分析のみならず,有機合成や物性測定,どのような分野でも結構ですので,現状をお聞かせください。 また,効果的な対策等ありましたら,よろしくお願いいたします。

  • ガスクロマトグラフ リーディング テーリング

    大学の実験でガスクロマトグラフにより定量分析を行いました。このとき、グラフにテーリングとリーディング現象が起きましたがその原因は何なのでしょう?? よろしくお願いします。

  • 定量分析

    高校生向きの容量分析のテーマを探しているのですが、 1.身近な素材を使い、 2.複雑な操作が不要で、 3.使用薬品の種類が少なく(できれば滴定薬と指示薬の2種類、 4.廃液の処理が簡単(不要) なテーマに心当たりはありませんか。 現在は「食酢中の酢酸の定量」を行っていますが、もう1、2テーマ用意したいと思っています。