• ベストアンサー
  • 困ってます

パソコン代行入力の責任について

パソコンに慣れてくると初心者などから、 インストールやその設定作業を頼まれるようになります。 そのときに、パソコンがフリーズしたり、 他のソフトの動作がおかしくなったり、 大切なデータを消してしまったりと トラブルに巻き込まれるリスクがあります。 万一、トラブルとなってしまった場合その責任は誰が負うのでしょうか? 損害賠償問題となるのでしょうか? さらに、その依頼者が自分の勤める会社の取引先であり、 インストールを頼まれたソフトが 自社との取引に有益な業務ソフトである場合には、断りきれません。 そのときのパソコントラブルの責任は誰が負うのでしょう? (補足、自社と取引先との関係はパソコンやソフトの販売関係はありません。  インストールや代行入力は無償で奉仕として行なうものとします。) この種の問題は因果関係が明確でなく 非常に難しい問題ですがよろしくお願い致します。 以上

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数103
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • h-seria
  • ベストアンサー率44% (198/442)

基本的な部分が抜けておりますのではっきりとは申し上げられませんが、作業に入る前に必ず、一言データ及びHDD内の情報については、責任対象外である事を相手方に伝える必要があります。 いかなる修理もしくは設定の更新作業であるにせよ、現状の内部に関して操作を加える場合、メーカーサポートであっても、情報に関する保証は対象外となります。 との一文を明記しています。 本来は、バックアップを取ってから作業を開始する事が正しい手順ですから、トラブルを避けるためには、確実な方法を用いるべきでしょう。 損害についてですが、そのソフトが仮に破損した場合においても、整備当事者及び企業が損害賠償を請求され、実際に賠償命令が下りると言う事は無いと言って良いでしょう。 理由として、そのソフトを失った事で当該企業がどれだけの損益を出すかを算定する根拠が乏しい。 そして、修理及び設定を依頼する時点まで正常に動いていた場合、バックアップを取っていない側にも責任が発生します。 実際に裁判になった時は殆どが和解勧告になるでしょう。 但し、その該当ソフトが企業にとってのメインシステムであり生命線であった場合にはかなりもめる事になるのは必死です。 現在の日本ではこの様なケースにおける判例が殆ど無く、裁判所の見解も未だ定まっておりません。 つまり、双方話し合いの上で解決しなさいと言う事です。 賠償問題としてではなく、責任問題として捉えた場合は上記の考え方が通常です。 賠償につきましては、相手企業との今後の取引が御社にとって有益であれば、金銭での解決を模索する事も一つの考え方ですが、そうでない場合は、可能な限り金銭解決には応じないほうが良いでしょう。 トラブルを考えるならば、専門職を雇用するか、サービスとして行うべきではない分野はアウトソーシングに回す等、防衛対策を充実させておく方が無難です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございました。 判例がほとんどなく、裁判所の見解も定まっていない。 当事者の和解となれば 最悪、泥沼も覚悟しなければならないのですね。 確実に対応するには やはり専門家に任せるのが一番良いですね。

関連するQ&A

  • 相当因果関係説について質問です。

    判例の相当因果関係説について質問です。 なぜ判例では相当因果関係説を採用しているのでしょうか? ある事象とその後の結果に因果関係があるならば、その後の結果について全て責任を負う方が妥当だと思うのですが…。

  • 損害賠償金の勘定科目処理について

    取引先とのトラブルが発生し、原因を追及していいますが、最終的にその原因は特定できず、取引先としては、謝意をあらわし、かかった費用の一部を見舞金という名目で振り込みをされることになりました。 しかし、自社には全く落ち度がないため、損害賠償という名目での振り込みであると認識しています。その場合、勘定科目はどのようになるのでしょうか。

