-PR-
締切済み

教えてください

  • すぐに回答を!
  • 質問No.14294
  • 閲覧数147
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 27% (3/11)

3段落で書くときは序論本論結論4段落で書くとき起承転結意外に何がありますか?
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 64% (819/1271)

高校の時に使っていた国語便覧には、

序論(問題の提示)
説話(説明)
論証(対立・比較)
結論(中心思想)

とありました。四段型というのは、
漢詩の作法から来ているようです。

それから、お節介かもしれませんが…
kira123さんの今までの質問のタイトルは全部
「教えてください」になっていますが、
質問する時は、内容に合った分かりやすい
タイトルをつけた方がいいと思いますよ。


  • 回答No.2
レベル8

ベストアンサー率 47% (11/23)

起承転結は漢詩の作法=近代詩=絶句形式(起句・承句・転句・結句の四行詩です)からきています。この形式は、ロジックを展開するためには不適切です。起承転結で書かれている論文をみたことがありますか。ないと思います。詩文の作法を論文に使うのはもともと無理があります、徒然なるままにものする随筆ならばよいでしょうが。ロジックの形式は3段論法(定言3段論法)が基本です。序論・本論・結論でもよいですが、現代的には、提起→論拠・論証→帰結と表現されることが多くなっています。質問者は、4段にはどのような形式があるかと言っていますが、何段であろうと3段論法のアレンジとみることができます。論拠・論証のところを、第1フェーズ、第2フェーズと展開させていけばいいだけです。また、段落といっていますが、この正確な意味がよく分かりませんが、論文の全体構成(序論・本論・結論の構成)、各論の構成、各フレーズの構成、パラグラフの構成、これらはすべてコンテキストの構成の仕方ということになりますが、大きくは先ほどの提起→論拠・論証→帰結で、小さくは命題(判断の言語化・定義化)の構成、これを展開させていくだけです。これがロジックの展開、論文の書き方、文章のまとめ方です。
(追伸)質問の文章は正確に記述してください。「3段落で書くときは序論本論結論4段落で書くとき起承転結意外に何がありますか?」とありますが、読点がなく、誤字もあります。また、段落のことを問題にされていますが、ここで質問されているのは段落のことではないでしょう。
  • 回答No.3

序・破・急
っていうのもありますよね。
もっとも、形式的な意味しかなさそうですが。
雅楽なんかでも使われてますね。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