• ベストアンサー
  • 困ってます

新災害割増特約について

こんにちは。 生命保険の見直しを検討しているのですが、現在、39才、独身、男性ですが、事情で、仕事が、バイトのみの 収入になっています。 過去に契約した保険で、終身保障3000万、他の特約も あり、年間40万弱支払っております。 最近、経済的理由から、保険の特約について勉強している 中で、新災害割増特約というものが、疑問になっております。 その新災害割増特約というのは、想像するかぎり、地震や 火災などで生じた疾病のときだけに支払われるものかなと 思っているのですが、如何なものですか? 間違っていれば、どのような災害に該当するのですか? 実際問題上、そういう災害で生じる外傷や疾病の確率は、 極めて低いと思いますので、災害特約の必要性は少ないと 思うのですが、如何なものですか? ご多忙中のところお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

新災害割増特約・・・・これってニッセイかな?  不慮の事故で死亡・高度障害時に普通死亡にプラスされて支払われる名称通りの特約です。#1の方がおっしゃっている通り、保険料は何十円何百円のものですので、保険料の削減ってことにはあまり貢献はできないかとおもいます。  終身保険で3000万円あるのであれば安いでしょうから・・・減額もいいかもしれません。でも・・・多分定期特約付き終身保険ではないかと思われます。  それとも、かなりお若いときに加入されたのではないのでしょうか?そうならば、単体の終身保険でも分かるのですが・・・  保険料を減らしたいのであれば、方法は4つほどあります。 1・解約 2・減額 3・払済保険に変更 4・延長(定期)保険に変更です。 4については、独身だということですのでお勧めできません。  減額して続ける方法と払済保険にして医療保険を一つ加入する方法。  これが一番お勧めですね!!    払済保険は変更するとすべての特約が消滅します。(リビングニーズ特約だけは消滅しません)今ある解約金で一時払いの終身保険を買うという感じです。なので死亡保障は下がります。払戻金はありません。払済保険の予定利率は元の契約の利率が適用になりますので、H6年以前に加入されたのならばその方がいいかもしれません。  裏技として、契約者貸付をいくらか受けられてから払済保険に変更すると一時金を手に出来、それを医療保障にまわすというのもいいかもしれません。その場合は、払済保険の死亡保障は下がります。  減額の場合は、一部解約となりますので解約払戻金がありますから、元の契約の医療特約もはずして、その資金で医療保険をまかなうのもいいかもしてません。  ただし、年払いということなので払い込みの月まで待ってから減額することをお勧めします。途中で減額しても経ってない月の分の保険料は戻らないので損ではないかと思います。  今収入が途絶えたときのため(病気や怪我で働けなくなった状態)の保険に見直しされることと、保険料で生活が苦しくなるようなことにはならないようにしましょう。    他に何かあれば補足して下さい。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • Pigeon
  • ベストアンサー率44% (630/1429)

 こんにちわ。  「疾病」とつくと病気、災害とつくと事故・ケガと思っていただくと分かりやすいと思います。ケガの関係の保障料(保険料)は病気関係まで含む物に比べかなり安いです。(が、後述します。)  平成元年当時加入なら、4万の保険料でも終身保険3000万円というのはありえるのですが、私共(のいけないところ?)業界関係者ではすぐに、定期保険特約付き終身保険ではないか、と思ってしまう部分もあります。  単体終身保険で平成元年ですと、予定利率5%程の水準の保険であり、貯蓄と考えてもお宝保険と言えるものです。これからも独身と言うことであれば、生存リスクへの備え、長生きへの備えに役立つ物と思います。年金支払移行すれば個人年金に早変わりです。できるなら続ける事をお勧めします。  特約関係の見直しはお勧めです。事故・ケガの死亡保障を増額する理由がなければ特に保険料が僅かとは言っても不要な物は、不要という姿勢で良いと思います。 また、昨今様々な医療保険が登場しています。割安(&保障が厚い)な医療保険に単純に置き換えてしまうのもいいと思います。(一般的には特約のみ解約というのは可能です。)  どうしても、負担が厳しいと言うのであれば中途減額等ができるかお問い合わせ下さい。()  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