  • 法律の文章を添削お願いします

    刑法上の因果関係について論じなさい。 因果関係とは原因と結果の関係である。 例えば、XがYを殺意をもって刺し、Yが出血多量死したという事例があった場合XがYを殺意をもって刺すのが原因でYが出血多量死したのが結果である。 因果関係についてはその行為がなかったならば、その結果も発生しなかっただろうという関係があれば刑法上の因果関係があるとする見解である条件説とその行為からその結果が発生することが経験上一般的であれば刑法上の因果関係が存在するという相当因果関係説がある。 私は相当因果関係説が妥当であると考える。その理由は条件説をとると予期されない事実ににより結果が発生した場合結果に対して責任を負うのはこくである。よって条件説は妥当でない。 添削お願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 まず、これらの行為について、特別の定めをしていなければ、民法の(準)委任契約あるいは請負契約の条項が適用されます(632-656)。あまり、難しくありませんので、一通り、目を通してください。あなたの方では無償のサービス業務と思っているか知れませんが、相手に取ったら、料金を払っている専門家です。専門家でも、無過失ならば、責任を負うことはありませんが、相手に対する挙証責任はあなたの方にあります。これらのことについて、同業者が用いている契約書や契約全書を参考にして、契約書を作られることをお奨めします。しかし、過失が明らかな行為まで、免責できるという規定がありましても、それは最近施行された「消費者契約法」8条により無効になります。 消費者契約法 http://www5.cao.go.jp/2000/c/0512c-keiyakuhou.html

参考URL:
http://www.juas.or.jp/pub/mnl/zeimu.html#2 委任契約の実務知識と問題点

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございました。 参考URLを拝見させていただきました。 委任と請負の違いについて 大変勉強になりました。

  • 回答No.2
noname#24736

個人が善意でやったことでも、賠償責任は発生するでしょう。 それを回避するには、何ら責任を負わないことを書類にして、相手の印鑑を貰っておくことです。 良く、写真屋が現像に失敗しても、フイルム代しか持たない方式のようなものですね。 また、#1に有るように、データなどの重要なファイルは必ず、バックアップを取りましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございました。 やはり、書面とバックアップですね。 参考にさせていただきます。

  • 回答No.1
  • sabodes
  • ベストアンサー率34% (15/43)

 有償であれ無償であれ、作業を依託されて行った場合のトラブルは、依託を受けた人にあると思います。個人で受けた場合は個人が、会社で受けた場合は会社が責任を負うこととなります。ただ、今回のケースで会社が仮に請け負って会社が損害賠償責任を請求されると、当然会社から作業をした個人に大なり小なり損害賠償をされることがあると思います。後は免責をどの程度とするかにより、金額が減少することになります。  どうしても気になるのでしたら、依頼を受ける場合にこういった場合は責任を持てないとか明確にしておくといいのではないでしょうか。文面にすると良いのですが、口約束でも法律上は有効です。ただ、証明が難しいので、やはり文面にしておいた方がいいと思います。  例えば、作業に入る前に大事なデータは、そちらでバックアップなどして問題ない状態にしておいてください。というのはどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答いただきありがとうございました。 文面による同意とバックアップ。 現実的には、かなり難しいですね。 親切心やサービス精神だけでは行えない。 要するに、パソコンは自己責任の問題ですかね。 お礼が遅くなり、大変失礼いたしました。

関連するQ&A

  • 会社の経営責任者が取引先(債務)に対し本当はもう倒産しそうなことは分か

    会社の経営責任者が取引先(債務)に対し本当はもう倒産しそうなことは分かっている状況で、取引先に 架空の大口取引が将来あるからなどと嘘を言って支払いを延ばしたりしているのを聞いたり知ったりした時に経理責任者が取引先(債権者)にこの会社は倒産しそうなので取引を控えた方がいいかもしれません。というようなことを言った場合、会社の就業規則上は会社の機密事項を漏らしたわけですから解雇 相当かと思われますが、刑事事件扱いになるか、会社から損害賠償請求された場合、やはり会社側が優位 な立場なのでしょうか? 皆さんの意見をお待ちしております。

  • 中国語入力ソフトをインストールしても大丈夫か?

