• 締切済み
  • 困ってます

電磁気学で

電解液(水)中の導体は、真空中の絶縁体と似た振る舞いをすると聞いたのですが、どういう点でそういえるのでしょうか? よろしくおねがいします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数111
  • ありがとう数42

みんなの回答

  • 回答No.1

最近登録しました siegmund です. 大分以前の質問ですが,回答を. お尋ねのことは,電解液中に導体がある場合に定常電流を流したときの電流分布と, 真空中に絶縁体を置いたときの電束線の様子とが同じパターンということと思われます. 電流密度j(ベクトル)が従う方程式は  div j=-∂ρ/∂t (1) (連続の式,ρは電荷密度でスカラー量)  j=σE      (2) (オームの法則,σは電気伝導率でスカラー量,               Eは電場でベクトル量)  rot E=0     (3) (電場は渦なし場) です. 一方,静電場の基本法則は  div D=ρe    (4)  (ρe は真電荷)  D=εE      (5)  rot E=0     (6) です. したがって,定常電流((1)の右辺がゼロ)の話と 真電荷がない((4)の右辺がゼロ)ときの誘電体の話は, 微分方程式が同型で  j←→D   σ←→ε の対応関係があります. あとは,境界条件ですが,電解液←→真空,導体←→誘電体,と対応させれば OKです. 例えば,真空中に電極を2個置いたときの電束線分布の様子は, 同じ配置で(!)電解液中に電極を2個置いて定常電流を流すときの電流線の分布の様子と 全く同じです. こういうことから,静電容量C,電気抵抗R,の間に C = ε/σR が成り立つ, などが導かれます. また,発生するジュール熱が最小になるように電流分布が決まることと, 静電エネルギーが最小になるように電束線の分布が決まることが, 対応していることも導けます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • コンデンサの構造について

    電解コンデンサは酸化アルミ拍?と電解紙?という主に2つのもので構成されてるらしいです、(間違っているかもしれません。)、通常、コンデンサに端子を接続してる時ってのは、酸化アルミにプラス端子を、電解紙にマイナス端子を接続してるんでしょうか? コンデンサは、導体と絶縁体を交互に重ねていったものだと習ったことがあるのですが、電解紙というと電解液を思い浮かべるので、電気を通すもの?って思ってしまいます。 電解液に紙をつけたものなのかな?って思ってしまいます。 そうすると、導体ー導体ー導体って感じで絶縁体がなくなってしまう感じがするのですが、いったい電解紙って何の役割があるのでしょうか? それと、今日初めてコンデンサ2つを直列に極性を逆向きに、例えばマイナス端子とマイナス端子が向かい合うように接続すると、無極性になると聞いたのですが、それってなぜですか? 無極性になった場合、直流でも電流が流れるようになるってことはないですよね?

  • 絶縁体上の電気二重層について

    絶縁体上の電気二重層について教えて下さい。 金属の上に絶縁体を蒸着し、電解液につけたとすると 絶縁体-電解液界面で半導体のように電荷層が形成されると思うのですが、 これはあっていますでしょうか? 教科書を見てみても絶縁体上の電気二重層について議論されているものが全く見つからなかったので教えて下さい。

  • 電解液にビーカー越しで電圧をかける

    こんにちは、 ふと疑問に思ったのですが、電解液の中には荷電をもったイオンがあるわけですが、これを絶縁体越しで電圧をかけるとどうなるのでしょうか? つまり、例えば、電解液が入ったビーカーがあります。これに電極を近づけて電圧をかけると、電解液のイオンは何か影響を受けるでしょうか? もちろん、ちょっとやそっとの電圧ではなにも起きないと思いますが(それとも、イオンは微弱ながら静電力で引きつけられたり、離れたりするのでしょうか?)、電圧を上げていってもなにも起きないでしょうか? 逆にビーカー(絶縁体の)厚さをどんどん薄くしていったらどうでしょうか?  つきつめると質問の内容は、電解液中のイオンは絶縁体を介して隔てられた場合でも外部の電極の電圧に影響をうけるか、否かという疑問ということであります。いかがでしょうか。馬鹿げた質問をしているやも知れないと心配していますが、よろしくお願いします。

  • 電解コンデンサの原理について教えて下さい。

    電解コンデンサは絶縁体膜で覆われた電極を溶液につけることで作製されますが、これは一体どういう原理で容量が発生しているのでしょうか? マイカコンデンサやセラミックコンデンサは材質が誘電体なのでコンデンサとして使用出来ることが分かりますが、 電解液だと導電性をもっているので、容量を持たないのではないのでしょうか? しかも電極が絶縁体で覆われているとすると、意味が分からないのですが・・

  • できれば今すぐ教えてください!

