• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

フルーツトマトを育てる土について

家庭菜園初心者です。2・3週間まえにフルーツトマトの苗(具体的な品種は不明)を購入し、プランター栽培してますが、土はどれを購入したらいいのかわからず、とりあえず黒土と赤玉土を半々くらいを層にして使用しています。後日いろいろなサイトで調べてわかったのですが、有機培養土たるものを使用されていました。 (1)黒土&赤玉土では失敗だったのでしょうか?この先はどう育てればよいでしょうか。 また、 (2)後々には堆肥を使うつもりでしたが、堆肥よりも骨粉などを使う方がいいのでしょうか?違いがわからないです。 ちなみに、同じプランターにはバジルの苗も植えてあります。 (3)バジルと同じプランターに植えるのは大丈夫ですか? トマト同士は同じプランターに入れるのはよくないというのは知っていたのですが、バジルは一緒に植えると実が大きく育つと聞いたもので・・・ 以上、3つの質問どれでもいいのでご回答よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1:失敗とは思いません。 赤玉土で通気性、保水性、保肥性もありますし、黒土で保水性、保肥性もありますから。 (通気性があるということは、プランターの底穴がきちんとあり、水遣りの間違いをしなければ排水性も確保できるということです) 気になるのは、プランターの素材。 プラスチックの場合、湿気がこもりやすいので水に関してきっちり管理しなければならないトマトだと、観察をしっかりする必要があります。 土の表面が乾いているからといって、土中には充分過ぎるほど水を含んでいる可能性があるのがプラ素材のものです。 表面ばかり観察しないで、しっかり観察してください。 (ちょいと指で掘って見るなど) 2:「わら・落葉などを積み重ね、腐らせて作った肥料。つみごえ」が堆肥。 (Yahoo辞書から引用) 骨粉は、窒素・燐酸(リン)が豊富な肥料。 窒素は葉肥、リンは花、実肥。 通常、「チッソ、リン、カリ」とあります。 カリは根肥。 窒素過多になると病気になりやすいという欠点があります。 しかし、葉が茂ってくれないと花も実も付きませんから^^; トマトは水関連で病気になりやすいものです。 大量の水遣りをしたり、ジャバジャバして水の飛び跳ねで病気になったりします。 水遣りは、土表面の出来るだけ近くからそ~っとすること。 もともと乾燥地の作物なので、大量の水遣りもする必要はありません。 (病気、実割れの原因になります) トマトには葉、茎に毛が生えます。水遣りを制限することで毛がいっぱい生え、そこから水分補給します。 特にフルーツトマトの類は糖度を上げることに重点を置くので、頻繁な水遣りは避けます。 詳しくは↓URLを参考までにどうぞ^^ http://www.i-mson.com/tomate/ 3:バジルは乾燥に弱いようですね。 乾燥気味に育てるトマトと乾燥に弱いバジルを同じプランターで育てるというのが少々、気になるところです。 ですが、バジルは超初心者向けみたいなので気にすることはないのかも?しれません。

参考URL:
http://www.i-mson.com/tomate/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答ありがとうございます! (1)についてはとりあえず失敗ではないということで安心しました。ただ、プランターが仰るとおりのプラスチック素材なのでドキーとしました。なるほど、奥が深いですね。 (2)についてですが、堆肥よりも骨粉のほうがフルーツトマトには適しているということでしょうか?堆肥ではリンは摂取できないんですよね? (3)いろいろサイトを通して勉強してきて、水の管理がトマトの仕上がりを左右することに気付かされました。どうしても過保護に育ててしまいがちなので、気をつけます。バジルがプランター内の水を摂って、トマトに余分な水分を摂取させない結果、甘い実ができるんでしょうかね。憶測ですが。 すいません、質問返しになってしまいましたが、教えていただけるとうれしいです。まだまだこれからも疑問は出てくると思うので、またご縁がありましたらよろしくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • O8GR
  • ベストアンサー率17% (54/309)

元肥は植える前に苗の下の方にあらかじめ入れておく肥料です。♯2にも書いたように苗の直下ではなく、苗から離れた下の方に入れておきます。 #3の回答のお礼で 「植え付けのときに土に混ぜればよかったんでしょうね」と書いておりますが、元肥は植付けの土にまぜないで離した所に入れて下さいね。 これから野菜などを作るときに元肥を入れるなら、少し深いタイプのプランターを使う方がよいですよ。 苗が根付いて、ある程度育ったり 実を取ってから施肥するのが追肥とか補肥とか言ってます。 #3 で水をかけるのはやめましょう。と、親切に私が書いていない「潅水」で説明があり、「液肥の液面散布」と「潅水」について誤解されるかと心配したのですが。誤解がないようなので安心しました。 なお 病気の原因に水関係が多いともありますが、水をかけて病気になるのは肥料のやり過ぎの可能性が高いです。 肥料は「バランスが一番」ではなく、「(バランスと)絶対量を超えない事」が一番ですよ。 トマトは水耕栽培もしているぐらいで過湿にも耐える植物です。過湿なら過湿 乾燥なら乾燥で育てるとトマトは対応してくれます。 ただ、肥料をやり過ぎでも、悪さをさせないと言う意味でも 乾燥気味に育てるに一票いれます。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アドバイスありがとうございます! 元肥とはそういうことだったのですね! まったく初心者のカン違いで恥ずかしいです・・・。 私はベランダ栽培のため、連日の雨で苗が心配しておりました。水遣りも全くしてません。 でも湿度が高くても、トマトはちゃんと自分で対応してくれると教えていただいて、安心しました! ありがとうございます。

