締切済み

テルミット反応から学べること

  • すぐに回答を!
  • 質問No.158003
  • 閲覧数462
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 100% (3/3)

テルミット反応の実験を通して、化学的にどんなことが学べるのでしょうか?
また、テルミット反応は現在どのような面で役立っているのかお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1

ダイレクトな回答ではありませんが、以下の参考URLサイトには関連質問の回答がありますが、参考になりますでしょうか?
この中で#2で紹介したサイトも参考にして下さい。

http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=55111
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=90623

ご参考まで。
お礼コメント
whiroaki

お礼率 100% (3/3)

ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-08 01:20:33

  • 回答No.2

>化学的にどんなことが学べるのでしょうか
酸化還元反応と金属が「燃える」事.
錆び方によっては.温度が高くなって鉄でも燃える(スチールウールの燃焼実験と比較してみせる場合が多いと聞いています)

>役立っているのか
3000度を越えるような液相高温を簡単に得る方法がテルミットくらいしかないので.このような所には使われています。
お礼コメント
whiroaki

お礼率 100% (3/3)

参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-08 01:21:50
  • 回答No.3
レベル2

ベストアンサー率 0% (0/0)

>テルミット反応は現在どのような面で役立っているのかお願いします。
工業的に、金属を製錬するときの還元材にC(コークス等)をよく用います。
また、Cの(還元雰囲気では)高温耐性に優れる、導電性があるといった性質を
利用して、金属を溶かす容器や、電力で熱補償するときの電極の材料としても
よく使用してます。
よって、金属製錬ではCがコンタミしやすいのですが、これを嫌う場合、テル
ミット法での製造が、有力な選択肢の一つとなります。

また、テルミット法は、装置らしい装置が不要なので、少量なものを手っ取り
早く造りたいときにも有効です。
※耐火物の容器1個(と、できれば集塵装置)だけがあればOKです。
お礼コメント
whiroaki

お礼率 100% (3/3)

とても参考になりました。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-11-08 01:26:41
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


専門家があなたの悩みに回答!

ピックアップ

ページ先頭へ