• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

修正申告の仕訳法

税務署の調査が入り修正申告をする結果に・・・ そこで仕訳時の勘定科目を教えていただきたいのですが。 法人税と消費税の2つで 加算税の基礎となる税額は何で処理すればいいのですか? 加算税と延滞金については租税公課かなと思うのですが・・・。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1166
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#13679
noname#13679

摘要別に入力の上、会計上はいずれも租税公課でよろしいのではと・・・。自信はありません。 税務上は加算税・延滞金は損金不算入だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

私も租税公課で仕訳してみたのですがなんか自信なくて・・・ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 修正申告後の法人税支払の仕訳

    本日、修正申告後の法人税と消費税の支払を済ませました。 12/24 租税公課 100 / 現金 100 法人税修正 12/24 租税公課 100 / 現金 100 消費税修正 12/24 租税公課  10 / 現金  10 法人税加算税 12/24 租税公課  10 / 現金  10 消費税加算税 のように仕訳をしたのですが、合っていますでしょうか。

  • 修正申告した後の決算書について

    税務調査が入り、第一期(17年~18年)の売上の計上漏れが約1,000,000円指摘されました。 税務署の調査員の方が修正申告書と別表4と5(1)の下書きを作ってくれたので、修正申告自体は無事終わったのですが、今度は第6期分の決算書提出が迫っています。 第一期の売上計上漏れは全額が社長の賞与となりました。 しかし、6期末で社長からの借入金が2,00,0000円ほどあります。 賞与を借入金と相殺しての処理などできるのでしょうか。 また、その修正申告で法人税220,000円、加算税が77,000円、消費税36,000円、社長の源泉徴収税56,000円が決定しました。全て未払いの状態です。 それぞれ、6期の会計でこのように仕訳してみましたが、間違っていたら教えてください。 また、別表にも反映させる必要がありますでしょうか。 未払法人税等220000/租税公課220000 未払法人税等77000/租税公課77000 未払消費税等36000/租税公課36000 預かり金56000/源泉徴収税56000

  • 法人税・消費税修正申告納付の仕訳

    税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を 納付しなければならなくなりました。 処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか? 修正申告分法人税納付 法人税充当額 / 預金 修正申告分消費税納付 未払消費税 / 預金 それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

  • 税務調査後、修正申告の仕訳

    税務調査が入り、修正申告とともに以下の追徴課税を支払いました。 法人府民税 法人事業税 法人市民税 法人税 法人税延滞税 復興特別法人税 復興特別法人税延滞税 中間納付、確定納付については未払法人税等で処理しています。 修正申告の仕訳も未払法人税等で処理してもいいのでしょうか? また延滞税は租税公課で処理する予定ですが問題ないでしょうか?

  • 法人税修正申告での納税額の仕訳とP/L記載について

    税務調査で、所得漏れを指摘されました。 既に修正申告と納税も済ませています。 この納税額につきまして、「会計上」仕訳とP/Lでどの勘定科目を使うのか教えて下さい。 通常は次のように処理しています。 仕訳 法人税、都道府県民税、市民税:法人税等 事業税:租税公課 P/L 法人税、都道府県民税、市民税:P/L末尾で「法人税等」 事業税:租税公課「販管費」 私が考えているのは、今回の修正による納税は会計上過年度の損益修正になるので、全額を「前期損益修正損(特別損失)」として計上する方法ですが、この考え方で正しいでしょうか。 それとも、 仕訳 法人税&地方税:法人税等 事業税:前期損益修正損 P/L 法人税&地方税:法人税等 事業税:前期損益修正損 とするのが正しいでしょうか。 あるいは、両方の方法とも間違いでしょうか。 よろしくご指導お願いします。

  • 法人税額控除所得税について

    法人税申告書別表四についてのご質問です。 私が勤めている会社において、株の配当をもらったときの仕訳について、 (借)現金預金 800 (貸)受取配当金 1000 租税公課 200 という仕訳をきり、期末には租税公課として計上した源泉所得税分については (借)未払法人税等 200 (貸)租税公課 200 の仕訳を切っています。このような会計処理をしている場合、税務上、源泉所得税額は租税公課として損金計上されていないことになると思います。しかし、税理士の先生が作成する法人税申告書別表四「法人税から控除される所得税額」の源泉所得税額が加算され、別表1の「所得税の控除等」で税額控除をしています。 別表1で税額控除するのは理解できますが、税込で受取配当を計上した場合に、さらに所得税分を加算すると二重課税されているように思えるのですが・・・。 それとも、別表四の「法人税から控除される所得税額」の欄に別表六(一)(6の(3))と記載されているので、加算しないといけないものなのでしょうか・・・ 上記の仕訳処理をした場合に加算するものなのか教えて頂きたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

  • 修正申告による納税

    税務署調査が入り、5年分の修正申告をさせられ、すでに納付しました。 消費税や法人等の仕訳はわかったのですが、修正申告により発生した源泉税や延滞税等は、どのようにしわけすればいいんでしょうか? 素人の質問ですみませんが、ご協力よろしくお願いいたします。

  • 役員の個人市民税を会社で支払った仕訳について

    経理初心者です。このような質問で大変恐縮ですが 役員の個人市民税を会社で支払った仕訳を教えて頂きたいのです。 勘定科目は『租税公課』『法人税・住民税』になるのでしょうか? (これは会社で使用している科目です。)よくわからないので よろしくご指導お願い致します。

  • 法人税の申告書の書き方について教えて下さい

    税務調査(3月)を受け、修正申告書提出済みです。 会社経理仕訳   現金 / 計上漏れだった雑収入(1)          社長からの借入金 / 現金          租税公課 / 追徴法人税等(2)          租税公課 / 加算税(3)  現在上記のように仕訳していますが、これでよいのでしょうか。 今期の決算が迫りました。今回の別表の記載について、     別表4 減算 (1)計上漏れの雑収入の額     別表4 加算 (2)租税公課に含まれる法人税等の額     別表4 加算 (3)租税公課に含まれる加算税の額  このように処理すればよいのでしょうか。 毎回決算書を書く時は、本を片手に勉強しながらです。今回は特に初めてのことでわからないことだらけです。 よろしくお願いいたします。      

  • 法人税の仕訳について

    こんにちは 今まで、決算時に計上する税金は全て「法人税等」に突っ込んでしまっていたのですが、税理士から「通達が出ているから、事業税は租税公課で仕訳して下さい」と言われました。 いちおう資料をくれたのですが、よくわかりません・・・。 外形標準課税に係る事業税は 住民税・・・・法人税等 所得割・・・・法人税等 付加価値税・・租税公課 資本割・・・・租税公課 という仕訳で良いのでしょうか? また、その資料の中に 法人税、住民税及び事業税の会計処理に関しては、現金基準ではなく、発生基準により当期に負担すべき金額に相当する額を損益計算書に「法人税、住民税及び事業税」として計上します。 とあるのですが、これは当該決算期中に、法人税なり租税公課で仕訳しなければならない、という解釈で良いのでしょうか。 初心者でお恥ずかしいのですが、どなたか教えてくださいますよう御願い申し上げます。

専門家に質問してみよう