• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

エッセンス抽出について

エッセンス抽出方法について水蒸気蒸留と冷却圧搾法があると聞いております。みかん、グレープフルーツ等の柑橘系フルーツは冷却圧搾法でエッセンスの抽出を行うという事なのですが、そこで水蒸気蒸留法では柑橘系のエッセンスは抽出できないのでしょうか? また水ではなく、アルコールで抽出するとどうなるのでしょうか?ご存知の方がいればご連絡の程宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数467
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ここでいうエッセンスとは、いわゆるエッセンシャルオイルのことでいいですか? 柑橘系のエッセンシャルオイルは普通皮を圧搾して作りますが、特別に蒸留法を行う時もあります。 それは精油を取るためではなく、芳香蒸留水を作るためです。最初から蒸留法で精油を取る植物なら、精油の副産物として芳香蒸留水がとれるのですが、圧搾法で取る精油は芳香蒸留水がとれませんので、これをとるためにわざわざ蒸留するのです。多分圧搾法で精油がとれるなら、そのほうがコストが安いんじゃないでしょうか。 ※ちなみに芳香蒸留水は蒸留法で蒸気を集めたところに浮かんでいる精油を除いた後に残る水分です。水溶性の植物の成分が含まれており、バラやラベンダーなどそのまま化粧水に使ったりします。市販のローズウォーターなどの中には水に精油を混ぜたものもあり、これは芳香蒸留水とは違います。 あとちょっと自信はないですが、バラの精油を取るのにアルコールで抽出する方法があったと思います。バラは高いですが成分が濃いので。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 水蒸気蒸留は水蒸気抽出ではありませんか

    詳しい方ご相談させてください。 下の命題について賛否ご意見いただければと思います。 「水蒸気蒸留とは、ガスフェーズの水を用いた気液抽出である」 超臨界流体抽出(Supercritical fluid extraction)という抽出方法があります。二酸化炭素が商業的にはもっとも広く行われていると思いますが、超臨界二酸化炭素を浸透性のよい溶媒として用いて有価物を得る抽出方法です。 二酸化炭素の場合、条件を変えて液体二酸化炭素抽出(liquid carbon dioxide extraction)したり、さらに温和な条件で二酸化炭素ガスを用いた香気抽出を行ったりもします。 そこで二酸化炭素ではなく、水を考えた場合、同じく超臨界~液体~気体の水を用いた抽出が成立すると思います。気体の水を用いた抽出とはすなわち水蒸気蒸留ではないでしょうか。 水蒸気蒸留の説明を読むと、沸点に着目した説明ばかりが目につきます。抽出と考えれば、むしろ極性が支配的であってもよいはずです。考察方法が変わるのではないでしょうか。 同じく疑問をもたれた方、考え違いを説明してくれる方他、どんな回答でも構いません。 納得感のある回答をして下さった方にポイント進呈します。よろしくお願いします。

  • 水蒸気蒸留の利点について

    なんだか基本の話ですが ・水蒸気蒸留の利点は「高沸点の物質の抽出効率を上げる」以外に何かあるのでしょうか? ・通常「水蒸気蒸留」と言えば、無条件でフラスコ2個を加熱、水蒸気を導入する側に試料を入れる。という操作法をさすのでしょうか? (水蒸気を発生させずに試料が入ったフラスコ1個だけなら「直接蒸留」で「水蒸気蒸留」とはべつものですよね?) ・「直接蒸留」で同等の回収率が得られれば、元の文献で「水蒸気蒸留」と指定してあっても、特に気にする必要はないのでしょうか?

  • 蒸留時にリン酸を入れるのは何故ですか?

    仕事で水蒸気蒸留をすることになりました。 フラスコにリン酸と試験物を入れ水蒸気蒸留するのですが、 リン酸を加える理由がわからないので教えてください。 周りに詳しい方がいないので困っています。 リービッヒ冷却管で冷却して、 受器には1Nの水酸化ナトリウム水溶液とn-ペンタンが入っています。 よろしくお願いします。 もうひとつ、リービッヒ冷却管はどうやって洗うのでしょうか?ペンタンで流すだけいい。と言われたのですが、汚れが落ちていない気がしています。 よろしくお願いします。

  • 水蒸気分留の蒸留について

    水蒸気蒸留で非常に沸点の高い物質は100℃での蒸気圧が非常に低いために、水の割合が極端に大きくなり、水蒸気蒸留ではわずかな割合でしか得られないことになるそうです。なぜでしょうか?

  • ケルダール法の水蒸気蒸留について

    水蒸気蒸留は、蒸気圧の高い高沸点の化合物を沸点以下の温度で蒸留する方法で水に溶けにくい物質を水蒸気蒸留すると認識しておりますが、ケルダール法ではアミノ酸窒素を定量する際、分解生成したアンモニアを水蒸気蒸留で捕集します。 アンモニアは水によく溶けるのに水蒸気蒸留をするのはアンモニアを完全に捕集するために加熱水蒸気をキャリヤーガスとして作用させ、アンモニアを完全に追い出して捕集するためなのでしょうか。 教えて下さい。

  • ハッカからメントール結晶を抽出

    自由研究を、「薄荷からメントールの結晶を抽出する」に決めました。 昇華や水蒸気蒸留を利用して得られる事が分かったのですが、 水蒸気蒸留は個人レベルでは実験出来なさそうですし、 http://www.melma.com/backnumber_24321_301024/ に記載されている昇華法を試したところ、 やかんの底で結露が起きてしまい、結晶ではなくミント水が出来てしまいました。 ミント水を冷蔵庫で冷やし、コーヒーフィルターでろ過をしたのですが、結局ダメでした。 どうしたら結晶を作る事が出来るのでしょうか?

  • アニリンの水蒸気蒸留について

    アニリンを生成するときに水蒸気蒸留をしましたが、水蒸気蒸留って水と混ざらない物質で行えるんですよね?アニリンはアミンだから極性が強く水に溶ける気がするのですが・・。 どんなアニリンの分子特性に基づいているのですか? ちなみに蒸留を行う前にpHを8~9にしました。

  • 自家製の柑橘系ドレッシング

    柑橘系のドレッシング (みかん、ゆず、グレープフルーツなど) をつくりたいのですが、 どういうものを利用して混ぜればいいでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 重量パーセント計算

    アニリンの水蒸気蒸留で得られた留出液中のアニリンの重量パーセントを知りたいのですが、 分かっているのはアニリンの水蒸気蒸留での沸点と、その温度での水の蒸気圧だけです。 どのようにして求めればよいのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 水蒸気蒸留

    大学で水蒸気蒸留を使っているんですが、ヘキサンを入れるピペットを折ってしまい、破片が器具に入ってしまいました。 冷却液を繋ぐ関係もあり、器具を動かせないです。 取り出す方法があれば教えて下さい。