• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

細胞固定溶液について

細胞の固定にパラホルムアルデヒドを 使おうと考えております。 粉末はあるので溶液にしようとしているのですが 文献、サイトによって異なります。 例えば、蒸留水にパラホルムアルデヒドをいれ温める際の 時間や温度が異なります。あまり大差ないのでしょうか? また作成したパラホルムアルデヒドはオートクレーブで 滅菌可能なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5089
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

方法はどうであれ、「沸騰しない程度」に「溶けるまで」加熱すれば良いです。オートクレーブはかけてはいけません。フォルムアルデヒドは固定剤、防腐剤ですから、腐りませんし酵素などがコンタミしても不活性化するので必要ありません。むしろ、分解、有害ガスの発生が起こる危険性があります。 メーカー、グレードによって程度は違いますが、パラフォルムアルデヒド(PFA)は、水に溶かすと酸性に寄ります。これをNaOHで中性付近にしてやらないと、加熱しても溶けません。 私は、以下のようにして8%、10%、または20%のストック水溶液を調製します。 1)作る体積の10倍程度のフラスコに、出来上がり体積の位置のしるしをつけておく。 2)PFAを計量し、三角フラスコに入れる(粉末を吸わないように。マスク、ゴーグル着用が望ましい)。 3)純水をしるしのところまで入れる。 4)10NのNaOHを少量入れる(1g PFAに対し、10-20 microL程度)。 5)ドラフト内で、軽くゆすりながらバーナーで加熱する。時々火から離し、沸騰ないように加減して。 6)しばらく様子をみて、溶け残りがあるようだったら、少量ずつ10NのNaOHを加えて続行する(入れすぎ注意)。完全には溶けきらないかもしれません。全体が透きとおったら、少々顆粒が残っていてもかまいません。 7)しるしにあわせて蒸発分の純水を補う。pHペーパーでpHを確認。おおよそpH8.5を超えていないように。 8)ろ紙でろ過し、4度で保存。有効期限はおおむね一週間(フレッシュなのを使うのが原則)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • TCA
  • ベストアンサー率49% (115/231)

当方ではPFA溶液は使う時に2~4%の溶液をつくっています。粉末をねじ蓋付きの遠沈管に入れてPFA 1gに対し100~150microLの1N NaOH溶液と水を加え、溶かす時は55~60℃の水浴で温めています。粉末が溶けたら室温までゆっくり冷却したのち、PBSなどの緩衝液を加えて固定に使用します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • TCA
  • ベストアンサー率49% (115/231)

当方ではPFA溶液は使う時に2~4%の溶液をつくっています。粉末をねじ蓋付きの遠沈管に入れてPFA 1gに対し100~150microLの1N NaOH溶液と水を加え、溶かす時は55~60℃の水浴で温めています。粉末が溶けたら室温までゆっくり冷却したのち、PBSなどの緩衝液を加えて固定に使用します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • TCA
  • ベストアンサー率49% (115/231)

当方ではPFA溶液は使う時に2~4%の溶液をつくっています。粉末をねじ蓋付きの遠沈管に入れてPFA 1gに対し100~150microLの1N NaOH溶液と水を加え、溶かす時は55~60℃の水浴で温めています。粉末が溶けたら室温までゆっくり冷却したのち、PBSなどの緩衝液を加えて固定に使用します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • パラホルムアルデヒドの調整について

    細胞の固定用に8%パラホルムアルデヒド溶液(in water)を調製しようとしているのですが、 ほとんどの文献、サイトにあるように蒸留水100mlに8gのパラホルムアルデヒド(power)を加え60度~86度で熱し、攪拌。その後、溶けるように水酸化ナトリウムを 加えてろ過滅菌、という手順なのですが、いくつか疑問点があります。 1、60度~86度で文献によって、サイトによって1~2分だったり30分出会ったりしますがどれが正しいのでしょうか? 2、水酸化ナトリウムなのですが濃度がどのくらいのものをどのくらいまで入れることが許されるのでしょうか?。 また上述に対して参考となる文献、サイトがありましたら宜しくお願いします。

  • 細胞を抗原とするELISA、固定法について

    細胞を免疫吸着剤とするELISA法をためしています。 細胞表面抗原は、グルタルアルデヒド、パラホルムアルデヒドでの固定でうまくいったのですが、細胞内抗原はうまくいきません。 おそらく固定法に問題があるのだと考えています。 アドバイスよろしくお願いします。

  • DAPI溶液を作るときに

    DNAを染色するためのDAPI溶液を作ろうとしていますが、溶かした後に滅菌した方が良いのでしょうか?それと、インターネットで調べてみたところ、蒸留水で溶かしているものとPBSで溶かしているものがありますが、どちらが良いのでしょうか?

