• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「千年女優」でオジサンが言っていた言葉を教えてください!

「千年女優」のラストの方に「鍵の君」の手紙を持ってきた、右目が義眼の人がいましたよね? その人から受け取った手紙を貰ってすぐに主人公は北海道に行ってしまったわけですけれども(若い時の)立花さんが、うずくまっている義眼の方に話を聞いていましたよね?その時にその人が「あの人は最期まで口を閉ざしていました。実は私が……」というようなことを言っていたシーンがあるのですが、その時にちょうど騒音がして、すごく大事なシーンだったと思うのですが、聞こえなくて、すごく気になっているんです。 あの義眼の方が鍵を持っていた方だったのでしょうか? わかりにくい説明で、もうしわけございません。 おわかりになりましたら、教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数447
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • 39call
  • ベストアンサー率46% (59/126)

まず義眼の男は戦前、絵描きを追っていた刑事です。 立花:あのじいさんがな、 車のシーンから思い出のシーンに移り、 男:あの絵描きは、最後まで堅く口を閉ざし、私は拷問を重ねしまった。私が殺したんです。 で車のシーンに戻ります。 今、録画したのを確認したので台詞は合っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざ確認していただいてありがとうございます!! え!?あの刑事さんだったんですか!?!またまたびっくりな話です!! 拷問で殺してしまったんですね。。。そういうことって昔はよくあったんでしょうか。。。 教えていただいて、とってもすっきりしました!!どうもありがとうございました!!!

関連するQ&A

  • 千年女優、ラストを教えてください!

    先日「千年女優」、借りて見ました。 が…ラスト20分、寝てしまいました! もちろん、もう一度見ればいいのでしょうが…なんか、私的にイマイチだったもので(^_^;) でも、やっぱりラストは気になる!ってわけで、教えてください。 鍵の君を探して探して~って言うのでずっときましたが、結局どうなったのでしょう?

  • 「悲しき恋歌」でグォン・サンウの母親役をやっている人に似ている日本の女優

    今、フジテレビ系で放映されている、韓国ドラマ「悲しき恋歌」で、主人公であるグォン・サンウの母親役をやっている女優さんに、とてもよく似ている人が、日本の女優さんでいるのですが、どうしても名前を思い出せません。どなたかおわかりになるかた、教えてください。

  • 昔のアニメで、主人公が歌手か女優で何かの授賞式に自分でデザインした衣装

    昔のアニメで、主人公が歌手か女優で何かの授賞式に自分でデザインした衣装で出席しようとするんですが、ライバル的存在の人に、その衣装のデザインを盗まれてしまい、当日はライバルが先に舞台に上がってしまい、主人公は全く同じ衣装では、舞台に上がれなくて困ってしまうというシーンのあるアニメにご記憶のある方、是非教えて下さい。 もしかしたら、アニメではなくドラマだったかもしれません。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

確か「私が拷問をして、やりすぎて殺してしまいました」と言うような内容ですごく後悔してました。 鍵を持っていたのは義眼の人ではなく、話を聞いていた人の方ではないかと思います。 話を聞いていた人は(映画撮影のスタッフ)はインタビューしている髭の人の過去の姿でしたよ。 その流れで女優のちよこ(だっけ?)はもうすでに死んでいた人をずっと探していたという落ちでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

拷問をして…という話だったのですか!! 聞いてよかったです!!すっごいすっきりしました!!ありがとうございました!!! 主役の女優さんは鍵の人を捜すのに、すごい生き生きとしていましたが、かわいそうなオチなんですね……。ありがとうございました!!

関連するQ&A

  • 皆さんにとっての映画の名シーンは?

    みなさんの心に残る映画のワンシーンを教えてください!いい映画だからこそ、そのシーンが心に残るものだと思うので、映画を選ぶ参考にしたいと思います。なので、1980年代以降の洋画であまり有名でないものだと助かります。ネタバレの場合はその旨を教えてください。 自分の好きなシーンは数え切れないほどありますが、 ・「恋愛小説家」  主人公がおしゃれなレストランで「はじめていい人間になりたいと思った」と告白するシーン ・「アメリカン・ヒストリーX 」  主人公が刑務所で暴行を受け、高校時代の教師に心を開いて全てを話すシーン ・「レナードの朝」  食堂でのつらい別れの言葉を受け、ヒロインが主人公と踊るシーン ・「ライフイズビューティフル」  収容所の放送を使って少年が母親に元気な声を届けるシーン ・「ショーシャンクの空に」  ラスト近くでレッドがアンディからの手紙を読むシーン キリがありませんのでこのくらいで。