  • 回答No.4

初めまして プランターに使用する土はホームセンターで売っている、花と野菜の土というもので十分使えます。これですと、最初から各種の土が配合されているので簡単です。 あと堆肥についてですが、栄養堆肥とふかふか堆肥という分け方があります。 栄養堆肥とは牛糞、鶏糞、油粕みたいなものを、ふかふか堆肥とは、腐葉土、バーク堆肥などのことをいいます。 植付けの際に、どちらも使用します。 元肥については、安心なのはマグアンプKをいれます。追肥はハイポネックス(お花用でかまいません)を500倍で、10日に一度くらい葉面散布してください。霧吹きで代用できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

具体的なアドバイスありがとうございます! 実はもうひとつ苗をもらいました。 この土・元肥で今度は試してみたいと思ってます。 追肥はもちろん、拝見したところ私でも簡単にできそうなので、試してみます! とってもわかりやすかったです。

  • 回答No.3

#1です。再びお邪魔します^^ ただ、「堆肥」といってもいろいろあり過ぎるんです^^; http://www.agri.pref.hokkaido.jp/fukyu/hdc/k_a1.html ↑これは馬の場合、鶏、牛、他いっぱいあります。 単に堆肥というものは最近あまりお目にかかることがないようにかんじますけど??? (自分で作っているということならべつですが^^;) 馬の場合はリン(実肥)が少なくなるようですね。 骨粉はリンが多く含まれます。 しかし、どれにしてもチッソ、リン、カリのバランスが一番大事です。 トマトを始めとする夏野菜用に「混合された有機肥料」もいっぱい売られています。 (私はこれ基本に使用しています。時期を見て鶏ふん、尿素、油かす、他を単一で施すようにしています。「今は肥料が必要なときのはず、でも、何を施せばいいかわからない!」というときも混合有機肥料に頼りますね^^;) ある程度育って、高さも適度になった、葉も茂っているということであれば、花を咲かせたいでしょうから実肥になるものを施すことです。 #1で触れましたが、トマトを乾燥気味に育てることで毛が生えてきます。 水遣りの回数が多いと毛が生えることはありません。 「何もしなくても水がある」のですから、根の発育をすればいいだけです。 でも、乾燥気味にすると根の発育と同時に「毛が生えます」。 これは根からの水分補給だけでは間に合わないので「毛を生やす」ということです。 きちんと水遣りをすれば、いくらバジルが吸い上げてくれても水分は含んだ土ですから毛を生やす必要はないと思いますよ。 乾燥気味に育てると葉、茎はもちろん毛が生えます。 でも、実にも毛が生えるんですよ^^ まるで赤ちゃんの産毛のように^^(テカテカ光ります) 全身を使って水分(湿気)を補給するということでしょうね。 追肥したいときは、まず肥料と土を混ぜましょう! 直接、土に施すと肥料が固まったり、そのまま土中で腐ったり、醗酵したり、カビが生えてしまうことがあります。 だから、まずは適度な量の土と混ぜます。 それに少量の水分を含ませて1~3日ほど置きます。 その上で、少々掘り起こしたプランターに入れて、掘り起こした土を上から被せます。 掘り起こすときはくれぐれも根を傷つけないように手、指でしましょう。 (面倒であれば、1~3日置かなくてもいいです) 要は、有機肥料は直接土に入れることで固まる、カビが生えるなどでいいことがないから、 固まらないように、カビが生えにくいように、土と同化しやすいように「先に適度な量の土と混ぜておく」ということです。 これが失敗しないひとつの方法ね^^ #2さん、ごめんなさい。 トマトに水をかけるのはやめましょう。 毎日、容器をきれいに洗う、毎日きれいな水で液体肥料を作る、薬品を作る、などをしない限り、 トマトに水関連のものをかけるのは避けたほうがいいです。 どこから病気になるのかは圧倒的に水関連のものからです。 水遣りが不適切、水遣りの仕方が大雑把、雨ざらし、などが主です。 モザイク病も水から感染します。 でも、根元から遠くに肥料を施すのは賛成^^ 肥料焼けしないためにもいいことです。