    現在、中国勤務。 パソコンはDELL社ののーとぶっくPC。OSはXP。を使用。 取引先から、中国語を入力できるソフトをインストールするよう進められましたが、日本語のOS環境で、そのような中国語入力用ソフトをインストールしてもOSには影響しないでしょうか。つまりインストールしたことによって、日本語の表記が文字化けしたり中国語に変換されるなどのトラブルはないでしょうか。ご存知の方、アドバイスお願い致します。

  • DivXとスパイウェアやウィルスとの関連

    divx.comからDivXの無償版をダウンロードしました。 OSサイセットアップのため、2度目のダウンロードです。 前回インストールしたときは、セキュリティソフトによるウィルス検索で、スパイウェアが見つかりました。セキュリティソフトが反応する事はめったにないので、とても印象的で記憶に残っていました。 今回はインストールの直後にPERL_SUB7というトロイの木馬系ウィルスが見つかりました。 このソフトとの因果関係はあるのでしょうか?

  • 落ち度なくとも責任をとる。そんな経験お持ちですか?

    私は現在、営業事務として商社に勤めております。 直接の取引先(お客様)は親会社です。 親会社への依存率が高いため、力関係(自社<親会社)がはっきりしています。 ですから、トラブルがあった場合、責任をこちらに押し付けられる場合がほとんどです。 悔しい話ですが、あきらかに落ち度がなくてもです。 営業は揉め事が面倒なようで、常にこちらから先に折れるという、参考にならない対応をしてくれます…。 この社風に疑問を持っておりますが、社会では当たり前の光景なのでしょうか? とりあえず、実践的な反駁テクニックを学べないため、ノウハウ本で対応を勉強中です。 似たような体験をお持ちの方、 オススメの本や上手い反駁方法をご存知の方、 何でもご意見お待ちしております。 宜しくお願いいたします。

  • PL法、商品の欠陥の証明と、過失の意味は?

    ある本で、PL法について、説明した文章のところで以下のようなものがあります。 (1995年の)施行前は、損害賠償請求の際、 メーカーの過失の存在や事故との因果関係の立証責任が原告に課せられていた・・・ この法律により、商品に欠陥があり、それで被害を受けたことを明らかにすれば損害賠償責任を問えるようになった。しかしそれでも商品の欠陥を証明する必要があり、まだ原告の負担は大きいと言える。 また、別なんですが、損害賠償の原則について、 民法が予定する不法行為は、故意や過失が条件であり、無過失では損害賠償の対象とはならず、・・・PL法はこの例外にある、 とあります。 「過失の存在や事故との因果関係」というのは、製造過程において、やるべきチェックをちゃんとしなかった(過失)という事実の存在が立証され、その部分の過失が、事故と因果関係にあるということだと理解しますが、具体例として問題になった、あるいはなりうるものには、どんなのがありますか? 頭の中では、粉ミルクとか、いろいろ考えられますが、実際どんなものがある(ありうる)のでしょうか? 「商品に欠陥があり」というのは、普通に使ってて、事故が発生する可能性が高い、というようなことだと思うんですが、実際どんなことがあてはまるのでしょうか? 理論的にはわかる感じはするのですが、何かこの法律が意識している具体例があればありがたいです。 よろしくお願い致します。

  • 記帳代行の仕事を始めたいのですが、何からすればよいのか教えてください

    会社が、倒産し年齢も高いため再就職は厳しいので、いままでの経験(経費管理)を生かして、賢実な仕事と思い記帳代行をと考えています。幸い、パソコンが少々使えるので会計ソフト(ソリマチ)も購入しました。 お客さんも、取引先の社長から紹介して頂けることになり、いざやろうと思いましたが、どういうシステムでどのように代金決めればよいか基本がわかりません。 皆さんのお知恵をお借りしたいので、どうぞよろしくお願いいたします。 

  • 公務員の規制権限不行使について (2)