こんにちは、pigeonさん。早速のレスありがとう ございます。 少し補足とうのか追加質問というのかわかりませんが この年齢で、新しく医療保険に入ると、月々の保険料 が、多くなるのでは、ないですか? あと災害割増特約のことですが、私本人がもらうので はないのですか? どうも、ちんぷんかんぷんですのでお願いします。

  • 回答No.2
  • igmp
  • ベストアンサー率28% (156/546)

生命保険はその性質上、その人の生活環境、状況によって 多種多様な解があります。 ましてや、見直しを検討している方に対しては当然だと 思うのですが、可能であればもう少し詳しい状況を教えて 頂けないでしょうか?  本サイトに存在される多くの専門家の方々も的確な回答を し易くなるはずです。 例えば、 1.現在加入の保険の商品名 2.現在の死亡保険金、医療保険金の内容 3.現時点の死亡保険金の受取人は誰? 4.将来のご結婚の予定は? 私が思うに、終身保障3000万、年間40万弱の支払いは 絶対に多すぎかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

igmpさん、ありがとうございます。 下記に、契約している保険内容について明記しておき ます。 -------------------------------------------- ニッセイレインボープラン(平成元年7月契約) 終身保険          3000万円 災害割増特約         500万円 新傷害特約(本人型)     500万円 新災害入院特約(本人型)日額 8000円     新入院医療特約(本人型)日額 8000円 通院特約   (本人型)日額 3000円 上記のとおりですが、55歳から毎年73.7万円の 年金として受け取ったり、終身保障として300万円 を受け取るようにも選択可能です。 ----------------------------------------------- 尚、兄弟はいません。今のところ結婚する予定は、 ありません。 よろしくお願いします。  

  • 回答No.1

保険会社によって特約の名称は多少異なりますが、もし、 死亡した時の死亡保険金をどなたかに沢山残してあげたい、という希望が 特になければ、同じ災害割増特約でも傷害特約というものがあり、 これは、事故による、手足など欠損や、著しい障害が残ったときに 生きているあなたに一時金が支払われますから、こちらの特約を重視して 俗に言うところの、災害割増特約は死亡時だけの割増と思われますので、 減額されても支障がないと思います。 ただ、もともとこの特約保険料は低料ですので、あまり保険料の見直しには 貢献しないかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 災害割増特約と傷害特約の違い

     災害割増特約と傷害特約の違いがいまいちわかりません。どちらも死亡したときは災害死亡保険金がおりるようですが、災害割増特約は高度障害状態になったとき災害高度障害保険金がおり、傷害特約は身体障害状態になったとき傷害給付金がおりるそうです。高度障害状態と身体障害状態は違うものなのでしょうか?また、災害高度障害保険金と傷害給付金は支払われる額はちがうのでしょうか?

  • 日本生命保険の特約について

    生命保険の見直しを考えています。 現在、日本生命の終身保険に加入しています。特約で「新入院医療特約α」と「女性入院特約α」を付けています。 もし、「新入院医療特約α」で「女性特有の疾病入院も保障されるのであれば、「女性入院特約α」を解約しようと思います。 「新入院医療特約α」で「女性特有の疾病入院も保障されるのでしょうか? 教えてください。宜しくお願いします。

  • 生命保険の内容について、アドバイスをお願いします。

    生命保険の掛け金を安くしたいので、下記の保険内容について、アドバイスをお願いします。 文字の配列が乱れ見難いかと思いますが、宜しくお願いします。 53歳 女 日本生命、ニッセイ終身保険[重点保障プラン] 終身保険(主契約)       230万円       保険料    511円   終身    定期保険特約          500万円       保険料   2665円   更新 3大疾病保障定期保険特約  300万円       保険料   4527円   更新 災害割増特約          500万円       保険料    155円   更新 新障害特約           300万円       保険料    132円   更新 総合医療特約[124日型] 日額  10,000円  保険料    6510円  更新 [入院治療給付金あり型][女性特定疾病倍増型]  新がん入院特約        日額  10,000円  保険料  1239円   更新 災害割増特約と新障害特約は似たようなものなので、障害の程度によって貰うことが出来る新障害特約を残して、災害割増特約は外すつもりです。 あと、新がん入院特約を  日額 5000円にしようかと思うのですが、どうでしょうか? よく、3大疾病保障定期保険特約は、必要の無い特約だと言われていますが、それはどうしたらいいでしょうか? また、自分の公的な保険は、国民健康保険です。 以上、宜しくお願いします。

