• 締切済み
  • すぐに回答を!

租税公課(事業税)

今期の税引前当期利益の予想額を算出したいのですが、租税公課の事業税の算出方法がいまいちわかりません。 事業税を算出する為に付加価値割が必要ですよね…。 付加価値割を算出する為には所得金額の算出も必要ですよね…。所得金額を算出する為には当期利益を元に加算減算を行う…???当期利益を算出する為にはやはり今期の損益の予想が必要で、その為には租税公課の確定が必要??? この考え方ってあっているのでしょうか? 又もう少し簡単に算出する方法ってないのでしょうか? すみませんがご存知の方教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1973
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.1

>今期の税引前当期利益の予想額を算出したいので >すが、租税公課の事業税の算出方法がいまいちわか >りません。 > >事業税を算出する為に付加価値割が必要ですよね…。 質問者さんの記載からすると、資本金1億円を超える 外形標準課税対象法人と思いますので、それを前提に。 事業税については付加価値割を含め全て支出時に 損金算入となりますので、事業税の計上時においては 税務上の所得金額は租税公課の仕訳前と仕訳後でも 変動しません。 また、税務上の所得金額は最後まで変動することも ありますので、決算上(会計上)は概算で算出するよう にしたら、どうでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 事業税の計上額について

    税金の計算について教えて頂きたい内容があります。 当社はサービス業で事業税の計上をしています。 事業税=所得割+付加価値割+資本割 付加価値割の算出方法についての質問です。 付加価値割=付加価値額*0.48% 付加価値額=A*0.7+B*1.7+税引前利益*93.28% Aは賃金等 Bは支払利息、受取利息です。 付加価値割の仕訳は 租税公課(販管費)/ 未払事業税で入力します。 付加価値額を算出する税引前利益は上記租税公課を加味するまえの税引前利益です。 月々累計で計算していくのですが、翌月はどのように計算したら良いでしょうか。 例  4月 税引前利益 100      租税公課   20           税引前利益  80(付加価値割入力後) 5月 税引前利益 110          租税公課   30     税引前利益  80(付加価値割入力後)     4月は税引前利益100を用いて付加価値額の算出 5月は次の2パターン考えられます。    (1) 4月は租税公課加味後の税引前利益80、5月度は租税公課加味前の税引前利益110を使用 (2) 4月、5月共に租税公課加味前の税引前利益使用(100、110) (2)が正しいと言われたのですが、どうして(1)は駄目なのでしょうか。 分かる方、教えて頂けないでしょうか。 ちなみにこの後法人税住民税の仕訳を入力します。 税引前利益は租税公課加味後(4月、5月共)の税引前利益使用

  • 事業税は租税公課?

    事業税は租税公課もしくは法人税等のどちらで処理するのでしょうか?何か決まりはあるのでしょうか?

  • 租税公課の算出方法について

    来年度の予算を設定しているのですが、租税公課の算出方法が分かりません。 エクセルの計算式では、 「付加価値高」-「経費(人件費・旅費などの合算額 租税公課は除く)」×10%=「租税公課」として算出していました。 経理部門を別会社に委託しているのですが、その担当者からは、「経常利益」+「租税公課」×10%=「租税公課」という回答で、肝心の租税公課の算出方法が分かりません。 会計知識がなく困っています。 どなたか親切な方教えて下さい。

  • 個人事業税を租税公課に入れてなかった。

    自動車税と同じく個人事業税も租税公課に入れられると分かったのが、3年前でした。5年前まで、さかのぼって申告できますか?その時は、租税公課の欄に、そのまま合計を足してかいていいでしょうか?

  • 租税公課

    損益計画書に記載する租税公課は去年実績で算出された法人税、住民税及び事業税の額になるのでしょうか? もしも今年創業した場合は租税公課(法人税、住民税及び事業税)は0円になるのでしょうか?

  • 事業税の勘定科目は、租税公課と法人税等のどちらが良いのか?

    事業税を支払った時には、租税公課勘定で処理するやり方と、法人税・住民税及び事業税で処理するやり方と2通りあるようです。 しかし、租税公課勘定で処理すれば販売費及び一般管理費で計上されることになり、営業利益や経常利益、税引前当期純利益に影響が出るでしょう。これに比べ、法人税・住民税及び事業税で処理すれば、営業利益や経常利益、税引前当期純利益には影響が出ないでしょう。 決算にも違いが出てくるのでは?という気もします。 租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか? この様なことに詳しい方がおられましたら、ご回答の程宜しくお願いいたします。

  • 事業税を租税公課で処理した場合の税務調整は?

    事業税の発生を仕訳する場合には法人税等で処理するのが現在のやり方と思いますが、以前は事業税を租税公課で処理していたと聞きます。 法人税申告書の作成手順は、 (1)法人税等計上前の決算書を作成し、 (2)(1)を基に申告書を作成し、 (3)(2)で算出された税額を決算書に反映 (4)(3)の決算書を基に申告書を作成 していきますが、 事業税を法人税と租税公課で処理した場合には、(1)の法人税等計上前の決算書の金額が異なってくると思います。 処理をした科目の違いで法人税額が異なってしまうのはおかしなことと思います。 そこで、事業税を租税公課で処理した場合には申告書上、どの様な調整を行っていき、法人税等で処理した場合と同じ法人税額にもっていくのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 事業税と経常利益について

    昨期 経常利益が5000万円近くありました。 今期昨期の事業税が750万ほど今期の租税公課により経費扱いのため経常利益が減ってしまいました。 なぜか納得がいかないのです。 経常利益が今期も同じ以上に出ると思っていたのですが、事業税はこういうものなんでしょうか?経常利益は上げていきたいのです。 わかりやすく教えていただきたいのです。

  • 租税公課とは何でしょうか?

    租税公課とはどのような内容のものが申告できるのでしょうか? 税務署の申告書に添付してある説明書には、消費税や事業税、固定資産税などが含まれていますがそれでいいのでしょうか?他にありましたら知りたいのですが。 それとこれらの税金は今年から見て昨年支払った税額のことでしょうか? どなたかなるべく詳しく教えて下さい。 お願い致します。

  • 事業税の外形標準課税の会計処理について

    事業税の外形標準課税が今年度からスタートしますが、事業税の付加価値割及び資本割の会計処理について質問です。 事業税の付加価値割及び資本割は販管費(租税公課)として処理するのは分かるのですが、その計上時期はいつの時点なのでしょうか?考えられるのは次の2つのいずれかになるかと思いますが。 A・・・決算時には充当金の引当をせず、実際に現金納付を行った時をもって販管費計上をする方法。 決算時:仕訳なし 納付時:(販管費・租税公課)××(現金預金)×× B・・・決算時に法人税、住民税及び事業税の所得割のような充当金の引当を販管費を使って計上し、納付時には充当金を取り崩す方法。 決算時:(販管費・租税公課)××(納税充当金)×× 納付時:(納税充当金)××(現金預金)×× 宜しくお願いいたします。

専門家に質問してみよう