  • 30年程前に、テレビ東京で放送されたホラー映画のタイトル。

    今晩は。はじめて書き込む者です。 印象に残っているホラー映画をもう一度観たいと思っているのですが、どうしてもタイトルが思い出せません。 断片的な内容は覚えているので記します。 ・約30年前にテレビ東京で放送されたホラー映画。 ・鏡の中から、悪魔?のようなゾンビ?のようなものが出てきて、主人公を追いかけ回す。 ・ベッドの下に隠れるも見つかって引きずり出される。 ・窓を開けると、聖母マリアの様な格好をした人が立っていて、口の中から虫が出てくる。 ・主人公が悪魔?に追いかけられ捕まりそうになった時、もう一人の仲間?が主人公を助けるため悪魔?とともに鏡の中へ飛び込む。 ・ラストは、主人公を助ける為鏡の中に飛び込んだ人が、鏡の中で生きている、という描写。 以上です。 記憶が曖昧な為間違いがあるかもしれませんが、知っている方、是非タイトルを教えてください! 悪魔?が主人公を追いかけるシーンがすごく怖かったのがとても印象的だったのはよく覚えています。 よろしくお願い致します。

  • 洋画のタイトルが思い出せません

    洋画のタイトルが思い出せません。 主人公の男はとても不安定な雰囲気で国家や組織の陰謀を追求しているジャーナリストのような人だった気がします。ここは鮮明に覚えているのですが主人公は家やそのなかの至るものに何重にも鍵をしています。アイスクリームにも何重にも鍵をしていてその鍵を解いてアイスクリームを食べながら何か資料に目を通すシーンがありました。主人公は白人です。多分80年代か90年代の映画だと思います。これだけの情報しか思い出せないですがタイトルを教えてください

  • タイトルを教えてください

    10年以上前にテレビの放送で見たアニメ映画(?)のタイトルがわかりません。教えてください。 内容はうろ覚えなのですが、 舞台は何らかの理由で雨が降らなくなった地球で、主人公の少年がその秘密の鍵を握る少女と旅をする(助け出す?)というものです。 雨が降らなくなって干上がった砂漠のような海で行き倒れる少年を少女が助けるというシーンがあったような・・・ ラストには雨が降り出だす・・・ 以上の内容にお心当たりのある方よろしくお願いします。

  • 忘れられないあの感動シーンを教えて!!

    次々と立ち上げて申し訳ありません。ちょっと気になるデータを集めいているので、何卒よろしくお願いいたします。 アニメ作品の中で、感動的なシーンや思わず泣けたシーンなど、ありましたら教えてください。 ちなみに、参考までに、私のほんの一例をご紹介します。 ★ 星界の紋章から   主人公のヒロインであるラフィールの母親が乗る宇宙戦艦ゴースロスが敵に撃沈されるシーン。バックに流れるBGMと共に思わず泣けてしまいました。 ★ Zガンダムより、フォーが吹き飛ばれるシーン。しばし呆然となりました。 ★ こばとより、ラスト恋する人に再会するシーン。よかったね、こばとちゃん。 ★ レイアースOVA ラスト、セフィーロが元の次元へと帰っていくシーン。そして、役目を終えて三人がそれぞれの道へと分かれていくシーン。 涙、涙で今でも泣ける ★ クラナド とにかく泣けるラスト近くのシーンの連続。名作を超えた感動を久しぶりに体感できる作品。最高です。 こんな感じで、何卒よろしくお願いいたします。

  • 今月(3月です)にTV放送された深夜映画です!

    今月の頭(3月です)に放送された深夜映画について教えてください! 洋画でアクション映画です。元傭兵の主人公が、二つセットの装置の一つを持っていて、組織に狙われる話です。後半になるにつれ、展開が二転三転しておもしろかったです。ラストはかつてチームのリーダーだった男と協力し、黒幕の罠をやぶるシーンで幕を閉じます。主人公の恋人役の女優さん(実は敵)がやたらセクシーだったのを覚えています。タイトル・放映日・放送局等チェックしておけばよかったのですが、仕事でドタバタしており、ついつい忘れてしまいました・・。もしもビデオ化等されていたら是非欲しいので、タイトル等ご存じの方、教えてください。少ない情報ですみませんが、よろしくお願いいたします!!