参考URL:
http://www.agri.pref.hokkaido.jp/fukyu/hdc/k_a1.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もすみません!ありがとうございます! 「毛が生える」ということで、早速うちのトマトの苗を観察してみました。 生えてます、生えてます!茎に。 葉のほうには生えてないように思います。ちょっと乾燥気味なんでしょうかね。 遣り過ぎではないようなのでよかったです! でも、気を使わなくては・・・! 堆肥についてのURL拝見させていただきました。ムズカシー! ただ、堆肥もピンキリで素人が使いこなせる代物ではないということはわかりました。 苗はもう20センチ以上は育ってるので アドバイス通り、夏野菜用混合有機肥料を探して使ってみたいと思います。 ホントだったら、最初の植え付けのときに土に混ぜればよかったんでしょうね。 これから、虫対策や支柱を立てるやら忙しくなりそうです。 でも、自分で作った野菜はひとしおのおいしさだということで、 それを励みに、手を惜しまず育てていきたいです。 himeyuriさんの丁寧かつ親切ななご回答には人柄の良さがうかがえ、感激しました。 きっと、おいしい野菜をたくさんお作りになってるんでしょうね! 本当にありがとうございました。また、ご縁がありますように。

  • 回答No.2
  • O8GR
  • ベストアンサー率17% (54/309)

追肥の方法は難しいですよ。と言うか、追肥した事はないです。^^;  元肥を一発 根っこから一番遠くに入れてます。 プランターが雨のあたらない所にあるなら、雨で一気に肥料分が根に回って根を痛める事はないでしょうが、後から入れるなら、なるべく根元から離して入れましょう。 ちなみに自分が元肥無しで植えられたプランターを預けられたら、堆肥も骨粉も入れず、ハイポネックス等の液肥を1000倍ぐらいに薄めて葉っぱにスプレーするでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 元肥を一発?というのは、もしかして 植木鉢の土に刺さっている薬びんみたいなものでしょうか? すいません、初心者なもので元肥がなにかも知らず・・・ ハイポネックスですか!葉にスプレーという摂取方法もあるんですね! ぜひ遣ってみようと思います!

関連するQ&A

  • 赤玉土と軽石の違いは、なんですか?

    赤玉土と軽石の違い 水はけを良くするために、赤玉土を入れなさいと言われましたが、 軽石の方が良いのではないのでしょうか?? トマトをプランターで、育てようと思い、お店の人に、どのような土作りをすれば良いのか聞いてみたところ 、「水はけを良くするために、プランターのそこに、赤玉土を入れておけば、良いよ。そして、 その上に、腐葉土を乗せて、トマトの苗を、植えればいいよ」 と言われましたが、そのあと、自分で色々調べてみたら、 水はけを良くするためには、軽石の方が良いのではないかと思いました。 本によっては、赤玉土5;腐葉土3なんて書いてあったりして・・・ ミニトマトのプランターの土壌作りについて教えてください。

  • まだ足りない土つくり

    3月にじゃがいもを植える為、12月から庭の土にバーク堆肥と黒曜石パーライト、野菜の培養土を混ぜ、雨や雪にさらしています。 しかし、まだ低めの畝になるので、新たに土を混ぜようと思いました。 そこで、また野菜の培養土を足してしまうか、黒土や赤玉土とかの土を投入した方が良いのか迷っています。 量の割合や、何の土を選ぶかの選別って、結構難しいのでしょうか?

  • プチトマト・バジルのプランターに次に植えるものを教えてください。

    ガーデニングは超初心者です。 今年初めて、30*50*高さ30くらいのプランターに土は野菜用とかいてある培養土を使ってミニトマトとバジルを育てました。一苗ずつです。 トマトが終わったので、なにか育てたいのですが、そのまま植えて育てられるものってありますか? バジルはまだまだって感じなのですが… それとも他のものを植えるなら土を変えなければいけないのでしょうか?トマトが植わっていた部分だけ?? すみません、ほんとに初心者で調べてもよくわからなかったので、教えてくださいませ。 よろしくお願いいたします。

  • 家庭菜園。。。フルーツトマトの品種。

    店でフルーツトマトとして売られているものを育てたいのですが、多くの種類がありどれがいいのかよくわかりません。 ☆プランターで育てる。 ☆接ぎ木苗を買ってきて育てる ☆生食用で、甘くて、皮が薄く、赤色の大玉とミニの間くらいの大きさ。 以上の条件で育てるのなら、どんな品種がいいでしょうか? 家庭菜園は、初心者ではありませんがよく知っているという程でもなく、毎年、試行錯誤を重ねいろんな失敗をしながら楽しんでいます。 なにか、ワンポイントアドバイスでもあれば教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • トマトの育て方