  • 終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約

    終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。主契約終身保険500万円、特約(災害入院1万円、疾病入院・手術1万円、成人病入院・手術特約5千円)です。保険料払込期間60歳、特約の保障期間も60歳で特約一括前納保険料として786321円払うことで80歳までの特約の保障期間となります。今回保険の見直しを考えており入院保障を終身にしたいと考えています。そこで、特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。保険証券には60歳3192800円、65歳3632550円、70歳3967650円、75歳4095700円、80歳3775500円と書かれています。ちなみに払込保険料累計額は4138200円です(この金額には特約一括前納保険料として786321円は入っていません)。契約している保険会社は特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少なくなるといいます。保険の見直しを考えている保険会社では少なくなるのはおかしいといいます。特約を解約しても保険証券に書かれている解約払戻金額になるはずだといいます。どちらの言い分が正しいのでしょうか?

  • 行き詰まりました

    以前も質問させてもらった、保険を見直し中のものです。生命保険の終身のみ残して、特約をすべて解約しようと思って保険会社に問い合わせたのですが死亡保障を1千万残さないとだめな商品ですと言われました。 専業主婦29歳 夫、子供(0歳)の3人家族 エジソン生命の5年毎利差配当付終身保険  平成10年契約(23歳) 55歳払済 終身 200万  ステップ払い10年まで1998円 11年以降2598円 特定疾病保障定期特約200万円  定期保険800万円 災害割増特約500万円  傷害特約災害保険金500万円 災害入院 1日1万円 疾病入院1日6000円 女性入院1日6000円 手術特約100万円 終身以外は10年更新で総保険料6985円です。 今、解約すると101949円戻ってきます。終身のみは残せないと言われると、やはり無理なのでしょうか。すべて解約してほかに入りなおした方がよいのでしょうか。 他にアメリカンファミリーのスーパーがん保険と入院特約1日5000円にはいってます。専業主婦にこんなに保障はいらないと思い見直しを始めたのに行き詰ってしまい、頭が痛いです。どうか、相談に乗ってください。  

  • 今終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解

    今終身保険の特約(災害入院、疾病入院・手術、成人病入院・手術特約)を解約する事で発生する特約部分の解約払戻金額について保険会社によって意見が分かれているのではないのです。特約を解約した後、もし今後主契約の解約をすることがあった場合の主契約の解約払戻金額が保険証券に書かれている金額と一緒になるという保険見直し検討会社(アリコ、ソニー)と、大幅に下回るという現契約会社(アクサ)のどちらが正しいのでしょうか。知りたいと思っています。65歳363万円が262万円、70歳396万円が300万円という話です。主契約終身保険500万円、特約(災害入院1万円、疾病入院・手術1万円、成人病入院・手術特約5千円)です。保険料払込期間60歳、特約の保障期間も60歳で特約一括前納保険料として786321円払うことで80歳までの特約の保障期間となります。今回保険の見直しを考えており入院保障を終身にしたいと考えています。そこで、特約の部分だけ解約した時の解約払戻金額は保険証券に書かれている金額より少ないのでしょうか。保険証券には60歳3192800円、65歳3632550円、70歳3967650円、75歳4095700円、80歳3775500円と書かれています。ちなみに払込保険料累計額は4138200円です(この金額には特約一括前納保険料として786321円は入っていません)。

  • 保険特約について

    保険の見直しをして1つだけ特約をのこしたんですが、どういう病気に保障されるのかわかりません。おしえてください、残した特約は、 特定疾病保障定期保険特約です。よろしくお願いします