  • 本のタイトル教えてくださいm(_ _)m

    主人公は孤児院出身で一人立ちした辺りから、北海道のロープウェイで働く男(本当は病気で苦しんでいる実の兄)と文通するようになる。で、主人公はその男に惹かれて、黙って北海道に行って会おうとしたりするけど会えない。(病院にいるから) それで、最後の方になると、その兄の体が動かなくなってきて、遂には手紙も書けないようになり、最後の手紙で正体を明かすんだっけ?(スマソ うろ覚えです) あと1冊あるんです(´Д`;) 死んだはずの人(彼氏だっけ?)に手紙を送ったら、帰ってくるはずの無い手紙が帰ってきたって話です。最後に学校の図書館に行くんですが貸し出しカードに何か書いてあるってオチだったような…(これもうろ覚えです スマソ)

  • 洋画の名前がわかりません。

    大分昔に見た洋画なので、記憶違いかもしれませんが、 ・オジサン?ぐらいの人が主人公だったと思います。 ・近未来的な世界観だったような気がします。 ・白いラインの衣装?を来た女優さんがヒロインです。  透明のガラスケースみたいなものに入ってたシーンとか  高いところから落ちるようなシーンがあったと思います。 これぐらいしか思い出せないのと、記憶違いの可能性もあるのですが、 なんていう映画かわかる方いませんか? お願いします。

  • ドラマ・映画の中で髪を切るシーンがあるもの

    主人公の人などが、ドラマや映画のシーンの中で、髪を切ったり、髪形が変わり、そのことが、ドラマ等のストーリーの上で何らかの意味があるようなものはありますか。実際に髪を切った場合、あるいはかつらの状態から、その俳優(女優)の通常の姿に戻った場合など、いずれでも構いません。

  • 映画のタイトルを教えてください。

    映画のタイトルを教えてください。 約20年ほど前の深夜、テレビで見た映画です。 その後気になっていろいろ調べましたが、判りませんでした。 途中から見て、しかも記憶が断片的ですので、不明確な部分も多いのですが、 どなたかお判りの方がいらっしゃいましたら教えてください。 映画の特徴 (1)白黒で、ヨーロッパのどこかの国(フランスかイタリアのような気がします)で作られた古い映画です。第2次世界大戦下の設定だと思いました。 (2)全体的に反戦的な感じのする映画だったと思います。ドイツ(又はイタリア)の捜査員にマークされた主人公(男性)が色々な尋問をされたり、宿舎のようなところに監禁されて、最後の方では拷問されます。 (3)ラスト・シーンが特徴的で、そこだけ鮮明に覚えています。拷問され、相当痛めつけられた主人公が医務室に運ばれます。医師は可愛そうだと思い、主人公にモルヒネのような物を注射します。すると、主人公の体から魂が抜けて(本体から半透明の体が抜き出たように合成されています)痛んだ体とは別に自由快活に動きます。そしてどこかの海(湖)へ行き、そこで美しい女性と手漕ぎ船に乗り、沖へと漕ぎ出します。背景は夕日が綺麗でした(白黒ですが)。そのラストシーンでは主人公も綺麗な若い女性も、本当に幸せそうに微笑むのです。前半は見ていませんので、この女性が何者かは判りませんが、所々に出てきたような気がします。かつての恋人か、主人公を陥れる為に接近したナチスの工作員のような気がします。最初は恋人だったけどナチスに屈服して手先になったような気もします。この辺は曖昧です。 最初は単調な映画だと思ってボンヤリと見ていたのですが、ラスト・シーンが衝撃的でしたので、もう一度最初から見たいと思い、ビデオ店、専門書籍を片っ端から探しましたが見つかりませんでした。映画通の友人にも聞きましたが、誰も見たことが無いと言います。今から思えば、その日の新聞のテレビ欄を調べておけば良かったのですが、今となっては放映日も判りません。相当レアな映画だと思います。 この映画のタイトルを教えてくださる方がいらっしゃれば、本当に心から感謝致します。 もう少し断片的な記憶を列挙します。(間違っているかもしれませんが) ・監禁というよりは軟禁に近い感じで、外出は許されていたようでした。 ・宿舎のような場所は監禁部屋のような所ではなく、2段ベッドが沢山あり、複数の人がいました。(収容所?) ・取調べの責任者のような人(制服)は、最初やさしく懐柔しようとしますが、主人公が口を割らないので最後には拷問します。 ・紙袋に入った食べ物を、自分のベッドで(2段ベッドの上段)食べるシーンがあったような気がします。その食べ物は外からこっそり手に入れたような・・・ ・ラスト・シーンに登場する女性が、取調べ責任者と話しているシーンがあったように記憶しています。