    こんにちは。 今年の春先にトマトの苗をプランターへ植えました。 苗の上の方に2箇所、5つくらいずつトマトがついていますが、真ん中から下は葉のみです。もう実はつかないのでしょうか?これからできる対策などはありますか? ちなみに品種はよくわからないのですが、スィートトマトと書かれており、中玉のトマトができるようです。 よろしくお願いします。

  • プランター内の、失敗してしまった野菜や土の処理に詳しい方!!お願いしま

    プランター内の、失敗してしまった野菜や土の処理に詳しい方!!お願いします! 家庭菜園を始め、3ヶ月が経過しました。初心者ではあります。 ミニトマト、カボチャ、バジルを育てましたが、ミニトマトが立ち枯れ?してしまい、もう実も着かないし 完全にダメになってしまっています。。 そこで、だいぶ大きいプランター内の土と50センチほどのトマトの株をどう処理したら良いか分からないのです。 土は、調べた結果、肥料と太陽に当てて再生させてまた使おうとは思っています。 ただそれでも分からないことが。。。 ●土を太陽に当てたいが、日が照らない季節はどのように土をとりあえず保管すれば良いか?プランターに入れっぱなし? それとも袋に移すのか?とにかく庭に撒いてしまうか? ●庭が狭いのでプランター菜園なのですが、、使い終わった培養土を庭に撒くのって普通ですか?石と雑草と乾いた土ばかりの庭です。培養土は栄養が入ってるから虫を誘引してしまうと聞きました。それなら撒かないほうがいいのか? ●株は小さく折ってゴミとして出すで良いのでしょうか ●秋にまた栽培を始めたいのですが、土はどのタイミングで再生させればよいでしょうか。新たに種を撒く直前?それとも今? 以上4点よろしくお願いします!!!

  • 新規花壇の土づくり

    外構工事で花壇を作りました。 大きさは120cm×100cm、深さは50cmです。 業者は黒土を入れると言っていたのでやめてもらい、まだ何も入っていない状態です。 最初は赤玉土と腐葉土を混ぜて入れようと思いましたが、赤玉土は花壇には向いていないとの事で、ホームセンターで売っている花の培養土をベースに他に何か混ぜた物を使おうと思いました。 しかし花の培養土は赤玉土をベースにしていたり 赤玉土を使っているとのことでした。 この場合は花の培養土は使用しない方が良いでしょうか? 自分で配合するにしても何を選べばいいのかわからず、困っています。 植える植物はアスチルベ、アジュガ、ヤマボウシ等、シェードガーデン向きの植物です。 塀で囲まれていて風通しが悪いので、水はけが良く、水もちの良い土にしたいと思っています。 また土づくりの本でオススメの書籍があれば教えてください。 図書館で探しましたが土作りの書籍はあまりありませんでした。 よろしくお願いします。

  • 野菜用の土が余ってしまいました。

    野菜用の土が余ってしまいました。 今年初めてミニトマトをプランターで栽培している園芸初心者です。野菜用の土を購入しそれにトマト苗を植えていますが、まだたくさん土が余っています。 この未使用の土、来年も使うことはできますか? またトマトの収穫が終った後の土はその後どう利用なり、処分したらいいのでしょうか?

  • 花と野菜の土 培養土の処理方法

    市販の「花と野菜の土 培養土」をプランター菜園に使用していました。何年間か使用したので新しい培養土と入れ替えようと考えています。その際の、古くなった培養土の処理方法についてお伺いします。庭に野菜用の小さな畑(5m2位)がありますので、そこに堆肥をすき込む要領で一緒に混ぜ込もうと考えていますが、この方法はOKでしょうか?それとも廃棄すべきでしょうか?ホームセンター等では土の再生材等が置かれていますが処理が面倒そうなのでやめておこうと考えています。畑へのすき込みがOKの場合の注意事項等はあるのでしょうか?(前処理が必要だとか・・・)素人判断でよく判りませんが処理したい培養土はバーク堆肥やパーライト、バーミキュライト等が主成分だと思います。よろしくご教授のほどお願いします。

  • イタリアントマトの育て方について

    イタリアントマトの育て方について プランターでイタリアントマトのF1サンマルツァーノという品種を育てています。 苗の状態で購入し、一番初めにできた実は大きくなり収穫できたのですが、 それ以降花がついても実にならずに枯れるような感じになってしまいます。 葉自体は元気でぐんぐん育っているのですが、葉に栄養が行き過ぎているのでしょうか? イタリアントマトもミニトマトとそれほど育て方に相違はないようですが、 実ができるようにするにはどうしたらよいでしょうか。 今は一つも実がありません…。ちなみに少し前まで深さ20センチくらいの小さめの丸い鉢で 育てていたのですが、根が土から見えるところまで来てしまい、鉢が小さいのかなと思い、 2まわりほど深く大きい鉢に入替えました。