    導体の種類で、金属と電解液(水)と人体と地球と炭素と空気以外で10個教えていただけないでしょうか?

  • 高校物理 絶縁体について 

    すみません。絶縁体というのがよくわかりません。 (1)絶縁体といってもすごく高い電圧をかければ電気を通しますよね?これは絶縁体内部の電子の移動が起こっているのでしょうか?それとも極板から電子が飛び出して電子が絶縁体の上を伝わっているということでしょうか? (2)エボナイト棒って絶縁体ですよね?これってどうやって帯電させるのでしょうか?絶縁体が帯電する仕組みがイメージできません。 (3)正に帯電した導体があるとします。これを手でさわれば電子が導体に流れていくと思います。これに絶縁体のエボナイト棒を接触させると、エボナイト棒から電子が導体に流れこんでくるでしょうか? すみませんが、簡単でかまいませんからどなたか高校生でもわかるように教えていただけないでしょうか?

  • 電気泳動のゲル

    電気泳動の基礎的なことですが,質問させてください. 単純に考えると,電気泳動は電荷を持った粒子に電界中において移動させるものと思っております.このとき粒子が電気泳動する媒体(アクリルアミドゲルなど)は絶縁体なんですか?それとも導体とか電解質とかなんですか? キャピラリー電気泳動なんかで,もしゲルが絶縁体だったら,キャピラリーがくねくねしていると電界が掛からないだろうし,導体だったら電流が流れてしまうし,電解質だったらゲル自体が電気泳動してしまうんじゃないかと思いました. よろしくお願いします.

  • 等電位線、電気力線について

    電圧をかけた2つの電極間に、導体を置くと導体に吸い込まれるように、絶縁体を置くと絶縁体を避けるように電気力線が現れるのはなぜですか??? 今日1日調べまくってもわからなかったです…(´・ω・`)

  • 電磁気 

    図に示すような無限に長い同軸円筒導体がある。内側半径をa[m]外側導体の半径をb[m]とし、2つの導体間の空間は真空とする。外側導体には1[m]当り+λ[C/m]の電荷が、内側胴体には-λ[C/m]の電荷が帯電している。真空の誘電率はε0とする。 (1)2つの導体間の空間における電気力線の様子を図示しなさい。 電気力線の様子は外側胴体から内側導体にすすむ方向ですか? また外側導体外に電気力戦は存在しないと思うのですがあっていますか? (2)図のように、内側導体を囲む半径r[m]、長さ1[m]の円柱状閉曲面Sを考える。この閉局面Sにガウスの法則を適用して中心軸から距離r[m]の点における電場の強さを求めなさい。 ∫En dS = Q/ε0 (左辺) = E*2*π*r*l (右辺) = -λl/ε0 よって E=-λ/(2π*ε0*r) [V/m] (3)2つの導体間の電位差を求めなさい。 V=∫(b→a)E dr = λ/(2π*ε0)*log(b/a) [V] (4)2つの導体で作られるコンデンサの1[m]当りの電気容量を求めなさい。 Q=CVより C=Q/V C= (2π*ε0)/log(b/a) [F] 基礎的な問題だと思うのですが,答えがないため確認をおねがいしたいとおもいます。 特に(3)の電位差においていつも積分範囲が(b→a)か(a→b)まよってしまいます。そのあたりの解説もよろしくおねがいします。

  • 電線の絶縁抵抗の測定のしかた

    電線の絶縁体の絶縁抵抗(MΩ・km)の測定のしかたについて質問があります。 私は今まで電線の導体と被服の絶縁体の間で測定するものと思っていたのですが 電線メーカのカタログ等には単位がMΩ・kmとなっており長さが入っています。 次のどの測定が正しい測り方なのでしょうか。 (1)私のこれまでの測り方で絶縁体の厚さ(実際は数mm程度)を1km当たりに換算する (2)単位長さ(たとえば1m)の電線の両端の絶縁体部分で測定し1km当たり(1000倍)に換算する(電線には導体が入ったまま) (3)(2)の方法で導体は入っていない絶縁体のみで測定 (4)電線で測るものではない 宜しくお願いいたします。

専門家に質問してみよう