    判例をあたった結果、1審では、警察官の規制権限不行使、違法性を認めながら、(2)の事実があったものと認めて、Aの直接の犯行の原因はその暴行であって、警官の義務違反行為(不作為)との間の因果関係は認められないものとして請求を棄却しています。しかし2審、最高裁においては、警官の義務違反行為を違法と認め、これと、Xの傷害との因果関係を肯定し、Xの兄らのAに対する暴行もAの犯行の決定的な因果関係を遮断するものとはいえないとして1審の判決を覆しました。     判決をまとめると           1審  違法性有り   因果関係無し   請求棄却           2審  違法性有り   因果関係有り   請求認容         最高裁  違法性有り   因果関係有り   請求認容 となります。   様々な資料を調べた結果、このケースにおいて、公務員の不作為による行政の賠償責任は他の規制権限不行使の事件と比べると、比較的認められやすいものだったとおもわれます。警官の違法性が認められたという点では疑問はありません。しかし損害賠償請求訴訟においては相当因果関係が認められなければ原告の請求は認容されないようです。ここで疑問なのは、処分を違法とされた警察官(公務員)は、はたしてどのような制裁を受けるのだろうかという点です。  損害賠償請求が認容されるにしろ、棄却されるにしろ、この事件においては警官の権限不行使による違法は、明らかだったとおもわれます。やはり警察法といった規定で、何らかの処分がなされると考えるのが妥当でしょうか。  1審の判決の場合には警官の処分とXの損傷との間に相当因果関係は認められなか ったのですから、警官の行為が違法とされてもその警官はなんら制裁をうけないのでしょうか。  長くなってしまい申し訳ありませんが解答よろしくお願いします。   

  • ブルーパニック?パソコンが動かなくなります。

    パソコンが急にフリーズしたり、電源を押しても起動しなくなったりします。 青い画面が出てきて白い英字でエラー表示をします。 どうもHARDWAREがどうたらこうたら言っているようなのですが、何が原因かさっぱりわかりません。 聞くところによるとソフトに問題があるんじゃないかなどともいわれています。 STOPの後に0x000000EAというコードが出てきたりしています。 何度かリカバリーをしたりしているのですが、 調子よくなったと思ったらしばらくするとまた表示されます。 実はこの現象はTAGIRIコーデックパックをインストールしてしばらくしてからなんですが、これって何か因果関係がありますか? ほかにも一月ほど前に外付けのハードディスクとメモリを増設しました。

  • 生理前に食べたくなるものについて

    生理前に甘いものが食べたくなる、とよく言いますが… これってナゼなんでしょうか…? 私も確かに甘いものが無償に欲しくなることもあるんですが どちらかと言うと、すごく油っこい物が食べたくなります。(特にホルモン) 私の友人は、塩っ辛い物が無償に食べたくなるそうなのですが… 何らかの因果関係があるのでしょうか? 食べたくなるということは、身体が欲している…?でも、なぜ? そして、それらを食べても身体に悪くないのでしょうか? 最近、かなり葛藤します。食べたいけど、吹き出物が出るし…等。

  • 大阪で使用できるパソコンサポート業者を教えてください。

    大阪で使用できるパソコンサポート業者を教えてください。 私自身IT関連の仕事をしているので、よく知り合いからPCトラブルなどの相談を受けるのですが、今回友達の会社の取引先のPCがウイルスに感染したという連絡がありました。 まあ助言くらいならしますが、やはり会社のPCなので何かあったときに責任を負えないので詳しい助言は避けました。 ただ友達も取引先なので簡単に切ることもできず困ってるそうです。 なんかいいパソコンサポート業者がないかな~といっておりました。 ただ私もPCトラブルは自分で解決しており、業者と言われてもどの業者いいとかよくわからないのが現状です。 オススメのPCサポート会社があればご教授お願いします。 取引先に紹介する会社らしいので、できれば大手のサポート会社のほうがいいそうです。 宜しくお願い致します。