  • 保険内容の見直しを検討しています。現在主人40歳、私39歳、子供18歳

    保険内容の見直しを検討しています。現在主人40歳、私39歳、子供18歳、16歳の高校生です。 三井生命に加入していて約20年ほど掛けています。定期保険のみで終身には加入していませんでした。 支払額が28000円と高額です。これから大学に進む子供がいるので保険料の見直しを担当者にお話ししましたが、どれも重要だというかんじでどれを削ればよいのかわかりません。 現在 定期保険1370万 以下特約 生活保障120万・介護保障300万・総合疾病保障200万・特定疾病保障100万・災害疾病保障300万・災害入院7000円・疾病入院7000円・生活習慣病入院5000円・がん入院5000円・通院給付3000円 ファミリー保障もつけていますが、これは解約することに決めました。 こんなにたくさんの特約は本当に必要なのでしょうか。 終身保険に入っていると思っていたら入っていなかったので、そちらと含めて検討したいので、アドバイスをおねがいします。

  • 更新の際の減額、特約はずす?それとも・・

    H9年に、住友生命 5年利差配当付連生終身保険に夫婦2人で入りました。(今、共に43歳、子2名) それをH14年に更新で主人の分だけ解約し、私の分は 5年ごと利差配当付終身保険 のままで   主契約    保険期間    ・・・終身    保険料払い込み期間・・65歳払い込み満了    基本保険金額   ・・100万円に減額 定期保険特約 NO、1  ・・保険金額を600万円に減額   保険期間 44歳満了    であと、特定疾病保障定期保険特約 300万、障害特約 500万、災害割増特約140万、障害損傷特約5万、新災害入院特約 5日目~5千円、新疾病医療特約 5日目~5千円、新成人病医療特約 5日目5千円、女性疾病医療特約 5日目5千円 (予定利率 2,90%)月7353円(主 1483円、特5870円) 今夏、更新がきて、9848円になります。 今回担当者が変わったこともあり、辞めやすくもあります。 だが、今まで払ってきた金額を思ってみたり、でもこんなに特約いるのか?とか、医療は終身がいいよねとか、近親者にがんもいるのでがん保険は入るべきか、特約として付けるのか。 減額矢特約をはずすか、他社も含めた単体での保険(医療は医療保険、がんはがん保険など)に複数入るとか。(高くなりますか?) 更新までに、少しでも知識や方向性を見つけたいと思い、詳しい方のご意見、ご教授を願えたらと思います。 長くなりましてすみません、よろしくおねがいします。

  • 災害特約のような保険を探してます

    いろいろな書き込みを見ると、災害特約に加入するメリットがあまりないという考え方の方が世の中に多そうですが、自分は、災害(不慮の事故全般)での死亡・高度障害の保険に入りたいと思ってます。 一般的な生命保険では、特約という形でしかこのような保険を見つけることができません。 一方、損害保険の方で探すと、怪我での入院や通院の費用などでも保険がおりるような商品ばかり見つかるのですが、望んでいるような最低限の保障だけの商品を見つけることができません。 (1)私が望んでいるような、災害特約みたいな内容が主契約となっており、かつ、種々の小額の保障(入院時、○○円/日、とか)が主契約にはついていない保険をご存知でしたら教えてください。 既存の商品としては存在していない場合には、オーダーメイドすることも考えています。 (2-1)その場合に、オーダーメイドできる会社を教えてください。 (2-2)なるべく安くなる(なりそう)会社を教えてください。 上記の望みがかなわなそうであれば、最低限の生命保険に入り、特約で同額の災害特約をつけたいと考えています。 (3)保険料が安い(安そう)な会社を教えてください。自分の調べではネクスティアのカチッと定期を見つけました。それより高くてもかまわないので、いくつか知りたいです。 宜しくお願いします。 P.S.もし過去に似たような質問があったらすいません。けっこう頑張って過去の質問を捜したのですが見つけられませんでした。