• 締切済み
  • 暇なときにでも

すいませんをスイマセンと表記すると?

すいませんをスイマセンと表記すると何か違った印象を持つのですが、 一般にこの手の表現を 言語学的に考えると どう説明されるのでしょうか? それともただの気のせい?

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数66
  • ありがとう数15

みんなの回答

  • 回答No.5
  • nonkun
  • ベストアンサー率27% (98/357)

「すみません。」と表現してしまいますと堅い印象を与えてしまうときが、ありますよね? 例えばメールで少し注意されて、それを謝るときに「すみませんでした」と返事が来ると、 「いやいや、そこまで謝らなくても。。。私はちょっと気になったので言ってみただけで、別に責めるつもりは無いんだよ。」という気分になることはありませんか? それを「スミマセン」と書くとちょうど「(笑)」と書くのと同じような効果が出ると思うのです。 でも、ここで(笑)と書くと喧嘩になりますよね? また、反省しているフリをわざと出すときにも使えますね。特に皮肉を書いたときとかに「きつい事を書いたけど、他意はないんだよ」と示すのに使えます。 要は文字だけの世界なので文字に感情を込めるのは難しいので、感情を少しでも表現するために出来た苦肉の策と言えると思います。その点では絵文字と同じようなものではないでしょうか? #1で回答して頂いている教授も「~ですネ」と回答中によく書かれています。この場合も親しみを表現する効果が出てますね。 こういうところでの回答は「私」ですが、少しおどけて回答するときはやはり「ワタクシ」を使います。 ・・・こんな回答でスミマセン。 #↑使用例 #ここで「すみません」と書くと #本当に回答になっていないことになってしまう。(^^; 以上、何の経験者かサッパリわからないnonkunからでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • スイマセン!とは?

    最近の書き込みでは、かなり年配の方も「すみません」を「スイマセン」と書く方が圧倒的に多いようです。 話し言葉では確かに「スイマセン」とも聞こえる気もしますがますが、書き言葉まで「済みません、すみません」と書かないのは ...人懐っこさの表現のようにも思えますが、いつ頃からの現象なんでしょうか? 中には「済みません」という言葉は知らなかったと言う若い方もおられるかも知れませんが、ご意見をお聞かせください!

  • 古文書における表記と発音のずれについて

    最近古文書を始めました。古文書の「候はヽ」という表記は「候わば」と発音されます。(1)「わ」と発音されるものが何故「は」と表記されるのか?(2)「ば」と濁るのがなぜ濁音として表記されないのか。以上2点、どのような歴史的あるいは言語学的背景があるのか教えてください。

  • 言語学の勉強の仕方

    こんにちは。 私は言語学は専攻としていないのですが、ちょっと興味があったので、言語学の授業をとっています。 その授業で課題が出たんですけど、私にはどう手をつけていいのかわからず、困っています。 たとえば、「ある言語(自分で自由に選べます)の、音韻体系とそれぞれの音素における異音の現れ方はどうか。」 というのをレポートにします。 言語学というのは学問として確立されているのに、私の印象としてはこれといった勉強方法がないように思います。 言語学を専攻されている方は、どうやって勉強し、このような問題を解けるのでしょうか。 わらをもすがる思いです。 よろしくお願いします。

  • 回答No.4

語源は「済む」から、なので「すいません」という表記は間違い。 正しくは「済みません」 最近は言葉の意味を教えない教育方針なのか? 「み」をのばした時に残った音、「い」だけ残ってこのような変語が生まれてしまったのです。 ちなみに意味が全く変わって使われいる言葉で「適当」というのがありますね。 最近は「いい加減」「当てずっ砲」のような意味で使われていますが本来は字の如く「適切に当て填る」なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 とても参考になりました。

  • 回答No.3
  • QuickC
  • ベストアンサー率29% (13/44)

僕の個人的な使い分けを紹介します。 #特にメールでの使い分けです。 [ひらがな+漢字で表記]まじめに伝えたいとき。 ・遅れてごめん ・ご相談なんですが… ・おやすみなさい [カタカナで表記]ちょっとおどけた雰囲気を出したいとき。 ・遅れてゴメン ・ゴソーダンなんですが… ・オヤスミナサイ 後者の方が、ポップな雰囲気が出てると思いません? …。 思わなかったらゴメンナサイ。(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なんとはくは(^ー^) しますね

  • 回答No.2
  • kojo
  • ベストアンサー率28% (69/238)

面白いご質問ですね~。 言語学的に説明できないのに お邪魔してスイマセン。(笑) 確かに印象が変わりますよね。kawakawaさんが『音』として認識されてしまうからだとおっしゃってるのに、私も納得してしまいました。 私はよくカタカナを意識して使用しますが、強調を込めたい場合と、凡庸的でない印象を与えたい場合に使っているような気がします。 #今、理由を考察してみました… 話が脱線しますが、ワタクシは「すいません」と「すみません」も印象が変わりますね。これも私は両方使っております。少し砕けた印象を与えたい時、又は少し砕けた気持ちの時は「すいません」を使ってるような気がします。 #あまり意味のないレスでごめんなさい。m(_ _)m