  • 免疫染色の固定について

    お世話になっています。 免疫染色の際に、2次抗体後washまでは検鏡して細胞が形を保っているのに、その後乾燥させると細胞の形がなくなってしまうのは 固定がきちんとできていないのでしょうか? 4%パラホルムアルデヒド/PBSは1年ほど前に作成して-20度保存の物を用事溶解して使っているのですが… 心当たりのある方アドバイスお願いします。

  • 実験器具の洗浄の際に使う水

    使用した実験器具を洗う際に、用いる水についての質問です。 洗う時、以下の順で行います。 (1)洗剤で洗い、水道水であわを洗い流す (2)脱イオン水で洗う (3)蒸留水で洗う (4)必要に応じてオートクレーブで滅菌 この時に、 脱イオン水と蒸留水を使う理由が、はっきりわからないので教えてください。 脱イオン水で、イオン化合物を取り除き、蒸留水で有機物等を取り除く。蒸留水で取りきれないもの(細菌の死骸等)もあるので、必要に応じて滅菌する。 と、私は考えたのですが、合っていますか?

  • バルーンカテーテルを固定する滅菌水について

    バルーンカテーテルを固定するのに使用する滅菌水について教えて下さい。 添付文書を見るとメーカーによって、 (1)滅菌水を使用することと記入されているもの、 (2)滅菌精製水を使用することと記入されているもの、 (3)滅菌蒸留水を使用することと記入されているもの、 があります。 このうち、(1)の滅菌水と記入されているものは滅菌精製水と滅菌蒸留水 のどちらでもよいのでしょうか。 また、(2)の滅菌精製水と記入されているものに滅菌蒸留水を使用しても 問題ないでしょうか。

  • フォンタナ・マッソン染色について

    フォンタナ・マッソン染色のことについてお伺い致します。 フォンタナアンモニア銀溶液を添加する前の固定液なのですが、 70%メタノールや80%エタノールを使用してもよいのでしょうか? 今回初めて70%メタノール 1 minで行ってみたのですが、 細胞の増殖が良くなかったのです。他の条件も少し変えているので このことが原因かどうかはわからないのですが。 今までは、10%ホルマリン液や4%パラホルムアルデヒド 30 minで 行っており、問題はありませんでした。 どうぞよろしくお願い致します。

  • モル濃度と溶液の調整

    初歩的な質問ですがよろしくお願いいたします。 例えば溶液Aの調整法に ------------------- グルコース 0.5M 10g ゼラチン 0.5M 15g 蒸留水 100ml ------------------- このような表記があったら0.5Mのグルコース水溶液を10gと0.5Mのゼラチン水溶液を10gそれぞれ秤量し、蒸留水100mlに加えればよいのでしょうか? そもそも水溶液を作成し、それを秤量してから溶液を調整することはよくあることなのでしょうか?

  • 免疫蛍光法における染色について

    実験を始めて間もないのですが、ご教授いただければ幸いです。 受容体の細胞外ドメインのsheddingを免疫蛍光法にて証明したいと考えています。 ある受容体の細胞外ドメインを1次抗体とし、goatの2次抗体で染めたいのですが、細胞内も染まってしまいます。この場合、細胞を生かしたままで1次抗体をover nightした方がいいのか、それともパラホルムアルデヒドで固定してからの方がいいのでしょうか? また、細胞を生かしたまま染色を行う方法を教えていただければ幸いです。

  • NaNO2溶液の純度を考慮した濃度

    教えてください。まずNaNO2 0.690グラムを蒸留水に溶解して1Lの100ppmNaNO2溶液調整後、希釈して0.05、0.04、0.03、0.02、0.01ppmの溶液を調整しました。このとき使用した試薬の純度が98.5%だったのですが、これを考慮したときの濃度はどんな計算をすればよいのか教えてください。もしよければでいいのでどんな文献にこういった計算法が載っているのかも知りたいです。お願いします。