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私と同じような疑問を持った方がいるというは少し驚きました。

  • 回答No.1
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

道で出会った人が『コンニチハ』といいました。 道で出会った人が『こんにちは』といいました。 上記の2つの文章で、前者は外国人のようなイメージを受けないでしょうか? 『我々は宇宙人だ』『ワレワレハ、ウチュウジンダ』陳腐なセリフですが、後者の方が宇宙人が音声変換機でも使って語りかけているように思えないでしょうか? これは、カタカナ表記でしめしたとき、それは『音』として認識されてしまうからです。 『すみません』の場合は、『(ご迷惑をかけ)只ではすみませんが、お許しください』といった意味が含まれますが、『スミマセン』の場合は単に音をコピーした言葉に過ぎないと捉えられるわけです。 ただし、これは戦後教育を受けた世代に言えることであり、戦前・戦中のようにカタカナを基本として教育を受けた世代にとっては、戦後すぐの頃には平仮名の方が違和感のあるものであったのではないでしょうか。 時代の流れによって言葉が変化することから世代によって、教育によって印象が変化してくるということでしょう。 以上Kawakawaでした

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

アリガトウゴザイマス。 と表示するとたしかに機械が言っているような印象をたしかに受けます。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 言語学に詳しい方、教えてください。

    言語学に詳しい方、教えてください。 世界の言語には文を書くときに、英語のように単語と単語の間を区切って表記する言語(例 I am a student.)と、日本語や中国語のように区切らないで表記する言語(例 私は学生です)があります。 この単語と単語の間を区切って表記する言語と、区切らないで表記する言語それぞれを言語学の専門用語で何と呼ぶのでしょうか? 教えてください。よろしくお願いします。

  • 複数表記する言語ある?

    複数表記する言語ある? 日本語はひらがな、カタカナ、漢字、の3つの表記がありますね。さらにローマ字もある。(ローマ字は英語の変形なので含めるか難しいですが) 複数民族で複数言語を持つ国などはいくらでもありますが、1つの言語にこんなに表記がある言語はあるのでしょうか? 英語は1つで覚えるの楽でイイでしょね。(表現も1つでしかできなが、、) この辺に詳しい方教えてください。

  • #wという表記

    私は昨年秋と本年とに基本情報の試験を受けましたが、 擬似言語の問題の中で、両方の問題に共通する表記に引っ掛かりました。 それは#wなる表記です。 勿論ながら説明書きが其処へ添えられていますので、 冷静になって読解を進めますと、 その表記が置き換えの為に盛り込まれている、 という事情は文面から読み取られ得ますが、 その表記が一般的に市民権を得ているのか否かが、 分からないものですから、畏れ入りますが、 #wなる表記の正式な用途を教えて戴けませんでしょうか?

  • 白人・黒人・黄色人種

    肌の色で人種を区別すると、白人・黒人・黄色人種の3つに大別されますね。そこで疑問に思ったのですが、白と黒は「○人」と2文字で表記するのに、黄だけ「○色人種」と4文字で表記されるのは何故なのでしょうか。黄人と表記すると何か不都合でもあるのかと気になります。 単なる慣習なのでしょうか。それとも、人類学的・言語学的に理由を説明できるものなのでしょうか。

  • 言語学を勉強するにあたって。

     言語学を勉強するにあたって、読んでおくべき必読書のようなものがありましたら、教えてください。なんだか奥深そうでどこから手をつけてよいかわかりません。

  • 言語学:綴りが音にmappingされるとは?

    言語学の領域です。 「綴りが音声にmappingされる」という表現があります。意味は、綴りが発音どおり、ということだと思います。ラテン語系はとくにそうです。この「mapping」ですが、言語学的にどういう専門用語が相当するのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 言語学について

    私は今年入学した 外国語大学のロシア語学科の学生です。 ロシア語をメインに言語学をに学び、言語学者になりたいと考えています。 そこで質問なのですが、 1、言語学に対し造詣の深められる書籍はありますか? 2、言語学を極めるために 大学院に進学したいのですが  どこが一番いいでしょうか?(海外も含めて) 3、言語学とは違うけれど 言語学を学ぶのに必要な基礎知識ってどんなのがありますか? (たとえば私は宗教も勉強しようと思ってます。) どれでもいいので回答よろしくお願いします。 なお、言語学の中にさらに枝分かれしていろいろな分野があるのは承知ですがそこまで細かくはまだ決めていません。

  • O(オー)と0(ゼロ)の表記

    手書きでO(オー)と0(ゼロ)を区別して表記する時、表現する場合どううすれば良いですか。

  • 「へし」という表記

    「べし」を、古い表記では、 濁らずに「へし」とするばあいがあります。 これは、いつごろまでのことでしょうか。 また、現代で文語表現するときは、「へし」は古すぎてダメでしょうか?

  • 味の種類を知ると、味覚が豊かになる?

    たとえば、今日新しい味の種類を知った場合、それまでまったく気づかなかった新しい感覚を手に入れたことになりますか? 質問がちょっと変でごめんなさい。 言語学を少し絡めて教えてください。 よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう